高3が後輩に送る言葉

高3に君は、高2とか高1にアドバイスはないかと聞いたら。

教科書何度も読んだほうがいい。宿題やってる暇があったら教科書読んだ方がましだと思う

と言った。

その子は、政経倫理の教科書4回読んだら、センター91点だったという。

30点伸びたらしい。教科書詠んだほうがいいと自分が言ったが。笑

教科書1回読んで覚えられる人は少ない。基礎は、教科書にある。宿題と言うのは、現実には受験のときはほとんど役にたたない。

2次ですら教科書から出るのに、教員が作ったプリントで学習する。そのプリントは、抜けが無いはずがない。また何度も読めるような量ではない。

高校は、教科書中心でやるべきだと思う。

おかしな学習を結構な割合でやっているから、何をやったらいいのか子どもは分からなくなり、

塾や予備校に行ってまた本を買わされて学習する。

できる子はいいが、できない子はほとんど浮上できない。

高1高2から、教科書読む習慣が大切だ。

当たり前の学習を確実にやったら、偏差値70とか普通に出せる。それだけ基礎が出来ていない子が多いということ。

教科書をしっかり読もう。

教科書馬鹿にしている人が多すぎる。

何度も言うが、東大でも教科書と過去問で受かったという人がいるくらいだ。

 

高3が後輩に送る言葉” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>