基礎基本が本当はどういうものか

昨日月刊の大学への数学を読んでいたが、さすがにいい本だと思った。超ロングセラーだ。切り口が鋭い。難関大の理系の志望者は時間があったらの話だが、やってみる価値はあると思う。ただこういうのに間違って基礎も基本も出来ていない人が、下手に手を出すと大変なことになると思う。

昨日ほかの予備校からこっちの塾に来た子に予備校の講座のことを聞いた。基礎は教えてくれなかったのと。基礎講座といっても簡単な例題をやるらしい。これでは、根本的な解決にならない。だから伸びないのだと思う。

基礎とか基本が、簡単な問題とか例題とかそういうものと勘違いしている指導機関が多い。基礎講座とか基礎的な問題で構成されている。

数学なら、定義、定理、定理の証明と言うのが基礎だと思う。たとえば,余弦定理tとはなにか。どうして導けるのか、平行四辺形とはなにか、性質は何か、成立条件は、こういうのを正確にすぐ言える子供は少ない。こう言うのが基礎だと思う。」

こういう基礎基本というのがしっかり書いてあるのは、教科書しかない。教科書がレベルが低いか。とんでもない。昔東大に加法定理の証明問題がだされた。

勘違いしてたいして基礎も出来ていないのに、問題といたところで伸びが少ないのは自然のことだと思う。基礎基本ができたらたくさんの入試問題に当たって実践力をつける。それでいい。それも少なくてすむ科目もある。ほとんど基礎を身につけるのですむ科目だ。文系科目。

英語も単語と文法を覚えないとどうしようもない。単語を覚えていないと言うことは、文章が読めない確率が高いということだ。100語しか覚えていない子と1000語覚えている子5000覚えている子の差は大きい。自分の塾は、暗記させる仕組みを作っている。

基礎とか基本と言うのを身につけるのが、子ども任せで、問題演習とか宿題とかに時間をかせる指導機関が多いと思う。

うちの塾は、教科書の予習をさせますよ、単語を暗記させますよ。まともなそしてもっとも大事なことを宣伝文句にしたところで、一部の賢者しか惹かれないだろう。笑

講座受けるのが好きな人は、受かりにくいと思う。最終的には、自分の力で解くのが本番だからだ。

塾生で浪人の子がポツリと言った。基礎が分かってきたら学習が楽しくなった。基礎とか基本を身につけるというのは、簡単なことではないと思う。

口で言うのは簡単。基礎基本が大事だという。でもそれを現実に身につけさせることは工夫が無いと子供たちを伸ばすのは無理ではないだろうか。伸びても大きくは伸びないと思う。

この塾が子供たちを大きく伸ばす確率が高いのは、基礎を徹底して身につけさせられるからだと思う。

あと過去問を徹底して繰り返させるのもあると思う。

でも究極は、子供たちの意識をかえることだと思う。意識を変えるにも道具が無いとかなりむつかしい。瞬間的には変えても続かないからだ。

 

 

 

基礎力と理解力

昨日高1の子で中高一貫の子がいるが、その子に中間テストどうだったと聞いた。そしたら、数学92点だったと言う。平均どうだったのと聞いたら、クラスの平均が悪くて50点台と言う。

本当かと耳を疑った。教科書の予習をしっかりやっている結果だと思う。

中高一貫の子供の大半は、大手の塾から入る。ほとんどの子がそうだ。

仕組みはこうだ。四谷大塚のテストは無料だ。熱心な親は、テストを受けさせる。すると大手の塾が勧誘する。そして、めでたく塾生になる。そして、100人以上が、中高一貫を目指す。そして大半が、大手の塾生で占める。無料のテストが、入塾のきっかけになる仕組みだ。

そして中高一貫に入る。もともと素質はいい子が多いとは思うが、基礎から積み上げる、教科書からやるとかの発想が薄いし、学校も教科書というより上の問題やらせる。

入試がないから、外部から入った子が逆転している学年がある。これは、外部からは分からない。

基礎を入れ込めば伸びる素質を持っている理解力のある子は、急激に伸びる。

自分の塾生で中高一貫の子は、みんな恐ろしく伸びている。基礎力と理解力が

合体した結果だろう。

基礎を軽視する指導は、子供たちは平均的に伸びないと思う。平均が、半分と言うのは、

大丈夫だろうか。基礎が出来ていないと思う。

基礎やって、問題やって、過去問の、3次元、最初でこけたら、全部こける。

こけ始めたら、大手の予備校に行く。大手の塾から、大手の予備校全部が同じ母体というわけだ。

いい循環ができている。この流れができている。笑

個人塾は、塾生の一人一人をしっかり伸ばすしか生き残る道はないと思う。

資金力、金儲けの仕組み、宣伝力には勝てないと思う。

ただ本当にまともな学習させれば、分かる人は分ると思う今日この頃だ。

 

