ラサール高校合格

小林校の教室長から、塾生中3の子が、第一志望のラサール高校に合格したとの

連絡をもらった。

自分は、国語の過去問の添削を2度ほどしたぐらいだ。

小林の教室長、福地大先生の指導で合格したといえる。

スーパーイーグルで、高校分野の、理科数学英語の、基礎を作ったのも一因だろう。

あとは、必勝法過去問反復を何回したのかは知らないが、

本人は、大学受験生より努力をしたと思う。

予習先取り、基礎からの理解、指導者の指導力、本人の努力、能力

全てがそろった結果だと思う。

確実に受かる方法に添って、素直に指導者に従ッた結果だと思う。

高校に入っても、予習をして、次なる目標に向かって

がんばってもらいたいと思う。

おめでとう。中村君。

 

 

難関大受かりたいなら

受験指導を長くやっていると、自分の経験からではなく、子どもたちがどういう学習をしたら、

志望校に受かっていくのか、法則性みたいなものがいろいろ見えてくる。

とにかく、目標を決めることが第一で、早いほうがいいと思う。

何度も書いたと思うが、予習をして学校の授業を復習にするような形にしないと、

難関といわれる大学には、現役で受かるのは非常にむつかしいと思う。

塾に行かなくても、自分で予習のできる地頭と根性があるなら、金も要らないからそれでいい。

理系なら、数学と理科そして英単語は、先をやらないとまず、

医学部とか、薬学部の国立に現役で受かるのは非常にむつかしいと思う。いなかは

大抵医学部と薬学部が多い。笑。

実際、教科書の数学理科は、絶対押さえておかないと、学校によるが高2では、

押さえ必要がある。

文系でも、数学はもちろん社会の先取りが必要だ。

ぶっちゃけると本当は、中学あたりから高校分野に入ったほうがいい。

高2までには、全部の受験科目を終わらせたら、

高3の一年間を過去問演習と反復に使える。

これは、大きい。またそうしないと後が苦しくなる。

どこの高校に入ったらいいのか。そんなのは

大事かも知れないが、

それより学習の組み立て、進度、科目間のバランス、本人のやる気の方が大きいと自分は思っている。

学校の授業も予習をしていないと、宿題に追われるだけでまったく力がつかない場合が多い。

高3の受験前になると、

塾生が、

予習しておけばよかったの、教科書もっとよんどけばよかったの、英単語覚えておけばよかったのと言う。

そしてはやく塾の言うとおりしておけばよかったという。

何より学習が苦痛でなくなる。

自分で言うのも変だが、自分もこの塾のような、塾にいきたかった。

生徒にこうした方がいいよというのは、自分がしなかったことが多い。笑

 

我妻栄先生の勉強法

法学部出身なら一度は目にしたことがある有名な民法学者だ。その著書の厚さとむつかしさに圧倒されたが。

先生が、受験のときに教科書を徹底的に精読、緻密に理解することを心掛け、そして対策本をほとんど使わなかったと著書に書いてあった。

もちろん読解力、理解力、記憶力など自分らの及ぶところではないが、ただ日本を代表する偉大な民法学者が、教科書を徹底的に読みこみ、理解したということは、初めて知った。

