目標とスタート

勘違いしている人が多いと思うが、学校の成績と受験合格は、難関になればなるほど無関係だし、よほどの進学校で無いと、学校の授業についていってそれだけで合格しようと言うのはむつかしいと思う。

そもそも学校のカリキュラムと言うのは受験合格を目標にしていないし、できないからだ。

これがわかっていない人が多い。学校の授業は、復習にして、やったことの確認にするくらいで無いと難関といわれる大学や学部は、現役では受からないと思う。

そもそも受験合格と言うのは、大学受験なら山登りと同じで、どの山に登るかまず目標を決めないと話にならない。この目標設定というのは、高ければ高いほど、はやく決めるべきだ。

スタート時点でどのくらいのレベルなのか自己分析ができないといけない。

目標とスタート。これをはっきり分析し、リサーチできるか。そして計画を立てる。

この計画というのは、個人的な問題で,指導者に付いたほうが言いに決まっている。

目標が高くても、スタート時点で自己分析ができていたら、やり方次第で突破することはできる。

山に登るには、それなりの装備と体力と気力と計画が必要だ。

特に大学受験とか学校の定期気にするような学習では、難関はむつかしいと思う。

目標設定と自己分析これが出来ていない人が多すぎる。そして、学習方法の工夫が自己流過ぎると伸びない。効率よくやるべきだ。

山にはやく登ってしまえば、そんなに落ちることはない。のぼりきれないで終わる人が多いだけだ。

 

 

目標とスタート” への2件のコメント

  1. つまり、高校に通わなくても、大検をクリアすれば、一流大学に入学することができる、ということですよね。
    高校中退した方にも、朗報です。
    どしどし入塾しましょう!
    来年または再来年あたりには、一流大学の新入生になることができます…

  2. 学校の授業真面目に聞かないと受からないというのは、うそですが、これを言い過ぎると塾が嫌われますね。笑。
    ただ、高3の後半で出来ない子とかまったく時間の無駄だと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>