中学入学前に中学1年の範囲を全教科予習した子がいる。

中学受験が終わって、地元の中学に通いながら、塾に来るというので中学範囲を全教科予習させテいる子がいる。

まず数学の教科書解説で、最後まで予習した。

次に理科の問題集120ページ以上ある。これを全部やった。

そして、社会の歴史120ページと地理の120ページをやり、

英語はアルファベットから、出発してもう少しで単語と文法がもう少しで終わる。

国語は、漢検の4級の問題やりながら、新演習という問題をひととおりやった。

実質2ヶ月。

毎日来たわけではないが、とにかくこれだけの量をこなせるのには、

まず解説のない教材では、無理だと思う。

学習は、体系性と網羅性というのが大事だと思う。簡単に言うと穴がないことそして

きちんと順序立てて学習すること。

学校の授業が全部復習になったら、どうなるか想像したらいいと思う

上滑りの学習ではない。基本に忠実でしっかり学校の授業も全部確認になる。

解説のない教材で先取りができる子は、ほとんどいない。

この調子で行くと中1のおわりで、少なくとも県立高校入試理数科レベルに合格できる学力にはなるだろうと予想している。

下手な私立に行くより、コスパよく確実に学力がついていくだろうと思う。、

全教科の先取りができる塾は、全国でも少ないと思う。

先取りができた子供の学力の伸びは、すごい。

鳥瞰的視野が広がるからだろう。

合格相場

受験が終わってみると、いろんなことを考える。合格と言う結果を出すには、

本人の主体性と心技体全てがかみ合わないとうまく行かないと思う。

合格ギリギリとなるレベルだと、素直さと謙虚と言うのがとても大事だと思う。

こうした方がいいよといっても聞かない子より、素直に実行した子どもの方が合格しやすい。

そして受験は分からない。合格判定Aを連続でも難関になると不合格になることもある。

これは、慢心と言うものがあったかもしれない。最後まで危機意識を持つというのはある意味大事だと思う。

合格通知をもらうまで安心はできない。指導者も安心してはいけないと思う。

合格相場と言うのがある。これを超えて最後まで安心せず、

努力すれば、合格する可能性は高いと思う。そのレベルに到達するのが一つのポイントだと思う。

高校入試なら、鹿児島振興会の模擬試験で中3で、400点越えると泉が丘の理数科

350点越えると普通科。280点越えると都城西。相場と言うのがある。

大学受験なら、もちろん学部によるが、センター720以上越えて二次力あったら九大、650テン越えて熊大。

600点はほしい鹿児島大学。570点はほしい宮崎大学。そして、受験科目の2次力。

医学部なら770点はほしい。そして2次力勝負。

ザックリこの合格相場に乗せないと合格しないことが多いと思う。学校の成績特に定期は当てにならない。

受験は総合力。でも特に二次に英語と数学がある場合。どちらも得意科目にすると合格しやすいのは間違いないと思う。

合格相場に乗れる学習と言うのは、コツコツそして効率よく自律した学習をすることで、

当たり前のことを当たり前に実行していくことだと思う。

合格相場に乗るにはどうしたらいいか。子供自身も考えないとどうしようもないと思う。

そしたら自然に塾に来て伸びるようになると思う。準備は早いに越したことはないが、

困ってから塾に来る人が多い。間に合うか間に合わないかもっと危機意識がほしいと思うことが多い。

一定の学力がつくと油断しなければ受かることが多い。そのレベルつまり合格相場に自分を

もって行くこと。これは、指導者との共同作業だと思う。素直な子ほど伸びて逆転合格をすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合格体験記 長崎大学水産学部7倍の壁を破った努力の跡

高校二年生の終わり、僕の成績は厳しい状況でした。
二年生の途中まで部活に明け暮れ(途中で退部)、全ての教科の基礎が崩壊していました。
得意教科さえありませんでした。

もともと不器用で人一倍努力しないといけない性格だったので、ちゃんと文武両道ができる部活を選べばよかったと後悔していますが、
これを読んでいる方はぜひ部活選びをしっかり考えていただきたいと思います。
また、やりたい仕事や興味のある事を探求できるような大学をできるだけ詳しく早く決めておくと、
教科選択や後の進路変更で悩まされることはなくなると思います。
僕は単純に「魚バカ」だったので、目標はすぐ決まりました。
好きなことを仕事にすることが一番大切だと思います。
これは勉強以前に考えることで、目標がぶれなければ自ずと勉強し始めると思います。

話を変えますが、僕は約五ヶ月間、毎日塾に来て、教科書や単語帳、資料集を使って基礎の定着に努めました。
理系であれば、数学・英語・理科が大事だといわれていますが、数学は教科書を全部やり直しました。
入試問題を研究したことのある方はあまりいないと思いますが、題材は教科書であると気付く日が来ると思います。
二次試験は特にです。

