高3の会話

昨日高3塾生が、話をしていた内容が聞こえてきた。元塾生だった子が、東大模試がA判がつたと言う。塾に小5から6年間通っていた。

予習をさせて、中3で物理が終わり、高1で数3の予習が終って、数学オリンピックで予選通過した。高3でやることなくなって、自分でやると言うことで、こっちも納得した子だ。

親が高1のときうちの子が東大とか受けると言うのですが、大丈夫ですかと聞いてきた。

自分は、この子は能力が高いから予習をしているので受かると答えた。自分らより能力が高いので学校につぶされないうちに予習をしとけば大丈夫だと答えた

性格も自分らよりいい。笑

そして塾生たちの会話が面白かった。

やっぱり東大とか受かるには、小学校とか中学から予習をしないと受かる力はつかないな。学校の言うとおりじゃとても受からないな。と言う子供がいた。

よっぽど褒め上げようと思ったが、お前は分かってると思った。

難関に受かる子供とか、学校の進度で普通に言われたとうりに学習して受かる子どもとかいるだろうか。

何で先取りしないと難関はまずいか。このブログをみている賢者なら分かるだろう。

親が教えるかーこれはきつい。地頭が特殊か。予習をしまくるか。

なんかしないとそんなに簡単に田舎から受かるものではない。

自分は、元塾生は受かるだろうと期待している。予習をしまくった。都会の進学校の子よりすすんだ。一定の力がつくと簡単には落ちない。そこに到達するまでが大変なのだ。

そういうことを言いながら、掛け算九九を教える子もいる。

幅広い子供たちを教えるのも楽しい。笑

 

 

 

中3の実力テストのあと

9月にあった学校の実力テストの中3が返ってきた。全員とは行かなかったが、9割がた上がっていた。230点とかから306点、313点からから383点とか、70点上昇したことか、かなり上がっていたこどもが多かった。

400点越えが、かなりいた。

夏休みの講習が効いているのは確かだ。でもこれからあげるとなるときつい。 時々上がっているのにもっと上がって当然みたいに親から言われることがある。 塾に行って簡単にのびるという幻想は捨てたほうがいい。

思考停止の塾選びはやめたほうがいい。 友達が行ってる。これが一番多い笑い。

中3はさすがにどんな子も真面目にやりだす。部活が終ってみんな高校受験に向かっていろんな塾に行って学習しだす。 途中で入ってきても急にのびだすこと子供は集中して学習する子供が多い。そして休まない。時々月謝以上にきているのではないかと思うような子が多い。笑

継続は力だ。中学範囲は高校と比べて少ないといってもそれなりの量だ。 基礎ができていない子供は、英語なら単語と文法、数学なら教科書レベルからやらないのびないのは、高校と同じだとおもう。 のびた子がさらにのびるには、反覆をするしかない。

ただ、解説もないとか授業で説明の無い反覆は、上滑りで脳みそに届かない人が多い。 塾に行って伸ばすには、それなりの塾の伸ばす技術がいる。30年以上やってどう伸ばすかは大体分かってきたが、 いろんなレベルの子がいるので、このごろは、きめ細かくレベルにあった教材を作ろうと思っている。

ちょっとした工夫で子供が伸びたり、喜んで学習しだすとこっちもうれしくなる。 特に成績のわるい子がのびるとうれしい。のびしろが大きいのも魅力だ。笑

成績のわるい子を伸ばすと親の喜び方が違うことが多い。

人は人、自分は自分

 

日本人の特徴として、中根千枝も書いていたが、集団主義。いいところも悪いところもある。いいところは、秩序正しい。でも個性が少ない。個性を尊重しない風土で。帰属する集団で人を判断しがちだ。

人のよいところを見つける能力は大切だが、人と比較する能力は高くなくてもいい。自分自身の能力を高めて生きていくしかだろう。田舎は他人と比較したりする能力の高いままの大人が多い。

あの人はどこにいってどうだったとか、あの人はどこの塾に行ってどこの学校に行ったの、親戚がどうだとか、どうでもいいことをよく聞かされると、子供より大人の教育の必要を感じるが。笑

学校にしてもどこに入学したとかとか言っても、模擬試験見れば分かるが、ピンキリで、偏差値で簡単に言うと70から40ぐらいとかが、田舎の進学校でもばらつく。

田舎の集団主義は、都会よりひどい。

塾に入る子が、その学校でトップがいるとどんどん入ってくる。笑。

やめるときも似たような現象が多い。先を見ないと受験のとき困ることが多い。

個性を尊重すると言うのは、違うから、個性が尊重されるはずだ。似たもの同士でつるんでいても発展性はない。本当に仲よくするというのは、相手の個性を尊重しないと続かない。

