県内屈指の合格率・時代の変化と共に進化する宮崎県の学習塾「九州進学研究会」

合格体験記

都城/小林/塾/学習塾/予備校/宮崎県/小学/中学/高校/浪人
border
桜イメージ

合格体験記(大学)


九州大学薬学部

  「(成績が悪すぎて)職員室で話題になっていますよ!」という担任の先生の、家庭訪問での激励の言葉から、私の中高一貫校での勉強は始まりました。入学した時、成績がすごく悪かったのです。
この合格体験記で、私が九進研に入った中学二年生から高校二年生、そして受験生となった高校三年生の二つの時期に、自分がどんな勉強をしていたのかという事をメインに振り返ってみたいと思います。

  私が九進研に入ったのは中学二年生の夏で、そこから高校二年生の終わりまで、基本的に数学と理科の先取り学習、つまり予習をしていました。これは高校三年生から自分の志望校の過去問演習へとすんなり入ることが出来るようにと塾長に指導されたからです。先取り学習をしていたため、中学校の頃はほとんど成績が伸びず、ずっと中の下ぐらいの成績をさまよっていました。高校に入ってからも九進研では予習を続け、英語は単語と文法を毎日決めた数だけやり続ける勉強をしました。そして少しずつ成績が上がり始め、高校二年生の終わり頃には校内で10 番台ぐらいにはなりました。
今振り返って思うことは、完璧ではないにしても高校二年生までに受験で使うすべての教科の基礎的なところを押さえることができたということがとても大きかったということです。その理由は「塾で基本系な内容を学習(予習)する」→「学校で同じところを通ったとき、初めて見る分野ではなくなる」ので学習効率が高くなるからです。現役生は学校に行っている時間の方が、塾で学習する時間よりも長いので、学校での勉強と塾での勉強を連動させる必要があると私は思います。
高校三年生では、高校二年生まででほとんど基礎が定着していたので、4〜9 月ぐらいまでは各教科の標準的な問題が集められた問題集を2〜3 周し、それと平行して過去問の徹底的な演習をしました。センター30 日ぐらい前からセンターの勉強をして、センター試験が終わったら自分の取った点数と、例年の合格者の最低点・平均点を調べて、自分があと二次試験でどのくらいの点を取らなくてはならないのか明確となったため、日々の過去問演習にも真剣に取り組むことができました。
ここで、どうして過去問にこだわったのか、ということについて話したいと思います。初めは塾長から「過去問を回せ」と言われていたので、何となく過去問を解いていたのですが、過去問を解いていくにつれて、自分なりに3 つのメリットがあると思いました。

   1 つ目は、学校や問題集で解いた問題がどのくらい過去問に出ているのか、どれほど役に立っているかを実感することができ、また、過去問でできなかった分野の問題に似た問題が学校の授業・宿題等で出された時に「何となく」その問題を解くのではなく、「自分はどの分野の問題を学習している」と明確な意識を持って学習することが出来るので、勉強効率が高くなるという事です。
また、2 つ目として、過去問を解くと、志望校の大問構成・出題傾向が分かってくるので、テスト本番でどのように解いていくか、自分はどの辺で点を拾っていくのかという作戦を立てやすくなります。
そして3 つ目は、過去問という限られた問題を何度も反復することで、少ない問題数で自分の弱いところをつぶすことが出来るというという事です。
以上の3 つが、私が実際に過去問12 年分を3 周(英語は1 周)して感じたことです。
最後にまとめとして、受験で大切なのは
・早めに志望校を決めること
・基礎を徹底すること(予習で)
・過去問を何度も解くことだと思います。

  私は九進研に入って、この「王道の学習法」を徹底して下さったことに本当に感謝しています。「基礎を徹底して、過去問を回す」勉強法を教えてもらえたことが本当に大きかったと思います。
皆さんも九進研に入る、入らないにかかわらず、「王道の学習法」を学び、志望校に向けて勉強することが合格への近道だと思います。

▲このページの上へ


鹿児島大学法文学部

  高校二年生の三月から九進研に通い、鹿児島大学法文学部に合格することができました。九進研の生徒でなければ僕は合格できなかったと思います。九進研は良いところが大きく分けて三つあると僕は考えます。

  一つ目は、全教科そして教科ごとに様々な学習方法があることです。英語なら、英単語・文法・リスニングなどに分かれていて、自分が強化したいところを重点的に勉強することができました。また、英単語にも様々なシステムがあるなど 自分に見合ったやり方で勉強することができるので、その教科が苦手な人も得意な人も進んで勉強することができます。講義の動画や倍速の解説など、学校よりも効率がいいのも魅力でも思います。

   二つ目は、過去問が豊富に用意されていることです。センター試験や二次試験の問題、解説まであります。センター試験前でもかなり過去問を解いたので、センター試験で自己最高点を出すことができました。過去問はかなり力が付くので、これがあるのとないのとでは雲泥の差が出ると思います。赤本もわざわざ買うことも省けるので、とても助かりました。

