国立2次試験の過去問

大学受験の2次の問題解説を作るといろんなことが分かる。ある意味受験の最終地点。

はっきりいって難しい。これをすらすら解けるなんて化け物だと思うような問題が多い。

九州大学の英語の問題、1問で2時間23分以上かかった。笑。答えだけならそんなに時間はかからない。でも丁寧に全訳と文の構造そして問題の解説まで作るとそのくらいかかる。

丁寧にやると自分が知らなかったことがいろいろ分かる。子供のためにもなるが教える方も勉強になる。過去問1年分丁寧にやったら、恐ろしく力がついたような気がする。笑

過去問10年分3回繰り返すと受かりやすいのがよく分かる。教材手を広げても過去問を丁寧にやらないと受かりにくいと思う。難関になればなるほどそうだろう。

九州圏内の国立大。宮崎大学、鹿児島大学、熊本大学、九州大学、その他塾生が受験する学校の過去問をできるだけ丁寧に、解法まで含めて解説を完成する。これが今年の一つの目標だ。

福地大先生が、理系の科目、文系は自分。福地大先生の解説はすばらしい。自分も自分なりの個性で教材を作っていくつもりだ。

教えるのは、学ぶこと。国立2次の過去問やると学ぶことが多い。基礎が出来ていないと手も足も出ないのがよく分かる。

大丈夫か

基礎、基本が大事だ。

昨日塾生高2に学校の数学の宿題直接指導で教えていたら、

2点間の直線の公式、点と直線の距離の公式、内分点の公式、円の方程式、全部覚えていなかった。見たことはあるという程度。

学校では、プリントで問題解きながら、ノートに公式を書いて学習している。教科書は、使うらしいが、参考程度だ。宿題が多いので、塾に時々来る程度で,中3のとき毎日塾の勉強をして150点上がった子供だ。

1年間学校に真面目に行って確実に学力が低下しているのが分かる。説明したら、分かるが、こういう状態になるのは、ある程度予想できた。

塾にしっかり来て、教科書の予習をしないと大変なことになるなと思った。学校に行っても苦手科目は本当に分からなくなったら、手も足も出なくなる可能性がある。

理解力が高くて、授業で理解できる子の割合が少ない学校に3年間で朝から晩まで机に座って真面目に黒板写してノートを取っていても、脳みそには何も残っていない子供の割合が大きくなってきていると思う。

今年の高校の合格者数発表した学校ごとのプリント見たが、年々酷くなっている。生徒の理解力と指導法がかみ合っていないのではないかと思う。

塾生で、教科書の予習をしっかりやっている子の成績は、確実に上がるが、塾に来ても宿題に追われて、宿題で精一杯の子は、どんどん学力が低下する。そして、塾から足が遠のく。

学習の循環が悪くなる。予習で全てが変わる。数学、理科は塾で教科書の予習をしなと分からなくなる高校生の割合は高いと思う。

塾で基礎を作り、学校でほかの事をする。おかしい現象ではないか。

その子には、宿題を教えながら、どうして基礎が大切か、教科書が大事かを説明した。宿題を教えながら、基本を教えるしか手がないように感じた。

 

 

 

機動性

授業形態、集団個別、テープ学習いろんな指導法を30年以上試しながら、今のスーパーイーグルにたどり着いた。基礎重視と過去問反覆は変わらないが、それを現実化するというのはむつかしかった。つまり指導したくても道具がないから十分には指導できなかった。

丸付けと、わからないとこを教えるのが、仕事。これだけで塾と言う形態で子供の学力を全員平等に、上げると言うのは、神業だと思う。伸びない子が出てくるのが普通だと思う。

塾に行っても伸びない。これは、先生の教え方とかそんな次元の問題ではないと思う。簡単に学力伸びると考える方がおかしいと思う。学校に行っている時間がどのくらいあるのだろうか。

機動性というのは、子供の学力に合わせて指導しながら、教材の変更ややり方をすぐに変えてより効果的な指導を探れることだ。そして子供の学習スピードが無いと機動性にかけることになる。

恐ろしく機動性の高い指導で無いと学年が上がればあがるほど子供の学力を伸ばすことはむつかしいと思う。とにかく時間が足りないことが多い。

たとえば、最初に与えた教材では進みが遅い、このままでは、受験に間に合わないとか、テスト対策にならないとしたら、より適切な教材に変更し、最後までやらせたりできる。これができないと伸ばせないと思う。

