国立二次採点

塾生で、九州大学の薬学部を受験した子がいる。その子は、中2から塾に入って先取りをした。

中高一貫の子で一人しかこの学年はいなかった。なぜかこの塾は中高一貫に人気がない。笑

学校の進度に合わせないのと学校を無視するので親が成績気にするのではないかと

その子が言っていた。その子の親は、学校の成績どうでもいいから大学に合格するために塾に入れるし、予習をしないと自分も受験で困ったと言う経験を話されていた。

親の理解があった。

大学受験は全国区。学校の成績とか関係ないと思う。学校にあわせる塾が多いが、受験合格を目標にしたら、学校の進度とかテストに合わせたら、受験合格の確率は、低いと思う。

効率よくやらないとまず全国区は、勝てない。

その子は、高2の後半で数学、物理化学は塾で予習をし終了した。

1年間九大の過去問をつぶしていった。反復を10年以上3回以上はしただろう。

学校に行きながらだと1年はかかる。センター対策もある。

数学の2次は、問題文を全部読んでから着手して解ける問題からと言う指示どうり

解いたと言っていた。周りはすぐに書き始めたと言う。

それでは、失敗する確率は高い。

採点をネットで一緒にしたら、小問が一つだけ間違いで、

8割から9割あっていた。すごすぎて感動した。医学部でも合格する得点だと思う。

理科も8割近くあっていた。

やっぱり基礎の入れ込み先取りと過去問反復これが、

受験必勝の王道だと確信した。もちろん子供の能力と努力は必要だ。

でも王道からずれたら受かりにくい。大体ずれていることが多い。

たぶんこの子は、志望校に合格するだろうと思う。

積み重ねこれは大きい。ただ王道を進むべきだと思う。

これがほとんんどの人は見えないだろうと思う。

見えても実行はむつかしい。

すばらしい教育。

プリントを各教科宿題として出す。各教科の試験の範囲は、プリントの範囲でほとんど似たような問題を出す。

予習も授業のために宿題がでる。答えを渡さない場合は、やるのに時間がかかる。答えを渡す場合は、授業で使わない宿題だ。これが、各教科関係なく出される。

基礎は、さらりと教え、復習のためにプリントで問題を解かせる。進度が遅くなったら、バンバン飛ばす。高3の終わりでも終わらないこともある。

高3になると夏課外、冬課外、朝から晩まで学校で学習する。

宿題をやらないと怒られるし、内申点も下がる。

テスト範囲は、しっかり各教科細かくプリントの範囲も書いてある。

子供は、テスト範囲を暗記して覚える。

模擬試験前、過去に出題された問題を宿題として出す。

その割りには、模擬試験の平均は、すごい得点だ。

2次試験前、国立のいろんな大学の混じった問題を全員にやらせる。

一回やったら、どんどん問題を出す。

すばらしい。

予備校は、変えないほうがいい場合。

塾生を見ていても、他の知り合いの予備校生を見ていても、予備校をころころ変えるといい結果は出にくい。特に医学部とか、自分の学力と志望校のレベルが離れている場合、1年で結果が出ないと、ころころかえる人がいるが、おすすめしない。結果が悲惨な場合が多い。

変えるべきは、脳みその方で、場所とか変えたから脳がどう変わるか保証は出来ない。

もちろんまったく伸びないなら変えたほうがいい。

伸びたが伸びが足りなかった場合の話で、伸びがなかったとか下がったとかなら、進路それ自体の変更も視野に入れたほうがいいかもしれない。

次の年に変えた場合、それまでのやり方と変わるリスクは大きい。継続しないといいは結果は出ないことが多い。自分のところだけではなく、他の予備校も同じだと思う。

シュリーマンの話が有名だ。あとちょっとで見つかるのにやめなかったからミケーネ文明を発見できた。

このことを思い出す。

塾生指導して、1年で結果が出なくてのこって継続した子は、100パーセント次の年結果が出ている。

ある子は、100点伸びたが足りなくて、次の年150点伸びて志望校に合格した。

2年かけても結果が出ないようなら、もちろん変えたほうがいいと思う。医学部なら分からないが。

3年も6年もの基礎を入れ込む時間かけた基礎を、どのくらいの時間かかるか、人による。伸びる時期が、

いつなのか1年で足りるのか、志望校のレベルによるし、その子の地頭と性格による。これは正直なところだ。

継続は、伸びている場合の話だが、予備校とかころころ変えると結果が出ないのを

よく聞くし、目にする。

 