英語は「システム英単語」という教材を何度も聴きました。
解説を聴き取れる最大のスピードでできるだけ多く繰り返しました。
聴きすぎがちょうどいいぐらいで、頭にしみこみます。
英語は単語が命です。
文法やイディオムは教材「ネクストステージ」を繰り返し習得しました。

理科は授業の進度が遅いとわかっていたので、予習を行いました。
高校理科は後半になるにつれて苦手とする人が増えます。
しかし、予習のおかげで得意科目になりました。

どの教科にもあてはまることだと思いますが、教科書を使った復習・予習・過去問反復は後半の伸びにとても効きます。
僕が急に伸び出したのも、入試の三ヶ月ぐらい前でした。
なので、一・二年生の方は予習をして早く基礎を終わらせ、三年生の方は夏休みぐらいまでに教科書の基礎固めを終わらせてください。
過去問は10年分を三回こなすのが最低ノルマです。
苦手分野は教科書に戻ってみると克服につながります。
戻る勇気も必要だと思います。

理解力の乏しいこんな僕でも伸ばすことができたのは、スーパーイーグルや塾長の指導があったからこそだと思います。
僕は塾長に言われたことをそのまま実行しただけです。
正直、結果が出るまで長い時間がかかりましたが、九進研でコツコツ勉強することで自然と成績が上がりました。
これを読んでいる方も塾長に言われたことをそのまま実行してみてください。
諦めず結果が出るまで、です。

一応、大学には合格しましたが、僕の最大の夢はまだ叶えられていないので、
夢を追う側の者として、みなさんと立場は同じです。
お互い夢を叶えられるまで頑張りましょう!

合格体験記  鹿児島大学教育学部

① 入塾した時の成績
私は入塾以前、危機感を感じていました。
文系のトップクラスに入れたものの「このままで大丈夫なのか?」と。
現に数学はクラスでかなり下の方の順位で、それ以外の教科も平均以下。国立大学の合格判定は「E」「D」という状況でした。

② 入塾~高三前半
入塾後、無理やりにでも勉強するようになり、成績は少しずつですが上昇しました。
高二の後半には得意分野で8割近くの点数を取れるようになり、英検二級も取得できました。
ですが高校総体が近づくにつれ、勉強よりも部活に重きをおくようになってしまいました。
その結果、高三最初のマーク模試は総点450点という最悪のものでした。

③ 総体終了~オープン模試
本腰を入れ始めたのは総体終了後の夏休みです。
夏休みは英語・古典・世界史を克服するために、問題集を二~三回反復しました。
そして夏休みや文化祭も終わり、オープン模試が迫る中で過去問に取り掛かりました。
スーパーイーグルの力を使い、過去問を反復してわからないところは塾長に質問という勉強を、二度目のオープン模試終了まで続けました。
オープン模試の結果はひとまず合格圏内でしたが、これまでを振り返ると自分の成長を実感できました。

④ センター試験
オープン模試終了後、勉強をセンター試験向けに切り替えました。
そして九進研の仲間と切磋琢磨しながら、センター過去問を何度も反復しました。
模試を受けるたびに点数が上がり、スーパーイーグルの力を活用しながら勉強していきました。
本番は目標に10点ほど足りませんでしたが、それまでの最高得点よりさらに60点ほど高い自己ベストを得点できました。本番は640点でした。
社会は二教科とも8割を超え、生物基礎は満点でした。

⑤ 二次試験
センター終了後、合格目標点数に余裕がありましたが、それでも過去問の反復や塾長の添削指導を受け、慢心せずに勉強を続けました。
本番はとても緊張しましたが、自分の力を出し切ることができました。

⑥ 最後に
九進研は本気になればセンター試験で200点ほど伸ばすことが可能な塾です。
ひとつひとつの模試は大切ですが、それ以上に慢心せずストイックに過去問を反復することと教科書を何度も見直すことが大切なので、自分のポテンシャルを信じてがんばってください。

合格体験記

私が現役で鹿児島大学に合格できたのは、九進研で学習ができたからです。

勉強するにつれ受験が近づくにつれ、塾長がいつもおっしゃっている基礎の大切さに気がつきました。
私は高二の冬に入塾しましたが、今振り返るとそれまでは参考書や学校の教材を中心に勉強していて、基礎がおろそかになっていたと思います。
そのせいで高三になり勉強量は増えたにも拘らず、成績がなかなか伸びませんでした。
基礎がしっかりできていなければ、いくら勉強をしても応用問題や入試問題を解いても力はつきません。
塾長が日ごろからおっしゃるように、教科書中心の勉強をして基礎を固めてください。

