成績開示

高校に合格した子が。学校にいって成績を開示してもらった。11月で150点の学校の実力の子が、本番では293点取ったことが分かった。3ヶ月で倍近くの点数になったわけだ。

学校の担任は、50点上がるのが限度で、無理と言っていたらしい。つまりよくても200点。これでは、どこも受からない。

学力を伸ばすというよりその子の持っている能力を維持できれば、学校としては上出来だろう。

優秀な子がいると、その子の影響で他の子が影響を受けるほうが大きい。

有名進学校とか、選別された化け物がいっぱいいる。授業の内容がいいからと言うのは、大きな間違い。子供の方が教える人間より賢いことも多い。笑

つまり10の子が10のまま卒業すれば、学校は上出来。10が5や3になることも多い。

伸ばすというのは、1の子を3に、5の子を8に、8の子を10にするということだろう。

1の子は、1から出発しないと3にはならない。5から出発しても伸びない。

基礎を十分入れ込ませ、反復しまくり、

問題も解かせて何度もやらせて、間違ったらやり直させ

、さらに、全部の科目をバランスよく、時間を考えて

褒めながら、やる気にさせつつ、

全部解説しながら、

本番に向かわせる。

そして子供が素直についてくる。

それができたら、大きく伸びる。

理にかなった方法でやるしかないと思う。理にかなっているか、子供の脳みそに合わせながら、やるしか伸ばす方法はない。

教えるのと、伸ばすのと、全科目伸ばすのと、短期で受かるとこまで大きく伸ばす。

それぞれ違うレベルだと思う。

無理だと思ったら無理。伸ばすほうもやるほうも共同作業なのだと思う。

会話ができないと大きく伸びない。

 

 

 

受験サプリと医歯薬予備校のはざまで

受験業界は、月980円から年間1000万円の価格体系がある。

自分の塾のように小さな個人塾でも、店舗を借り、人を雇って経営すると、大海原を

毎日小さな舟で進行しているようなものだ.はたから見るほど楽ではない。

特にこの時期は、どの塾もきつくなる。今年もやっていけるのだろうかと思うのが普通だ。

個人塾だけではない。大手の講師とか身分保証がない。いつ首になるか分からない。

隣の高等部が東進に変わったが、講師はどうなったのだろうと思う。

受験業界で飯を食っていくのは、かなりきつくなってきた。それでも食えるには、それだけの何かがあるはずだ。

ところで

難関だと大学受験は、受かるより落ちるほうの人数が圧倒的に多い。

受験サプリで落ちるのと、医歯薬予備校に行って落ちるのも

落ちると言う点では同じだ。でもサプリで落ちた方が、納得が行くだろう。

ラーメンとかだと、うまいとかまずいははっきりわかる。

受験指導は、指導する方の技術だけではない。子供の側の意識とか能力も無視できない。

つまり絶対的な合格結果と言うのは、保証ができない。ただ、子供の問題解くスピードと正解率で大体わかる。

受験サプリの価格では、廃業するしかないが、医歯薬予備校の価格では、

誰も来ない。価格体系も大事だ。

いろんな舵取りをしないとやっていけないのは、

子供の学習だけではない。個人塾で長くやっていくと言うのは、バランス取るのが仕事。

受験指導と経営は似たところがある。

どっちもバランス取らないとうまくいかない。

 

えらい塾生

中3で、学校から普通科無理と言われた子が、合格してからも塾に来て高校の数学とか、理科、英語の予習を毎日しに来る。

数学は、2次関数の最大、最小に入った。解説があるのでできる技だが、学習の仕方としてとにかく何度も何度も聞きながらすすんでいる。

この分野は、大体6月ごろだ。予習をしていないとこのあたりで、つまずき、三角比に入ると理解力のない子は、さっぱり分からなくなる子が多い。

その子に何回聞いたら分かるようになるかと聞くと、7回聞けば分かるという。

10回やることもあるという。つまりこういうことだ。理解力があって自分で予習と復習が出来る子なら、学校の授業に付いていって、宿題もこなし、どうにか高3まで過ごし、国立とかいけるかもしれない。

