何で過去問をやりたがらないのか

もういい加減受験期に近づいたら、過去問をしないとお話にならないのが普通だ。

過去問ほどご利益のあるものはない。レベルと出題形式と傾向が分かる。

しかし、やりたがる子は少ない。

まず、一つは、やっても解けないので受験まで先延ばしにしようというという心理が働くことがある。問題がむつかしいと感じるのが普通だ。大学受験でも高校受験でも中学受験でもすらすら解けるような問題は出ない。解けなくてプライドと自信をうしないたくないのだろうか。

やってみないと分からない。実物大の問題に当たってみないと何も分からない。学校の宿題の延長線上に入試問題があるわけではない。

次に、過去の問題は、二度と出ない。つまり同じ問題は出ないから、やっても無駄だと言う心理が働く。つまり、予想問題とか、いろいろな問題やった方が、応用が効くという勘違いが生じるのだろう。

過去問を丁寧にやり、反復すれば、いろいろ見える。大抵は、最初から解けないのが普通。教科書とか基礎を固めて無いと始まらないが、

解けなくても気にせずにやらないとどうしようもない。最初からできるような問題なら、受験校のレベルを上げてもいい。大抵合格者でも最初は、歯が立たないことが多いとおもうj。

そこからどうやるかが大事なのだと思う。

塾の場合、中学入試、高校入試、大学入試、問題演習ができるように毎年問題を集めて

解説を全員で協力して作っている。10年以上作っているので量がすごいことになってきた。笑

作ってわかるのは、これやらないと何も始まらないし、何も見えないということ。

偏差値なんて一つの基準に過ぎない。本番で合格点を取ると言うベクトルの意識が希薄な人が多すぎるのではないか。

受かった塾生は、難関になればなるほど早めに過去問の演習に入った。反復するにも時間がかかる。

受験で不合格になる理由は、基礎力不足と過去問演習不足が多い

田舎の高校からでも、教科書と過去問しっかりやったら、合格できる。はやく基礎を固めて

過去もんに入る。これは、受験の王道だと思う。

過去問反復して解説聞けば、脳ミソが化学変化を起こす。これが楽しみで塾をやっているようなものだ。

毎年必ず化学変化を起こす塾生が出てくる。

 

指導理念

子どもたちを指導していると時々理念を忘れる事があるが、このごろ塾の創設の理念にたちかえって、しっかり指導したいと思うようになった。

小学生で6年生がいる。その子は、まだ2ヶ月にならないが、私立中学か公立一貫校に行きたいと言い出したので、それまで普通の教材で指導していたのを変えたのと毎日来ないと、とても間に合わないと言うので、中学受験用の教材を3回ほどまわすことができた。

これは、システムの力だと思う。普通はできない。

一回目はほとんどできなかった。2回目は、半分ぐらいは解けるようになった。3回目からは、スピードがついてほとんど解けるようになった。

このごろは、私立が早く特待で優秀な子を引き抜こうとする。難関は、しない。

私立中の特待制度と言うのがあって、上のほうの特待をもらったらしい。

学校の先生が、その子に頼むから、質問に対して答えを即答しないでくれと頼むように成ったらしい。

小学4年あたりから、高い金を払って、競争原理にさらされて、親のプライドと子供の競争意識で学習しなくても、適切な教材を反復すれば、子どもは大きく伸びるのだ。

指導原理は、反復、繰り返すことだ。これは、できそうでできない。指導する方が、分かっていて、最初は子どもに強制しないと子どもは反復しない。

大抵最初はいやな顔をする。

ところが素直にやっていると子どもは、反復の習慣が付くのだ。これが、最大の学習財産。この習慣が付くと子どもが、自分で反復し、弱点を見つけ、自分で調べようとする。

反復をさせるのにはどうしたらいいか。これのために自分の塾のシステムはある。自動的に反復させることができる。これで、子どもは伸びていく。

反復もしない学習と言うのは、天才以外どこかで破綻する。子どもたちを伸ばすには、反復させるそして子どもたちが、反復の習慣を身につけることだと思う。

これが、指導理念で、これができるようになった子は、必ず、どこかの時点で開花すると思う。それがいつかは、いろいろだが。

世の中、反復より、与えることと管理させて強制させチェックするのが主で、伸ばすという視点が欠落しているように思う。評価とチェックだけでは伸びないと思う。

反復の習慣を付けさせたい。

 

