県立かこもん

27年の分の問題と解説作っていなかったので直前にやらせるために解説作った。数学と英語と社会だが、解いてみて微妙に変わったなと思う。国語も作った。2番の論説の文章良いこと書いてあった。

数学と英語90分、社会は120分かかった。一問ごとに詳しい解説を作った。

数学は,満点取れないように小問1問だけは飛びぬけた問題があった。これが出来たら、東大か医学部いけるだろうと言う問題。後は工夫されている。8割越えは、トップクラスなら可能だ。

英語は、昔より長文が長い。しっかりした基礎力のあるなしで差がつくだろう。単語にFOUNDと言うのがあって、これを設立するという他動詞と見分けられただろうか。なかなかシャレタ問題だ。

社会は、その場で考えて記述させる問題が多く、よく工夫された良い問題だが、国語のテストに近い気がする。選択問題も、衆議院の優越について聞く問題に、予算の議決と、条約の締結とあって、予算と条約と法律と内閣総理大臣とか暗記していると間違う可能性がある。

条約の締結は内閣の専権事項だ。ただ、公債と国債の違いがあるのにそれをごっちゃにしている出題があって不適切だと思った。でもそれ以外は、とても良い問題だと思う。

特になぜ薩長が倒幕に動いたのかの理由をグラフから問う問題はすばらしい。

過去問解くということは、どういう学習をすれば良いのか、方向性を決める。

大学受験でも同じだろう。県立なら短期で間に合うかもしれないが、1年前には1回ぐらい解いていた方がいいと思う。つくづく思う。2次なら解けなくてもレベルに触れたほうが良い。

ネットに考書読めば受験に受かるというT塾があるが、それだけで受かるという保証はない。授業がなくても受かるとまでは自分は言えない。

教科書、参考書、問題集、過去問総合的にバランス取るのがむつかしい。これやれば受かるとかそんな単純なものではないだろう。国立なら特にそうだ。

学校の中間期末の問題とレベルと質が違う。自分らレベルで瞬殺出来るような問題は、大学入試には出ない。

それを県立の過去問の解説作りながら、思った。

やっぱり入試問題よく考えて作ってある。芸術的だ。

 

