基礎力の違い

基礎力と言うのが大事だが、志望校によって違う。受験は、中学受験、高校受験、大学受験基本は同じだと思う。

基礎力なくして合格はないが、基礎力の内容レベルが違う。これが一つのポイントになると思う。これが、分かるためには、志望校の過去問を分析しないとどうしようもない。

志望校で問われる基礎力の分析なくして学習をすすめている人が大半だ。集団授業の限界はここにあると思う。クラスわけをしても志望校が違えば、学習の基礎がどこまでなのかあいまいになる。

志望校が決まらないと、学習のしようがないのだ。

指導と言うのは二つあって、教えて終わりと言うのと、伸ばして合格まで考えて指導するというもの。

一科目でも違うが、たとえば東大を受ける人と慶応早稲田を受ける人では、英単語の細かさなら私立の方が上だと思う。だから、細かな単語が、基礎力となる。

有名私立の中学受験の算数なら、5千題や自由自在の内容が基礎力になる。これらのレベルが基礎力になる。このレベルを習得しないと合格はないと思う

県立高校入試のレベルなら、教科書が基礎力になる。ラサール高校なら、旺文社の問題精講レベルが基礎力になる。

基礎は、教科書にあるがこれは、根本で、これを基点にしなければならないが、志望校のそれぞれの基礎の幅、基礎の深さ、そこの学校の要求している思考力そういったものは、

共通もあるが違いと深さが違う。

これらの基礎をいかに短時間で身につけ、何回もまわすか、それが、受験の出発点でもあり

最終の確認段階だ。これができれば、たいてい受かる可能性がある。

でも読解力がないとどうしようもない。本を読むのは大事だと思う。

何も考えず、これやれ、それやれ、ノートをつくれ、全訳しろ、そういう学習を何年やっていても、なかなか志望校には受からないだろう。効率が悪すぎるのだ。

自分でどうやったら伸びるのか考えることも大事だが分かっている指導者につくというのも大事だと思う。自己満足になりがちだ。浪人でたくろうとかスーパーマン以外はやめた方がいいと思う

基礎の深さと幅これを確定したら、いかに効率よく反復して入れ込めるか。これで子どもは大きく短期で伸びるのには驚くことがある。

高校受験で、英単語1500スーパーイーグル使って、二日で2周したら、英語の得点が20点以上上がった。これはほんとうだ。

基礎を高速で入れ込むということ。基礎には違いがあること。これが大切ではないだろうか

どこを志望校にするかで、基礎の範囲深さが違うこれをわすれないようにしたいものだ。

 

確実に受かる学習というのを追求すべきだ。

合格したとしても、その人がたまたまいろんなものがそろっていたので合格したというもの。そんな汎用性のないものを、真に受けるとろくなことはない。

正攻法でやるべきだと思う。

確実に合格する方法と言うのはあると思う。それは何度も書いている。

昨日。高3に学校の先生は、どういう学習をすべきなのか教えてくれるか、過去問を反復したほうがいいとか言う人はいるかと聞いたら

いないと言う。

2、3年分見ればいいと言う人はいるらしい。

確実に受かるなら、基礎を入れ込んだら、10年分3回は解くのが最低の条件だと思う。

これができない凡人は、3割バッターで、10割にはなれないと思う。

受験は一回きりにしたい。そうなら野球の打率みたいに3割で十分みたいな言説をまともに信じる方がおかしいし、3割でいいみたいなそんないい加減な指導でいいのだろうか。

去年国立大に38人受けて33人塾生は合格した。朝から3年来たら100パーセント合格しただろう。

たまたまかもしれないが、確実に合格する方向で指導した結果だと思う。

でもたまたま受かったみたいな指導では、高い合格率は出せない。

理屈に合った、人間の脳ミソの構造にあった学習というのが何なのかもっと考えたほうがいいと思う。

親も子供ももっと考えた方がいい。

まともな指導機関は少ない。

 

伸びているのにやめたらどうなるか

浪人1年やって志望校に落ちたとする。前にも書いたことがあるが、伸びているのにほかの予備校やらたくろうするとろくなことはない。

どうしても志望校に行きたいなら、続けるしかないと思う。諦めるのも大事なこともあるだろう。

もう一年続けていたら到達したかもしれないのに、伸びているのにやめるととんでもないことになることが多い。伸びているなら、そこの環境を変えずに我慢した方がいい。

1年でけりをつけたい。それなら必死でやるべきだが、どうしてもうまく行かないことこともある。

医学部になるとたろう君は多い。アリ地獄みたいになると悲惨だ。

だから、浪人するより、現役のときがんばった方がいいと思う。

でも人間理屈どうりにはいかないものだ。

浪人も悪いことばかりではない..。現役では考えられない大学にごうかくすることもあるし、

人生勉強にもなる。

伸びているということと合格は同じではない。伸びているのをもっと伸ばさないと合格にはならないが、伸びているのを続けるということが我慢できないとろくなことにはならないこともある。