短期間で爆発的に伸びる方法

昨日中学3年生で、まだ入塾して2週間。成績が1年大手に行ってまったく伸びずにいた。

いまのままでは普通科どころか県立も危ない成績。毎日塾に来て学習した。ちょうど定期があったので、その範囲にあわせて学習させたら、返ってきた3科目が、

30点、22点、20点アップしたらしい。返ってきていないのも同じくらいあがるかもしれないと言っていた。2週間なら上出来だろう。親が喜んだと思う。

英語がまったくできないと言う中3の女の子。英語が10点台だったのが、まだ4回計8時間ぐらいしか教材をやらせていないが、定期だが50点台になったと言う。

やはり中三だが、理科ができない子も、25点上がったという。

子どもの学力にあった基礎を馬鹿丁寧にわかりやすく説明した教材をやらせる。そして分からなかったら反復させる。自分がやっている教材を最後までやると言うくせをつけさせる。分厚い教材とか絶対させない。

そしてこれをやったら絶対伸びるとしょっちゅう声賭けをする。同じ教材やらせても声賭けの仕方で伸びが違う。

つまり子どもに適切な教材を与えることと声をかけてやる気にさせる。この二つが必要だと思う。

そしたら、子どもは確実に伸びる。

授業形態、個別指導、いろいろやったが、短期間で爆発的に伸びる確率が高い方法をみつけた。

映像教材といってもピンキリ。本当に伸ばすのは、本を丸ごと直接丁寧に解説したもの。

人が直接教えたぐらいでは、簡単に伸びないと思う。反復して脳ミソに叩き込まないと伸びない。

人が出てくるものでは、短期間で爆発的には伸びないと思う。

特に成績の悪い子を伸ばすには、薄いがポイントをついた教材しかも音声付で無いとむつかしいとおもう。このごろ似たのが多いが、ちょっと違う。

世の中いっぱい教材はあるが、実際凡人が使えて短期でのばせるのは少ないと思う。

 

 

世の中ふしぎなほど酷い学習が多い

自分も酷い学習をしていたからよく分かるが、何をやるか、どうやるか、またどのような考え方でやるべきなのか、明確にしていないので、時間をかけた割りには、伸びない学習をしてる人の割合が多い気がする。

ざっくり言って、何をやるか、教科書と過去問がやるべきことで、どうやるか、本を目で読むだけより、音声があったほうがいいし反復して覚える、どのような考え方と言うのは、疑問を持ってなぜかと考えることだと思う

ノートに書くのが宿題。基礎もないのにやたらと問題を宿題に出す。範囲があってほとんど同じ問題でテストが出る。模試の過去問を模試の前に出す。

なんかおかしい。

まともな学習と言うのは、派手でもなんでもない。当たり前のことを人間の脳みその構造にあったやり方で、無理なく学習することだと思う。

脳ミソの構造にあった学習をやれば、いやでも学力は伸びる。あまりにも脳ミソの構造つまり反復と理解というのを無視して

形だけの学習作業に終始している習慣を身につけさせているので、

高3あたりから塾に来ても、まったく異文化にきたような拒否反応を示す

ことがある。

習慣それも長期にわたると、脳ミソが、反復とか、疑問を

もつとか、同じ問題を短時間で解きなおすとか、指導しても素直に受け入れられなくなる。

何がまともか、指導するほうは、恒に疑問を持って指導すべきだと思う。

学習なんてよくよく考えて取り組まないと後で取り返しのつかないことになる。

変な習慣を抜くのに時間がかかる。皮肉なことにまともに学習したことのない人の方が、

大きく伸びることがある。

 

 

 

宿題を塾でやる子がどうして伸びないのか

塾生で、塾で学校の宿題をやりたがる子は、学力が伸びない。その根本的な理由は、宿題それ自体意味がないこともあるし、子どもが基礎を理解していないので、そもそも宿題の内容と子どもの学力が合わないことが多い。

そしてまともな学習を塾でやる時間がすくなくなるからだ。

そもそも学習と言うのは、基礎を定着させるのにも時間がかかる。問題を宿題と出して管理するやり方は、基礎も定着していない子に、問題を丸投げするのに似ている。

宿題と言うのは、基礎が定着した子には、有効だし、時間もかからない。でも高校生とか見ていると問題集はいっぱい持っているが、それを反復できるような学習ではない。

そもそも教科書と過去問だけでも大変なのに、それ以外のやってもやらなくてもいい教材を消化不良な上に、プリントで宿題を出すやり方に塾が乗っかると言うのは、時間と金の無駄だと思うことが多い。

