県内屈指の合格率・時代の変化と共に進化する宮崎県の学習塾「九州進学研究会」

合格体験記

都城/小林/塾/学習塾/予備校/宮崎県/小学/中学/高校/浪人
border
桜イメージ

合格体験記(大学)


鹿児島大学農学部

  私は、この塾に来て基礎が大事だということを学びました。受験に関して現役のときは、応用力のことばかり考えていました。しかし、やり直しが不十分で、実力が上がることはありませんでした。そのとき、自分に足りなかったものが基礎力でした。

数学・・・
  高校では教科書をあまり使うことが無く、授業でも少ししか使っていませんが、実は一番重要な参考書だということに気づきました。公式も太文字のところだけを覚えるのではなく、何でこうなったのかを証明できるようにならないと、本当に分った事にはならないと思います。

英語・・・
   私は、文法よりも単語・熟語が重要だと思います。英文を読んでいて単語の意味が分らないと、暗号のように見えてきてまったく読めなくなります。逆に、単語の意味を知っていたら、難しい英文でも単語で区切り、またつなげれば読めてくると思います。

  基礎力がついてきたら、過去問を解いていくと良いと思います。自分の目標とする大学が決まったら、その大学の赤本を解いて、問題の傾向をつかめばだんだん慣れてきて、解けるようになると思います。一年間は意外と短いので、難しい問題集に手を出すよりも基本的な問題をやって、過去問をやるのが近道だと思います。

  それから、一人でやるよりライバルがいたほうが良いと思います。競い合ったり、教えあったりしてお互いを高めることができるからです。
  最後に、一年間教えてくれた塾長、スタッフの皆さん有難うございました。

▲このページの上へ


熊本大学医学部保健学科看護学専攻

  私は、大学受験を通して、過去問の反復が何より一番大事であると思いました。
 
 最初は、模試の成績が伸びず、すごく悩んでこのままの勉強法でいいのかなと考えました。でも、塾長が言う通り、センター試験の過去問は何度も何度も解き、解けなかった問題をやり直して、少し経って再び解きました。その結果、センター試験では自己最高点を取ることができました。

 過去問や模試を解いて、点数だけを見ているのはもったいないです。自分の苦手分野を見つけて、パソコンの教科書解説を聞いて、プリントを解き、問題解説を聞けばどんどん苦手分野は減っていきます。
 
 そして、『まだ試験まで時間がある』とか思っているとすぐに試験日は来てしまいます。早め早めに、その日にやることを決めてその日の内にきちんとすることをお勧めします。

 塾のパソコンを使って努力すれば絶対に合格すると思います。 

▲このページの上へ

九州工業大学情報工学部

  僕が勉強するときに最も大切にしていたことは、反復です。最初の頃は、なかなか成績も伸びずに悩むこともあったけど、言われた通りにパソコンを使って何度も何度も反復した結果、秋ぐらいから成績が伸び始め、それからは勉強することが楽しいと感じるようになりました。苦手な英語、国語は特に力を入れてやりました。

  パソコンを使って、英単熟語・古文単語を確実に覚え、文章を読むときに覚えた単語を瞬時に引き出せるように単語カードも使い、何度も反復しました。その結果、今までより格段に早く読めるようになり、点数も伸びました。うまく読むコツは、スーパーイーグルで解説してあります。

  どの教科にも言えることですが、過去問の反復や多くの問題を解くことは成績を伸ばすための必須条件だと思います。また、模試のやり直しは、解説までしっかり読み込むことが大事だと思います。受験生は時間が無いので、早い時期から受験勉強を始めないと後のほうで苦労します。勉強を始めるときは、教科書解説を使うのが一番の近道だと思います。

▲このページの上へ

佐賀大学教育学部

  僕は美大を目指していたので、実技と学科を両立させなければならなかったのですが、どうしても学科のほうは消極的にしか取り組めず、結果、成績は良くありませんでした。このままでは行きたい大学にはいけないと思い、中学三年のときに出会って信頼していた九州進学研究会に、また通う事にしました。