網羅性と体系性と実践力

受験というのに成功するには、本を使って、基礎を固めて、問題集を使って、過去問を解く。というプロセスを経て初めて確実に合格していと思う。それを複数の科目バランスよくやらないと結果は出ないと思う。つまり一つの科目も系統立ててやらないといけないし、複数の科目バランスも取らないといけない。天才を除けば、教材も繰りかえさないと身につかない。

学校は、本来そういう学習をするべき場だと思う。それがくずれてきていると思う。では塾や予備校はどうだろうか。

基礎が出来ていないのか、問題演習が足りないのか、過去問演習が足りないのか、よくよく一人一人違うのだと思う。

教科書とか、参考書にしても定評のあるものは、網羅性つまり穴がない。そして一貫した目次と言うものがあって体系的に学べる。つまり本で学習して初めて知識の網羅性が身につく。極論すれば、本を何度も読み返せるような人は、人から習うより自分でやった方が効率が良いと思う。

本を自分で読んで読み進められるなら、すばらしいし、予備校や塾に行く必要もないと思う。

今は、映像授業と言うのがはやっている。受験何とかとかT進だ。内容がどうだとかより網羅性と体系性と時間効率に疑問がある。基礎が完成された人には、有益かもしれないが。

自分のところもパソコンは使うが、本をベースにする。人が出てくるのとは根本的に違う。

どうしてか。本で無いと網羅性がないし本当の意味で理解ができないと思うのだ。本を読む。これが基本になる。戻るべきものが無いと反復もできない。

本の解説がないのとあるのとでは理解度と進み方が違う。でもこれですむなどとは思わない。次にやることが多いのだ。

映像授業とか学校の授業でもそうだが、受身で聞いているだけでは身につかないと思う。自分で問題を手を使って解かないと力はつかない。基礎を身につけるのは、問題を自分で解けるようにするためだ。ただ問題とくだけで基礎が出来ていないと伸びない。

網羅性というのは、受験においては大事だ。穴があったら、そこを聞かれたらおしまいだからだ。大抵教科書に書いてあることで十分というより、これがほとんど不完全な人がおおいと思う。なぜか塾生基礎だけで、学校の上位になる子が多い。学校で与えられた教材の他は基本いらないと思う。

本を読むスピードを速め、そして理解させるためにパソコンを使う。本を読み進めるため、

網羅性と体系性は、本にしかない。本を使わないとう言うことは、穴が出てくる可能性が高い。

基礎を身につけるのは、問題が解けるようになるためで、教科書にしろ、過去もんにしろ本で学習する。これが当たり前だが、映像授業だけ聞いていれば、合格すると言うのは、虚構の世界だろう。たまたますごい人がいた。そんなものではないだろうか。

たくさん難関大に受かっている。自分も行ったら受かるだろう。これは論理の飛躍だと思う。人それぞれだ。大手出てから失敗したと言う人が身近にいる。大手だから大丈夫。大学受験はそんな単純なものでは無いと思う。

オーソドックスに教科書とか、問題集と過去問を地味にコツコツつぶすのが。確実に合格する道だと思う。

これをはやくできただけうかる可能性が高い。

網羅性と体系性と実践力これを身につけたら、うまくいく。

当たり前だが、本をしっかり読もう。最後まで、何度も見直そう。そんなにうまい話はない。受験勉強なんて結果を出すにはコツコツやるしか結果はでないと思う。正しい方向で。

これが本当に分かっている人は少ないと思う。

 

 

 

 

 

定期テストと受験勉強

学校のテストの点数が悪いと言うのは、確かに悪いというか学校の授業をきいていないとか復習がたりないか、テスト前にテスト範囲を暗記しないか、問題がある。

出来ていないと話しにならない。やればできるはずだ。

でも80や90が平均の高校のテストと言うのは、最初から実力や理解度を見るというより、内申点を上げて推薦でもとって大学にあわよくば合格させたいというようなテストだと思う。

学校の定期テストは小学生や中学生ならまだ分かるが、高校生になっても同じように定期テスト前だけは学習して、暗記してどうにかごまかそうするような学習を半数近くはやっているのではないだろうか。