塾は、入ってくる子供の理解力、時期、苦手科目、志望校、親の考え方、バラバラなのに柔軟に対応して、高い確率で学力を伸ばし、子供と親を満足させないといけない非常にむつかしい仕事だと思う。田舎ほど多様性が求められる。都会の塾のほうが必ずしもシステム的に優れているわけではないと思う。

まず、小学生や中学生は、何をどのようにやるとか、よっぽどの子で無いと自分では分からない。高校生は、それなりの自主性はあることが多い。これを踏まえるべきだと思う。

授業の場合、子供が家で塾のテキストを予習しないと進まないし、どのレベルに合わせて指導するのか非常に難しかった。進みは悪い。つまり機動性にかけるのだ。そもそも時間が足りなさ過ぎる。学校の時間数と比べて圧倒的に少ない時間でどうして子供の学力を上げられるだろうか。

ある意味神業に近い技術がいる。個人塾で授業形態で全員の成績を上げると言うのは、尊敬に値する。全員の。これが重要だが。大手の塾の細かく授業クラスを分けた形なら、小学、中学までなら、合理性はある。それでも全員の成績と学力上げるのはかなりむつかしいと思う。

集団個別は、その子の分からないところが分かり、子供が自主的にやる能力とかがあれば、指導が有効に機能するが、知識のインプット指導が難しかった。つまり基礎の定着が困難だ。家庭教師でも同じことが言える。学習のやり方を教える先生なら伸びるかもしれない。

塾とかは子供の学力を上げるのが仕事だと思う。短時間で効率よく学力を上げるためには、機動性という要素が絶対必要だと思う。

道具が無いとかなりきつい。道具も10年以上作り続けているといろいろ足りないところが見えてくる。道具も進化してくる。

恐ろしく機動性が高い道具。これがスーパーイーグルだと思っている。

 

 

学校の先生の偉大な力

保護者で学校の先生がいる。塾の卒業生の保護者だが、自分の塾に何人も紹介していただいている。

小学校の先生だが、塾の理念と指導法を深く理解していただいている。

ありがたいことだ。

学校の先生が、塾を薦めてくれるというのは、ありがたいことだが、学校の先生の信頼性というのが絶大だと言うのがよく分かる。

今日だけで二人も説明聞きに紹介で来られた。家庭訪問で休みだと言うのもあるが、その先生は学校とか塾とかの垣根に関係なく、子供が伸びることを考えて紹介していただいている。

普通、学校の先生が特定の塾を薦めるということは、珍しいと思う。

紹介した子が伸びたことが多いというのもあるだろうが、予習先取りの大切さを理解してもらえているのが本当にありがたい。

先生と言う職業とその先生の指導力の信頼性の高さは、絶大なものだと思う。

子供の将来を考えてのことだと思う。期待に沿えるように努力したいと思うのは、

人情というものだ。

高1高2までは基礎を作れ

塾生の高2、新高3が、模擬試験の結果を持ってくる。ほとんどの子が、一年前より成績が伸びている。時には、受講科目全部、偏差値10とか伸びている子もいる。

数学なら教科書全部の定理と問題。英語は、単語暗記と文法問題。理科なら教科書とその単元の問題演習。つまり基礎を徹底してやっているだけだ。もちろんパソコンを使う。

基礎を徹底して高1高2まではやるべきだ。背伸びして入試問題やるなら基礎ができてからにすべきだと思う。というより高校分野の基礎がどれくらいの量か大学受験をまともにやった人なら分かるはずだろう。

基礎も出来ていない段階から入試問題やったところで空中分解するか参考書おたくになるかだ。凡人は、やめるべきだ。後が伸びない。

基礎の先取りはすすめるが、入試問題の先取りは、凡人は弊害の方が大きいと思う。

教材は、基本、学校で与えられたので十分、それも多すぎるくらいだと思う。馬鹿みたいに買わされる学校もある。

そんなに脳みそに入らないし、時間がかかる。よくネットで参考書の紹介するが、そんなにやれるはずがない。やったところでバランスが悪い.

