福地先生の定理証明

三角関数の積を和に直す定理があって、これは加法定理から導ける。ところが、複素数を使うと直接照明ができる。これは、知らなかった。

福地先生が、これで良いのか聞いてきたので、理屈が合っていると言った。

でもどうしてこの発想にいたるのか自分はわからない。

、どうしてこの発想にいったのか聞いたら、複素数使えば良いと考えたからというが、

神の啓示か。笑

高校時代、下宿の隣の部屋にすごい後輩がいたが、どっか似ている。

恐ろしい実力だ。大学でやったにしてもふつう覚えていないだろう。

こんな田舎の塾なのにありがたい。

物理、化学、生物、数学、日本史。大学受験のレベルを超えている。

古文ではずかし。

こっちが恥ずかしくなるほど相手が立派だという意味。

この証明はあるのかと聞いたら、

本人も見たことないらしい。

福地の定理証明と自分が命名する。笑

 

医学部志望

昨日。高3でトップクラスの子に、今年はみんなどこを志望している生徒が多いのと聞いたら、

80人のうち30人が医学部志望だという。

何でそうなるのと思う。。志望は良いが、本当になりたいのか。

将来安定している、金に困らないから。本当に患者のためになりたいから。

自分の母校も半分ぐらいの同窓が医者になっている。でも逆に多すぎて

他分野で起業して成功した人とか、漫画家になっている人とかの方が魅力的だ。

天職というのにつけるかどうか。これにつければラッキーだ。

自分の性格とか適性とかよく考えて、

サラリーマンにあっている人もいるし、社長が適性の人もいる。大工さんが天職の人もいる。

職業と言うのはいっぱいある。

自分が何になりたいのか、何をしたいのか少しは、自分の魂に聞くことも大事だろう。

自分ので魂で考える。世間体とか社会的地位とか人生後半になるとどうでも良いと思えるようになる。

人に迷惑かけずに、自分のやりたいように生きていけて、社会のために少しでも役立てているという意識を持てることが大事だろう。

本当に人のためになる医者を目指してもらいたい。自分のお世話になっている先生は、

人のためというのが、こっちに伝わる良い医者だ。

そして国立なら、センター9割、2次8割の実力をつけること。地方推薦は除く。

現役で受かりたいなら、高2では、最低、できれば、高1で予習を終わらせる。

これができたら、どっかの国立の医学部には受かるかも知れない。

準備が遅すぎるのと塾の選択間違っている人が多い。

国立医学部浪人が半分以上いる。というよりほとんど浪人の学校もある。

こっちの学校の進度で、天才以外は、進むべきではない。これは

間違いない。

 

 

 

 

中高一貫校の生徒

公立中高一貫は、40いるが、ほとんど大手の塾から入る。最近になってこれはまずいと思うようになって、公立中高一貫の受験にも力を入れることにした。笑

中高一貫の中2の子がいる。その子は、大手の塾ではなく、家の近くの塾に通っていたらしい。

今年一橋大に受かった親の紹介で中1から来た。夏ごろだった。数学と

理科が弱いと言うので、基礎の教材を予習させていた。

数学は、3年の後半。理科は、中2はほとんど終わった。本人が言うには、だいぶできるようになって、

数学は実力でも100点取れるようになって、前と全然違うと言う。

中高一貫に受かる子は、理解力は高い子が多い。高校受験がないことは、

予習先取りができる。

このチャンスを生かさないともったいないように思う。

今年東大に受かった子も、中高一貫の子だ。

小5から指導した。

もっと小学生にも目を向けないと。

中高一貫。来年の大学受験は、

学校も今年のようには行かないだろう。

今年は、あまりにも花火を打ち上げすぎた。笑。

 

 

 

 

