ひたすら答案を作り、書き直し、反復するべきだ。

マークシートだろうが、記述式だろうが、この時期は、答案の形式で、実物大の問題を解いて

繰り返して解くというのが、一番大切だと思う。

その条件として、答案用紙が無いと練習しにくい。

塾生のために、答案用紙を各大学ごとに作っている。しかも毎年更新している。

九州県内は、ほとんどある。10年分以上つくっている大学もある。全科目つくっている。

これが無いと仕上げにくい。

これが、学校でも、手薄なところだと思う。数学ぐらいだろうあるのは。

つくるのは大変な作業なのだ。

答案と言うのは、実際書いて見ないとどうしようもない。

添削してもらっても、それが本当に添削になるのかわからない、大学の教官が採点するのだ。

自分で答案見て、何点取れるかぐらいは練習していれば分かるし、

それが分からないようなら、まずい。何度も書き直すべきだ。

このつめが、非常に大切で、極論すると答案化というのは、

合否の決定的なポイントになると思っている。

最後の詰めというのは、答案用紙に、丁寧に書き上げて、

採点官に見ていただくわけで、汚い字でも、丁寧に書き上げて、

ラブレターを出すようなきもちで訓練するべきだ。

答案用紙がないときつい。

このつめと言うのは、学習法の最終段階だと思う。

これが甘いと力があっても落ちることがある。

というよりこれができるようになるために学習しているわけで、

答案が書けないと言うのは、当たり前の学習をしていないからだということだと思う。

そして答案用紙はむちゃくちゃ大事だということが、

わかっていない人が多い。人の講義聞くような」時期ではない。

受験の三種の神器は、教科書、過去問、答案用紙だと思う。

それらを全部パソコンでシステム化した。

ひたすら答案を作り、書き直し、反復するべきだ。” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>