 

結果はわからないが。

小林校の塾生で、鹿児島大学の獣医を受験した子がいる。 中学からずっと通っている塾生だが、 センターも自己最高点だった。 国立の獣医はむつかしい。

北大を頂点に、定員が非常に少ない。 二次本番で時間が半分余ったと教室長に言ったらしい。受かる可能性が高いと思う。 現役で、受かるとしたらすごいことだと思う。

受験には、やり方がある。 ちゃんと長期にわたって基礎を積み上げて、 無駄で非効率な学習をしないことだと思う。 合格の仕方はある。準備とやり方と本人の意識。

効率の悪い学習をいくらしても結果はでないと思う。 人生に無駄は無いと思うが、受験では無駄は極力排除しないと 結果は出ない。 学習は、効率よくやるのが至上命令だと思う。 急がば回れも、効率を考えての言葉だと思う。 奥は深い。

明日から国立二次

この時期いつも思うが、入試前に慌ててもどうしようもないと言う事だ。 積み重ねをしっかりして、基礎を十分入れ込んで、過去問を何度も解いて、基礎の弱点をつぶすなら合格の可能性は高い。 でも、高3の9月以降に伸びるような学習をするには、次のことが大事だと思う。

1、高1高2のときに基礎を入れ込むと言うこと。複数の科目をバランスよく学習して苦手科目を作らないようにすること。中学からの基礎も大事だ。

2、学校の定期テストは、授業をしっかり理解できるように、テストは実力で受けるようにする。テストの間違えたところを復習して、見直す。

3、学校は、模擬テスト前に前年の過去問を宿題に出すが、やるにしても自力で解き、答えをすぐには見ないようにする。

4、模擬試験は、高3の9月以降の模擬試験しか当てにはならない。それまでの模擬試験は、良くても安心は出来ない。悪いなら、暗記学習しているので、根本的に基礎から思考するようにしないと危険だ。

5、これは、大切なことだが、予習をする学習では、高1とか高2では、いい成績がでない。なぜなら、学校でやっていない分をやっているので、その時点では、学校の進度に合わせた学習をしている子には負ける可能性がある。でも高3の後半から逆転する可能性が高い。

これは、塾生を見ているとよく分かる。基礎のいれこみが、高3の後半までずれ込むと急に失速し始めるのだ。国立なら、5教科7科目もある。このバランス調整が出来ないで失敗するのだと思う。

予習をして早く基礎のいれこみがすんだら、そこから全範囲を復習できるので、学習の組み立てが出来る。ここから、過去問演習に時間が出てくる。 学校だけだとこの戦略的発想は出ないし、見えにくい。

でも学校の進度とやり方だけで 難関大とという全国区に立ち向かうのは、無理があるのではないだろうか。 狙う人が多いのだが。天才は別だが。

本当は、高2で基礎と応用はある程度出来ていないとむつかしいと思う。

親がこのことの重要性を認識できているかが大きいと思う。

予習をしていても成績はすぐには結果は出ない。我慢が出来るか。目先の学校の成績とか気にしていては、高3の後半が伸びない。

受験界の盲点の一つだと思う。

 

覚えられない科目

人によって覚えられない科目と言うのがある。

自分は、英単語と数字はよく覚えるが、日本語が覚えられない方だった。

世界史とか英語に直して覚えようとしたくらいだ。笑

映像教材にこだわるのは、自分の経験もある。授業だけでは、知識のいれこみは効率が悪いと思う。基礎が入れ込んだ科目を演習するのは、授業は有効だと思う。

ざっくり言うと基礎を入れ込む方がむつかしい。基礎が出来たら、そんなに演習しなくてもいい科目もある。

完璧なものはこの世にない。

映像もメリットもデメリットもある。

特に覚えられない科目にはものすごく有効だと思う。

覚えられない科目も人それぞれだ。見るだけで覚える科目は、自分でやれる。

でも覚えられないなら、聞いて繰り返すとかなりの確率で覚えられる。どんなに苦手でも10回も繰り返すと長期記憶として残るような気がする。これが出来ないと捨てなければいけない科目になるかもしれない。