そしてくり返し見直したらしい。

また、

医学部受験生で、ある塾のブログを呼んでいたら、偏差値40当たりから、1年で国立の医学部に合格したらしい。

どうしたか。教科書から塾でやったらしい。子どもの素質すばらしかったからできたことだろうが、

物理とか数学偏差値40とかから、浮上したのは、間違いなく基礎からやったからだと思う。

たくさんの参考書問題集が出回り、学校ですら教科書使わない授業とか多い。塾や予備校は、たいてい教科書なんて使わないだろう。

でも、日本のトップの学者が、教科書精読が、受験を突破する勉強法だったということは、

記憶すべきことだと思う。

最後は子ども

塾生で中3の子がいる。自分は、宿題を出さない。学校の宿題もあるからだ。

でもその子は、塾で過去問のプリントを印刷して、家で全部といてきて解説聞く。

15年分全科目2回まわした。そして3回目に入った。

塾に入る前は、定期はそこそこだが、実力になると悪かったが、今はどっちもよくなった。

褒めてやった。

子どもの学習姿勢がすばらしいのだ。親が、うちの子はいえでも自分からやるようになったと言っていた、

自発的にやるようになった子は伸びる。当たり前だが、学習は、子どもがやるもの、自分らは、サポートするだけ。

高3の子も、家に過去問プリントをコピーして英語の過去問解いて、塾にきて解説聞くだけで

どんどんやっていたら、170点本番で取れたらしい。入塾時100点ぐらいだった。2ヶ月ぐらいだ。

つまり、子どもにやれやれといったところで、子ども自身が伸びようとし、努力しない限り、

正直伸びるものではない。

後は伸びるシステムかどうかだが。

浪人する場合の注意点

昨日自分の知り合いの子が、鹿児島にいる。その子は、鹿児島大の歯学部を狙っているが、今年もセンターが取れなかったらしい。三浪目だった。親の気持ちがよく分かる。大手の予備校に2年、そして、他の大手に予備校を変えたが結局受かりそうではないらしい。

こうなると何をやったらいいのか分からなるのだ。

先取り学習して現役で受かる方が絶対有利だと思う。でもなかなか現役の頃は分からない。

たいてい基礎に抜けがあるか、苦手科目を克服しないことが原因。そしてもちベージョンが低下し、自信がなくなる。後にも先にも引けなくなるものだ。

抜け出す方法は、模擬試験でA判定を出すこと。10月あたりからの判定でないといけない。そしてオープンで合格ライン超えたりすると自信になる。模試で結果を出すこと。

医学部狙いの自分の息子もこれで脱出した。とくにオープンで結果がいいと大きい。

志望校の模試は複数受けたほうがいい。河合では、Aで、駿台ではCその逆もある。特に在籍する予備校の模試でよく、ほかので悪いことが多い。

でも模擬試験である程度本番での結果は予想できるのは確かだと思う。浪人生は、模擬試験で結果を出すことが一つのきっかけになる。

そのためにも、とにかく苦手科目をなくすこと。これが大切だと思う。

どうしたらいいか。このブログを見ている人は、分かるだろうが、苦手科目は問題演習やるなというわけではないが、基礎からやり直す。それも中学からやらないといけない場合がある。

これは普通の予備校ではできない。というよりどこでもできない。時間がかかりすぎるからだ。高速でやれるかどうかで決まる。

中学から始めるとか、教科書読み直すとか、そんなことを宣伝文句にしたら、誰も来ないだろう。早稲田で特待で受かった子にも中学英語からやらせた。

でも、路頭に迷うことはなくなる。これが分かっている人は少ない。むつかしい問題たくさん解いたら、受かると思っている人は多いのではないか。かつて自分もそう思っていた。

ただ基礎固めは、はやくしないといけない。いつまで経っても基礎固めでもまずいが、基礎固めができないと合格の結果は出にくい。

問題演習なんていくらでもできる。入試問題集とか腐るほどあって、むつかしい問題はいくらでも、やらせられる。でも肝心の基礎が抜けていると、路頭に迷うことになる。

東大いしん。難関大合格コース。選抜いしん。もろもろカッコの善い名前に惹かれる。つまりなんか受かりそうだなと思わせる。確かに上位で基礎のある程度できる人ならいいが、基礎が出来ていないと思う人なら、やめたほうがいい。本当に一年が無駄になる。

そういうところのやることは、入試問題の分析と演習。

自分の知り合いでも7浪した子がいるが、大手の有名予備校は、君の場合、やめたほうがいいという忠告を聞かなかった。

自分のレベルから学習する。人は人。自分は自分。生れも環境も脳ミソも違う。そこを冷静に現実的に判断して、

自分にあった環境を探して、学習すべきだと思う。あと携帯は、学習するときは、絶対横に置くべきではない。

計画を立てる。やることをきめて毎日実行する。

教科書と問題集と過去問。これ以外やらないほうがいいし、できないと思う。予備校に行くなら予備校のテキストでもいいが、教科書は絶対横に置くべきだ。特に理科、社会、数学。

