質問受けたら即答できるようにする。

これは、指導者の側の話だが、質問受けて即答できると子どもたちに信用される。

それで、子どもたちの学力が伸びるわけではないが、

特に質問の多い数学とかだと、

その後の指導に影響を受ける。

塾の先生が、質問受けて答えられないのでは、

子どもに信用されない。

東大の入試問題をやったことのないものを即答できるようなレベルは、

要求されない。

たまたまやって覚えた問題とか即答できたら、

子どもの信用は絶大なものになる。笑

特に数学、算数は、よく聞かれる。

だから、塾生の質問に基本的な問題は、即答できるように常に指導者も学習を続けないと

話にならない。

基本的な問題なら、即答できるようになることは、指導者の必要条件だと思う。

ただ十分条件ではない。

塾で飯を食べ続けるには、恒に学ぶ姿勢が大事だと思う。

 

真に受けるな。数学英語優先説。

受験指導の一般論は、数学と英語を優先して、理科と社会をあとで仕上げるというのが多い。

確かに、数学と英語は伸ばすのに時間がかかるが、

高校分野だと理科と社会は覚える量が多い。

これを最後に回すとろくなことにならない。

得意な人は、それでいいが理科とか社会が苦手な人もいるはずだと思う。

数学と英語を優先するといっても、基礎の部分は理科社会もざっくり出いいから、

全体をまわすことが、大切だと思う。

一般論とか。真に受けないほうがいい。

少しづつでもやっていないでいい受験科目とか、凡人は真に受けないでほしい。

転ばぬ先の杖。

高校入試ですら、数学英語のほかに理科とか社会簡単に上がるものではない。

英語数学だけが、入試で問われるわけではない。

入試は、総合力。

 

指導者を抜く塾生が時々いる。

指導者より塾生の方ができるようになることがある。

そういう子は、脳ミソが若い上に、効率よく学習して、しかも目標が高いので、

努力もする。

そうなるとどうなるか。

指導者より、解くスピード、得点力が上に行く。

県で、1,2番の学力になると、とても勝てない。笑。

でも、そういうレベルの子も、最初からそういう学力が付いたわけではない。

指導方法が効率よく、また、子どもが努力と反復を実行すれば、

とんでもな学力の子どもに育つ。素質があっても、

花開かせる栄養と環境を与えないと、

開花しない。いい教材は、栄養分だと思う。

そういう中3がひとりいる。

高3より学習時間が長い。フリータイムで

たぶん宮崎県で彼に勝てる中3はいないだろう。

この塾は、時々そういう子供が出る。

高校分野までやっている科目があって、センターの英語は、150点取れる。

数学は、難関高私立の過去問9割以上、

県統一の模試は、数学満点。

このレベルになると、指導者の仕事は、

褒めるのと調子に乗らせないようにすること。

環境が本当によくないとトップレベルまでには、育たないと思う。

スーパーイーグルが無いと、ここまでは伸びないし、伸ばせないと思う。

素質と環境があえば、学力の大爆発を起こす。

うらやましい。笑

受かる受からないではない。やるかやらないか。

塾生をたくさん指導してきて受からせてきたが、それは子どもが実行して学習した結果だ。

しかし、みんなが受かったわけではない。子どもが実行して学習しない限り結果は出ない。

塾生に過去問の反復がいちばん効くと言っても、

なかなか実行はできる人は少ない。

なぜか。

頭ではわかっていても実行するのは簡単ではないからだ。

やるかやらないかで、学習は決まる。

効率も大事だが、毎日実行できる人は少ない。

決めたら、結果とかどうでもいいからとにかく、決めたことを実行してみるのが一番大事だと思う。

実行することと続けること。

能力とか結果とか考えないことだ。

効率よくやる方法をいくら考えても、実行しない限り、結果は出ない。

とにかくやってみること。これしかない。

そして続けること。

これがなかなかできない。

結果とか受かることとか考えないほうがうまくいくことが多い。

 

入学時点と卒業時点

塾生は、小3から浪人までいると、長いスパンで伸びが見える。

塾生で中高公立一貫に入学した子で、塾を続けなかった子がいる。小学時代は、かなりの学力があった。

そして今年卒業時点で、センター500ぐらいで、結局国立にいけなかったらしい。

塾を続けていたら絶対ここうならなかったと思う。

学校教育特に公立中高一貫でもぜんぜん伸びないどころか、学力が相対的に落ちることがある。

もともとできていた子ができなくなる。

なぜか。

統一性がないのと行き当たりばったりで、先生によっても指導が違うのと、6年間も受験が無いと平和ボケに近い状態になるからだろう。

入学時点と卒号時点では、まったく違う学力差が出ることがある。

大学受験で有利なつもりが、何もしないと、とんでもない学力で卒業すると言うのはめずらいいことではない.。

学力より、プライドだけが付いたらろくなことはない。

下剋上。

戦国時代だけではない。学力なんかやり方次第で大きく変わる。

塾にいかなくてもいい。これは、人によるだろう。

受験はそんなに甘くない。

 

 

 