塾生で中2の子がいて、どうしても英語が出来ない。

他の科目は、伸びたが英語は酷かった。いろいろ試したがなかなか伸びない。驚くことに3歳から英語を習っていると言う。詳しくは分からないが、トラウマになっているのではないか思う。

英語の新しくて短期にまわせるのを作ってやらせた。3回は最低、テスト前、聞くだけだった。

元が元だが、今度の定期で30点以上点数が伸びた。でも今まで見たことのない点数だ。ビックリした。

まわすのに時間のかかるのでは、むつかしい。覚えられない科目ほど短期に何回もまわすのがいいのが分かった。特に色つきの教材がいいと思う。単色ではきつい。しかも見やすくないといけないようだ。

量が少なくまとまって分かりやすく見やすいので何回も回せば、どんなに覚えられないのもどうにかなると思う。

覚えられない科目は、見るだけではなかなか覚えられない。もっと聴覚と繰り返しを覚えられない科目は、使うべきだと思う。

この理解が無いと学習の組み立てが難しくなる。一度で覚えられる科目とそうでない科目。

一人一人特性が違うと思う。同じ人間でも脳に入ってくるのが科目によって異なる。

これは複数の科目を指導していると分かるしし、子供たちもよく言う。

苦手科目を克服するのは、もっと高校分野になると容易ではないと思う。

基礎さえ入れ込んだら、どうにかなる可能性は高い。

思考力

思考力というのは、いろんな定義が出来るが自分で考え抜く力で、

どうしてと疑問を持って考える力、関連付ける力、まとめる力、発想する力、

とにかくこれが無いとどこかで頭打ちになると思う。

本よ読んだり体験する中で育つのだろうが、

思考力を育てると言うのは重要だと思う。

どうやって育つのかいろいろな説があって一概に言えないが、

どうしてなのかと常に疑問を持つことは、最低条件だろう。

学習が終わって社会人になっても必要なのは考える力だと思う。

よく何とか大学の教授が言っているからとか、自分の言っていることを正当化付けたがるひとがいる。そんなひとは、自分で本当のところ考えていないし、思考を放棄していることが多い。

塾に入るにも何のために入るのか、本当に伸びるのか、どうしてなのか、

疑ってかかる方がまともな指導に当たる確率が高いと思う。笑

ネットの情報で、商品購入するするにも、同じことが言える。

自分の目で確かめるのと、ひとの話はよく聞くべきだが、

自分の考えを持つことが大切だと思う。

素直なのと思考力を持つことは、矛盾しない。

納得できないことに素直になる必要はないと思う。

よくよく考えると言うのは、大切なことだと思う。

志望校を決めるにも、自分の適性、学力、科目数、受験校のレベル、などよくよく考えるべきだと思う。またよく調べるべきだろう。

 

 

子供は、3回繰り返させると身につくことが多い。

いつも思うのだが、子供に反復の習慣を身につかせるのが一番大事だ。

自分でそういう習慣が見に付いている子もいるが、そういう子は成績はいい。

でもそういう子の割合は、少ない。手を広げたり、たくさんやりたがるし、新規なものだけに目が行きがちだ。しかし、学んだことを復習しないとザルで水をすくうようなものだ。