でもそういう子供は、こっちの高校だと少ない。

予習しないで授業に出て、1回の説明でわかってすすんでいる子がどのくらいいるだろうか。

高3の6月ごろから来る塾生見ると大抵基礎が抜けた状態でやってくる。

つまり何回も反復して理解し覚えると言う学習の基本ができているなら良いが、最初が肝心。

分からないままでめでたく卒業する可能性のほうが高い。親はどうにか学校がしてくれるだろうと思う人が多いと思う。塾に行ってかねだすのがもったいない。これもよく分かる。でも脳みそは、若ければ若いほど良い。

反復が習慣づけされると反復して理解しないといけない脳みそに変わる。そうなったらいやでも学力はついてくる。

この習慣づけは、意志力だけではかなりきつい。

それが簡単に出来るなら塾とかいらないだろう。もっとも大切な習慣づけだと思う。

これが、どれほど大切なものか、見えない人が多い。

相当自覚しないと浪人しても伸びない。教科書の中身を理解し覚えると言うことは、

そんなに簡単なことではない。

まともにやれよ

昨日温泉に入って、テレビで相撲を見ていたら,はくほうの相撲酷すぎた。

サウナにいた人文句を言っていた。こんな相撲金払って見に来た人がかわいそうだと言う人もいた。

相撲なら勝てば良いのかどうか意見も在るだろうが、学習なら真正面から行くべきだと思う。

よく予備校がこの問題テキストから出ましたみたいなことを宣伝で出しているが、当たるとか当たらないとかそんな、競馬ではあるまいし、基礎をしっかり入れ込んで、どんな問題でもとけるようにし、、確実に受かる力をつけるべきだ。

問題演習は大切だが、基礎のできていない段階の演習は、時間のむだと言うばかりではない。

似たのが出たらできるが、みたことがないのはさっぱりできないとういう学習になる。

そして、競馬のような学習をし始める。

基礎が、5あるとして2個の基礎を使って問題作成すると、理論的には10の問題が出来る。

基礎が100あったら、4950の問題が出来る。

これは、どの科目も同じだ。数学なら教科書、英語なら、単語と文法、その他の科目も基礎をしッかりやってから、まともにやるのが一番の近道。

解き方とか工夫するのは、当たり前の学習をやってからの話だ。

大学受験なら、浪人決まって苦手科目があるなら中学分野からやった方が早い。

基礎と言うのがどれほど大切か、これが本当にできたら伸びない方がおかしい。

まともに真正面からやったほうが良い。

テクニックとか基礎ができてからの話だ。それから、たくさん解いて力をつけるべきだ。

中途半端な基礎で問題演習しているのが大半。だからたいして伸びない。

 

宮崎県高校入試塾生全員合格。

きのう一人だけ二次募集の普通科に受かったので、塾生全員県立や国立高専に受かったことになった。

昨日塾生の親が来て、学校の生徒は、全体で40人も県立に不合格になったらしい。自分の子が普通科にははいってよかった、この塾に入って本当によかったと言ってもらえた。

その子は、合格して中学校にいったら、会う先生全員、握手を求められてよく受かったな、よかったと言ってもらえたらしい。

その子が言うには、ある塾の友人の塾生のほとんど落ちていたと言う。

金がやすければ良いってもんではないのではと思う。塾もよく考えて選ぶべきだろう。 友達が行ってるからと、月謝を基準にするのが、田舎の基準だ。

自分の塾が高いとは思わない。良心的な価格で、それ以上に子供に学習財産を与えるつもりでやっている。

安かろう悪かろうと言うのもある。 これで3年連続で高校入試にうからせることができた。 でも来年、再来年は、モット難度の高い子が多い。 これを更新できたら、本当に凄い塾だと思う。笑い

塾と言うのは、子供の学力高めるのと志望校に受からせるのが仕事。

学校以上に厳しく求められている。

 

対話的理性

指導して伸びる子と言うのは、こっちにどうしたら、この科目は伸びるのかとか、やってものびないんですが、なにをやったら良いんですかとか、学習の組み立てを聞いてくる。

内容についても分からないところを聞くが、

どういうとき方をしたら良いんですかとか、

どの教材やったら良いんですかとか、質問が来る子は伸びる。

つまり学習のやり方組み立て方を聞いてくる。そういう子は、確実に伸びてくる。

昨日、今度高3の子が、模擬試験の結果をもって来た。学年で23位。偏差値高1のときからすると15ぐらい上がった。人数で言うと150人抜き。今度は、トップクラスになるらしい。普通クラスでは1番になった。理数科の子も抜かれている。

