入試問題の国語の文章に感動

九大2012年。内田樹の文章。

意識と無意識と人間の心理を述べた文章。

ああそうなんだ。たしかに。

むつかしいことをただむつかしく書いていない。

出題した教授もいい文章と思って出したのだろう。

人生長くなると、大学受験のころとは違って、

文章の中身が経験と照らしあわすことが出来るようになる。

それにしてもこういう文章よくかけるものだ。

すばらしい文章だと思う。

受験生はどう思っただろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>