予習をして授業に出て学校の先生の授業をしっかり聞けば、定期前にテスト範囲で、苦手な部分をやるだけでもすむ。

塾生が時々言うことがある。定期はものすごくいい点数w取るが、実力や模擬試験になるととんでもなく落下する子がいると。

こうなると推薦で大学狙うしかなくなる。でもそういう人の割合は多い。テスト前に範囲を暗記に入る習慣が付いている。

むかし推薦で合格した子がいた。高3からの子だった。数学だが。定期は90以上取る。ところが模試になると20点も取れなかった。テスト前に定期テストの質問がある。理解していないのがよく分かるが、どうして90点以上取れるのか不思議だった。教科書の理解が足りなかった。

定期テストと模擬試験や受験と言うのは、似ている面もあるが、それぞれ対処法方が異なる。

これを区別しないといけないが、それらの区別なくだらだら定期テスト対策にエネルギーを注いでいると、受験前に慌てることになる。

定期と受験の区別と言うのはできそうでできないのだ。これが、なかなか親も区別できないのだ。

うちの子は、定期でこのくらいとっているから大丈夫と思うのだろうか。

実は、模擬試験ですら、高3の9月本当のところ判定はできない。最後の3ヶ月ではさすがにどうにもならないことが多い。

定期と受験はまったく別物だと思うほうがいいし、模擬試験でも高1や高2の判定よくても安心はできない。母集団と入試の範囲が違うからだ。

何度も言うが、基礎の先取りが一番子供たちのためになると思う。

目先しか見えないとあとで取り返しのつかないことが多い。之は、受験や学習に限ったことではない。先まで計画立てて、実際は今に集中しろということ。受験本番というのは、準備と訓練できまる。当日は、自然に実力が出る。

定期と受験之は、しっかり分けていたほうがいいと思う。定期も慌てないでも大丈夫な計画的な学習が理想だ。

分かっている親がいて、定期はどうでもいいから受験で合格させてくださいという人がいた。そういう子は、しっかり志望校に合格する。

 

保護者との会話

昨日保護者が来られた。予習をして成績が上がっている子供さんの保護者だった。

保護者から、このブログを見て、いろいろ自分も国家試験を受験中なのでためになるとのありがたいお言葉をいただいた。

自分のブログとか自分で見直しても似たようなことしか書いていないので、続けて書くというのがこのごろ苦痛になってきたところだった。笑。保護者がまだ続けて書いてくださいと言われた。笑

何をどう書くのか毎日続けるというのは、なかなかむつかしいものだ。さすがに人格疑われるようなこともかけないので、制約がある。笑。

保護者が、言われたのは、受験勉強のやり方は国家試験も、高校生までの学習も同じではないかということだった。自分もまったくそのとおりだと思う。

シンプルなものなのだ。複雑にしているのは、実に残念なものだと思う。自分が塾をやる根本は、自分が間違った学習をやっていたことに気付いたこと。

そんな複雑に学習するべきではないと思う。

やるべきもの、やるべき時期、計画、そして学習に対する心構え、そして、解法の技術、こういうものが本当にわかってしまえば、あとは毎日こつこつやるだけだ。

結果が出る学習は、シンプルなものだと思う。

実は、一生使える学習法これを身につけることが大切だと思う。塾生は、塾を卒業したあとも大学にはいったあとも塾で学んだ学習法を続けて、立派な社会人になっている子が多い。

国家試験も、入社試験も、公務員試験も、受験はみな同じ共通項がある。医師の国家試験に受かった子が、塾に遊びに来て、塾で学んだことを実践しましたといっていたことがある。

理屈ではない。子供は指導者に影響を受ける。塾に来る目的は、本当のところ間違いだらけの学習習慣を改善するすることにあると思う。習慣を身につけることが大切で、素直な子でないと変わらないことがある。

自分にあったやり方を見つけるのは、大切だが、それがいい結果が出るとは限らない。自己満足。これが一番危険だと思う。この見極めが一番大事だと思う。指導者は、そのためにあると思う。

保護者が、塾が何をどうしたいのか理解していただくと指導がしやすい。子ども、親、指導者が同じ方向を向くと、全てがうまくいくことが多い。親の理解は、非常に重要なものだと思う。

少年老い易く学なりがたし。鉄は熱いうちに打て。之は、至言だろう。

学習期間は、限られている。子供の素質を伸ばすのも、本人任せでは、限界があると思う。

親の力は大きいと思う。

指導する方も謙虚さと努力を続けることは大切だと思っている。学ぶ姿勢は、子ども以上に持つ必要があると思う。時々忘れるが。笑

 