  三つ目は、先生方が指導してくださることです。基本的に九進研では、自分で問題を選び自分で解いていました。しかし、どうしてもわからない問題は先生方が解説してくださいました。また、僕は小論文を試験で使うことになり、小論文の指導もしていただきました。本当にわかりやすい指導で頼りにしていました。

  僕は、勉強は自分でするのが一番伸びると思います。九進研は、そんな自主的な勉強を後押ししてくれます。スーパーイーグルシステムで勉強し、自分はできるんだという自信を持って センター試験、志望校に挑戦してください。皆さんの志望校合格を祈っています。

▲このページの上へ


宮崎大学教育学部

  僕は今回、宮崎大学教育学部に合格することができました。
 僕がこの塾に入ったのは三年生になってすぐで、模試の結果は470点ぐらいで志望校には100点ほど足りない状況でした。数学は50点、英語は60点ぐらいでした。200点中(笑)
そもそも僕は三年生になるまで 好きだった社会以外まったく授業を聞いていなかったので、本当に苦労しました。基礎の基礎から塾の教材を始めてみました。古典文法、古単、シス単、英文法、数学の公式、理科の福地先生の教科書解説など、塾長の言ったことを信じて夏休みに基礎を固めました。そしたら夏休み明けの模試で650 点まであがりました。いままで勉強を楽しいと思ったことはありませんでしたが、夏休み明けの模試が終わってからグングン伸びていく点数をみていくうちにもっと伸ばしたい、頑張ろうって思えるまでになりました。初めて700 点台を取ったときは、自分のやってきた努力が結ばれたのが確信できました。センター試験は 600 点が目標でしたが、最終的には695点でした。得意な国語と倫理がまあまあでしたが、他は自己ベストに近い点数で満足しています。 
自分で言うのも何ですが、200 点伸ばすことは難しいと思います。でも、この塾ならその難しいことも頑張ればきっとできます。自分はこの塾に入っていなかったら200 点伸ばすなんてきっとできなかったと思います。この塾の恵まれた環境にいくら感謝しても足りません、ありがとうございました。やっぱり勉強のプロ、受験のプロが言うことに間違いはありませんでした。
来年受験する後輩たちへ、いろいろ不安だと思うけど先生たちを信じて頑張れば絶対伸びていくから安心してついていって下さい!応援しています!

▲このページの上へ

熊本大学医学部

  私は、中学生のころから高校三年生まで九州進学研究会に入り勉強をしていました。
私はこの塾の良い所は、自分に合わせた学習をすることができるという点と、”スーパーイーグル・システム”を活用した予習・復習、そして演習にあると思います。

  私は高校では男子バスケットボール部に所属していました。泉ヶ丘高校の中では勉強と部活の両立は厳しいと思われがちな部活の1つですが、私は塾を利用することで文武両道を続けていくことができました。私は、引退までは週三回通っていました。自分の生活のリズムや計画に合わせて塾を利用することができてとても良いと思います。
部活引退後は、フリータイムに変更して頑張りました。私が現役で大学へ進学できたのはこの制度が大きいと思います。フリータイムにしてからは、学校のある日は放課後すぐから、学校のない日はだいたい 7 時半頃から 21時過ぎまで、ほとんど欠かさず利用しました。一概には言えませんが、成績の上がった人とそうでない人には個人差はありますが、塾に入って頑張っていた時間が比例しているように思います。

  私がそのフリータイムを使ってやっていたことは、過去問演習と基礎確認の繰り返しです。過去問をやって抜けていることがあればそこを補強して、満点がとれるまで繰り返しました。そうすることで自信もつくし、何よりスピードがつきます。センター試験はスピード勝負といっても過言ではないです。正直に言って効率よく点が上がる方法はありませんが、あるとすれば過去問を網羅することだと思います。頑張ってください。

▲このページの上へ

山口大学工学部

  私が入塾した当時は、物理が苦手で、センター模試でも 4 割いけばいいかなというような点数でした。理系としてはまずいということで、スーパーイーグルを利用して物理を強化することにしたのですが、センター本番では 8 〜 9 割を超え、直前模試でも 9 割は超えられるぐらいになりました。

  パソコンではエッセンスなどの基礎教材をし、実際にセンターとはどのようなものなのかを知るためにセンター過去問をしました。学校では、ただ授業を聞くだけなので、分からなかったり聞き逃したりしたらそれでおしまいなのですが、九進研では、何度も聞けたし、それでもわからなければ受験においてより経験の高い先生方がいるので質問することで苦手の克服につながりました。
また、数学もあまり得意な方ではなかったのですが、塾長の解説などを通して、演習を積むことにより最終的には二次試験レベルまではこなせる力を身に付けることができました。数学は才能がないと無理とかよく言う人がいますが、僕は演習と解説を聞くことを繰り返しすれば才能は関係ないと思います。