予習をするシステムもとっても良かったです。
どんどん予習してできるだけ早く基礎を終わらせてください。
クラスによって違いますが、理科社会が終わるのは11月頃です。
それから問題演習を始めるには遅すぎると感じました。
早いに越したことはありませんが、夏休み頃には演習を始められると二次試験の対策も十分できると思います。

クラスメイトや他の塾生などを見てみると、早めに二次試験の対策を始めている人ほど合格していて、難関大学に合格している人も多いように感じました。
センター試験中心の勉強よりも二次試験に焦点を当て勉強するのも良いかもしれません。

勉強しているのに全然成績が伸びず苦しむこともあるかもしれませんが、塾長の言われたとおり勉強していれば必ず伸びます。
最後まで信じて突っ走ってください。
応援しています。

教科書使わない授業

今度浪人する子が、昨日言ってた。高1の数学の授業では、教科書使わないどころか、教科書は見るなと言っていたという。うそだろうと思ったが、ベテランの先生だったという。

自分が作ったプリントで授業をしたらしい。自己満足はいいが、子供の学力は、満足していない。

高2からは、教科書使う先生だったらしい。高1では。教科書見たことがないらしい。きれいどころか新品だ。

教科書軽視もはなはだしい。化学や物理では、教科書より自分でつくったプリントで授業するパターンが多い。

その子のクラスは、国立合格した人は、ほとんどいないと言っていた。

数学とか理科とかなら、教科書と傍用の問題集が一番力がつく。

こういうのは、基本中の基本で、これを守らないと基礎が身につかない。

プリントや参考書を中心とすると、似た問題を探して当てはめようとするくせがつく。

宿題で問題出すのはいいが、教科書の基礎が出来ていないのに、参考書とか問題集与えると、似た問題はないかあからさまに探そうとする。これは、怖い病気だと思う。

自分の頭つまり、基礎を組み合わせて問題を解くという気がないという病気。

似た問題の暗記で問題を処理しようとする。

教科書の基本を身につけることが第一だが、それを飛ばすと、似たような問題、やったような問題は解けるが、

ちょっとひねられると解けない。つまり暗記で問題に当たろうとする。

こういう人が多い。

浪人する子に、教科書からやらせているが、教科書の基礎を身につけるのが、

一番確実に合格する道だと思う。

当たり前にやることができないと、結果は出ない。

応用力というのは、教科書に書いてある基礎をつなげて、自分で組み合わせる力で、

むつかしい問題やったから、つくというものではないと思う。

時間かけた割りに伸びない人は、脳ミソを使って基礎をつなげようと言うより、

似た問題は、どこにあるのだろうか、いっぱい解いて慣れれば解けるようになると思う傾向に

あるのではないだろうか、

県立高校合格おめでとう。

卒業だけならいいが、国立大学合格する力をつけるのは、

それなりの考え持って学習しないととんでもない学力で終わる危険性があるというのは

間違いないと思う。

 

元塾生と偶然会った

塾生を何人教えたのか分からない。若い頃は、塾生を魚釣りに連れて行ったり、バスをレンタルして海水浴に連れて行ったりしていた。

その頃の塾生も立派なおじさん、おばさんの年になっている。

たまたま知り合いの葬式で、塾生に会った。30年近い昔に教えていた子だが、よく覚えていたのだが、何でここで会うのか不思議な気がした。

その子とよく魚つりに行った記憶がある。

先生には、お世話になりました。魚つりに連れて行ってもらいました。とか言っていた。

今度、夏に熊本で、眼科を開院するらしいと言う。

塾生が、医者になって、開業すると聞くとうれしいものだ。

性格の優しい素直な子なので、きっと患者さんを大切にする人気のある開業医になると思う。

なんだかんだ言っても、性格がいいのが一番だと思う。

3つごの魂100まで。

いい性格のままで成長しているのが特にうれしかった。

中途半端なのに限って威張っているのが多い。笑。

 

 