切り口

基礎ができていない。これで問題解いても時間掛ける割に伸びがすくないことが多い。

基礎ができているから問題とけるか。

解けないこともあるし、そんなの気にしない。復習を徹底する。完全主義は、進歩がない。

基礎は、道具だ。具財がないのに料理を作れるか。

具財があっても、作り方と順序いろいろ知らないとうまい料理はできない。

数学とか、どう切り込んでいくのかで決まる。

道具があっても、練習しないとまた練習の仕方でぜんぜん違う。

どう切りこんでいくのか。数学なら、これでほとんど決まる。

出来なかった問題をどう復習すれば良いのか。

何を復習と言うのか。

実際やる人間の意識で変わる。

切り方を

教えてもらったら、できない問題とか自分でやらないとただの暗記で、

入試ではほとんど通用しない。違う問題がでる。自分で切り口見つけられないと

どうしようもない。

どんな問題にも適応できるように学習の方向を変える必要の多い子がいっぱいいる。

塾は、それを正しい方向付けする存在だろう。

復習と言うのは、ただ見直すだけでは意味がない。

切り口と基礎の構成まで自分で流れをつかむ事だ。

他の科目も自分なりにまとめないと、

受身でやっててもほとんど入試で通用しないことが多い。自分で

切り口を見つけられるような

指導を心がけたい。

 

 

 

 

やれば出来る。やり方を知らないか、やらないだけだ。

偏差値40とか伸ばした子がいる。正確に言うと本人がやっただけだ。

ただやり方を教えた。あと道具を与えた。

学習にむつかしい理屈は要らない。理解と反復。

ひたすら、無意識で解けるまで繰り返すことができるかだ。

どの本を使えば良いのかと、どこまで効率的にやるかで同じ人間の

脳みそは、変わる。

あと意識だ。意識が変わると学習に取り組む姿勢が変わる。

やる気がない。人の言うことを聞かない。

これも本人が、反省し、意識が変わることがある。

お前は絶対受かると言われて学習するのと

だめだだめだと言われ続けるのでは大違い。

大学受験レベルまでなら、

準備とやり方間違えないなら、

天才でなくてもどこでいける。ノーベル賞取るわけでもない。

最初からあきらめるか、継続できないか、

努力に勝る天才なし。

 

 

疑問を持ち自分に問いかける

説明教材を作っていると自分がわかっていないと説明ができない。自分がわかっていないのに気付く。なるほどそうだったんだ。理解がすすむと面白い。

」 わかっているのかいないか。この区別ができないと学力は伸びない。わかっていないのをわかるようにする。これが学習だ。

疑問を持って、また自分のわかっていないのを自覚できれば、それを一つ一つ解決する。 何がわかって何がわかっていないのか。これを見極めるのはむつかしい。この区別をするのは、結局自分だ。つまり学習者の手にゆだねられる。

