県内屈指の合格率・時代の変化と共に進化する「九州進学研究会」

九州進学研究会・勉強十戒

都城市/小林市/塾/学習塾/予備校/宮崎県/小学/中学/高校/浪人
border
飛行機イメージ

勉強十戒

一,『先んずれば、人を制す』

  「予習」をすることで、学校の授業が良くわかり、宿題もスムーズに解けるようになる。特に高校生は、最低でも数学だけは予習するべき。他の学年も予習すると成績が上がる。とにかく、"スーパーイーグルシステム""e点"を活用するべし。自宅での復習も大切だが、学校の授業そのものを復習にするのがベスト。その方が長続きする。

二,『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』

  「敵」を早く決めるべき。つまり、目標を決めるということ。入試必勝の要諦は、過去問分析にある。模試は、目安として見るべし。実際には、過去問を分析し、レベルを知ることが大切。学校の成績にこだわるより、過去問にこだわるべし。目標を早く決め、戦う相手の分析を行い、目的に応じた過去問を制する者が入試を制す。

三,『根本はなぜか』

  "なぜなのか"といつも疑問を持って学習すること。暗記しようとするのではなく、理解すること。しかし、丸暗記しなければならないものはする。メリハリをつけること。さらに"悩まなければ、成長しない"すぐに答えを見る人は伸びない。自分の頭は使えば使うほど良くなる。悩んで習得したことは、忘れにくい。答えを写すことは勉強ではない。そして、"疑問はそのままにしない"疑問点をなくすこと。これが勉強の姿。

四,『基礎がすべて』

  小学生の頃の学習は、本当に大切。基礎なくして応用はない。「教科書」は一番大切。特に中学-高校は、教科書の理解を第一にすべし。予習・復習で、固めるべし。塾のパソコンには、基礎がつまっている。基礎が出来てから問題に取り組むべし。解けないということは、基礎を理解していないということ。教科書に戻るべし!

五,『バランスを大切に』

  反復できて、初めてバランスの良い学習が出来る。そのためにパソコンがある。能率を考えないと絶対伸びないし、勝てない。全科目を上げて、はじめて上がる。勝てる!

六,『集中すること』

  携帯電話や音楽は、脳の集中力の妨げになる。携帯(着信・メールなど)を見ながら勉強する人で合格する者は少ない。集中力こそ大切。疲れたら、気分転換or寝るべき。メリハリをつける。

七,『最後まであきらめるな』

  結果が出るまでわからない。最後まで塾を信じて実行すれば奇跡も起こる。

八,『継続は力なり』

  中途半端は良くない、最後までやり通す。一冊決めたら最後までやりぬく。コロコロ本を変える人は伸びない。塾も同じ。コロコロ塾を変える人で成功した人を見たことがない。塾を休まず必ず出ること。

九,『反復が大切』

  1回やって完全に覚えられる人は少ない。最低3回、過去問10回、これが基準。スピードと慣れが出てきて、レベルが上がる。奇跡も起きる。

十,『大は、小を兼ねる』

  簡単な問題ばかりでは伸びない。レベルを上げて学習する。しかし、『基礎』を大切にすること。応用だけでは、ノイローゼになるだけで伸びない。基本を身につけてから応用にいくべし。

▲このページの上へ

塾長のブログ

九進研とは

合格実績

九進研の指導方法

システム

入会について

九州進学研究会妻ヶ丘本校外観写真

九州進学研究会は宮崎県都城市妻ヶ丘に本部を置く学習塾です。小学生、中学生、高校生、予備校生(浪人生)を対象に、生徒の学力に応じてきめ細かく指導いたします。

九州進学研究会
住所>> 宮崎県都城市妻ヶ丘町27-7
電話>> (0986)23-2525

ご訪問いただきありがとうございます。このウェブサイトは、2006年に開設されました。
このサイトへのリンクは原則として自由に行っていただいてかまいませんが、その際には管理者まで電子メールにてお知らせください。
webmaster@kyushinken.com

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid HTML 4.01 Transitional

正当なCSSです!

正当なCSSです!

bottom