だから、塾で宿題したがるのは、分かるが、極力させないようにしている。そもそも基礎を予習させるのは、学校を復習する流れをつくるためで、

親と子どもに理解させるのは、困難だが、塾は学校のやり方に沿うと子どもたちのためにならないと思う。

基礎を作り、問題演習で、そして過去問の流れに沿って学習すべかで、学校は基礎は、あっさり問題集とか演習中心だ。全部が悪いとかではないが、効率が良い訳でもない。

塾が、目先のそして近視眼的な需要にあわせるのは、塾の理念に反すると考えている。

学校の宿題を塾でしたがる子と言うのは伸びないことが多い。

塾は、学習のやり方を教えるというのが目的で、塾をやってきた。

親も子も何のために塾に子どもをやるか。学力が付いて入試を突破させるためだろう。

親と子どもの理解が、大切だと思う。

すぐに分からないと教えるのでは伸びない。

授業形態と個別指導の併用に10年。テープ学習と個別に10年以上。いろいろやって今のシステムにたどり着いたが、子どもが学力を伸ばすのは、いろんな角度からその子にあった方法で指導しないといけないと思う。

まず成績が悪い子というのは、覚えたり理解するのに面白さもだが、何で学習しないといけないのか根本的に投げているところがある。まず集中力がない。これを集中させるには、耳と目でとにかく何度も繰り返す習慣を身につけることだと思う。

直接指導、個別指導というのは、基礎が出来ていない子、自主学習の習慣が出来ていない子は、思うほど伸ばすことはできない。そもそも、学習と言うのは、基礎を自分で本を読んだりして知識を身につけるのが第一段階。

これが出来ていない子を個別指導とか直接指導で伸ばせるとしてもそんなに大きくは伸びない。

直接指導のいいところは、内容の質問ではなくてやり方とか学習の進め方の指導であって

分からないとすぐ聞くこというのは、そもそも自分で考えることを放棄するのの手助けをしているような部分がある。

何度も考えても分からない内容の質問や、学習の進め方の質問や、解法の美しさの質問なら

どんどん受けたいし、、受けるべきだと思う。

子どもに合った教材や苦手を克服するための教材を与えて、詳しい解説で反復させれば、

子どもも反復しないといけないのだと習慣付けられる。

結局目指すのは、自分で学習できるようにすることだが、科目数の多さと量にほとんどの子は

挫折しがちだ。ハードルを下げるやり方が、現実的だ。

夏休み講習を受けた子どもは、全員そのまま塾生になった。成績が全員伸びたからだ。また静かに学習できる環境が居心地がよいのだろう。

塾ががやがやしているとやる気のある子は、集中できない。

静かな環境で学習させるのは大切だと思う。自分は、パソコンの内容の説明と進度の説明にほとんどの時間をかける。そっちのほうがあがるからだ。あと教材をどうしてやるのか、これをやったら伸びる理由を説明する。

わからないとすぐ教えるのは、子どものためにならないこともあると思う。

 

 

 

センターは、国語が曲者

センターの数学、英語、国語の問題解説を作った。国語が一番の曲者だと思った。英語とか、数学とか内容が把握でき、基礎力があれば、確実に得点ができるが、国語は微妙な選択肢がある。

数学や英語の満点は、驚くほどのことはないが、国語は簡単には高得点は取れないと思う。文章全体の構成を正確につかんだ上に、設問の微妙な違いを正確に切っていくのは相当骨が折れる。

数学、英語の満点は時々聞くが、国語の満点はあまり聞かない。言葉というのは、記号や数字のように把握が簡単ではない。いろんな意味もある。

国語の学習と言うのは、非常にむつかしいものだ。

日本語だからどうにかなるだろうと思わないほうがいいと思う。言葉を丁寧に定義づけ、理屈で正確に選択肢をきる練習をしないと

国語でとんでもない点数を取る危険性がある。

これだけは、いえるが、国語は、過去問をとにかく理屈で切れる訓練をすべきで、解答とか人の説明も自分の脳ミソで整理して、まとめて、切れるようにすべきだと思う。

 

 

