スーパーイーグル胡散臭い

ある保護者でいろんなことを正直に話してくれる人がいる。先日。浪人して国立大に合格して、

最後の挨拶に来られた。

最初この塾のシステムに興味があったが、名前が強烈で本当にそんなに成績上がるのかとおもったらしい。

もしも自分が、塾などしていないなら同じと思う。

その方が言うには、子供が普通にやっているので意外で安心して入塾を決めたらしい。いろんな生徒や保護者と接するが、

外から見た世界と内から見た世界は、違うものだと参考になる。

外から見たら胡散臭そうなのが、まともで本物のこともあるし、派手な宣伝と見かけで

入ってみたら、胡散臭いものもいっぱいある。特に受験産業は仕掛けが多い。

受験産業に身をおく立場から言わしてもらうと、子供の学力を一人一人どこまで高い確率で伸ばせるのか、出来ない子も、できる子も平等に伸ばせるのか、科目の守備範囲はどのくらいか、合格させる工夫があるのか、

田舎は、人で流れる。あの子が行っているから僕も行く。昔も今も変わらない。というより日本人は、自分の頭で考えると言うのが苦手な人が多いように思う。

学習というのは何が大切か、複数の科目を効率よく指導するにはどうしたらよいのか、自分の弱点をどうつぶしたらいいのか、受験前の演習はどうしたらいいのか、反復するのにどうしたら効率よくやれるか、プリントは自動的に印刷した方が便利ではないか、過去問の解説あったほうがいいだろう。過去問の印刷は何度でもやれたほうがいいだろう。

いろいろ思考した結果としてスーパーイーグルがある。当たり前のシステムで作っていくと他がおかしく見え出す。笑

胡散臭いが、学習の王道を凡人が効率よくやるためには、必要なもので、他のやり方はあまりにも時間がかかる。知識を入れる部分と問題演習の両方のバランスが取りにくい。

塾生を指導していると楽しい。成績の伸びと学習のスピードが塾は長いが、これほど優れたものは無いと思っている。塾をやめる生徒はほとんどいない。授業形態と個別指導の時代は、そうではなかった。

浪人生が塾の1年と学校の3年では、塾の1年の方が学力が付くと言っていた。高1の体験製がいて、お隣の大手にも行ったが、分かりやすさと値段がまったく違って、この塾を気に入ってくれた。

一見胡散臭い方がまともだったりする。外からは見えないだろうと思う。体験してみないと分からない。

 

教材と本人の能力

小6で英語の中1の教材ひととおり終わらせた子がいる。それも恐ろしく短期間だ。理解力が高い子、それほど高くなくてもいいが、すさまじく進みが速い子の確率が高い。

子どもの学習は、達成感と成功体験の積み重ねで、楽しさを覚え、自信が付き、継続できその結果学力が付くと思う。

教材の力で、やる気も出ることが多い。子供の学力状況に合わせて、適切な教材を与えると子供はもくもくとやりだす。

教材の質を高めること、子供の学力にあった教材を開発すること。

いくらでも教材の質は高められる。だから自分らの仕事も際限がない。

これで完璧とは行かないから、続けられる。

より完璧を目指す。子供の学習と仕事も変わらないような気がする。

作文問題

作文力で合格という本はとても良い本だ。大人が読んでもためになる。

文章の内容がすばらしい。

人の生き方ということについて小学生でこれを読んでいたら、

すごいと思う。

作文例はとても小6の書けるレベルではない。大学受験の英語の作文の解答例もレベルが高すぎると言うよりこんな書き方駄目だろうと言うのも多い。

解答例は、鵜呑みにしないことも大切だと思う。簡単な文章で書いたほうがいいと思う。

今年から中高一貫対策に力を入れる。

作文問題の対策としてこの本は、すばらしい出来だと思う。

作文問題は、添削の前に書き方が大事だと思う。

流れのある文章が高得点の秘訣だと思う。

予習先取りで、大学受験合格の確率は恐ろしく高まる。

予習と復習が大事だと言うが、学校のシステム上、予習は授業の進行のためと言う部分がある。

授業を成立させるためには、子供たちに宿題を出すか、予習をさせないと授業が成立しないことが多い。しかしこの予習だけでは、学力を身につけるため、不十分なことが多いと思う。

