バランスよく指導するための工夫

個別指導、授業形態、テープ学習いろいろやって、今の形態にたどり着いたが、

もっと科目間のバランス取りながら、特に小学生や中学生を指導できないものか、

また英語なら、文法と単語、英作文、国語なら、古文や漢文現代文を同時進行で指導できないか、

いまひとつつかめなかったが、プリントの工夫でできることに気付いた。

普通の個別指導だと、週二回ぐらいで全教科の指導は、小学生や中学生ではできないが、

プリントと子供の理解力しだいだが、

スーパーイーグルとプリントの工夫次第で、全教科の指導もできるかもしれないと考えはじめた。3回ならかなり現実的に進めそうだ。

英語や数学2科目やるにも、英語のプリントと数学のプリントまとめて渡すより、

英語の次は数学、そして、英語順番決まっていると子供も飽きずにできるようだ。

いろんな教材が解説付きで作ってあるので、

高校生でも、古文漢文現代文のワンセットで、バランスよく指導できる。これを入塾仕立てのこにやらせたら、かなり受けた。今までは、古典なら古典、漢文なら漢文、それも体系的で意味のある指導だが、

総合力を上げる視点からは、欠点がある。なかなかバランスよく進まないのだ。

普通の個別だともっと進まない。

指導する側の工夫というものは、必要だと思う。

この塾は、ほかの塾とやっていることが違うし、やり方も違う。

でも一番合理的で、どうやって子供の学力を伸ばすか、それを追求していると

思っている。もっといい方法はないか、

こだわり続けている。

20年、30年前の自分がやっていた指導方法が、いまだに多いのは不思議なことだ。

親が疑問を持たないのも不思議だ。塾に週2,週3で、簡単に成績伸びるには、家で

やるか、ヤル気がでるかしかないのではないか。

高い確率で伸ばすには、特殊なやり方取るしか方法がない

具体的には、中3だと中1から復習させているが、英数国理社の順番で、

復習させて、まだ一週間もたたないのに、終わった子が何人かいる。そして、これだとやりやすいと塾生が言う。

個別指導がいいとか、授業形態がいいのか、映像がいいのか、

もっと違った合理的な方法がある。

指導方法を考えると子どもの能力とかあまり気にならなくなる。

ちょっとした工夫で指導法も大きく変わる。バランスよく全科目指導する。この方法に気付くのに、

これに30年以上かかった。笑

むつかしい算数

入試問題の算数の質問がある。公式とか方程式使えないので、

どうして解くんだろうと悩む。

勉強になる。自分で考えて新たな発見とかあるとおもしろい。

こんな問題小学生で解けるのか不思議なほど思考力を使う問題とかある。

塾生に聞くと、学校の問題より百倍むつかしいという。

おつむが柔らかいときこういう問題で鍛えられるというのは、

必要だと思うし、大きな学習財産になると思う。

公式使わないで、如何解くのか、これは、指導する方も勉強になる。

算数が一番むつかしいという言葉がある。

これは正しいと思う。

高校数学と違うむつかしさだ。

どうやってせつめいすればいいのだろうかと悩むことが多い。笑

先取り学習についての誤解

このブログでも何度も話しているが、先取りをした方がいいよと言っているのは、受験に有利なだけではなく、学校の授業を生かすためだと言うことである。

ところが、先取りしていると、学校の定期とか、模擬試験でも、結果がすぐ出ることもあるが、直ぐに結果が出ない場合がある。

これは何でだろうか。

定期や実力の範囲以外をやっているとどうしてもその範囲だけをやっている子には負けてしまうこともあるからだ。また子供の理解力にも差があるが、結果は必ず後半戦に出る。

実際こういうことがあった。

その子は、中3までは順調だった。学年でというより地区で1番まで上昇した。国立の医学部狙いだった。戦略としては、先取りさせて、高2まで全部終わらせて、高3で

入試の演習をさせようという考えで指導していた。

ところが、学校の成績や模擬試験はたまた某予備校の学校の講習やらなんやら気にしていて、親は成績下がってきたので、高2途中で塾をやめさせた。

結局某有名な、学校が大好きな予備校で、2浪したが、医学部には受からなかった。

 