毎日中学入試の問題解くと学力の大爆発を起こす。

塾生で毎日来て入試問題を解いてる子がいる。まだ1ヶ月だが、標準的な問題集を使った教材で、3回反復した科目もある。

中学受験の世界は、知った人で無いと分からないが、難関になるとヘビーな世界だ。

そもそも問題が重い。普通の小学生で100点ばかり取る子でも、訓練しないと手も足も出ない。

頭の柔らかい時期だから解けるようになるのだろう。とにかくむつかしい問題が多い。

標準的なレベルでも、算数なら相似ととか比をバンバン使うので、高校入試の問題よりむつかしいのもある。速さとか面積とか体積になるとになれば、大学入試よりはるかに重い問題もある。そもそも公式が使えない。思考力でしか解けないのがおおくなる。

その子が言うには、学校の問題が簡単すぎて半分の時間が余るようになったらしい。もう一人女の子がいて、学校でやる全国学力テストで満点近くとるこに、標準的な問題をさせたら、ほとんど解けなかった。学校では、トップだと思う。

小学4年から小学6年までの時期は大切だと思う。ここで脳ミソを鍛えると思考力がつく。ただこれが第一段階で、その後は学習方法の確率の時代だと思っている。

大学入試は、量が多い。中学入試は、質を問われる。

まだ、一ヶ月足らずだが、小学生の時代にまともな学習をすると学校の成績とかでは見えない学力つまりり思考力の大爆発を起こす。それが、はっきり見える。

中学受験の指導の目的は、合格もだが、思考力を鍛えるためにやっている。

あとの6年間は、学習法確立の時代だと思う。無駄な学習はしないことだ。

小学3年から浪人まで指導しているといろんな風景が見える。それぞれの時期にポイントがある。

 

トップのトップは、優しくて腰が低い

昨日娘と友人が話していたことが面白かった。

先日、東京のがん学会で娘がバイオリン、友人がピアノを、宴会の席で弾いた。理事長と会長がたまたま高校時代の同窓で、ベルリンからの飛行代、ホテル代、演奏代も払ってもらって、お世話になったらしい。

200人位の研究者しかも日本のトップクラスの学者が集まる宴会で演奏するのは、光栄なことだと思う。

二人が言うには、いちばん腰が低くて優しかったのは、トップの二人で、次の日の市民向けの講座にもでたら、とんがっている教授たちもいたが、東大医学部の部長宮園浩平先生、と国立がんセンター理事長の中釜先生が一番丁寧な話振りだったという。

ラサールの同窓だ。レベルが違うが。笑

何人かの教授は、偉そうな話しぶりで000大の教授は、特にそうだったとか言っていた。

これを聞いてなるほどなと思っった。

いくら勉強ができて、研究が優れていてもトップのトップにはなれないのだなと思う。

同窓といってもレベルが違うが、気配り、心配りができないとトップのトップにはなれないのだと思う。

たいしたことがないやつほど威張っている。

自分も心がけないといけないなと思った。笑

受験必勝の戦略

受験必勝の戦略として、過去問十年分3回反復これが基準と成るが、

なかなか実行するのは困難なことで、塾生ですら実行できるのは一部。

だとするとほかは想像しただけで分かる。

そもそも全部の科目を解くだけでも時間がかかる。

復習をしてしっかりものにできるならもっと時間がかかる。

基礎をはやく入れ込めと言うのは、

凡人だと難関だと大学受験でも高校受験でも、中学受験でも、

相当な思考力を要する問題が出されて、対応できるまでには訓練と時間がかかるからだ。

実行するのは実際は相当困難なことだと思う。

書店でも行って入試問題を眺めるだけでも言いたいことは分かるだろう。

自分で問題を解く。これが基本であって、どこぞの先生の講義を聞かないと受からないとか

そんなことはない。問題を自分の頭でしかも自分の受験校の過去問研究しないとお話にならない。

高3でも定期前になると受験前ということ忘れる人が多い。

でもいつも思うが、ネットの合格発表の恐怖感をいつも味わわせられている立場からすると

田舎の

受験生はのんびりしていると思うことが多い。

と言うより受験戦略というものがわかっていないのではないだろうか。

過去問を研究しないで受験するというのは、闇夜に鉄砲を撃つのに似ている。

しかし、現実はこれが多い。または、時間切れで間に合わないのだろう。

範囲がいまだに終わっていないことが多い。

難関だと早めに終わらせていないと、とても間に合わないと思う。科目は複数だ。

得意科目と思っても入試のレベルに対応できるかやってみないと分からない。

天才は別だ。