  最初塾ではパソコンなどをつかって全体を効率的に復習し、それが終わると問題演習へと進み、主に、過去問を中心に取り組みました。過去問は本番の試験にとても形式が近いので、それをずっとやってきた事で、本番の試験を見たとき、あまり動じることなく取り組む事が出来ました。

  今、振り返ってみて今回の結果は、信頼できる指導者を持ち、積極的な姿勢で学習することができたことによるものだと思います。

▲このページの上へ

長崎大学経済学部

  私が現役生のときは、間違った勉強法で勉強をしていました。例えば、英語は、単語もろくに覚えていないのに、長文を何時間もかけて訳したり、数学では公式を証明できないのに学校から配られるプリント(簡単な問題)ばかりしていました。今思うとこんな勉強法ではどんなに頑張っても志望校に合格しないと思います。

  今、学校の宿題だけをまじめにしていれば大丈夫だと思っている人は、かなり危険だと思います。 九進研で教わる勉強法は正しいと思います。パソコン学習も学校の先生の授業よりかなり分りやすいです。 一年間辛かったけれど、志望校に合格できて本当に良かったと思います。正しい勉強法を教えてくれ、合格へと導いてくださった九進研の先生方に感謝しています。

▲このページの上へ

香川大学法学部

  私が国立大学に合格できたのは、この塾のおかげだと断言できる。PCの授業では、短い時間で、忘れていた、不完全に覚えていた基礎を確認する事が出来た。また、英単語や熟語では、普通のコンポではできない倍速できくことができ、効率よく覚える事が出来た。

  何よりも一番よかったのは、受験前の勉強をする雰囲気である。家での勉強では、他の人がどのくらいやっているかわからないし、いろいろな誘惑がある。それらの問題を一気に片付けてくれて、真剣に勉強に取り組める雰囲気は、受験生にとても必要なものだと感じた。この塾に入って、後悔する事は無いと思う。

▲このページの上へ


宮崎大学教育学部 (県立都城工業高校卒)

   私は、1年間浪人してこの春、宮崎大学(教育学部)言語文化コースに合格しました。工業高校は一般的な普通科の高校とは違い、工業数学などの実業的な教科は習いますが、大学入試に必要な教科は習いません。そのため、古文・漢文、数TA・数UB、生物、化学、地理Bなどの教科を最初から勉強しなければならず、特に私の場合はほぼゼロからのスタートでした。進路を変えようと思った私は高校の先生へ相談しましたが、工業高校では浪人して成功した前例がなかったため、当然反対されました。大手予備校へも相談に行きましたが、2年は必要だと言われました。いろんな人からそう言われた私は、普通に勉強しても間に合わないと実感し、九州進学研究会で勉強することを決めました。体験学習で体験した、スーパーイーグルシステムなら、成功するかもしれないと思ったからです。
 1年間浪人するにあたり、私は2つのことに気をつけました。
 1つは、計画性を持って勉強することです。この塾の長所はパソコンを使って自分のペースに合わせて勉強できることです。分かっている部分は速度を上げて勉強し、不安なところは何度も見て勉強しました。そうすれば短時間で基礎を頭にしっかり入れることができます。私にとって、短時間、というのは重要です。なぜなら、私は工業高校出身で、他の人と一緒の計画ではとても受験に間に合いません。なので、私は夏休みまでにはすべての教科を一通り学習し、センターの過去問を1教科あたり最低40回分は解きました。私は特に英語が不足していたので、英語だけは50回分の問題を解くようにし、問題で分からない部分があればその度パソコンで勉強し直しました。こうして過去問を解きつつ、自分の抜けている部分を埋めていくのが最も最短の勉強方法だと思います。
 2つは、規則正しい生活を心がけることです。毎日同じ時間に掃除をしたり、昼食を食べる時間や休憩を取る時間も決め、たまには運動もしたし気分転換もしました。規則正しい生活を送ることで、無理もしないし、怠けもせず、日々勉強に励むことが出来たと思います。
 これから受験をする人は、覚悟を決めて勉強してください。とりあえず○○大学へ行こうかな、といったような軽い気持ちでは、最後まで本当に耐えられないと思うし、難易度の低い大学へ簡単に目標を変えてしまうと思います。私は入塾する際に塾長にこう言われたのを覚えています。
「勉強は最後は根性だ」
この1年は本当に辛く苦しかった1年でした。
塾長のあの言葉は本当だったなぁと今になって感じています。
本当に1年間お世話になりました。ありがとうございました。