塾に行って塾で出された課題とかやっている人がいるらしいが、

学校で課題を出され、塾で課題を出される。こういう学習をやっているのは、薦めない。

消化不良になる可能性が高い。予習というのは、習っていないのを自分でやることだが、

自分の経験でも予習が出来たら授業がよく分かった。

でもこれを全部の科目でやれるかと言うと凡人は無理な話だと思う。

前にも書いたことがあるが、東進の林修先生が言っていたが、東大の上位で合格する子は中学までにほとんど自分で高校分野を終わらせていると言う。林先生も先に進んだので、大学受験はめどが立ったと言う。

そんなことが出来たらどうだろうか。高校の授業は復習の場になる。大学受験はノーベル賞取るような創造性を見ているわけでもない。

だとすれば、問われる基礎知識を早く習得すれば、凡人でも難関大に合格できると思う。

この視点が分かっている人が、田舎は少ない。

予習先取りのは、教科書レベルの基礎知識で十分だし、そうでないとうまくいかない。

後半に伸びるような学習をするためには、先取り予習ほど難関になればなるほど大切だと思う。

これが分かって実行できれば、恐ろしく合格率は高まる。

なかなか気付く人は少ない。

塾生見ていると予習先取りと目標設定の出来た子は、後半で伸び、難関を突破する確率が高い。

小学中学生の頃から、この視点が無いと難関大受かるのは、むつかしいと思う。

学校の成績や、模試の成績ですら見えない部分がある。

能力高くても予習先取りできないと失敗したケースをよく聞く。後半が伸びなくなるのだと思う。

能力だけでは、科目間のバランス取るのがむつかしくなるからだ。予習先取りするとバランスが取れる。

長期的スパンで学習はするべきだと思う。

浪人生に送る言葉

1浪人させていただけると親にまず感謝したい。これが出来ないとまずい。

どうしてか。まず親が働いて子供のために浪人までさせて社会に出たとき困らないようにと思って出費してくれる。それが当たり前と思わないことだ。感謝の気持ちが、成功の秘訣。

2反省して、失敗から学ばないとまずい。

自分に何かしらまずところがあって、それに気付き改善しないとまた同じ結果が出るかもしれない。生活面だったりすることもある。時間にルーズなのはまずい。自分も偉そうなことは言えないが、自分の欠点を気付いて変える努力をしよう。

3、計画を立て、毎日実行して、成功体験を積み重ねよう。

毎日毎日、計画を実行すると、自信が付く、毎日絶対受かる受かると唱えよう。潜在意識が味方するようになる。

4、現役の時より格段に実力が付いて、志望校に合格できるチャンスをもらえると考えたい。

人生後半になると分かるが、1年や2年たいしたことはない。プラスに考えることだと思う。努力して志望校に合格できたら、喜びは何にも変えがたいほどだ。

5、無駄な学習はしないことだ。

手を広げるとろくなことはない。基礎と過去問これははずせない。何度もやるほうがいいし、丁寧にやることだ。受かると信じて指導者の言うことに素直になることだと思う。

 

合格体験記6

私の合格体験記 九州大学 薬学部 臨床薬学科 【泉ヶ丘理数】

「(成績が悪すぎて)職員室で話題になっていますよ!」という担任の先生の、家庭訪問での激励の言葉から、私の中高一貫校での勉強は始まりました。入学した時、成績がすごく悪かったのです。この合格体験記で、私が九進研に入った中学2年生から高校2年生、そして受験生となった高校3年生の2つの時期に、自分がどんな勉強をしていたのかという事をメインに振り返ってみたいと思います。

私が九進研に入ったのは中学2年生の夏で、そこから高校2年生の終わりまで、基本的に数学と理科の先取り学習、つまり予習をしていました。これは高校3年生から自分の志望校の過去問演習へとすんなり入ることが出来るようにと塾長に指導されたからです。先取り学習をしていたため、中学校の頃はほとんど成績が伸びず、ずっと中の下ぐらいの成績をさまよっていました。高校に入ってからも九進研では予習を続け、英語は単語と文法を毎日決めた数だけやり続ける勉強をしました。そして少しずつ成績が上がり始め、高2の終わり頃には校内で10番台ぐらいにはなりました。