大学に行っても学習方法は同じ。

自分の息子が言うには、大学でもざっくりやってから、細かくやった方が良いと言っていた。

枝葉はあとから。

予習をした方がいいのと同じ原理だ。

最初から細かくやるより、全体をつかんでから、細部に行くべきだと思う。

大雑把なのは大切なときもある。木を見て

森を見ず。

要領の悪さにつながる。

常に視野を大きく持ちたい。これは、学習にもつながる。

予習先取りは、受験前、後半戦にはっきりと効果が出る。

塾生高3の子がいる。その子は、中学3年で塾に入った。高校受験で受かったので、

一旦塾をやめて、高3になったらまたくると言う。

保護者説明会を3月に開催して、親子で聞きに来た。そしたら、

高1からも続けたいと言いだした。

春休みから予習をした。これが、運命の分かれ道だったと思う。高2の夏休みには、数学の予習が終わっていた。

今回の記述模試、200t点満点中、数学点198点。偏差値87,3.校内文系で総合1位。志望旧帝大A判定。学部内総合618名中4位。

本人曰く、予習が効いた。今は、完全に過去問演習にはいっている。

中3でやめていたら、絶対にこの成績は取れなかったと思う。高3から伸び出した。

高1高2の蓄積が、この時期に爆発したと思う。

予習先取りの効果の恐ろしさがあらためて分かった。

これが、ほとんどわかっているひとはすくないと思う。分かっていても予習は困難だ。

先を見据えた学習。

宿題学習だけではここまで伸びないだろう。

いい大学に現役で受かりたかったら、基礎の予習をすることだと思う。

成功率は高い。

子供に合わせるのは出発点

個別指導の良さは、子供に合わせることだと言うが、それで伸びるだろうか。丁寧に教えてくれて分かった。それだけで伸びるとは思わない。

問題解くのも、考えるのも子ども自身だ。すぐ分からなかったら、聞く。聞くのはいいが自分でよく考えてから聞かないと伸びない。

伸びると言うのは、自分で考える力がつくとか、学習に対する姿勢が変わるとか、子ども自身の変化だ。大げさにいうと、根本が変わらないと伸びない。

できない子にむつかしい問題を与えるとか、できる子に簡単な問題を与えても伸びない。

子どもにあわせるべきは出発点だけだと思う。できるといっても上には上がいる。できると勘違いしていると伸びない。井の中の蛙で終わると言うのはもったいない。

丁寧な説明ができるとか、分かりやすい指導とか、そのくらいで伸びるのは偶然か何かほかの要因だし、そのくらいで伸びたと言う伸びのレベルもたいしたことはないと思う。

実際子どもの成績が簡単に伸びるとは思えない。そんな魔法のような塾があるとしたら、一度拝みたいと思う。

学習に対する姿勢、問題を解くときの集中力、スピード、、解きなおしをする習慣の強化、

子どもを変革しないと子供は伸びないと思う。優しい先生それもいいが、

子どもの学力を本気で伸ばそうと思ったら、子供を変えようとする指導でないと大きくは伸びない。

そのためには、子どもも素直さと向上心が無いと大きくは伸びない。

塾生見ていて、そう思う。

子どもに合わせても伸ばせない。子どものペースでとかそれでは大きくは伸びない。、最初にあわせるべきは出発点だけ。

後は、子どもをどれだけ変えるか、また子どもが自分を変えようとするか。

根本は反復ができるようになるか、するかにあると思う。

これは変わらない。

数学記述で、200点中、90点上がった。

浪人1年目。同じ時期の模擬試験が、」数学の記述が、去年60点から、今年151点に上がった子がいる。偏差値51,5から、70,2に成った。約20の偏差値アップだ。

自分の塾は、資料に基づいた成績アップしか公表しない。

その子にどうしてそんなに上がったのか、本人に聞いてみた。

本人曰く、現役の頃、問題ばっかり解いていて、基礎ができていなかった。今年始め教科書全部スーパーイーグルでやり直したのが良かったと言った。

高校分野だと、授業形態や、個別指導、人が出てくる映像授業では、短期に基礎の入れ込みは困難だと思う。

基礎を固め、問題を解いて、入試問題に行く。これがまともな学習。

やれば絶対伸びる。人によって伸びは違う。これは、事実。

でも、基礎から固めるというのが、できないと大きくは伸びない。

ただやらされて、わけが分からなくなっている高校生というのは多い。

小学、中学で、そこそこできていても高校レベルになるとさっぱりいう子は多い、そうならないように早くから、学習方法を確立した方がいいと思った。小学、中学、高校は、学習が連動している。

王道の学習を薦めたい。

模擬試験が返ってきた。

塾生で2浪目の子がいる。2浪目になって開花した。

朝一番先に塾に来て、最後までがんばる。

朝は、電車で通う。

第一志望難関大もA判定.。ほかも全部A判定.だった。しかも学科内で1位だった。

総合得点が、去年の2倍になって、偏差値が20上がった。国立理系で、偏差値20総合アップは大きい。ここまで上がればたいしたものだ。4科目で、80偏差値アップ下ことになる。

正しい努力の継続は、うそをつかない。

時間のかかり方は、人による。でも正しい努力は、必ず壁を破る。

何が正しいのか、受験の世界には、王道は一つしかないと思う。

道の先には、必ず合格が待っている。

分かっていても努力を続けないと目的地には着かない。

塾生で、2浪したら、壁を全員破って来た。時間がかかる場合がある。基礎が莫大な量だ。

それぞれ出発地点が違うからだ。

でも3年学校に通っていても壁を破れる保証はない。