難関大受かりたいなら

受験指導を長くやっていると、自分の経験からではなく、子どもたちがどういう学習をしたら、

志望校に受かっていくのか、法則性みたいなものがいろいろ見えてくる。

とにかく、目標を決めることが第一で、早いほうがいいと思う。

何度も書いたと思うが、予習をして学校の授業を復習にするような形にしないと、

難関といわれる大学には、現役で受かるのは非常にむつかしいと思う。

塾に行かなくても、自分で予習のできる地頭と根性があるなら、金も要らないからそれでいい。

理系なら、数学と理科そして英単語は、先をやらないとまず、

医学部とか、薬学部の国立に現役で受かるのは非常にむつかしいと思う。いなかは

大抵医学部と薬学部が多い。笑。

実際、教科書の数学理科は、絶対押さえておかないと、学校によるが高2では、

押さえ必要がある。

文系でも、数学はもちろん社会の先取りが必要だ。

ぶっちゃけると本当は、中学あたりから高校分野に入ったほうがいい。

高2までには、全部の受験科目を終わらせたら、

高3の一年間を過去問演習と反復に使える。

これは、大きい。またそうしないと後が苦しくなる。

どこの高校に入ったらいいのか。そんなのは

大事かも知れないが、

それより学習の組み立て、進度、科目間のバランス、本人のやる気の方が大きいと自分は思っている。

学校の授業も予習をしていないと、宿題に追われるだけでまったく力がつかない場合が多い。

高3の受験前になると、

塾生が、

予習しておけばよかったの、教科書もっとよんどけばよかったの、英単語覚えておけばよかったのと言う。

そしてはやく塾の言うとおりしておけばよかったという。

何より学習が苦痛でなくなる。

自分で言うのも変だが、自分もこの塾のような、塾にいきたかった。

生徒にこうした方がいいよというのは、自分がしなかったことが多い。笑

 

難関大受かりたいなら” への2件のコメント

  1. 中学生から準備できるのは、ごく一部の志を持った生徒だけでしょう…
    昔と比べたら、トンでもないレベルの高さです;-)
    オソロシイ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>