受かる受からないではない。やるかやらないか。

塾生をたくさん指導してきて受からせてきたが、それは子どもが実行して学習した結果だ。

しかし、みんなが受かったわけではない。子どもが実行して学習しない限り結果は出ない。

塾生に過去問の反復がいちばん効くと言っても、

なかなか実行はできる人は少ない。

なぜか。

頭ではわかっていても実行するのは簡単ではないからだ。

やるかやらないかで、学習は決まる。

効率も大事だが、毎日実行できる人は少ない。

決めたら、結果とかどうでもいいからとにかく、決めたことを実行してみるのが一番大事だと思う。

実行することと続けること。

能力とか結果とか考えないことだ。

効率よくやる方法をいくら考えても、実行しない限り、結果は出ない。

とにかくやってみること。これしかない。

そして続けること。

これがなかなかできない。

結果とか受かることとか考えないほうがうまくいくことが多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>