受験界の盲点

これは、時々話すが、小学校と中学校と高校では、教科書の重要性が違う。

小学、中学は、教科書の内容は重要だが、中身が薄すぎて、参考書とか問題集がひつようになってくる。ただ重要な基本は入っている。

高校の教科書。これもいろいろあって進学校が使っているのは、基礎知識は十分すぎるほど

凝縮している。これを読んだだけでは、脳みそに入りにくい。だから参考書がある。

しかも星の数ほど多い。いくらやってもキリがないほどある。

面白いのは、まともに良い参考書を書いている人ほど教科書が大切だと

本の中で書いている。

金儲けで参考書書きまくっている人は、教科書じゃ足りないみたいなことを言う。

つまり教科書が学校で十分理解されているか。考えた方がよい。時間が無いので

数学黒板に公式書いて覚えろみたいなのだと子供は伸びない。

センター模試で半分取れない子とか、ほとんど教科書が分かっていないというかしっかり読んでいない。

英語と国語も教科書が大切だが、普通単語帳とか文法書が、教科書のやくめを果たす。

理科、社会、数学なら、教科書しっかり分かったら、何冊も参考書要るだろうか。

一度教科書の巻末見たらいいだろう。一流の先生たちが集まって作っている。

これを解きほぐしてわかり易く説明した教材さえあって、

何度も聞ければ、基礎は十分出来る。

教科書の高校分野の重要性を認識しないと、教科書使わない授業とか

とんでもない基礎力つまり学力しかつかない。

そもそも本と言うのは目次があって、体系的に学習することも出来るし、

弱点をつぶすことが出来る。

教科書分かっていない子供の横に厚いチャートがあるのを見ると

何やってんだろうと思うのは。

自分だけではないだろう。

速聴

塾生で急に成績が伸び悩んだ子がいて、どうしてなのかとさぐっていたら、

以前は、2倍速以上で聞いていたのに、このごろ普通の速度で聞いていることに

気付いた。

脳と言うのは慣れが生じる。

速聴と言うのは、脳みそを活性化し、集中力を高める。

塾生見ていて、時々指導する方も忘れてしまうことがある。

効率よく学習すると言う中に、速聴を入れないと

伸びは少ないということを忘れないようにしようと思った。

子供の理解にあわせてとか、子供のペースでと言うのは、最初は大事だが、

子ども自身の理解力とか集中力それ自体も変えないと

学力はつかない。読むスピードと理解するスピードも変えないと

伸びない。

当たり前だが、問題読むスピードと解くスピードが速くならないと

得点力は上がらない。処理スピード上げるのが一番大切だ。出来る子は、

処理スピードが速い。

学習能力そのものを高めることも、出来る。

それが、速聴によるはんぷく学習なのだ。

これは、CDでもカセットでも、工夫次第でできる。

よく合格体験記に自分で声を吹き込んで何回も聞いて覚えたと言うのがある。

これも同じ原理なのだと思った。

人間肝心なことを忘れる。でも、

生徒には悪いが、速度調節の重要性がはっきりわかった。

推薦はすごいぞ

今年の高3の模試の平均悪い。去年の高3より平均で50点

近く悪い。

塾生が言うには、今年は推薦で合格させる方針だと言う。

でも去年も280のうち100名以上推薦出している。

医学部は、ほとんど推薦合格。7名のうち5名が推薦。

塾生で、センター817とって後期で宮崎大学の医学部に受かった子が言うには、

推薦で入った子の学力は明らかにひくくて、大丈夫だろうかと言っていた。

推薦が悪いとは思わない。特別数学が得意だとか、文章能力が優れているとか、

大学は専門性を高められればよい。

でも今の推薦の多くは、学力が足りないのを、学校の裏技で

合格できるようにする目的だ。

大きな声では言えないが、塾生のなかには、

どうしてそんな大学に受かるのと言う子が、一人ぐらいは出る。

宝くじにこちらも、当たったような感覚になる。

逆に推薦狙ってセンター前に小論文とか面接に命をかけていた子が落ちたら、

悲惨だ。

推薦の魔力と外れたときの悲惨さを見ることが多い。

まともな勉強をして堂々と一般入試で合格することを

おすすめしたい

 

 