でもほとんどの人は、教科書それ自体からやったほうがいいと自分は思う。

毎日10時間はやったほうがいい。天才は別だ。よく寝て、運動もたまにする、毎日が、試験のつもりでやるべきだ。

1年いや10ヶ月とかまたたくまに過ぎる。でも受かった喜びは、ものすごく大きい。

その大きさは、人生でもめったに経験できるものではないと思う。

指導するほうの喜びも大きい。浪人生の合格は格別のものだ。

 

 

自分で考えることの大切さ

塾に行かなくてもいい子がいる。自分で学習を確立し、それを実行できて、しかも恐ろしく理解力が高い。

そういう子供たちは、確かにいる。

もしもそういう子供だけだったら、塾などは廃業しないといけない。笑

1パーセントもいるだろうか。ほとんどは、ある程度の指導を受けないといけないだろう。

でも、自分でどうしたら学力がつくのかとか、自分の学習のやり方はいいのだろうかとか、そういう意識を持つことが大切で、

塾生でも成績のいい子は、それなりにどうやったら伸びるのか考えている。また塾をどう利用したらいいのか考えている。

分からない問題があったら、すぐに聞くとか、そういう形では伸びない。自分で調べたり、考えたりすることも重要だ。

自分で悩んでどうしても分からないときに聞くのはいいが、すぐに答えとか聞きたがる子は伸びない。

世の中の誤解が多いのはこの点だ。

家庭教師とか普通の個別が伸びないのは、丁寧に説明してくれたぐらいでは、焼け石に水が多いと思う。自分もそういう経験をした。

どういう教材をやったらいいのかとか、どういう風に学習すればいいのかとか、その科目の考え方とか、教えないと本当の学力はつかない。

一部の問題分かったところで、脳ミソに叩き込むには、反復なり、自主学習が必要だと思う。

自分の塾の形態なら、どの教材やったらいいのか聞いてくる子は、かなりの確率で伸びる。

要は、教材の組み合わせと反復で学力は伸びるからだ。

中3で、女の子がいて、英語の長文問題やらせていたら、先生、単語覚えていないと駄目ですね、単語やるには、どの教材やったらいいですかと聞いてきた。

その子は、成績はトップクラスだ。

自分はその子を褒めてやった。よくわかっているね。ちょっと待ってくれ今中学生用の単語帳の教材作っているからと答えた。笑

何をやったら伸びるのか、自分で考えるようになったたら、子供は伸びる。

学習は、やらされるものではなく自分でやるものだろう。でも道具が無いと苦しい。

 

 

 

高3が後輩に送る言葉

高3に君は、高2とか高1にアドバイスはないかと聞いたら。

教科書何度も読んだほうがいい。宿題やってる暇があったら教科書読んだ方がましだと思う

と言った。

その子は、政経倫理の教科書4回読んだら、センター91点だったという。

30点伸びたらしい。教科書詠んだほうがいいと自分が言ったが。笑

教科書1回読んで覚えられる人は少ない。基礎は、教科書にある。宿題と言うのは、現実には受験のときはほとんど役にたたない。

2次ですら教科書から出るのに、教員が作ったプリントで学習する。そのプリントは、抜けが無いはずがない。また何度も読めるような量ではない。

高校は、教科書中心でやるべきだと思う。

おかしな学習を結構な割合でやっているから、何をやったらいいのか子どもは分からなくなり、

塾や予備校に行ってまた本を買わされて学習する。

できる子はいいが、できない子はほとんど浮上できない。

高1高2から、教科書読む習慣が大切だ。

当たり前の学習を確実にやったら、偏差値70とか普通に出せる。それだけ基礎が出来ていない子が多いということ。

教科書をしっかり読もう。

教科書馬鹿にしている人が多すぎる。

何度も言うが、東大でも教科書と過去問で受かったという人がいるくらいだ。

 