簡単に言うとドベがトップクラスになった。

学校の先生が驚いているらしい。

学習の道具が違うからだ。やったら確実に伸びる。集中力と効率がぜんぜん違うようになる子が多い。そうでなかったら、毎日10年も作ってこれないだろう。笑。

その子は、先生数学何をやったら伸びるんですかとか、古文どうやったら伸びるんですかとかアドバイスを求める。

塾の教材いっぱいあるので。その子のレベルに合わせて指導できるが、

組み合わせ方、やり方を聞かないで勝手にやっても伸びはすくない。

ビリギャル以上に伸びた子と言うのは、この塾にもいる。中退の子が早稲田に特待で受かった子どもとかは、よく質問に来た。

対話が出来ない子とか同じ教材使っても伸びはすくない。

伸びる子と言うのは、目標をしっかり持って、何をどうしたら良いのか、壁当たったら、

その突破法を聞いてくる。そうするとこっちも考えて、進歩する。お互いに話し合って知恵を伸ばす。

実際やるのは子供たちで、我々はサポートするだけだが、ハーバーマスの

対話的理性と言う言葉の意味するところが分かってきた。

話ができないと話にならない。

 

本当の予習

小林校の中1で、中3までの理科が終わって、高校の理科に行く子がいる。数学は、中3の二次関数まで来たらしい。

こうなると余裕で学校が楽しくなり、学習がスムーズに行く。先を見ながら、学校の先生からも褒められる。本当の予習ができると良いことだらけだ。この視点は重要だ。

理解力と集中力がある子だろうが、世の中にはいっぱいいると思う。

説明があって、分かりやすければ、高校範囲までなら、天才でなくてもけっこうな割合ですすむことができる。

今年東大に受かった子も、塾に来るのは、中学時代週3回。それでも相当なスピードですすんだ。確かに良い素質持っていたが、

難関私立中に受かるようなレベルなら、いっぱいいる。

難関私立に受かるレベルでなくても、予習すると大学受験では、トップの大学ぐらいは受かるだろう。

ノーベル賞を狙うわけでもない限り、どうやったら合格できるのか、

もう少し学習のやり方考えた方が良いと思う。

説明のない教材。これはきつい。自分も高校時代。F大先生の理科の教材と日本史の教科書解説

あったらどんなによかったかと思う。

普通の人間つまり自分らレベルなら、苦手な科目は予習しないと苦手が出てくる。

そうならないうちに基礎を一回でもいいからサラッとでもやる。全体をつかんで細部に行く。

木を見て森を見ず。こういうのが多い。まず森全体を早く見たほうが良い。

 

 

 

予習には二つある。

予習復習予習。授業のためにこれをする。問題なのは、これが全ての科目で出来るかということ。

受験は総合点で決まる。

縦割り行政みたいに、一科目ごとの専門の先生が、自分の科目だけのことを考えて、がんばってもらっても、する方はたまったものではない。

自分の経験また塾生見ていると、一体何をどうやってやるのか、最後はなにをやれば良いのか分からないでやっている人が多い。

科目間のバランスとか考えないで、学習するとモグラたたきと同じ状態になる。

何度も言ってるが、人間忘れる動物。これを含めてどうすれば学力つくかというと、

授業の予習をまともにやっていれば、寝る時間がない。

予習と言うのは、自分で基礎の部分を入れ込むことで、半年や1年先をやるのを自分は予習と言っている。

これができないとうまく行かない。特に医学部なんぞと言うのは、予習しまくって完全に学校は復習にしないと田舎の高校ではかなりきつい。

どうして先取りしないとまずいのか、予習復習の授業の予習だけでは、簡単に学力はつかない。忘れる動物それが人間。それもだが、

科目間のバランスが取れないのと自分の弱点をつぶしたり、過去問の演習ができない。

進学校で実績出してる高校とか、子供の自主性を尊重する。

全科目鳥瞰的な視野で、指導しないと子供は伸びないし受からない。浪人しても

学校の先生に言われたままの予備校に行く人多いが、

学習方法変えないと簡単には伸びない。

合格者数と在籍数。在籍数は見えない。

浪人になる前に予習した方が良い、できたら浪人するのが難しくなる。笑

 