逆の例がある。中高一貫の子で、中学時代は成績は真ん中ぐらいよりちょっと上。

親が、自分の受験の経験があって、学校の成績はどうでもいいから、受験で合格させてくれればいいという考えで塾を信頼してくれた。

兄がいて、その子を国立に,伸ばして現役で受からせたのも大きかったし、塾の指導法を理解していただいていた。

先取りさせて、高2で全部理科と数学と英語の単語は終わらせ、

1年間入試問題を解かせた。数学は15年分3回反復した。

高3の後半から成績が急上昇。最後は、高校のトップまで来た。九大の薬学部に受かったが、成績開示で、医学部でもうかる成績だった。数学は、8割を越え、9割近くまで来た。これには、自分もびっくりした。

今塾生で、中1で、中3の数学の教科書やらせている子がいるが、楽しそうにやっている。

普通は。解説のない教材で予習はできない。灘中の子とか、中3で高3の数学終わっているのが普通だ。まねはできない。中学受験で脳ミソが鍛えられているからだ。

しかも基礎を予習させるべき。途中の成績気にすると、

特に難関は受からないことが多い。

受験と言うのは戦い方というのがある。親の理解と本人の理解どっちも必要だと思う。

 

 

 

 

夏休みに何をすべきか

成績のいい子は、復習だけではもったいない。今年この地区の県立の高校から入った子は誰も国立の医学部に現役で受かっていないらしい。何人もうけたらしい。

基礎の予習が出来ていないので、全国レベルの入試には勝てないのだとおもう。

全員中高一貫の子供だけ。それも数名。国立の医学部狙いきたいなら、早く基礎を終わらせよう。

この発想がわかっていない親も子も多い。問題むつかしいのを高1高2で解けないといけないと思い込んでいるのではないか。高3の後半で過去もんが解けるようにするという考え方が

できないから、全部の科目をバランスよく帳尻合わせることができない。全部の科目

の基礎だけでもすごい量だと思う。問題解くのもいいが、全部の基礎を入れ込んでからにした方がよいという発想が指導者にもすくないのではないか。

帳尻合わせるには、先取りしか手がない。これがわかっている人は成功する確率が高い。

小学や中学からこの発想が分かっていれば、先取りしかも基礎の先取りと思考力と国語力をつけるにはどうしたらいいのか考えるべきではないだろうか。

理解力の高い子は、どんどん小学生でも中学生でも先を行ったほうがいいし、高1高2も数学とか単語とか理科とか社会とか、先に進んだほうがいい。

では、

できない子は、如何したらいいのか。わかっていないところから復習するするほうがいい。

中学生でも、小学生の分野がわかっていない子は多いし、中3なら復習は中1からやったほうがいい。

高校生でも、教科書が分かっていない子は多い。

復習をできるかというと説明のない教材は、非常にむつかしい。できる子でも復習はするべきだが、苦手な分野だけにするとか、いろんなやり方がある。

予習や復習が自由自在にできるということが、どれほど大切なのか

35年も塾をやっていると分かるが、これは道具が無いとできない。

道具と言うのは大事だ。釣竿とえさが無いと肴はつれない。車が無いと遠くにはいけない。

人間が道具になるかと言うと塾ではむつかしい。時間が無いから。

この塾は、道具をそろえている。学習の道具。やるのは子どもたちだが、真面目に取り組んだら、そして時間をかければ、間違いなく伸びる。

理にかなったやり方だからだ。夏休みで差は大きく開く。

説明のない教材は指導がしにくい。だから10年以上かけて作ってきた。

何度も言うが、自分がもう一度生れ変わったら、スーパーイーグルを予習用に使う。

もっとまともな学力がつくという確信がある。だから、塾生に薦められるのだ。

 

 学習法以前に時間が問題。

効率のよい良い学習はあると思う。でもどんなに効率がよくても時間が少なくて伸びるだろうか。

効率性と時間。どんなに効率もとめても短時間で伸びるだろうか。

昔。ラサールに山田さんと言う先輩がいた。その人は、自分は能力がないので人よりたくさん勉強しないと追いつけない。だから自分は、人より多くの時間をかけて徹底的にやると言ったのを覚えている。

