やっぱり基礎力

中学1年生がいる。中学単語暗記用の新しい教材を作った。かなり詳しいものだ。品詞も文法も

説明している。

これを2週間それも計6時間ぐらいだろうか、解説聞いているだけのやり方。

それでも反復させれば、500ぐらいの単語は覚えられる。

普通のやり方では、時間効率が悪いと思う。

今度の学校の定期だが、50点から86点にあがったらしい。学校の先生にも、親にも褒められたと喜んでいた。

中1だから短期で伸びたとしても、36点アップはすごいと思う。

英語の基礎力は単語力。

また国立2次が終わって塾生で、最後まで教科書と過去問やっていた子は、

みんな手ごたえがあったらしい。

やるべきこと、やり方、よくよく考えて実行してやれば、

子供は伸びる。

真面目にやってるのに伸びないのは、やる対象物がおかしいか

やり方がまずいか、

最初にやるべきことは基礎を固めることだと思う。

問題演習だけでは伸びない。基礎を入れ込んでから問題演習すべきだと思う。

この原理が、学校でも守られているだろうか。

疑問に思うことが多い。

 

 

やっぱり基礎力” への2件のコメント

  1. 1科目だけでも大きく伸びたなら、大変な自信となります。
    他の科目を伸ばすのは、時間の問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>