何をやっているのかわからない

この時期になると高3の問い合わせが多い。部活が終わって

さー受験勉強でもするか。

センターの模擬試験の点数聞くと400点代がほとんどだ。

そしてほとんど国立大学志望。そして熊大、筑波大、控えめで鹿児島大。笑

去年だとセンター580取らないと

どっかの国立も確実にはうからない。

自分の現状認識が甘い人が多い。親もそうだし、学校でどういう進路指導しているのか。

2年半やっていて、自分の立ち居地がどういう状況なのか認識できていないひとの割合が高い。

国立と言うのは、50万人受けて10万受かる。推薦制度でうまく合格できればいいが、

それ以外は、ネットの無機質の発表日で、番号が

無いとたいへんな気持ちになる。

こっちも同じだ。受かったらうれしいが、大学受験は全ての塾生を

合格させるのは、不可能に近い。

去年でも100点以上中には173点伸ばしても不合格の子がいた。

ドンだけ学力がついていない子が多いのか。授業と宿題と定期の2年半の成果が、

これなのか。

危機意識というのは、大切な意識だ。これがないと努力もしない。

大丈夫だろう。何とかなるだろう。

のんびりしすぎだろう。その割りには、高い山に登りたがる。

君もう少しがんばって上を目指せよ。と言える子が少ない。

500点切ったらどこも受からない。

例外の逆転劇とか夢見ないで努力しよう。国立

はおおむねセンターで決まる。宮崎と

東京では、150点の差がある。学力

と言うのは、基礎を使って自分の頭で考える力だと思う。

何をやったらいいのか分かったら早めに準備したしたほうがいい。

 

 

難関大合格者のやってること

塾に行ってなくても受かる子供はいる。今年一橋大に合格した子供が、

小林の塾に遊びに来たらしい。塾生に彼女がいたので時々迎えに来るついでに

教室長とときどき話をしていたらしい。

塾生でもないが、何やったのか教室長が聞いたら、高2までに自分でひととおり

予習をして、基礎を済ませてから、1年中過去問をやっていたらしい。

すばらしい。

塾生でもないのに合格報告に来たらしい。

合格の王道を自分の力で開いていたわけだ。

受験は、ノーベル賞を取るような、新奇な発見をする必要はない。

やる気とある程度の理解力とやり方で多くの人にチャンスは与えられていると思う。

科目数と量が高校になったら多い。しっかり基礎がはやく出来たら後半に

やることは決まっている。

自分でやるか塾の力をかりるか。受かり方は、予習をして2年で基礎を入れ込めるかにかかっている。

脳みその出来だけで難関受かるかどうか決まるわけでもない。

難関大現役合格した子は、自分の知る限り学校の進度には合わせていない。

田舎ならなおさらだろう。目先の

学校の試験に振り回されないことだ。難関大狙うなら。

予習先取りは、必要条件だろう。

 

解きなおし

問題を解きました。解説見ました。解説聞きました。

これで終わるとまずい。これからの方が大切なのだ。

これは、言うのは簡単だがなかなか出来ない。

自分も出来なかった。笑

でもヤッタ方がよい。過去問なら解説見たり聞いたりしても、

凡人ならもう一度復習して解きなおすと力がつく。というよりこれをしっかりやらないと

はやく解けるようにならない。

塾生にもう一度やらせて解説もう一度聞かせると

よくわかった。はやく解けるようになったと言う。

当たり前の話だが、この過程を飛ばすと力はつかない。

学校の授業だけ受身で聞いてるだけで、自分で解ける力はつきにくいのが

想像できるだろう。

自分で解いてみて、理解したつもりになっていると

もう一度といて解けないことがある。

この過程が一番大切で実はいちばんむつかしいと思う。人間怠け心がある。

これが悪いわけではない。無いと困るが、学習面ではマイナスに作用しがちだ。

問題を解かして、答えをわたす。それを宿題として出す。

こんなので伸びるものではない。答えを写して提出する子供が多い。

丁寧に解説してもう一度解かす。

天才以外は、解きなおしをするべきだ。数学

理科などは、出来なかった問題をどう処理するかの方が重要だろう。人間

怠け者だという前提で指導している。

 

数学、物理、化学、生物は

数学は自分がセンターの解説作っているが、教科書が大切だ。というより教科書読み込んで。

例題、章末問題、完璧にするのが近道。

理科も同様だと福地大先生が言う。

センターまでなら、本当に教科書と過去問で、普通の国立なら合格点がとれる。

ところが、教科書一旦終わったら、問題集をやっている。

教科書からセンターは出る。そのまま出したら差がつかないので。

問題文とか複雑にして点数差をつけるように工夫している。

教科書を大切にしっかり読み込めるか。これが出来たら、大成功。

ここのところを抑えないと学力はつかない。

教科書と過去もんで十分。というより時間が無い。

何をやるべきかと丁寧にやって繰り返す。

何をやればいいのかずれていると思うことが多い。赤本の

巻頭言にも書いてある。

これが、わかっている子供が田舎は少ない。

何をやれば伸びるのか、

教科書と過去問。即答できれば、合格可能性の高い子だ。

ほとんどいない。

教科書とか横に置いとくべきだろう。

わかったつもりになってることが多い。忘れるのが人間で、使う基礎は

書いた科目は全部載っている。

 