仕事をころころ変える人もいるが、我慢ができないと何でも続かないのと同じだと思う。

伸びているのに、不合格になってもそれを続けたら合格になったのにまた振り出しに戻る人がいる。

詳しくは書けないが、浪人したら合格するまで我慢するということ、それも1年でけりがつくかどうか。

受験指導の世界に身をおくといろいろ考えさせられる。

医学部受験は、きびしい。

自分の塾は、2年では確実にけりを付けさせてきた。

ほかの予備校だろうが、伸びているなら続けた方がいい。環境ころころ変えるとたろう君になりやすい。

伸びているのを続けないと合格できないということ。これは大切なことだろう。

100が合格とすると、50だったのを98まで伸ばしても、不合格だ。でも、あと1年続けると120になることもある。

これがわかっていないと損をすることがある。

 

 

 

 

目先の学習と本当の学習の差

学校の進度に合わせる、学校の宿題しかしない。学校の成績だけを気にする。こう言う学習は、模擬試験やその延長の入試になると段々ずれが生じる。

有名進学校なら学校の進度についていくだけでも大変で、授業を理解することまた学校の成績で上位なら、いや真ん中でも十分なことが多い。ただ分からなくなる可能性もある。笑

田舎の公立で、学校の進度に合わせるというのは、塾に行くいかないにしろ、普通の国立に現役で合格するのも大変なことだとこの時期になるとつくづく思う。

進度も遅いが、無駄が多すぎる。

そもそも教科書の理解が授業だけでできるのかと言うと半分以上は、わかっていないと思う。特に理系なら、数学はもちろんだが、理科は相当難しくなる。社会もなめたら大変なことになる。

先取りしないと授業だけでは理解していない高校生は多い。塾に行って、学校の宿題教えてもらうくらいなら金を払う価値があるのだろうか。

ざっくりでもいいから、先に進んで授業を復習にすると、高1項2の頃は、たいした成績でなくても、高3の後半からは、グングン伸びだすことが多い。

はっきり言って、高1や高2の頃に入試問題やるより高3で過去もんや問題集やりまくる方がいいが、後半に伸びるというか、一定の基礎力を早めに全科目確立するという発想が乏しすぎると思う。塾生でも難関に受かった子は、100パーセント予習をしていた。

学校も高1高2から入試問題やらせたがる。基礎を早めに全科目確立すると方がいい。基礎を確立するのは大変なことで、時間がかかる。一科目ではない。

教科書も何度も見るべきだろう。高校の教科書は、中学までとはレベルが違う。

塾生見ても、塾の指導のとおり、目先でなく、予習先取りで、高3の後半確実に受かる力をつけた子が何人かいる。

一定の学力が付くと落ちない。面白くなり、自信がつくのだろう。学校の授業も全部生きてくる。

分かるしできるからだ。学習に無駄な時間がなくなるのだ。

これだけは言いたいが、基礎を身につけるのは大変なことで、予習をしないとまったく基礎力がない状態になって、問題解かされるだけで、卒業証書はもらえても。

合格通知はもらえない確率が高いことが多い。授業は、復習にした方がいい。

この時期になるとつくづく思う。

何度も同じことを申し上げるとあいつは馬鹿ではないかと思われるだろうが。笑

 

真剣にやるべき

塾生見ていても、真剣に学習に取り組んでいる子は、急には伸びなくても

必ず結果がついてくる。正しい学習を継続的に真剣にやれば、確実に伸びていく。

だらだらやる子は、伸びないし、真面目にやってそうでも、真剣に伸びようと思わない限り、大きくは伸びない。

真剣に伸びようと思うかどうか、自分でどうしたらもっと伸びるのか考える、そんな思いが一番大切で、これが無いといけないと思う。

命がけでやるというのは大げさだが、高3ならもし国立落ちたら、どうなるか。私立落ちたらどうなるか。高1でも高2でも、真剣にもっと考えて、真剣に取り組むべきではないかと思うことが多い。もっと下の学年でも同様だ。

精神性の高さが学習の根本にもある。

学習もスポーツも基本は同じだと思う。

オリンピックのスノボード見ていたら、平野選手とかあれが人間のやることか、神に近いと思った。命がけで毎日練習しているのだろう。楽しいのかもしれないが、真剣に取り組む人間の精神の高さと言うのを感じた。

あの技を見て感動しない人間はいないと思う。

能力があっても、真剣さがないと、高みには上れないと思う。

学習も真剣に取り組んで、高みを目指さない限り、現状維持がせいぜい、レベルを上げることはできないと思う。

指導する方も、指導される方も、お互い真剣にやらないと伸びないと思う。

塾のシステムもさらに高みを目指そうと思った。

 