今振り返って思うことは、完璧ではないにしても高2までに受験で使うすべての教科の基礎的なところを押さえることができたということがとても大きかったということです。その理由は「塾で基本系な内容を学習(予習)する」→「学校で同じところを通ったとき、初めて見る分野ではなくなる」ので学習効率が高くなるからです。現役生は学校に行っている時間の方が、塾で学習する時間よりも長いので、学校での勉強と塾での勉強を連動させる必要があると私は思います。

高校3年生では、高校2年生まででほとんど基礎が定着していたので、4~9月ぐらいまでは各教科の標準的な問題が集められた問題集を2~3周し、それと並行して過去問の徹底的な演習をしました。センター30日ぐらい前からセンターの勉強をして、センター試験が終わったら自分の取った点数と、例年の合格者の最低点・平均点を調べて、自分があと二次試験でどのくらいの点を取らなくてはならないのか明確となったため、日々の過去問演習にも真剣に取り組むことができました。

ここで、どうして過去問にこだわったのか、ということについて話したいと思います。初めは塾長から「過去問を回せ」と言われていたので、何となく過去問を解いていたのですが、過去問を解いていくにつれて、自分なりに3つのメリットがあると思いました。

1つ目は、学校や問題集で解いた問題がどのくらい過去問に出ているのか、どれほど役に立っているかを実感することができ、また、過去問でできなかった分野の問題に似た問題が学校の授業・宿題等で出された時に「何となく」その問題を解くのではなく、「自分はどの分野の問題を学習している」と明確な意識を持って学習することが出来るので、勉強効率が高くなるという事です。

また、2つ目として、過去問を解くと、志望校の大問構成・出題傾向が分かってくるので、テスト本番でどのように解いていくか、自分はどの辺で点を拾っていくのかという作戦を立てやすくなります。

そして3つ目は、過去問という限られた問題を何度も反復することで、少ない問題数で自分の弱いところをつぶすことが出来るというという事です。

以上の3つが、私が実際に過去問12年分を3周(英語は1周)して感じたことです。

最後にまとめとして、受験で大切なのは

・早めに志望校を決めること

・基礎を徹底すること(予習で)

・過去問を何度も解くこと

だと思います。

私は九進研に入って、この「王道の学習法」を徹底して下さったことに本当に感謝しています。「基礎を徹底して、過去問を回す」勉強法を教えてもらえたことが本当に大きかったと思います。

皆さんも九進研に入る、入らないにかかわらず、「王道の学習法」を学び、志望校に向けて勉強することが合格への近道だと思います。

合格体験記5

合格体験記 【都城西高校】

私は今回、山口大学 工学部 社会建設工学科に合格することができました。私が入塾した当時は、物理が苦手で、センター模試でも4割いけばいいかなというような点数でした。

理系としてはまずいということで、スーパーイーグルを利用して物理を強化することにしたのですが、センター本番では8~9割を超え、直前模試でも9割は超えられるぐらいになりました。

パソコンではエッセンスなどの基礎教材をし、実際にセンターとはどのようなものなのかを知るためにセンター過去問をしました。学校では、ただ授業を聞くだけなので、分からなかったり聞き逃したりしたらそれでおしまいなのですが、九進研では、何度も聞けたし、それでもわからなければ受験においてより経験の高い先生方がいるので質問することで苦手の克服につながりました。

また、数学もあまり得意な方ではなかったのですが、塾長の解説などを通して、演習を積むことにより最終的には二次試験レベルまではこなせる力を身に付けることができました。数学は才能がないと無理とかよく言う人がいますが、僕は演習と解説を聞くことを繰り返しすれば才能は関係ないと思います。

センター試験は時間との戦いなのでどのような状況でも手を止めず精一杯戦うことが大切です。あせって手が止まらないように、スーパーイーグルを活用して応用力などをつけるといいと思います。

特に理科系の福地先生がとてもよいことを教えて下さります。理科は日常生活の現象を解明していく分野なので、私たちが習う理科が生活とどう関連があるかなどを教えて下さるのでそれを楽しく学んでいくのも一つの手だと思います。やはり好きな科目があって楽しく学べるのは何より強いです。