究極は、みんな一緒。音読反復

昨日、ネットで大学生がたくろうで慶応大学に受かった方法論を語っていた。

数学や理科は、本人もやっていないようなのででたらめだと思ったが、

英語とか、社会とか、国語については、自分の考えと同じ部分が多い。

単語と文法を徹底的に覚える。社会も本を何度も繰り返し用語を覚える。国語も単語と文法を覚える。

その人は、音読を薦める。自分で読んだのを録音して何度も何度も聞く。これを覚えるまで繰り返す。書かないノートは作らない。時間の無駄だからだ。

小学生とかノートに書かせる。これは管理するするためで、学力をつけるためではない。

黒板を写す。これは見直して覚えるなら意味があるが、本当に脳みそに入るまで見直すだろうか。

自分の塾は、本を解説する。何でか。聞いて理解するのが、楽だし早い。

繰り返すためだし、それが脳みそに入る。

その人は100回音読しろという。これは凡人では無理だ。

でも伸びる原理は一緒だ。耳は大事で、繰り返しも大事が。そ

の人は、40の偏差値を80に上げたらしい。

自分の塾生もそういう子がいた。3科目だから出来る技だが。やり方は似ている。

文系科目だけならそういうことは出来る。ビリギャル見て驚かなかった。

高校の授業は無駄で、塾も予備校もいらないと言っていた。笑

でも伸びない原因、伸ばせない理由、核心をついている。

反復音読。解説のない教材は、伸びない。原理は同じだと思う。理系

科目も基本は同じだが、

理解の比重が高い。でも繰り返すことは重要だろう。

 

結果を出すには

株式投資で160万を170億にした人の話を聞いていた。自分がそんなことをやろうとも思わないし、興味もない。

でも話を聞いていると、アメリカの経済状況、中国の経済状況、世界の出来事や、会社の情報、ありとあらゆる点を多角的に分析している。

つまり自分の頭で考えているわけだ。

受験勉強も結果を出すには、自分の状況とか、科目間のバランスとか、志望校の最低点とか、何をやったらいいのかなど自分なりに学習の組み立てをしないと

結果は出ない。

これやれあれやれ、やらされているだけで、どうしたら伸びるのかとか考えない学習を

している子供が多い。

学習の組み立て方とか、複数の科目を教えたり、自分でやって無いと見えない世界だろう。

受験と株式投資は似ている。

なんにでも通じるが、

正しい情報を仕入れて、自分の頭で、方向性を組み立てられないと

結果は出ない。

どうでもいいようなことと表面的な情報に流されている

と結果が出ない。

やればいいというものではない、

考えてやる。これが大事だ。時間は有限だ。はやく

気付くと有利だろう。ただ

指導者がわかっていないと子供は普通わからないだろう。

教えてもらうのは、わからないところだけでは、

焼け石に水のことが多い。

本当は、もっと違うところにあると思う。

 

 

 

過去問は丁寧に復習しないと力にならない

どんな受験にしろ過去問をどう扱うのかが、ポイントになる。

高校入試にしろ大学受験にしろ、過去問をどうやるのかで合否がかなり決まる。

まったくやらないで受かる人もいる。受験校のレベルを超えた実力者ならやらなくても受かる。

凡人は、過去問の分析から出発した方が無駄な学習をしなくなる。

基礎レベルは、しっかりやってからだが、自分の志望校のレベルに合わせて問題集も参考書も決まる。たくさんやらないと受からないと思うのは危険だ。

時間が無いなら、基礎と過去問で戦うしかない。これでも勝てることがある。

何をしないといけないのかというと過去問の復習と分析は必要だろう。

解説作ってわかるが、解答だけさらっと読んで、出来た出来なかったで

済ますからうまくいかないのだろう。

丁寧に復習をする。優先順位が大切だろう。

似た問題しか出ない。しっかり復習して解き方とか確立すればたいしたことは

ない。無駄な学習はしないことだ。

過去問は解けなくても1年分はやるか、見るだけでもいいから基礎が出来たら

分析すべきだ。学習の方向性が決まる。

偏差値とか当てにならない。

合格した塾生とか偏差値とか気にしない子が多かった。

先生〇〇大学の偏差値いくらですか。こういう質問聞くと

悲しくなる。

時間内で出された問題で合格点をとることを目標にすべきだろう。

1年分だけでも早めにやって復習するだけでもずいぶん違う。直前に使う

だけではない。