浪人して伸びない理由

世間では、浪人するとみんな伸びると思っているらしいが、そうとは限らない。

3割が、落ちて、3割が現状維持、あと4割が伸びるらしい。

塾生浪人の子がいて、200点近く伸びて国立に受かる点数だったが、その子と高校で同じクラスで、大手の予備校に宮崎まで通って、

物理が8点だったという。

うそだろうと言ったが、本当だという。これでは、ほかの科目がどうだかは知らないが、想像できる。

浪人して伸びる子は、ある程度基礎ができているのと学習のやり方が分かっていることが前提で、普通の予備校は授業を展開する。つまり、基礎は自分で身に付けるなり、しないとどうしようもない。

これがわかっていない人が多い。

自分の塾とか岡山のなる塾とか浪人を確実に伸ばしているのは、基礎の入れ込みと過去問演習の反復というのをやっているからだ。

基礎が出来ていないから浪人している場合問題演習だけで伸びるのはむつかしい。問題を基礎に分解できないとまったく力はつかないことが多い。

問題を解くには、基礎を使って解くのだから、まず基礎をできるだけしっかり身につけないといけないが、高校分野の基礎は膨大だ。これをしっかり身につけるためには、よっぽどしっかりしたかんがえでやり直さないと、

悲惨な結果になる。

浪人するということは、親も子も大変なことだ。簡単に予備校を決めすぎではないだろうか。

国立ねらいで、センター500取れていないなら、基礎からみっちりやり直さないと簡単には浮上できないと思う。

100点、200点伸ばすというのは、下るエスカレーターを逆に駆け上がるのと同じことをするのと似ている。

なぜか、人間は忘れる動物だと言うこと。これをわすれた学習法では確実には伸ばせない。

3年やってできないのを1年で伸ばすのは、普通のやり方で凡人ができるだろうか。

そんなに根性がある人だけではない。

 

急がばまわれ

昨日高3が志望校の過去問を解いていた。見るとすらすらと記述の問題を解いていたのには驚いた。

その子は、下のクラスで一人だけ国立狙えると担任に言われたらしい。

塾に来る前は、数学、英語、理科全てがぼろぼろだった。高3の春から、教科書と単語をもう一度やり直すことにした。数学は、教科書から全部やり直した。まったく基礎ができていなくて、この2年間なにをやっていたのか疑ったぐらいだ。

それが、今2次の数学をすらすら解いている。1年基礎からやったのが効いているのだと思った。

理科も教科書を三周したのが効いたのか、よく解けていた。

基礎が大事だというが、それがどういうことなのか、実際見ないと分からないだろう。

これは、すごいことだと感動した。

素直に基礎からやり直した本人の努力がすごい伸びにつながった。

毎日塾に来て一番遅くまで残って、がんばった。

理にかなった努力の継続が、はっきり見えた瞬間だ。

急がば回れ。基礎が全てだと改めて思った。

自己最高得点

センター試験の結果を見ると、塾生は健闘していると思う。学校の平均より高いところある。

入塾したときより伸びてきた子が多い。

かなりの割合で自己最高得点を本番で出した。

模擬試験で600点台あたりだったのが、本番だけ700越えた子も何人かいる。

過去問を徹底的に反復したら、そして解説を倍速で聞くと必ず浮上するように思う。

学校の下の方のクラスにいた子は、国立狙える点数だったが、そのクラスでは、2人しか500点越えていなかったと言う。

教科書の予習をして、基礎を固めるのと、直前はひたすらかこもんを解いて、基礎に戻れば、伸びていくのだ。

2次対策も同じだと思う。

入試制度が変わっても、基礎は絶対的に大切だと思う。基礎さえできていればどうにでもなる。

どうしても分からないところは人に聞いたほうがいいが、人に聞くより、3回反復すると大抵分かってくる。脳ミソはそういう構造だ。効率よくやるのが大事だと思う。

効率よくやって、全部の受験科目を総合的に上げるという視点は、大切で、

不思議と自己最高得点が出やすい。

理にかなった学習を突き詰めていくと一つしかないように思う。天才は別だが。