 

解答がおかしい。

解答を鵜呑みにしてはいけない。たとえばある参考書の答えがいくつかおかしかったので出版社に問い合わせて説明したら、間違いを認めていた。

自分も間違うことがあるから、出版社を責めるわけでもない。本の内容自体はすばらしい。でもうそが書かれた本をそのまま真実と子供は思う可能性が高い。本当にできる子は、本の間違いを指摘するかもしれない。

教科書にほぼ間違いはない。検定を受けているからだ。

時々自分も間違いを指摘される。計算間違いとかだが、子供を褒めることにしている。

昔、高校受験で合格した県立高校の子供の数学の宿題の解答が、恐ろしく間違いだらけの冊子があった。いつも塾生からこの解答おかしくないですかと聞かれるので、何でこんなに間違いの多い本を出版できるのか不思議に思っていた。

10年以上も放置していたのには驚いたことがある。やっと数年前に正しい答えだけの本になった。日本でも間違いの確率の多さでは、なかなかのものだった。笑。

宮崎県の県立に入った人なら記憶にあるかもしれない。数学の薄い冊子だ。どうしてあれほどまでに間違いの多い本を10年以上も放置できたのか今でもなぞだ。

福地大先生は、大学入試の出題そのものの不適正を指摘することがある。赤本の解答がおかしいというのは、よくあることだ。

本当に実力があると言う人は、解答を鵜呑みにしない。疑ってかかる。

教科書以外の本や問題集には。間違いの可能性があるということは知っておくべきだし、ほんの間違いを指摘できるような学習をするべきだと思う。

疑問があったら妥協しないこと。調べたり納得するまで、考えることだろう。

 

 

 

学力があっても大学にいかない人もいる。

塾生で今年本当は、志望大学に余裕で合格できたのに体調不良でセンターを途中で放棄した子がいる。 学力は、飛びぬけていた。

ブログに書いた子だが、文系では受験できていたら間違いなく大学トップで受かっていたと思う。 運がないと人は言うが、自分はそうは思わない。

分析力と学力が頂点に達していたが、大学生活がイメージできないかった。 おそらく大学に行っても続かなかっただろう。やばいほど本を読んでいる。批判能力と分析力はすごい。学習方法についてもすごい分析力だ。二人で話し出すと長くなっていた。

適性は株をやることだと自分は思っていた。詳しくは言えないが、本人も元気に株をやっているらしい。そして恐ろしく儲かっている。すごい結果を出すのだ。自分が、思っていたとおりだ。 分析力と予想力がすごいのだ。株をやったら、大学にいかなくても成功すると思っていた。今からもますます成功するだろう。

特殊な能力を持つ人がいる。学習したこと本を読んだことが、分析力を高めていると思う。 自分の塾のシステムを理解して1年学習して、大学合格という結果は出なかったが、模試で1番と言う結果は残した。

株でやっていけるという能力は、凡人にはない。特殊な能力と言うのを持っている人なのだ。 世の中にはいろんな人がいる。 株をやることが彼の天命なのだとおもっている。 能力のない人は、真面目にコツコツ仕事をしたほうがいいと思う。笑

反復の本当のすごさ

覚えるため、理解するために反復している。でもある程度反復すると

覚えていない理解していないことが気になってくる。

つまり、覚えていない理解していないことが異常なことになる。

そういう意識が持てるようになるとどうなるか。

こういう段階になったら、全てがいい方向にいく。

やると決めたら最後まで本を読む。問題を解く。

何度もやる。そうしたら、別次元の世界にいく可能性がある。

知らないこと分からないことが、例外になってくる。

これが反復のすごさだと思う。塾生見ていて分かる。

フリータイムの子供たち

毎日塾に来る子供たちがいる。学校が終わったら自分の好きな時間に来るし、祝日や日曜日も自分の好きな時間に来てもいい制度だ。

毎日塾に来て学習すると言うのは、目標がある子か、高3の子が多い。全科目指導できる仕組みを作ってきた。基礎から入試問題まで、これを真面目にやったら間違いなく伸びると思うし、自分が高校生だったら、絶対毎日やると思う。

ぶっちゃケ学校の授業の効率と比較にならないと思う。子供の学力を非常に高い確率上げられる。経験則だ。学校の授業に出ている時間を塾の時間に当てたら、やる気のある子なら恐ろしく伸びると思う。