九進研で自分の好きな分野を作ってのばしてみてください。応援しています。

ノート作れば良いというわけではない

ノートは自分でまとめるとか、間違ったのをまとめるとか、見直すためならいいが、

作っただけでそれをどう使うのか考えないなら、なんにもならない。

それより本を何度も読んだりしたほうがいいと思う。

きれいにノートを作る

これは、自己満足。

脳みそをノートにするべきで、

受験は要領。

ノートとか作りたがるのは、危険だと思う。

面白い楽しい学習。

楽しいとか面白いと思わないと脳みそは、うまく機能しないと思う。

分かると楽しくなる。出来るとうれしい。早くできると自信になる。

そういう学習をすべきだと思う。

ところが、どうだろう。

中学生とか小学生。宅習帳に何でもいいから1ページ書くのが、宿題。

高校生も、プリントの切り貼りノートにはらせる。

こんなのが、学習だろうか。

苦労をしても効率が悪いと、何も身につかないと思う。

学習が楽しくなる仕組みとか、工夫というのが無いと、学習は面白くないと脳みそが判断するだろう。

いやいややるか、しょうがないからやるか。

そういうものではないのではないか。

学習もスポーツと同じで、楽しいからやると言うのが理想だと思う。

そのためには、1回で全部覚えたり、理解しないといけないと思わないことが大切だと思う。

塾生が、学習が面白くなったと言ってくれるのが、一番うれしい。

そういう学習を続ければ、いやでもいい結果は出るだろうと思う。

結果を出すために学習するが、過程は楽しく効率よくスピードを上げてやら無いと

楽しくはならないだろう。

 

基礎をどう入れ込むか

基礎をどう入れ込むか。これが一番大切で、一番むつかしいと思う。しかも複数の科目だ。

気付いている人は多いだろうが、実際これをどういう学習でやるのか。これを考えてみたことがあるだろうか。

教科書は大事だ、単語を覚えよう。古文単語を覚えよう。日本史の教科書覚えよう。理科の化学の教科書覚えよう。

7回反復しよう。読むだけで出来るか。出来る人は、東大に行く。

凡人が出来るだろうか。

世界史から日本史に夏からかえて、9割近く取った浪人生がいる。普通は無理だろう。でもそれを可能にする方法がある。基礎を高速でまわすしかない。

口で言うのは簡単。出来るかどうか。これをどうやってやるのか。

都会の受験戦士は、出来ているかもしれない。こっちの田舎はそうではない。教科書とか基礎の入れ込みが不十分。基礎の重要性が分かっていても、

これを凡人が現実化できるか。方法は、一つしか無いと思う。聴覚と視覚を使って高速反復する方法だ。

浪人生が、英語の中学の復習をすると言うので、新しく作った教材で復習をさせた。3年分が、約10時間で復習が出来た。しかもものすごく分かったと言っていた。

短時間でやった方が、脳みそに残る。短時間で繰り返せば恐ろしく脳みそに定着すると思う。

単語暗記にしても、最初から全部覚える必要はない。何度も聞いて回せば、自然に覚える。

そもそも基礎の入れ込みを、読むだけで出来るか、出来たにしてもどれだけの時間がかかるか、

理科の分野とか、基礎が分かっていない人が、本を読むだけで理解できるか。説明が無いと無理だろう。自分は無理だった。

数学の教科書自分で読んで理解できる割合は、どのくらいだろうか。

そもそも家を建てるのに土台をしっかり造らないで家が出来るか。つくったところですぐに倒壊する。

塾にしろ学校にしろ、土台を造るという過程が欠落していると、行ったところで、

まともな学力は付かないと思う。

基礎を造る。これが出来れば、後は、演習でぐんぐん伸びる。

予備校に行きました。全然伸びませんでした.そういうのをよく聞く。

基礎を本当につくれるのか。基礎の出来た前提で演習中心だと恐ろしく

伸びない。金はかかりました。点数はたいして伸びませんでした。よく聞くが。笑

コスパが悪すぎる。脳みそは、気力と、やり方の効率性の両方がかみ合わないと

鍛えられないと思う。

基礎力がない人が、大手の予備校に行くと悲惨なことが多いと思う。

なぜか。基礎の入れ込みは、ほとんど自分でしないといけないからだ。6年や3年の基礎の積み重ねを、10ヶ月で入れ込める保証はあるだろうか。

基礎の入れ込みの重要性とそのやり方が、あまりにも無策ではないかと思う。

むつかしい問題も基礎の集合体だということを忘れないほうがいい。