 

 

まともな指導は少ない

理屈に合わない指導をしても、伸びない。学校の成績なら試験範囲をやらせればいいのだろうが。

ことは、大学受験とかとなるとまともに当たり前のことが、当たり前にできないと結果を出すのはむつかしい。

ざっくり言って、基礎、応用、過去問演習の3段階で学習するのが当たり前の学習だと思うが、

自分の志望校の過去問だけでも、演習反復しなければならない時期に、

ほかの過去問解いてるのを見ると、何を学校ってやらせようとしているのか疑問に思うことが多い。

各大学ごとにできないのは分かるが、もっと一工夫必要だろう。

去年、塾生が、宮崎大学を受験するというのに、塾に来て学校のプリントやっていたのを見ていたら、ほかの大学の2次試験の過去問をやっていたので、

センターでボーダーあたりの人間がやるべきことでは無いと注意した。

それからは、自分の志望校の過去問をひたすら反復していた。合格して学校に報告に行ったら、4人同じ学部学科を受けて、その塾生だけが受かっていたらしい。

つまり、似たような点数の3人は、落ちていた。先生が褒めていたらしい。笑

自分の志望校の過去問演習が十分なら、まだいいが、3回ぐらい反復できないうちから、

ほかをやるというのはいかがなものか。

でもこういうのは、多数派だろう。人間の脳ミソの構造を無視している。

世の中の入試問題とか、手をひろげると、人生いくらあっても足りないぐらい多い。

でもこういうピントボケの方が受けがいい。なぜならいろいろやった方がいいと指導するほうも思っているからだろう。

そんなことはない。反復しないと身につかないし、使えない。

そして受からないことが多い。

一番になった子

昨日中三の女の子が成績表を持って来た。その子の中学は、この地区では一番人数が多い。1学年、250人ぐらいだ。中学2年の終わりから塾に入った。

実力テストで、合計466点。学年1位だった。

それまでは3位が最高で、1位の子がダントツで抜けなかったらしい。

まずその子は、塾に来たら、しっかり挨拶をする。挨拶がしっかりできる。

次に、何をやったらいいのかとか、どの教材をやったらいいのかと、アドバイスを求める。自分なりに考えるのだが、人の話をよく聞こうとする。

さらに、解説が分からないところだけを聞いてくる。宿題とか絶対塾ではやらない。また英語の添削とか、国語の作文とかだけしっかり聞いてくる。

これはパソコンの解説では、無理な分野だからだ。無駄がない。

教材をしつこく反復する。でも数学が弱いので、もっと過去問をたくさんやったほうがいいよと言ったら、やっていた。

軌道修正も素直にやっていく。

性格が素直だし、アドバイスを求めるが、いちいち分からなかったら、すぐに人に聞くなんてしない。問題を解いたら、解説を集中して聞く。

はっきり言って自分らより人間ができている。笑

どこの学校だろうが、1番になると言うのは、簡単ではないと思う。

勉強だけができるという言葉があるが,そうだろうか

それなりの人格と言うものがしっかり出来ていないと、1番は取れないと思う。

学習と言うのは人間がすることだろう。基礎が大事というのは、人間にも当てはまるような気がしてならない。

人間の基礎が無いと、1番はなかなか取れないと思う。

 

 

ひたすら答案を作り、書き直し、反復するべきだ。

マークシートだろうが、記述式だろうが、この時期は、答案の形式で、実物大の問題を解いて

繰り返して解くというのが、一番大切だと思う。

その条件として、答案用紙が無いと練習しにくい。

塾生のために、答案用紙を各大学ごとに作っている。しかも毎年更新している。

九州県内は、ほとんどある。10年分以上つくっている大学もある。全科目つくっている。

これが無いと仕上げにくい。

これが、学校でも、手薄なところだと思う。数学ぐらいだろうあるのは。

つくるのは大変な作業なのだ。

答案と言うのは、実際書いて見ないとどうしようもない。

添削してもらっても、それが本当に添削になるのかわからない、大学の教官が採点するのだ。

自分で答案見て、何点取れるかぐらいは練習していれば分かるし、

それが分からないようなら、まずい。何度も書き直すべきだ。

このつめが、非常に大切で、極論すると答案化というのは、

合否の決定的なポイントになると思っている。

最後の詰めというのは、答案用紙に、丁寧に書き上げて、

採点官に見ていただくわけで、汚い字でも、丁寧に書き上げて、

ラブレターを出すようなきもちで訓練するべきだ。

答案用紙がないときつい。

このつめと言うのは、学習法の最終段階だと思う。

これが甘いと力があっても落ちることがある。

というよりこれができるようになるために学習しているわけで、

答案が書けないと言うのは、当たり前の学習をしていないからだということだと思う。

そして答案用紙はむちゃくちゃ大事だということが、

わかっていない人が多い。人の講義聞くような」時期ではない。

受験の三種の神器は、教科書、過去問、答案用紙だと思う。

それらを全部パソコンでシステム化した。

基礎を入れ込むことの重要性

昔、ある個別指導の塾の講師が、子どもに単語暗記をさせていたら、保護者が高い月謝払って単語覚えさせることに文句をいってきたらしい。単語暗記をさせることは、大事だ。ただ、どれだけの単語をどれくらいの時間で覚えさせたかは不明だが、