塾生の話。

2浪の子が、2次が終わって塾に来た。どうだったと聞いたら、たぶん大丈夫だと言う。

間違いなく受かっているから心配するなと自分は言った。

33年、この子は受かっていると確信できた子で落ちた子供はいない。心配だけど受かってほしいなと言う子は、落ちる子はいる。

確信できる根拠と言うのは、偏差値とかではない。スピードと直前の集中力だ。理屈ではなく、この子は、受かると勘というか何なのか、心のそこからわいてくる感じだ。

浪人とかきついと思うが、本当の息抜きと言うのは、成績が上がって、模試とかで自信をつけるしかない。

その子は、塾に来て現役からすると、240点センターは伸びた。

道具とやり方は教えるが、

自分で橋は作って対岸に行くのは、子供の力だ。その子が,橋をつくって渡っただけだが。

現役の子も来た。その子は、高3から来たが聞いたら、最初はセンター模試で410点だったらしい。本番で580点。

過去問やってよかったです。と本人が言った。

この子も間違いなく受かる。

普通科行ってもこっちの高校だとかなり危ない。まともな学校ほど宿題でない。

意味のない宿題とレベルに合わない宿題多すぎる。

受験は、基礎力と過去問演習力と精神力と体力。つまり心技体。

宿題多すぎると全部壊れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2次過去問

昨日、高3にどうだ過去問演習は?何年分やったのと聞いたら、12年分やった。だいぶ慣れてきて解けるようになったという。

2次の過去問演習はセンターより、効き目がある。

慣れるし、スピードは付くし、書くので脳みそに定着するのだろう。

あと少しだが、やることは少ない。

自分の志望校の過去問解くにも10年分解くとだいぶ違う。

特に耳たこだが、繰り返すべきだ。

同じことをやっているのではない。繰り返すと言うことは、質的変換がある。

慣れるし、自信がつくし、スピードはつくし、理解が深まる。

受かりたいなら,繰り返すことだ。

親心

元塾生で獣医学部に合格した親に電話して、合格してよかったということ、そして、獣医学部ははむつかしいこと、そしてよくがんばったと言うことを伝えた。

親が、先生にそういってもらってうれしいと言ってもらった。

合格発表の日、本人はどうせ落ちているから、見ないと言ったらしい。

親が、見ないとわからないから見なさいと言ってみたら、載っていたらしい。

そして、しみじみ先生長かった。やっとめどがついてよかったです。と親が言っていた。

自分の子供の受験で悩んだことがあるから、親の気持ちはよくわかる。

受験で特に難関の学部とかどの親もそうだが、また浪人かと思うと自分ではどうすることも出来ない分、親という者はつらくなる。

ただ苦しんだ分、そして結果が出れば喜びは大きい。

結局のところ、子ども自身が、自主的に学習し、早く準備する方が楽だし、結果は良いほうに行く。

でも人間躓かないと気付かないし、親という者は、子供を見守ってやるぐらいしか出来ない。

自主的に自分のものとして学習できるような環境を与えるしか、親は出来ない。

7年も我慢した親も立派だと褒めてやりたい気持ちだ。

 

 

 

7浪で獣医学部合格

昨日元塾生から電話があって、私大の医学部だめだったけど、麻布獣医に受かったと連絡があった。

こっちから電話しようか迷っていたが、どっか受かっていたらあっちからするだろうと思ってしなかった。

世間的には人はどう思うか関係ないが、自分はたいしたものだと褒めてやった。

現役で受かるのもえらいが、7浪でうかるのはもっとむつかしい。

大体受験のために受かる保証もないのに7年も続けられたことは、たいしたものだと心から思う。人はなんとでも言う。特に受験で苦しい思いをした経験のない人なら、」

なにやってんだろうで終わる。

学校に調査書請求するのがいやだとも言っていた。

高校卒業するとき、その高校の先生が、どうして獣医とか狙うのか、受かるわけないといっていた。その先生を自分は知っていた。直接その先生が自分に言った。

もちろん彼には話していない。

確かに卒業のころの成績は酷かった。

それから7年。本人曰く、どこ受けても、もうどこも受からないと思って気楽に受けたのがよかったかもしれないと。

学力はついていた。たろうはメンタルの方が苦しい。現役は同じ学力なら優位だ。

これを乗り切るには、学力だけでは突破できない壁がある。

いろんな経験をしただろう。

それがどんなに大きな財産か、年をとったらわかるだろう。

世間がどう言おうと、自分の中では、たいしたものだと言う評価しかない。

合格オメデトウ。

 

顔の広さ

顔が広いと言うのは、いろんな人を知っていると言うことだ。

自分の高校も大学も同窓の人がいて、弁護士と言う仕事柄なのか、とにかくいろんな人を知っている。

彼の良いところは、気さくで人の良いところだ。

弁護士と言う職業本当にやっているのかと言うくらい面白い人柄だ。だから友人も多いのだろう。

上から目線ではない。これは人として大切なことだと思う。

自分の息子や娘の世話とかよくしてくれる。

結局のところ人として大事なのは、上から目線でなく、どんな人にも良いところを見出せることだと思う。

自分の考えが正しいのかどうか人間の判断ではわからない。

そういえば弁護士のバッジには天秤がある。これは、バランスを取ると言うことだ。

物事には絶対がない。神様がいるとして、人間の判断は相対的なもので、基準は人それぞれだということだ。

自分の頭で考えるのは大切だが、

彼はバランス感覚に優れているのだろう。

 

 

 

 

みんな知ってるのにどうして出来ないか

受験指南書とかブログとか見ると、受験成功の秘訣は、本を繰り返せとか解き直しをしろと書いてある。

つまりみんな成功の法則知っている人は多いということだ。でもそんなに簡単に出来るだろうか。

塾生でも耳たこのように言って強制しないとなかなか繰り返そうとはしない。何度も言うが成功の鍵は

繰り返しにある。

でも一冊の本が300ページあったとして、教材作っているとわかるが、仮に一ページ10分でも、3000分つまり50時間は最低かかる。数学ならこんなにはすすまない。繰り返して早くまわしても相当な時間がかかるわけだ。

