理系は物理と化学の選択が合格しやすい

理系で生物を取る人がいる。生物は、二次になると記述が多く、よっぽど好きならいいが、

物理がにがてなので、生物をの流れは、塾生の合格率を見るとおすすめしない。

二次になると不思議と生物選択の合格率は、低くなるような気がする。

理系なら、物理と化学の選択を薦める。文系なら、基礎までなのでどちらも選択ありだと思う。

特に難関大だと生物がものすごく得意なら大丈夫だろうが、物理は、最初はきついが

分かってくれば確実に点数を取れる教科だと思う。

この塾は、福地大先生のおかげで、理科の教材は、充実している。

物理、化学、生物、全部の科目について、教科書、問題集、過去問について解説がある。

新高1で、物理の予習を予習をしている女の子がいたが、学校の進度より、ものすごく進んでいる。

物理とか化学。これは、凡人では予習ができないと思う。

学校の先生が、予習をしているのを褒めていたらしい。

理系は、特に理科がポイントになる。

これを征服できるかは、数学と英語と同等の重要性を持つと思う。

そして理系は、物理と化学の選択が、二次が在るなら有利だと思う。

塾生には、物理と化学の選択を薦めている。

二次のない大学受験するなら、生物選択もありだと思う。

生物選択者は、二次対策を早めにすることをおすすめする。入りやすいが、奥が深い科目だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>