英語の重要性

ある出版会社は、塾情報と言うのを送ってくれる。なかなかためになることを書いてくれていた。

そこには、英語の重要性を述べてあった。英語は短期集中的に習得できる科目ではないので、

上位校を目指すなら、長期的確実なシナリオが必要だとある。

これは正しいと思う。

でも英語は、言語だから、日本語がしっかり出来ていないといけない。早期に英語学習やっても国語力のない状態では上滑りになる。

小さいときに英語やっているからといっても人それぞれ、指導者との相性なのかやらないほうがましだと思うことも多い。

高校受験でも大学受験でも、リスニング、英作文、長文読解、複雑化している。早めに国語力を鍛え、単語力、文法力を鍛えないと、今の入試問題には、対応できない。

塾生見ていても難関高校、難関大に受かる子は、英語はできる子が多い。そして、英語は、一定レベルになると、一番安定した得点が期待できる。

問題によっての得点のブレが一番少ない。

英語は確かに上げるのに時間がかかる。でも、単語の暗記の仕方や、熟語の暗記の仕方が、あまりにも時間かけすぎと言うか、効率悪すぎて、覚えきっていないと、おもうことが多い。

塾生で指導どうりにやった子は、短期で習得する子もいる。一般的なやり方では、挫折する可能性も高い。

英作文やリスニング、長文やっても基礎が無いと伸びないのではないだろうか。

とにかく、英語は、熟語と単語と文法が基礎になる。これができてから、入試問題にどんどん当たったほうがいいと思う。

基礎が出来ていないのに、全文訳とか、英作とかやっているだけの人が多すぎる。というより構造的な問題だろう。

中学生でも高校分野の単語や熟語文法、解説があれば、マスターできることもある。

高校生でも逆に、苦手な子は中学から復習しないとどうしようもない科目だと思う。

実際の入試問題当たっていると分かる世界だ。

英語は、単語と熟語と文法が、数学の教科書みたいなもので、

問題だけ解いても上滑りになる。基礎固めをどうするのか。もっと考えた方がいいと思う。

英語は入試においても重要な科目だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>