全科目の教科書分かって覚えたら、普通の国立は余裕で受かると思う。

なぜか。わかっていない人が多いからだ。基礎で差をつけるこれが確実な道だと思う。

これがむつかしいのだと思う。

当たり前のことを当たり前にやるのがむつかしい。

基礎と過去問。これをやるのも大変なことだ。

宿題が多くて塾に来れません

高1の話だが、県立N普通科高校合格したら、塾に来ない。予想したことだが、宿題多くて塾にこれないと言う。

宿題が多いことで有名な伝統校だ。

学力付けて大学受験とかより、目の前のことに精一杯ののは分かるし、それぞれ子供の気質と言うのがあって、無理に塾で予習をしろととか言う気にならない。

それにしても、茶色のプリントの山はいかがなものだろうか。整理能力の無い子は、どこにどの科目があるのかすら分からなくなるほどプリントが多い。

これを30年以上見ていると進歩のなさに驚く。

宿題もらいに学校に行っているようなものだ。高3の今頃になってまた助けてくれが始まるのが目に見えている。

学力つけるのではなく、ブラック企業でも文句を言わず働く能力を付けるためには適切な教育だと思う。

いやなものでも我慢して継続できる能力というのは、社会に出ても重要かもしれない。

我慢強く、言われたことを忠実に、成果は出なくても、遂行する能力、または、上司に文句を言われないように従順なふりをする能力。

これを育てると言う点において優れた教育手法だろう。

学力をつけるという点においては、最悪な手法だが。プリントをやらせて答えを渡して終わりと言うのは、いかがなものか。そういう科目がある。とにかく提出しないとおここられる。

学習が苦痛になる。

と言うよりまともに学習したいと思う人間ならいやになるだろう。

恐ろしく学力が付かない。

 

志望大学別個別指導

学校の宿題とか見ているとこれは何のためか意味がよく分からないことが多い。高3の後半でも、2次前でもいろんな大学の混ざったものをやらせる。これは指導の構造上しょうがないが、

これでは、合格力が付いている子ならまだしもほとんどギリギリか受かるのが危ない子が多い中、自分の受験する大学の過去問解くこともなく受ける子がいると言うから驚く。やっても2,3年分を一回とか。冗談がきつい。余裕で落ちるだろう。

教科書、問題集、参考書、やりまくって応用力のある子なら、過去問ちょっとやって受かるのもいる。今年ラサールから東大に受かった子がそうだった。でも学校でこのごろ過去問対策やっているらしい。自分らの頃はなかった。真似はするべきではないと思う。

中学入試でも高校入試でも、過去問の分析なくして受験合格は危ういと思う。

塾生が大学受験するとき、子供に合わせて、解説をできるだけ作る。これは非常に時間がかかる。広島大学英語の過去問全文、5文型に分けて、説明したら、全部で7時間以上かかった。笑。

こういうのを授業とかでやれるわけがない。1年分やっただけで広島大の英語はどういう問題出すのか、どう学習したらいいのか分かッた。

丁寧にやる。そして、慣れる。これしか凡人が合格する道はないと思う。教科書とかの基本も大事だが、それですぐに入試問題がとけるようになるのはむつかしい。

大切なのは、できなくても気にするなと言うことだ。基礎ができていれば慣れてくれば、自然に解けるようになる。これが、人間のすごさだと思う。子どもは柔軟性がある。これで合格させてきたのだと思う。解けないから、参考書に、問題集に走ると失敗しやすい。

大学別個別指導が、子供のためには一番必要だと思う。敵を知り己を知れば、の鉄則はまさに受験の鉄則だろう。高校受験も中学受験も志望校にあわせて指導する。これは、パソコンでないといと経験上まともな指導はむつかしいと思う。

敵も知らず、己も知らず、受かりたい。それはやめたほうがいい。

塾もよくよく考えて選ぶべきだろう。笑

 

職業の適性は大切だと思う。

二番目の娘が、福岡で小学校の先生をしている。もう4年目になる。小学3年生の担任になったらしい。

娘は嫁さんとは、よく話す。笑

昨日、嫁さんの話では、そこの学校は学年が二クラスで、小学1年のとき教えたクラスの子が、半分ぐらいいるらしい。自分の娘が担任になったら、子供たちが、やった、うれしいと何人もいってくれたらしい。そして、別のクラスになったのが、残念だといっていた子が何人もいたと言う。

またある家庭に連絡事項があって、電話をかけたら、父親が出て、うちの子が、今度先生が担任になったと、家に帰ってから喜んでいた、よろしく御願いしますと言われたらしい。

クラスの保護者の役員を御願いしたら、小1のときの保護者の何人かがすぐに自分から役員をやると言ってもらったらしい。すぐに役員が、決まったらしい。

一番最初にクラスの担任になったのが,小1で、お別れの会で、全員で歌を歌ったら、みんな泣いていたと言う。

そういうのを聞いて、ありがたいことだと思った。

子供が好きで、教師になったと思う。仕事が好きで、子供たちからも親からも好かれるというのは幸せなことだと思う。

自分も見習おうと思う。

でも無理はしたくない。笑

中学入試と大学入試の因果関係

大学受験特に2次試験の問題の解説作っていると、こんな問題解けるようになるには相当しっかりした基礎力と思考力と応用力が必要だと思う。

中学入試の問題たとえば難関私立の問題やっているとこんな問題解けたらすごいと思う。難関私立の中学入試の問題と大学入試の問題には、因果関係があるような気がする。

でも公立の中高一貫校の問題は、確かに思考力は必要だが、それが大学受験まで通用するような気がしない。これは、問題になれて訓練しないと解けないとは思うが、数学力や文章読解などを正確に判定できるだろうかと思うのだ。作文力と言っても小学生のものだ。