その人の本は、全部ぼろぼろのように使いこなしていた。同じ本を何回も使いこなしていたのだろう。消灯時間になっても、便所で本を読んでいたという逸話がある。

現役で九大の医学部に合格した。

努力を自分はしていただろうか。何度も本を読んでいただろうか。

努力なくして時間かけないでそんなにうまく行くだろうか。

今年ラサールに合格して1番になった子がいるという話をした。その子は、朝の5時に塾に来て、7時までやって学校にいって、毎日、塾に来て努力をした。

高校生になってからも努力を続けている。

結果を求めるならそれ相当の時間と言うものをかけない限り、効率性とかばかり求めても

結果はついてこないのではないだろうか。

効率よく時間をかけて学習する。睡眠と休養は大事だが。

伸びない子を見ていると圧倒的に学習時間が少ないような気がしてならない。

ザックリやってから細かくやれない人が多い

ノートをつくったり、カードを作ったり、とにかく作業が多いというのは、

本当に学習になっているのだろうか。

ザックリやって全体をつかむということができないと伸びないとおもう。

細かな点に最初からこだわるというのは、学力がつきにくい。

全体をつかむということがないと、木を見て森を見ずということになる。

このパターンが多い。

時間の割りには伸びない。

先取りを薦めるのは、全体像が見えるからだ。

細かな知識と言うのに最初からこだわると効率も悪い。

そもそもどんな科目でもポイントと言うのがあって、

大事な部分を押さえようとしないと実際使い物にならない。

やたらと参考書問題集使っても、全体像特に教科書の

目次とか見たり、体系的に押さえる学習が

出来てなさすぎではないか。

全体をつかんで細部に行くという

センスは身につけたほうがいいと思う。

学習の組み立て方を身につけるということは大事で、

これができる子は、すばらしく伸びる。

全体をつかむ。弱点を見つける。反復をする。改良をする。

学習というのは、経営に似ているところがあると思う。

宿題やってたら受験に受かる?

もっと受験の本質を考えたほうがいいのではないか

目先の戦術だけで戦略、全体をつかむ力がないと受験はうまく行かない。

レベルが高くなればなるほど、問われると思う。

学習は、考えながらやるものだと思う。頭は問題解くだけで終わっているとたいした

力はつかないと思う。

 

 

 

 

いろんな考えあるが

まったく教科書使わないで、参考書や問題集で学習して成功した人もいるだろう。

問題集の答えを見ながら、やり方を覚えて、学習する人もいる。それでも成功する人もいる。

そういう人は、応用力があって、基礎をつなげる力が、あるからだろう。

でも、凡人は、基礎から応用そして入試問題という流れに乗った方が確実に力がつく。万人向けの方法と

特殊なやり方。

どっちでもいいが、基礎からやらないと

凡人は伸びないことが多いと思う。

成功体験を真似してもあわない事がある。

人は人だが、

人間、睡眠と運動と食事が大事なように。

基本は学習も、基礎応用発展と3本柱がいいのではないか。

特殊な成功体験はその人独自の体験で、

万人向けの方法を自分は薦める。

万人向けの方法を取り、反復を心がけると恐ろしく伸びることもある。

特殊なやり方では、偏差値80とか取れないと思う。

塾生見ていても、王道を究めた子は、すごいことになる。

たいていどっかが足りないことが多い。

段階的に進む方が確実に伸びる。時間がかかっても急がば回れ。

即効性狙っても伸びは少ないと思う。

 

 

学習説明会

学習説明会に来た保護者と子供さんには、お礼を言いたい。かなりの人数だった。

学習説明会と言うのをなぜやるかというと、塾の指導の内容と言うのを理解してもらうのことが大事だし、とても普通の時間では説明できないし、聞いたこともない話しもしたい。

子供と親に今の学校教育を含め、教科書の大切さと、

学習のやり方、当たり前のことを話した。

本当は、いろんなことをもっと話したかったが、

やり方と心構え、

また塾生で伸びている子供の話しもした。

いろんな塾があるだろうが、基本的には、開塾から何も考え方は変わっていない。

基礎を大切にすること。過去問を大切にすること。どうして

成績がよくても受験に失敗するのかの理由を説明した。

大手に行ったから受かるわけでもない。

学習の組み立て方をしっかり理解し、

なぜかと反復を心がけ、

弱点をつぶすか、解きなおしの大切さを説明した。

直接聞くのもいいと思う。

文字では伝わらないことも多い。

毎回来てくださる親もいる。

意外と学習の根本はわすれられているものだ。

正しい学習は、必ず結果が出る。それがどのくらいの時間かは、人による。

やり方と考え方間違うとうまく行かないと思う。