▲このページの上へ


宮崎大学農学部応用生物学科

 私は、宮崎大学農学部応用生物科学科に合格しました。

 入塾した頃は、模試の結果が非常に悪く、だいたい400点前後でした。中でも、英語は一番悪く 30点くらいでした。しかし、九進研の基礎が終わったら、「過去問を中心」という方針で学習を進め、単語を耳で聞き、書いて覚えて過去問演習をしました。その結果、センター試験では135点を取ることができました。さらに、苦手な化学も教科書解説と過去問演習を繰り返し、センター試験で90点取ることができました。
 入塾するまでは点数が思うように上がらず、国立大学に行けるかどうかとても不安でしたが、九進研のスーパーイーグルで苦手な分野を潰したり、過去問を繰り返し解いたことで自己最高点である580点を取れたのだと思います。
 また、2次試験でも過去問を何度も繰り返し演習していたため自信を持って臨め、9割を取ることができました。
 私は、この塾に入塾し、ここで受験勉強ができて本当に良かったと思っています。
 

▲このページの上へ


宮崎県立看護大学

 私は、宮崎県立看護大学に合格しました。

 成績もあまり良くないのに、受験勉強に取りかかったのも遅かった私ですが、スーパーイーグルを使っての追い上げは脅威的でした。
 やはり、受験で一番大事なのは過去問を何回も繰り返して解くことだと思います。飽きるくらい何度も何度も解くことで傾向が分かるし、センターのスタイルが身に染みついていきました。塾には、何年分も殆どの科目の過去問プリントが揃っていて、何よりも解いた後には丁寧な解説を何度でも聞けるところがすごく良かったです。
 きつい時もありましたが、周りには同じように頑張っている人が多く、とても静かな環境で集中して勉強できました。塾長や先生方もとても親身になってくださり、応援し続けて下さったことがとても心強かったです。九進研で勉強できて良かったです。本当にそう思います。
 

▲このページの上へ


大学合格

親と子の合格顛末記 九州大学 工学部 機械航空工学科
北海道大学 医学部 医学科
早稲田大学、明治大学、青山学院大学
防衛大学校、鹿児島大学工学部
鹿児島大学医学部医学科
鹿児島大学農学部
熊本大学医学部保健学科看護学専攻
九州工業大学情報工学部
佐賀大学教育学部
長崎大学経済学部
香川大学法学部
宮崎大学教育学部
宮崎大学農学部応用生物
宮崎県立看護大学
九州大学薬学部
鹿児島大学法文学部
宮崎大学教育学部
熊本大学医学部
山口大学工学部
鹿児島大学共同獣医学部

高校・中学合格

ラ・サール高校、愛光高校
ラ・サール高校、弘学館高校
都城泉ヶ丘高校 理数科
都城泉ヶ丘高校 普通科
国立高専 機械工学科
長崎青雲中学校
五ヶ瀬中等教育学校

▲このページの上へ

塾長のブログ

九進研とは

合格実績

九進研の指導方法

システム

入会について

九州進学研究会妻ヶ丘本校外観写真

九州進学研究会は宮崎県都城市妻ヶ丘に本部を置く学習塾です。小学生、中学生、高校生、予備校生(浪人生)を対象に、生徒の学力に応じてきめ細かく指導いたします。

九州進学研究会
住所>> 都城市妻ヶ丘町27-7
電話>> (0986)23-2525

ご訪問いただきありがとうございます。このウェブサイトは、2006年に開設されました。
このサイトへのリンクは原則として自由に行っていただいてかまいませんが、その際には管理者まで電子メールにてお知らせください。
webmaster@kyushinken.com

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid HTML 4.01 Transitional

正当なCSSです!

正当なCSSです!

bottom