国立の医学部狙いの高2の子がいる。去年の12月からフリータイムにした。数学は、6月中に数3の教科書が終わる予定だ。英語の単語も単語帳を何周も回している。理科の物理化学も予習しまくっている。学校の実力テストでは、トップの成績を取っている。

高3の子も4月からフリータイムにした。旧帝大の経済学部を狙っている。その子は、中3から続けて塾に来た。予習が効いて、段々成績が上がって、今では文系でトップクラスに上ってきた。

中3の子でラサール狙いの子だ。数1と数Aまでやった。英語は高校分野をやっておもしろくなったらしい。英検の2級に受かった。

子供は、教材が大切だと思う。解説のない教材で予習はできないし。復習もしにくい。

本とか紙のベースで解説があると、子供はどんどんやる。フリータイムの子供たちは、全部の科目を自分のペースで、基礎から入試問題まで、自由に自主的にやるので、どんどん伸びるのだと思う。

自分もこういう学習をしたかったという目線で、多くの人の協力を獲て作り上げてきた。まだまだ途中だが、方向性に間違いは無いと言う自信はある。

フリータイムの子供たちの学習する姿を見て、時々心からうらやましくなることがある。苦手科目は、説明が無いと克服が非常に困難だと思う。

小学や中学でいくらできても高校で伸びるとはかぎらない

小学や中学のときいくらできるからと言って高校で伸びるとは限らない。暗記力があって問題演習量をこなせば、小学や中学のときは、ダントツの成績が取れる可能性がある。

大手の塾で競争原理で学習した子が思うほど高校で伸びなくなると言うのをよく聞く。ものすごくできた子が、高校に入ったら段々伸びなくなると言うのをよく聞く。

どうしてかと言うと基礎から積み上げるという習慣が身についていないのと、問題演習でやり方を覚えるというくせとが身についているからではないだろうか。暗記力がいいと小学、中学までは十分通用する。

高校分野に入ると暗記と問題演習だけではどうしようもない壁が来ると思う。まず学習する知識量が急激に増える。基礎の定着を十分しないと暗記だけでは通用しなくなる。科目が多くなるといくら中学までできる子でも全部の科目をバランスよく学習すると言うのは困難になる。

学力と言うのは総合力が物を言う。この総合力を大学受験までバランスよく上げると言うのが、非常にむつかしいと思う。これがなかなか分からない。本人も親も学校も分からない世界だと思う。塾や予備校で指導してみないと分からないと思う。全方位見ながら指導しないと分からないと思う。学力は、総合力。これを忘れると後半で失速する可能性が高い。

だから、本当は、小学とか中学のときから、高校分野を視野に入れて先取りをしたほうがいいとおもう。これができると後で効いて来る。こっちが聞いて恥ずかしくなるような大学や学部を平気で言うのは自由だが、そんなに受験は甘く無いと思う。

盆地特有のなんといいがたい風土だ。狙うところと学力差が大きすぎる確率が高い。上位は最上位を、中位は上位を、下位も上位を、みんな上を狙う。いいことだが、行動tが伴わないことが多い。現状認識力が恐ろしく低いと感じることがある。これは、識者の共通の認識のようだ。ある意味幸せな風土なのだろう。

小学中学と同じようなやり方で通用するとしたら、その子の脳ミソがおかしいくらい飛びぬけた自分らのような脳ミソと違うのだと思う。

高校分野は、凡人は先取り、それも基礎の先取りしないといくら小学中学で上位でも失速する可能性が、高いと思う。

逆に謙虚さと目標と持続力があれば、下剋上はいくらでも起きる。これが、塾の醍醐味なのだ。

何でも謙虚さと素直さが必要だろう。これが無いと高校になったら、特に受験前になったら失速する可能性が高いと思う。

難関とか全国区。盆地だけの競争ではないと思う。盆地が全国区と勘違いしている人がの割合が高い気がする。

体験学習のとき、時々違うのではないかと思うことが多い。志望と学習のやり方と学力が合わないと思うことが多い。夢を語るには時間が無いことが多い。はっきり言うので、塾には来ないことがある。おべんちゃらは言いたくない。

子供には無限可能性がある。美しい言葉はある意味無責任に聞こえることがある。

コツコツ先を考えて準備するのが、あとで効いて来る。目先だけ見ていては、どうにもならないことが多いのは、学習の世界でもいえる。想像力と未来予測力も必要だろう。あと現状分析力だ。これは、大切だと思う。

現状認識と向上心と持続力と素直さがあれば、夢が現実になることがある。子供のすごさはここにあると思うが、心構えが大切なのだと思う。