我妻栄先生の勉強法

法学部出身なら一度は目にしたことがある有名な民法学者だ。その著書の厚さとむつかしさに圧倒されたが。

先生が、受験のときに教科書を徹底的に精読、緻密に理解することを心掛け、そして対策本をほとんど使わなかったと著書に書いてあった。

もちろん読解力、理解力、記憶力など自分らの及ぶところではないが、ただ日本を代表する偉大な民法学者が、教科書を徹底的に読みこみ、理解したということは、初めて知った。

そしてくり返し見直したらしい。

また、

医学部受験生で、ある塾のブログを呼んでいたら、偏差値40当たりから、1年で国立の医学部に合格したらしい。

どうしたか。教科書から塾でやったらしい。子どもの素質すばらしかったからできたことだろうが、

物理とか数学偏差値40とかから、浮上したのは、間違いなく基礎からやったからだと思う。

たくさんの参考書問題集が出回り、学校ですら教科書使わない授業とか多い。塾や予備校は、たいてい教科書なんて使わないだろう。

でも、日本のトップの学者が、教科書精読が、受験を突破する勉強法だったということは、

記憶すべきことだと思う。

我妻栄先生の勉強法” への2件のコメント

  1. ますます教科書中心の学習の大切さを感じます。我妻先生のまねをすべきでした。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>