英数国1年ちょっとで偏差値25伸びた塾生。

塾生高2が、駿台記述の成績表を持って来た。全国偏差値英数国65,8.学年6位。

よく見ると、塾に入った高17月の偏差値は、40,7.

ざっくり言って25の偏差値が上がったことになる。1年ちょっとで。

さすがに偏差値が10は分かるが、25となると全国でもそんなにいないと思う。

英語は、46,9から67,5.数学は、33,7から56,5.国語は、48,4から68,2まで上昇している。

やっているのは、数学は教科書、英語は単語と文法、国語は文法ざっくり言って基礎だ。問題も基礎的な問題が中心だ。数学はちょっとだけ難問をさせた。

本人のセンスもだが、基礎の入れ込みがどれほど大切か分かるような気がした。

高1、高2で基礎を作るべきだと思う。

偏差値25も上がれば、親も本人もうれしいだろう。

学校行っているだけでここまで伸びるだろうか。

 

 

 

英数国1年ちょっとで偏差値25伸びた塾生。” への2件のコメント

  1. 本当にそうですね。自分も読んでも分からない科目がありました。受験界教育界の盲点ですね。これを解決せずに余計な教材多すぎますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>