  センター試験は時間との戦いなのでどのような状況でも手を止めず精一杯戦うことが大切です。あせって手が止まらないように、スーパーイーグルを活用して応用力などをつけるといいと思います。
特に理科系の福地先生がとてもよいことを教えて下さります。理科は日常生活の現象を解明していく分野なので、私たちが習う理科が生活とどう関連があるかなどを教えて下さるのでそれを楽しく学んでいくのも一つの手だと思います。やはり好きな科目があって楽しく学べるのは何より強いです。九進研で自分の好きな分野を作ってのばしてみてください。応援しています。

▲このページの上へ

鹿児島大学共同獣医学部

  僕は、この塾に中学から続けて本当によかったと思いました。この塾のおかげで無事に第1志望の学科に合格することができました。
僕がこの塾に入ったのは中3の夏からです。僕は、ほかの子よりもリードする感覚が好きだったので当初から九進研の方針である予習主体の学習の進め方は僕にぴったり合いました。高校に入学する前までほぼ毎日のように塾に行き、高校数学と英語を先取りしていました。そのおかげで高校に入ってしばらくは勉強に困ることなく過ごすことができました。
高校1.2年次は、部活や友達と遊ぶことに熱中していて勉強にかける時間が減りました。しかし、授業中はしっかりと先生の話を聞き、テスト前に詰め込むようなことはせず、テスト期間中でも先取り学習を続けました。
高校3年に入り、総体が終わっていよいよ本格的に受験勉強がスタートしました。このとき全ての科目を一通り終わらせていたので、2次に必要な科目の全国大学入試問題を1年分、センター試験過去問を解いていき、つまずいた分野を教科書や問題集の解説を聞き、一つ一つ潰していきました。この受験勉強期間を振り返り、大切だと思ったことは、夢を実現するためには受験勉強ができる時間をできるだけ早く作ること、過去問の反復、睡眠の3つだと思います。

  一つ目の夢の実現については、小学校のときから獣医師になりたいという夢があり、その夢を叶えるために中学のときから自分の進路をしっかり考えていました。簡単に合格しないこともわかっていたので塾の先生の指導のもと、こつこつ基本を積み重ねて早く終わらせる努力によって大きな壁を越えられたのだと思います。
二つ目の過去問反復は、僕はセンター試験も2次試験も12〜14年分の過去問を3周以上まわしました。戦時中に活躍したイギリスの元首相チャーチルは「未来のことはわからない。しかし、われわれには過去が希望を与えてくれるはずである。過去をより遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう」と述べています。どんなことにおいても過去の事象を見ることはこれから生きる人生において重要なことだと思います。その言葉通り、過去問の反復が自分の合格のもっとも大きな要因だと思います。実際、2次試験では制限時間の半分で解き終え、見直す時間を作ることができました。
三つ目の睡眠は、塾から言われ続けていたのですが、人は睡眠量が少ないと作業効率がかなり落ちると言われています。作業効率が下がるとだらだらと勉強するようになり、やる気も起こらず結果としてそのときにした勉強は一切頭には残りません。事実、僕がそうでした。だから、自分で睡眠が足りず、やる気が出ないなあと思った日は塾を早く出てその日は早めに寝るよう心がけました。それでその日勉強しなかった分を取り返すことができるくらい集中力もアップしました。
最後になりますが、受験生の皆さん、絶対に受かってやるという強い思いを持ってこれからの受験勉強を乗り越えてください。

▲このページの上へ


大学合格

親と子の合格顛末記 九州大学 工学部 機械航空工学科
北海道大学 医学部 医学科
早稲田大学、明治大学、青山学院大学
防衛大学校、鹿児島大学工学部
鹿児島大学医学部医学科
鹿児島大学農学部
熊本大学医学部保健学科看護学専攻
九州工業大学情報工学部
佐賀大学教育学部
長崎大学経済学部
香川大学法学部
宮崎大学教育学部
宮崎大学農学部応用生物
宮崎県立看護大学
九州大学薬学部
鹿児島大学法文学部
宮崎大学教育学部
熊本大学医学部
山口大学工学部
鹿児島大学共同獣医学部

高校・中学合格

ラ・サール高校、愛光高校
ラ・サール高校、弘学館高校
都城泉ヶ丘高校 理数科
都城泉ヶ丘高校 普通科
国立高専 機械工学科
長崎青雲中学校
五ヶ瀬中等教育学校

▲このページの上へ

塾長のブログ

九進研とは

合格実績

九進研の指導方法

システム

入会について

九州進学研究会妻ヶ丘本校外観写真

九州進学研究会は宮崎県都城市妻ヶ丘に本部を置く学習塾です。小学生、中学生、高校生、予備校生(浪人生)を対象に、生徒の学力に応じてきめ細かく指導いたします。

九州進学研究会
住所>> 都城市妻ヶ丘町27-7
電話>> (0986)23-2525

ご訪問いただきありがとうございます。このウェブサイトは、2006年に開設されました。
このサイトへのリンクは原則として自由に行っていただいてかまいませんが、その際には管理者まで電子メールにてお知らせください。
webmaster@kyushinken.com

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid HTML 4.01 Transitional

正当なCSSです!

正当なCSSです!

bottom