県内屈指の合格率・時代の変化と共に進化する「九州進学研究会」

小学生の学習(指導)コースと方針

都城市/小林市/塾/学習塾/予備校/宮崎県/小学/中学/高校/浪人
border
ノートイメージ

小学生の学習(指導)コースと方針


小学生の学習(指導)コースの紹介

     

コース名内容
泉ヶ丘中受験コース 公立中高一貫校の入試は私立中の入試と形態が異なり、正解のない思考問題や適性問題、自分の意見を前面に出すことを求められる作文など、独特な出題傾向があるため、私立中同様のカリキュラムでは対応できません。
 このコースでは泉ヶ丘中の受験に必要なレベルの基礎を先取り学習し、その後志望校の過去問の演習を行いつつ、適性問題や作文を個人指導することで合格へ導きます。泉ヶ丘中、宮崎西中、五ヶ瀬中に対応しています。
私立中受験コース このコースでは志望校受験に必要なレベルの基礎を先取り学習し、その後志望校の過去問の演習を十分に繰り返し行うことできっちり定着させ、合格へ導きます。過去問対応完了している学校はラ・サール中、宮崎第一中、日向学院中、宮崎日大中です。
学力アップコース 公立私立中受験を行わない児童向けのコースになります。
中学・高校へと結びつく基礎力を身につけさせ、学習財産を形成します。学力に余裕のある児童は積極的に予習を行います。逆に苦しい児童は学年を遡っての復習もできます。

▲このページの上へ

border

小学生の学習は「思考力をつける」ことがとても大切です

  小学生の学習は、とても大切です。
  将来、大学まで進学させたい、それもできるだけ難関と言われる大学に進ませたい、または医学部などに進学させたいと考えている親御さんにお伝えしたいことは、このころの学習は将来の学習の基礎を作ると同時に、思考力を育てる大事な時期だということです。
  まず国語においては、国語力、すなわち漢字と言葉をしっかり身につけて、さらに文章を読んで、「自分の頭で要約する」力をつけることが大切です。
  次に算数においては、計算力と文章問題と図形の問題をバランスよく演習した上で、「じっくり最後まで考える」力をつけることが大切です。真の算数の力をつけると、中学に入っても数学が好きになります。
  また、理科や社会においては、基礎的な事柄を小学時代にかなり身につけておくと、中学・高校と進学しても好きな科目になります。
  どの科目にも共通して言えることは「なぜ?どうして?」と考えることがとても大切だということです。

  当塾では、塾生の指導方法として、普通の義務教育の教科書にそったものと中学受験用のものにコースで分けております。中学受験をしない子供さんも、最初は自分のレベルに合わせて学習するべきですが、余力があればできるだけ中学受験の問題を解いてみることをお勧めします。これによって、特に算数と理科などの力がつき、将来理科系に進む場合に、非常に貴重な学習財産となります。

  小学校時代に塾で中学受験の勉強をした子の多くは、たとえ受験に失敗しても、ほとんど国立の医学部や東大などの難関大学に進んでいます。小学校のころの学習がいかに重要だということがわかります。このころにどんな学習をするかは大事であると考えています。

  当塾ではスーパーイーグルという教材を使用し、自主学習を進めておりますが、分からないところは直接教え、また、何度も繰り返すことでしっかり学習させますのでかなり力がついてきます。中学受験の過去の問題の解説も作りこみをしており、中高一貫校の学校ごとの解説などの数多くつくっています。自分にも子供がいますが、小学生から学習させなければ、国立の医学部には合格できなかっただろうと思っています。

▲このページの上へ

塾長のブログ

実績とシステム

学習(指導)コースと方針

学習のヒント

九州進学研究会妻ヶ丘本校外観写真

九州進学研究会は宮崎県都城市妻ヶ丘に本部を置く学習塾です。小学生、中学生、高校生、予備校生(浪人生)を対象に、生徒の学力に応じてきめ細かく指導いたします。

九州進学研究会
住所>> 宮崎県都城市妻ヶ丘町27-7
電話>> (0986)23-2525

ご訪問いただきありがとうございます。このウェブサイトは、2006年に開設されました。
このサイトへのリンクは原則として自由に行っていただいてかまいませんが、その際には管理者まで電子メールにてお知らせください。
webmaster@kyushinken.com

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid HTML 4.01 Transitional

正当なCSSです!

正当なCSSです!

bottom