小学生の頃の学習が、大学受験に大きく影響すると思うが、公立中高一貫の対策ばかりやるのは薦めない。塾生には、中高一貫用の学習と、できれば難関私立受験用の併用を薦めている。

なぜか。

それは、大学受験の問題を解いていると、公立中高一貫の問題の延長線には無いと思うからだ。ためにはなるが,延長線上には、大学入試はないと思う。よくよく親も知っていた方がいいと思う。

今年の大学受験の結果が、全てを物語っている。

いずれにしても、中学に入ってからが、大切なのであって、予習先取りが一番大切だと思う。先取りと大学入試合格の因果関係は、あきらかに存在すると思う。どこの学校に入ったかも、大事かもしれないが、先取りできているのかのほうが大きいと思う。

基礎の先取りしないと、自称進学校はもちろんのこと有名進学校でもうまく行かない可能性が高い。問題演習の先取りは、あまり意味がないと思う。

受験指導を30年以上やっていると、普通の人が見えない世界が見えるような気がする。ほかの事はさっぱりだが。笑

先んずれば人を制す。これは、学習と受験の鉄則だと思う。

 

 

 

過去問解説をどうやるか

本当のところなんでパソコンこだわってやっているのか。それを説明したい。

まず受験で一番重要なのが、過去問演習だと思う。大学受験なら、それぞれの大学はレベルも傾向も違う。問題をプリントとして,渡し解かせる。そして、出題傾向とか、学習の方向性とか示すには、詳しい解説があったほうがいいとおもう。

高校入試でもそうだが、塾生の学力の伸びは、過去問を十分解いて、復習するとき力がつくのは間違いないと思う。解説が必要なのは、過去問についてで、これがあるのとないのとでは雲泥の差がある。解き方が分かるのだ。

解説というのは、英語とか国語でもそうだが、本文がパソコンだとそのまま文章がパソコンの画面上に出せる。数学でも図形がそのまま出せるし、理科たとえば物理などほとんど図のないものはない。

こういうのを黒板授業とかで説明するとなると、相当な時間がかかる。まず図を書くのに時間がかかる。数学でもそうだ。英文などや文章題とかまず、黒板に書くなどしていたらまともな説明はできない。これは、経験したら分かるだろうと思う。

生徒が解いて何度でも過去問の解説を聞かせると子供の脳が、問題形式になれて速く問題が解けるようになるのだ。

二倍速や2,5倍速で何度も反覆させる。そうすると、脳みその回転速度も上がる。そのために解説を作っているのだ。スピードと正確さを同時に身につけること。これをどうやるかだと思う。

昔、センター英語の1年分解説するのに1日かけたことがある。解き方まで説明するとそのくらいかかる。教える方も教えられる方もくたくたになる。誠実に教えようとすると本当に大変な作業だと思う。

だから、授業で過去問扱うとしてもほんの一部しか解説できない。これは、物理的に無理な話なのだ。

世の中に多く出回っている教材で、過去問について詳しく1問1問音声で解説を加えたものは、ほとんどないと思う。解き方や学習の進め方まで大学ごとや、高校また中学ごとに過去問を解説するとわかるのは、無駄な学習をしなくなる。目標決めずにやると無駄どころか、路頭に迷う可能性が高い。

合格者は早めに過去問の分析をやっている人が多いと思う。しかし、たとえば九州大学を受験するとして、福地大先生の物理や化学そして数学の解聞きながら演習するのと、赤ほんの解説見てやるのとでは、理解力と問題分析力に大きい差が出ると思う。

こういう細かな教材を作っていると、無駄な学習を多くの子供たちがしているの分かる。これは、自分らもそうだったのだと思う。過去問は、学習の方向付けと終着点を教えてくれる。

過去問は非常に重要で、自分でやるとなるといい加減にやる恐れがあり、特にセンターや県立入試でも解説ないと、効率よくできない可能性が高い。

やればいいというわけでもない。いつやるかとどうやるかも重要な要素になると思う。それも人しだいだと思う。