合格体験記

私が現役で鹿児島大学に合格できたのは、九進研で学習ができたからです。

勉強するにつれ受験が近づくにつれ、塾長がいつもおっしゃっている基礎の大切さに気がつきました。
私は高二の冬に入塾しましたが、今振り返るとそれまでは参考書や学校の教材を中心に勉強していて、基礎がおろそかになっていたと思います。
そのせいで高三になり勉強量は増えたにも拘らず、成績がなかなか伸びませんでした。
基礎がしっかりできていなければ、いくら勉強をしても応用問題や入試問題を解いても力はつきません。
塾長が日ごろからおっしゃるように、教科書中心の勉強をして基礎を固めてください。

予習をするシステムもとっても良かったです。
どんどん予習してできるだけ早く基礎を終わらせてください。
クラスによって違いますが、理科社会が終わるのは11月頃です。
それから問題演習を始めるには遅すぎると感じました。
早いに越したことはありませんが、夏休み頃には演習を始められると二次試験の対策も十分できると思います。

クラスメイトや他の塾生などを見てみると、早めに二次試験の対策を始めている人ほど合格していて、難関大学に合格している人も多いように感じました。
センター試験中心の勉強よりも二次試験に焦点を当て勉強するのも良いかもしれません。

勉強しているのに全然成績が伸びず苦しむこともあるかもしれませんが、塾長の言われたとおり勉強していれば必ず伸びます。
最後まで信じて突っ走ってください。
応援しています。

合格体験記” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>