小学生に段階的にレベルの高い教材やらすと伸びる。

塾生の小学生、数は少ないが次世代の地区のトップを走りそうな子が何人かいる。

段階的に塾の教材を使って、レベルアップをはかってきた。

自分の塾生で素質のいい子は、中学、高校とどんどん伸びてトップレベルになっていく確率が高い。

学校で習っているレベルの何倍もむつかしいものでも、丁寧な解説があると小学生の学力レベルはどんどん上がる。

小学生は、大事な時期だ。この時期に思考力をつけることを目標にすべきだ。どこの学校に入るかも大事だが、学校レベルだけだと、子供の素質が開花しない確率が高い。

自分の経験でも、小学の頃にどういう学習をするかは、大学受験に影響を受ける。小学の頃の学習が、大学受験に大きな影響を受けると言うのは、一般的な認識にないかもしれない。

ざっくり言って、大学受験までは、二つの時期がある。小学までは、思考力養成の時期、中学からは、学習方法確率の時期。どっちも大事だと思う。

脳ミソ固まる前に素質のいい子は、よくよく塾を考えて選択した方がいいと思う。

選択が安易だともったいない。

素質のいい小学生が、もっと入塾してほしいと思う。伸びるのが手に取るように分かりやすいからだ。

もう一つある。変なくせが付いていないから、長期的におおきく伸ばせる。

大手が好きな人が、田舎は多いが、この塾に小学生からいる子は、大手より高い確率で難関大に受かっていると思う。

長期的な戦略が無いと子供は伸びない。それも一貫したものである必要があると思う。ぶれない戦略。迷いは禁物。

素質があっても、途中で迷走すると、伸びなくなる。

小学から大学受験まで一貫した全科目指導ができる塾は少ないと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>