塾生で、中3で秋からきた子がいて、反復どころか、やった問題の解説も聞かないし、

解けなかった問題の答えすら無視する、字は汚い。他の塾に行っていたらしいが、

ここまでいい加減な習慣を身につけている子もめずらしかった。

注意をしても聞かない。聞いても元に戻る。親をよんで話し合いを二度した。なかなか変わらなかった。

でも何度も注意するうちに少しずつ見直しをする。解説は最後まで聞く。過去問は2度は解きなおす。そういう習慣が身につき始めた。

入試前だが、自分でやった問題は必ず、2回は解きなおして解説を聞くようになってきた。

自分でも反復しないとまったく力がつかないし、今までのやり方だとどうしようもなっかたと

言うようになった。学習に意欲と主体性が身についてきた。

 

高3生もあとわずかで2次試験を受けるが、解きなおしをしない生徒が多いと塾生が言っていた。

やったら見直しとかそういう習慣に身につかせるのは容易なことではない。

金払って塾に行っても伸びない場合、根本的な学習に対する意識と反復の習慣が身についていないことが多い。

内容が分からないところを教えるぐらいで短期に伸ばすのは、至難の業だと思う。

塾生でラサールに行った子のセンター得点

小林校からラサール高校に行った子が、今年高3でセンター845点取ったらしい。

不思議に自分の塾からラサール行った子は、優秀な子が多い。

成績がほとんど上位になる。文系一番とか、理系で10番内とかだ。

こっちが恥ずかしくなる。笑

青は藍より出でて藍より青し。

優秀な子は、勝手にやる。

学力の上位層は、自分で学習の組み立てが出来る。

組み立て方を教えることが伸ばすポイントだろう。

この塾で組み立て方がしぜんに身につくのかもしれない。

でも出来る子できない子の区別はしない。

平等に伸ばすのが理念の一つだ。

 

子供は、変わる。変わらないと学力は伸びない。

学力が身につくためには、基本とか基礎を十分身につけること。それを問題を解いて基礎の使い方を学ぶこと。そして何度も繰り返して早く解けるようにするという。シンプルな知的作業が出来るかということが、重要だと思う。 基礎を身につけるにも、教科書を読んだり、単語を覚えたり、反復が必要だ。エビングハウスの忘却曲線のとおり、記憶が残るには繰り返すのが有効だ。問題を解く。解いたら出来なかったできなっかところを出来るように反復しないといけない。そのままにすると言うことは、いい加減な理解で似たような問題が出てもまた出来ないことになると思う。

つまり基礎を十分に入れ込むことと問題を復習するためには、凡人は反復つまり繰り返しが必要でこれをしないと、不正確で、闇夜に鉄砲を撃つような学習になってしまう可能性が高い。 塾生には、最低3回聞け、とにか3回は過去問を解きなおせと指示することが多い。1回目は普通速で、2回目は、1,5倍速で、3回目は、2倍速で、 実際は、塾生でも全員実行できないわけで、大抵反復なんてやらない人が多いようだ。

素直にやった塾生は、学力が伸びる確率が高い。子供が自信をつけるようになる。 でもシステムがなかったら。釣り針はあってもえさがないのに魚を釣るようにむつかしいと思う。 子ども自身が、基礎を十分理解することの重要性そして、解けなかった問題の復習を自動的に出来るようにしたいためにシステムを10年かけて作ってきた。 解説のない教材で凡人は、反復はしにくいし,しても時間がかかりすぎる。複数の科目を効率よく上げるたえにはどうしたらいいのかという視点が必要ではないか。

人に質問してわからないところを聞くだけの学習とか高校分野とか1科目でも伸ばすのはきつい。いくら教え方がうまい先生でも、聞いただけで自分のものになるものではない。うまい料理食べても自分で作れるかというのと同じだと思う。 高い金払ってぼった繰られている人も多い。笑

伸ばすには、根本から子供の意識、やり方を変えないとむつかしいと思うことが多い。 子供の意識を変えるのが指導者の役目だと思う。能力とかも、やり方と意識で変化すると思う。 反復の習慣は、指導者がうるさく言わないと身につかない。これが身につくといやでも学力が伸びだす。 子供は変わる。これが無いと伸びないことが多い。こうやったら伸びると具体的に 指示して、やって伸びたら褒めるのが一番だと思う。 指示に従わないと厳しくするのも愛情だろう。時々そういう塾生がいるが、不思議と最後はなついてくる。笑