基礎知識をどうやって入れるか

昨日浪人になる子が体験に来た。英語のセンターの得点聞いたら、中学英語から

やり直すべきだと判断した。

体験学習で中学の英単語と文法を、1日朝10時から、夕方7時までパソコン使って総復習した。

やったところ、本人も満足げに帰った。3年分が、一日で一回回せた。一冊の単語帳だが

すばらしい出来だと思っている。システム英単語中学版だ。300ページある。全部解説を加えた。

基礎を入れ込むのは大変なことで、これが一日で一回まわすことができた。

このように短時間で基礎知識を入れ込み反復させることが、

読むだけでできるかというと、

限りなく不可能に近いと思う。苦手科目だと修行に近いと思う。

大学生が、塾に遊びに来てくれた。その子は、福岡で塾のバイトをしているらしい。

バイトをしていると、基礎知識のない子は、その塾のやり方では指導がむつかしい言っていた。いわゆる個別指導だ。

その子が言うには、この塾のやり方しか確実に伸ばす方法は無いと思うといってくれた。

また昨日高2が、山川日本史の教科書を2回目だとパソコンを使って、聞きながら、回していた。

これを使うと楽に進められるという。

基礎の部分は、凡人なら、聞きながら何回も回し、速度調節を使うと

信じられないくらい進む。

この基礎知識の入れ込み方というのが、非常に大切だが、これについてもっと

考えるべきではないかと改めて思った。

塾に行っても成績が伸びないとよく聞くが、基礎知識の入れ込む方法が

子ども任せだと、凡人は、現実的に入れ込むことができないからではないだろうか。

強制的に、しかも楽に、やれる方法はあるのだと思う。気付かない人が多いだけだと思う。

基礎知識を本を使って短時間で入れる方法は、一つしか無いと自分は思っている。

どうやったら子どもの学力伸ばせるかということは、どうやったら子どもの基礎知識を

入れ込ませせるのかと同意義だと思う。これができないとどうしようも無いと思う。

問題演習の前にほとんど勝負が決まっているからだ。人間は忘れる動物だ。

反復が大事だが、一回回す時間が長すぎると反復ができない。

この視点が、学習指導上の一番の盲点のような気がしてならない。

授業の前に予習をするというのがいかにすばらしいか、浪人生を指導するとつくづく分かる。

 

受験の叡智

受験の方法論について書かれた本。東大理3に合格した人たちが、集まって書いている。

ほとんど自分の考えかたと同じだった。過去問至上主義そして基礎からの思考法。

参考書がどれがいいの、そんな本が大半だが、この本は違う。

1教科書、2問題集、3過去問の流れで、学習すべきことが明確に書かれてあり、

思考法についても納得のいく説明が多い。

どうして予備校に行って伸びない人がいるのかについても書いてある。2とか、3しかしないからだと明確に述べてある。

1から出発すべきだと、日本最高峰の学部に受かった人たちが、書いた本だからではないが、

理論がはっきり分かる。

ただ問題なのは、現実的に日々の学習の中で実践できるかという部分だ、

スーパーイーグルと言うのは、凡人で怠け者でも、真面目に集中して取り組めば

1,2,3の順で確実に高みに引き上げてくれる。

自分で本を読んで分かり、読み続けることができるなら、そういう人はスーパーイーグルは。

必要ない。塾にいく必要も無いと思う。

東大の理科三類の人の理論がいくら伝わっても、現実の日々の学習で、実践できるか。

理論と実践の二つが、そろわないと凡人は大きく伸びないだろう。

でも、受験の叡智と言う本は、今まで読んだ受験指南の中で一番納得の行く本だ。

こういう本こそ指導者は読むべきだと思う。ピント外れの指導はできなくなる。

学習理論の本としてはとしては、最高の出来だと思う。

 

 

合格体験記

僕は高校l年生の頃、恥ずかしい話学年全体で下に20人位しかいないほど成績が悪い状態でした。2年生になってようや<勉強を始めましたが、さほど成績は上がらずそのま
ま受験生になってしまいました。
もともと志望校は北九州市立大学でしたが、4月時点ではかなり厳しい状況だったことを覚えています。しかし5月に入塾させてもらってから徐々に変わっていきました。

まず僕が始めたのは、教科を絞ることでした(邪道ですが)。北九大は3教科のみで受けられたので、国・英・政経の3つに絞りました。
国語は古典に重点を置き塾の教材で基本を身につける、 政経はとにか<資料集を読み込むことで何とか力をつけることができました。

しかし英語だけは1O月になっても伸びませんでした。
そんな中、九進研の先生からのアドバイスで大きく変わることができました。受験においては当たり前かもしれませんが過去間を繰り返すことです。

追試の問題も繰り返し解きました。一度やった問題は繰り返しても無意昧だと思う人がいるかもしれませんが、それは間違って考えだと断言できます。
燥り返すことで間題に憤れてきますし、初見の問題でも早<読む力がつきました。
実際、点数は過去問をする前より40点以上あがりました。
結果的にセンターでは目標だった3教科7割越えを達成でき、二次試験勉強にもスムーズに取り組むことができました。

高校受験にせよ大学受験にせよ、これから受験を控えている方に言いたいのは、塾の先生の言うことに素直になるベきだということです。
先生方は生徒に足りない力を的確に指摘して<れます。僕は正直、学校の先生よりも信顆して勉強していました。
こうして合格体談記をかけているのは、偏に、親や九進研の先生方の教えがあったからであると思っています。このことに感謝して大学生活を充実させていきたいと思います。