小学校時代から、学習は競争みたいに思うと高校からは伸びないことが多い。 あくまでも自分の脳みそで考えることが習慣化されないと学習はできないし、続けられない。

自分が本当に分かっているのか、常にどうしてそうなるのか、考えるのは自分らを含めて 学習者の姿勢にゆだねられる。

指導する方が完璧なら指導者の楽しみは、なくなる。 学習する姿勢は、子供たちと同じでないと学びがなくなる。

指導する方が、優秀すぎるか、勘違いを起こさない限り、学力なんてやらないと維持も出来ない。

謙虚さとか、真剣に学習に取り組めば自然に生れるようになる気がする。

中学数学復習

浪人の子で、学校を途中でやめて浪人した子がいる。中学からやった方が良いということで、まずは、中学の英語と数学の復習をした。2週間足らずで教材一回はまわした。

基礎を入れる前に一回は、復習のために県立の過去問とかした。つまり基礎の復習の前にどのくらい取れるか試した。

70取れなかった。

そして、基礎を入れ込んで解かした。

そしたら2回とも96点。県立の過去問、96はなかなか取れない。

トップクラスでも90取れるかどうか。それが相場。

本人も驚いていた。短期間で解く能力が急に上がったからだ。褒めた。

伸びれば子供はやる気を起こす。やっても伸びないとやる気をなくす。

大学受験生になにやってるんだろうと思うかもしれないが、96も取れたと言うことは、今から高校分野の基礎を高速で入れ込めば、

大学受験でも十分通用する。

3年間掛けたのを半月でまわせ、急激に伸ばせる。

高速で基礎を入れ込むことで、子供がどれくらい伸びるのか。

指導してみないとわからない。やり方と子供の意識。

これがそろえば、急激に伸びる。

自分らのシステムの開発意欲は、子供の伸びと使命感にささえられている。

子供のやる気もだが、指導する方の伸ばす意欲の相乗効果は、自分の塾では

会話と指導システムにある。

話は変わるが。

もう。

いいかげんにしろよ。地震。

腹が立ってきた。

地震

昨日の夜中寝ていたら、なんか布団が動くので目が覚めた。

こんなに地震が続くのは初めてだ。今でも時々ゆれる。自分がふらふらしているのか

分からなくなる。

熊本の人は、たまったものではないだろう。何でもそうだが、実際被害にあってみないとそのつらさは、分からない。

地震もだが、水害も怖い。

自分も昔、低いところに実家があって、台風の大雨で、床上浸水にあった。心配で見に行くと、おやじとおふくろが呆然と立っていた。

一瞬のうちに家の周りが川になった。水が来るのも引くのも早い。

おやじとおふくろを抱えて川のようになった道を歩いた。

自分が家を建てるとき、絶対水害のないところという条件が頭にあった。

でも地震と言うのは、予想も何もできない。

携帯の地震警報がなるのが、なれてしまった。、

誤報もあるのに気付いた。日向灘に地震なんて起きていない。

NHKで、先日、地震予知研究の番組があった。

確か、九州の活断層のことも言っていた。

今のところ、地震の予報は、できるのかできないのかよくわからなかった。

地震の予知測定器を、発明したらノーベル賞20個の価値があるだろう。

でも今のところなまずには勝てないだろう。

熊本の地震が早く収まるのを祈るだけだ。

 

 

高1から

高1から英単語暗記と数学の予習はかなり効く。他もやりたいが、国立行きたいなら、この二つはやったほうが良い。

昔、ある大学生が、個人指導の塾で英単語を覚えさせていたら、親から塾で英単語なんか覚えさせて高い金払っているのに。と文句言われたらしい。

単語覚えないでどうやって英語ができるようになるのだろうか。

いろんな考えあるだろうが、英語ができませんは大抵単語力不足。

数学できません。教科書分かっていないのが多い。

学校の進度に沿ってしっかりやれる人はいる。でも高校分野になって英単語の量は急に増える。

今年から入学祝いをかねて無料で単語帳わたした。高校に入ったら単語覚えまくったほうが良い。高1で覚えたら楽だ。

長文読解、英作文、

高1で昔駿台の問題集、高校の宿題で見て驚いたことがあった。

塾生にそんなのやったらますます出来なくなると言ったら、塾やめた。笑。

英語の単語覚えまくってから、自分は、英語が好きになった。授業だけでどうにでもなると言うものでもない。もちろん文法も大事。でも中学の文法が、根底にある。

長文いきなり全訳。これほど効率の悪いものはない。

英語が大嫌いになりやすい。

単語覚えて文法やるとまた伸びる。

何度も言うが、基礎ができていないのにいくら問題やっても伸びは少ない。

でもこれが世の中の学習指導の常識。基礎も十分でないのに問題とかせる。

基礎は早く入れ込んだほうが良い。

しかも一回ぐらいで覚えられる量ではない。

伸びないにも理由がある。単語覚えまくっている人が、レベルにもよるが英語苦手な確率どのくらいあるだろうか。

楽しんでやれるか

学習でも楽しんでできるようになったら最高だ。

なるほどと自分で理解したらうれしいことがある。

受験の結果だとか学校のテストだとかそういう結果にとらわれないことも、学習のときは大切だと思う。

分かったり覚えたりするのは、一定の継続と根性見たいのがいるが、

分かったり、前には解けないような自分を発見するとうれしくなるものだろう。

学習を楽しんでやろうと言う心がけが最高だろう。

F大先生が、昨日日本史の相続の話で、鎌倉は分割制度にしたらしたらうまくいかず、室町になったら相続は遺言や強いか家臣の信任にしたりして応仁の乱になり、戦国時代になって

混乱を招くことになり、

江戸時代には,長子相続に決めた。という理解は面白かった。

そういうざっくりした話ができると言うのは、楽しんでやったり、自分でなぜかと考える思考の

習慣のできた人間の特権だろう。

土地制度の疑問を今度聞こうと思う。

漫画日本史とか小さいころに読むとそうなる。

教え子の方が優秀と言うのは、便利だ。笑