反復の本当のすごさ

覚えるため、理解するために反復している。でもある程度反復すると

覚えていない理解していないことが気になってくる。

つまり、覚えていない理解していないことが異常なことになる。

そういう意識が持てるようになるとどうなるか。

こういう段階になったら、全てがいい方向にいく。

やると決めたら最後まで本を読む。問題を解く。

何度もやる。そうしたら、別次元の世界にいく可能性がある。

知らないこと分からないことが、例外になってくる。

これが反復のすごさだと思う。塾生見ていて分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>