やろうとしていることは正しいと思う。親の方が、分かっていないと思う。

英語ができない子は、単語を覚えていない確率が高い。

単語を塾で暗記させるしかないような子も多い。特に中学生で英語のできない子は、文法もだが、単語を覚えていない。品詞の意味も、発音記号も微妙だ。学校の単語テストでは、高校分野の単語は足りないことが多い。中学の単語といっても、難関私立だと、英検2級の単語レベルだ。

単語をガンガン覚えさせてくれるような塾とか学校と言うのが、まともな指導機関で、長文や、英作といっても、単語、熟語、文法のある程度の基本が出来ていないとどうしようもない。前にも書いたが、高1に駿台の英作文の宿題やらせていたのには驚いた。長文全訳。たまにはいいが、毎回出されたほうはたまったものではない。

ほかの科目も似たようなものだ。こういう基礎の入れ込みは自分でしろ、問題を宿題に出すやり方は、凡人は伸びない。でもほとんど似たような指導法だ。

伸びてる学校と言うのは、自主性を重んじる。でも実際は、自主学習ができる子がたくさんいて、そもそも基礎を自分で入れ込むことができる子がいっぱいいるだけなのではないか。学校は、教科書を重視する。

基礎の入れ込みが、凡人でも容易にできるできるような教材が、この地区には、特に必要だと思うし、宿題に追われて、基礎の入れ込みが出来ていない子は多い。これは、全国どこでもいえるだろう。

基礎を高速で入れ込む教材の価値は高いと思っている。なぜかというとこれが一番きつくて重要だからだ。順番が逆では、なかなか伸びない。これが本当に分かってる人は少ないと思う。

今日中3の子が、実力テストで前より、合計83点伸びて、学校の先生に褒められたらしい。学校がはやく終わって、塾に来たら、開口一番、うれしそうに報告してきた。成績がよくなると子どもは、自分から言い出す。笑

大手の塾をやめてきた子だ。1年通ってまったくのびなかったらしい。それが、2ヶ月で伸びた。

学校でも塾でも宿題攻めにあって伸びるのは一部だと思う。

理にかなった方法と言うのは意外と少ない。基礎から入れ込んで、反復させないと簡単には浮上できない。神様でも無理だと思う。笑

本それ自体を解説するのと、本にそって解説するのはまったく違う。

今度中学1年になる子がいる。その子は、数学の教科書の予習をしようということで、全部丸ごと教科書それ自体を解説したものをやらせたら、半月ぐらいで、

全部終わらせた、つまり、2週間ぐらいで。教科書に書いてあるもの全部を一回やりとおしたのだ。そのこは、全科目中学1年の科目を、入学前に終わらせるという。

本それ自体が、パソコンの画面に出る。それを、丸ごと解説するのだから、抜けはないし、反復すれば、ほとんど理解できる。本にそって解説するというのは、授業でもそうだが、本を読み上げているわけでもない。

大体、映像授業でも、学校の授業でも、本にそって解説しているのであって、本それ自体を解説しているわけではない。

その子曰く、先生このシステムが全国展開したら、すごいことになりますね。子どもは賢い。そういってもらえるだけでうれしい。

子どもに本当に必要なもの。出回っているものではないと思う。本の内容を、脳ミソに落とし込むことが、むつかしいのだ。それができるのが、本自体を解説した教材だと思っている。

とにかく進度がやばいことになる可能性が高い。特に教科書それ自体を解説したものの価値は恐ろしく高いと思っている。あとは、過去問の解説だろう。

解説のない教材とあるのとでは、雲泥の差。

きのう高校の物理の教科書の予習をしていた女の子が、この教材やって授業に出ないと、

授業だけだとさっぱり分からないと言っていた。これは、よく分かる。笑。

本を買って与えたところで、凡人は、途中で挫折するが、解説があるといやでも進む可能性が高い。自分で最後まで、全部読める人は少ないと思う。高校分野になると相当難しくなる。

でも、最後まで読みきれて基礎さえできれば、後はどうにでもなると思う。このブログを見ている賢者ならお分かりだろう。