センター600点

国立大の後期の発表があった。広大とか千葉大に受かっていた。

塾生みていると600点正確に言うと580点越えていたら、どっかにか受かっている。580とったら、現役は全員合格した。もちろんそうでない子も受かっているが、それ以下になると苦しくなる。

500点台の後半取れないと確実に受かると言う国立は少ない。もちろん2次で逆転すると言うことはある。理論的には可能だが、現実は厳しい。

国立のどの学部でもギリギリの点数だと勝率はよくない。

都城には、普通科が二つある。上位校は、今年はかなり実績が出ている.

今年は、特別なだけで、来年からもとに戻ると思う。いろんな要因が重なった。これを保護者ととか勘違いしそうだ。

もう一つは、そもそも600点越えたという子どもが少なすぎる。学校も酷い実績に頭が痛いと思う。200人いて何人受かるか言うと一般だと1割いるかどうかだろうと模試の分布を見て予想している。後は推薦で受かるしか手がないだろう。

センターで、600こえるのがそんなにむつかしいだろうか。

教科書しっかり理解して、過去問やったら普通に取れる点数だと思う。基礎基本ができていないからだ。

無意味な宿題やめたほうが良い。こう3の6月から今年から宿題出さない方針だと聞いた。

本当なのか。本当だとしても、高1高2で基礎ができていないとどうしようもないだろう。基礎基本を身に着けるのが、もっともむつかしい。

センター600はほしいところだ。これは、最低基準だ。

いくら定期が良くても推薦がないなら、本当の実力をつけるようにしないといけない。後期の

飛びまくっている番号見ると、前期で国立は決めたい。

高校入学オメデトウ。あっという間に受験を迎える.

 

 

 

導入部分

塾とか予備校いろんなのがある。ネット見るといろんなのがあって参考になる。

tk塾と言うのがあって、参考書とかで管理して合格させて飯を食べている。分かるとできるはちがうので、授業を聞いても力にならない。自分で問題を解いたりしてはじめて力がつく。だから自分で本を何度も読んで学習したほうが良いという。授業をしないで飯を食べているすばらしい塾もある。笑.

言ってることは正しい部分もあるが、その本を読んで理解するのができるかが、もっとも重要だ。

文系科目ならどうにか根性でもできるかも知れない。でも実際はかなりきつい。

理系科目、物理、化学、生物、数学、こんな科目は導入部分に説明がないといくら読んでも脳みそに入らない可能性がある。自分の経験でもそうだ。

社会なども用語の羅列で調べないと分からない。教科書とかに詳しい説明がないと凡人は、脳みそに入らない。根性の世界になる。だからつまらなくなって終わる。

でも教科書に説明があると何度も聞けば覚えられる。

つまりわかった人の詳しい説明があったほうが良いし、何度も説明を聞いた方が脳みそに入りやすい。

学校の授業で説明を受けて理解するとか、特に導入部分は説明を聞くべきで、

塾生見ていて授業で分からなかったのを、塾で何度も聞いてやっとわかったと言う。

分かるとできると早くできるは違うが、まず分かるためには、理系科目とか説明の分かりやすい導入が必要で、

これが出来た人は、自分でやった方が効率が良いと思う。最後まで補習とかやってる学校が伸びない理由はそこにある。

授業が不要なんてことはないし、でも授業で受かるなんてこともない。自分でやらないといけない部分の方が多いからだ。難関になればなるほどそうだ。

ただ説明のない教材は、やりにくい。何でも良い面そうでない面がある。

バランスの問題になる。

導入であらかじめ分かって、学校の授業に出たほうが良いのは、間違いがない。

授業が分かり楽しくなる。読んでできるなら塾もいらない。塾生見ていても塾の教材よく聞いてる子が伸びる。

分るとできると早くできるは違うが、分からないのはいつまでたってもできるようにならない。

天才以外は、説明特に本についてしっかり説明を聞くべきだ。これができないと理系科目は、

分からないで終わる可能性が高い。

学習は、やり方に工夫がいる。一筋縄では行かない。