小学生はすごい

小学生で、鹿児島の末吉から来る子がいる。小学5年生の子が一ヶ月足らず、週に3回、今は冬期講習で毎日来る。

社会の教材は、小6の教材一冊終わった。理科も国語も算数もすごい勢いで進む。

解説が分かりやすいと言って、どんどん進む。算数は、中学受験の初歩の教材だが、半分近くは進んだ。

普通は、1年かかってもおかしくはない。

楽しく学習しているのが分かる。解説がないなら、ここまで進まない。

自分の息子の頃は、直接指導で、喧嘩ばかりしていた。難度の高い小学生の教材の指導は、

むつかしい。やった人なら分かる。

小学生の頃は、思考力をつけるべきだと何度も言った。

小学生の頃は、楽しく学習させたい。競争原理も大切だが、脳ミソがやわらかいうちに

分かりやすい教材、そして思考力のつく教材で学習したら、

月謝の何倍、いや何十倍の学習財産が身につく可能性がある。

大学受験に直結する思考力が育つ。これが、

分かっている親は少ない。

実際、小5から塾生だった子どもは、現役で東大に受かった。

子どもの素質はある程度必要だが、小学生の頃にまともで力のつく学習をしたら、

大化けする可能性がある。学校だけではどうにもならないと思う。小学生のころが大切だ。

小学生の頃の塾の必要性は、高い。都会の子は行っていない子のほうが少ない。

でも、どういう塾に入れるか、

もっと精査すべきだろう。

言いたいことは、上を目指すならと言う条件の話。

大学受験しないなら、学校の授業をしっかり聞こう。これで十分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>