県立高校入試問題の5科目1年分でも、どうがんばっても見直しまで含まると10時間ぐらいはかかる。

大学受験ならもっとだろう。指南書とか3冊ぐらいを一ヶ月のペースでやれみたいのがある。

その人は出来るだろうが、自分のような凡人は無理だ。

やったこともない人が、この本をやれみたいな。いい加減な言説が多い。

予習をしろよ。学校の授業を復習にしろよ。誰でもわかっている。

時間はかかる。、よっぽどしっかり計画立てないと、現実に実行できる範囲を測定できないことが多いからだと思う。

やるより時間のたつのがはやい。これが普通だと認識していたほうが良い。

思ったよりやれないことが多い。それでもあせらないことだ。

 

 

 

 

 

 

解答鵜呑みにしない

今日塾生が数学の国立2次試験の解答が分からないという。見ると証明問題。定義からどう証明しようかと考えて、ひらめいて答えを出した。自分なりに満足。笑

答え見たら、定理を使って誰でも出来る気付く解答。これは最初に気付いたがこれでは証明にならないから悩んだわけだ。

大学の教授は、定義からの証明を求めているはず。こんな解答で点数もらえるとは思えない。

大学の教授、良い問題作ると思った。

赤本の解答鵜呑みにしないほうが良い。疑問があったら、指導者に聞くなり、学校の先生に聞いたほうが良い。

解答疑うと言うのは大切だ。わからない解説と言うのは、間違いがあるかもしれない。

自分の頭で考える。これは大事だ。数学とか教科書大事にしないとこういう証明問題とか

手も足もでない。

基礎から考えるのは大切だ。

まともな学習すれば、まわりの言うことも変わる。

昨日時々ブログに書いている中3に、担任まだ受験やめろと言ってんのと聞いた。

このごろ休み時間にも社会の塾の教材やっていたりするとがんばれよと励ますらしい。

散々受けても落ちるの落ちるの。150点足りないのに受かるはずはない。50点伸びたら良いほうで、受かるはずはないといっていたのに。笑。

子供の意識を変えて毎日まともな学習すれば子供は変わる。昨日母親が来て、うちの子供は前はわからないとすぐあきらめていたのに、問題を自分で考えて解こうとするようになった。性格が変わったと言った

自分が最初にその子に言った。すぐ問題見てあきらめるだろう。問題文よく見て考えないだろう。解答見ても解きなおしをしないだろう。そこを変えないと伸びないと言った。

意識を変え、まともな学習を、継続すれば子供は大きく伸びる。何がまともかこのブログを見ている賢者ならわかるだろう。

まともでない学習を大半やっているんだから差をつけるのはむつかしくはない。

 

 

 

 

 

 

素直さ

今日、本を読んでいたら、著者が成功の第一に素直さを挙げていた。

素直と言うのは、すぐに直すと言うことだと書いていた。素直さは、人から言われたとおりにすことではない。

自分でこうした方が良いと思ったらすぐに実行することも含めて、素直さと言うことだろう。

誰でも自分の考え方とか、習慣と言うものがあって、自分の考えを正しいと考えがちだ。間違いに気付いても直すの面倒と考えがちだ。

年を取ると頑固になると言うが人によるだろう。若くても頑固なのもいる。人それぞれだろう。

人間良いところもあれば、みんな自分を含めて悪いところがある。考えを少しでも進歩させることは、大切だろう。

塾生でも素直な子には、どんどんいろんなことを手助けしたくなる。これは誰でも同じだ。

素直であると言うことは、合格運を呼び込むものだろう。

本にも書いてあったが、素直な人ほど、その人は資格試験の指導者なのだが、合格しやすいと書いていた。

自分も心からそう思う。

返事ははいはいでも、実行できないと素直とは言えない。