夫婦でもそうだろう。笑

塾とかやっているといろんな子がいてそれぞれ個性も違うし、理解力も性格も違う。

学校と言うのは、集団主義にならざるを得ず、秩序が保てないはずだだからだ。

受験とか、本当に個人の問題で、どこの学校に行ったとか確率の問題でしかない。入学した時点で高いか低いかの学力で、その後の保証とか何もない。

塾生でも学力伸ばすには、その子にあった教材をどうつくればいいのか、子供の学力上げるにはどうすればいいのか今でも試行錯誤の連続で、飽きずにやっていられるが、

田舎特有の集団主義には、飽き飽きすることがある。笑

集団主義というのは,思考停止につながる。

時々ネットで自分で、親とかでなく、ともだちが行ってるからというのではなく、調べて体験に来て入る子供がいる。

そういう子は、確実に伸びだす。

自分が何のために塾に行くのか

はっきりした目的があるからだ。

学習というのは、主体的な行為で、自分の頭で考える行為が本質だと思う。

本当に学力伸ばすには、個に向けた発想が必要で、塾は学校と違うから存在する意味があると思。てやっている。

 

 

 

 

ラグビー

昨日テレビでスコットランド戦を見た。

5月の連休。宮崎に合宿に来ていたときホテルで,五郎丸選手などを目の前で見た。

みんなイケメンでかっこよかった。と嫁さんが言っていた。笑

練習を宮崎でやっていたが、観客とか少なかった。日本代表が来ていると書いてあったが、サッカーなら大変な大騒ぎだっただろう。

自分は,サッカーとかしか見たことがなかったが、ラグビーと言うのは本当におもしろいスポーツだということが分かった。

自分の息子も北大でラグビーをやっている。高校時代もラグビーをやっていてよく骨折とかして何がそこまでおもしろいのか分からなかったが。

嫁さんはラグビーが面白いと言っていた。自分の子供の試合を見に行っていた。

自分もサッカーよりずっとおもしろいと思った。今日、室長も同じことを言っていた。

日本は、調子が悪かった。でも力は絶対あると思う。疲れていたはずだ。

ラグビーは、本当に格闘技とチームワークといろんなものが凝縮されていておもしろい。

日本が強くなって上位に行けばもっと人気が出るだろう。

監督問題でなんかゴタゴタしているが、そういうのはうまく行って日本が強くなってほしい。

負けはしたが、本気でラグビーの試合とか見たことがなかったが、体調がよかったらもっと別の展開になっていたかもしれない。

興味がわいた。

小学生が反復3回するとどうなるか

小学5年生がいる。その子は、4年生から来ている。教科書レベルは、済んでいる。週3回しかきていないが、もう中学受験用の基本的な問題集を全科目3周目に入っている。

小学生の伸びるのは手に取るようにわかる。思考力とかは小学校の時代につけるといいが、この子は確実にそれがついているのがわかる。

小学校の時代に思考力をつけるのが、大きな学習財産となるのだ。

それはどうして分かるか。模擬試験の点数も伸びている。学校のテストで間違いがなくなったらしい。時間が余ってすぐ問題見ただけで分かるので、間違いに気づいたら書き直す時間があるらしい。

それより何より小学校のころから、反復して間違いを直す習慣というのが身につくのがものすごく大切なのだ。

確かにいい素質をその子は持っているが、塾に来なかったら今の実力と反復の習慣が身についていただろうか。

またその子は、自分の分からないところだけをパソコンの説明で分からないとこを聞いてくれる。

とにかく素質のある小学生は、優れた教材と出会うことそして反復する習慣そして疑問点をそのままにしない姿勢を形成すると将来が明るい。

入塾する前と別人の学力がついているのは、間違いがない。

 

 

伸び悩む時期

誤解してもらいたくないが、やったらずーとのび続けるのかというとそういうのは少ない。

ある程度伸びたら壁が来る。努力しても変わらない時期が来る。ここであきらめたら次のステップに行かない。これで伸び悩んでいるときにどう変えたらいいのかということもあるが。基本は、続けることだと思う。

努力を続けるとまたある時期に急にのびだすことが多い。やり方に疑問を持ったりしていろいろ変えたりした方が危ない。

3ヶ月が一つの区切りだと思う。これだけやってものびないなら根本的に何かが足りない。

いま高校分野の話をしているが、中学までとは量も質も違う。

中学生の親は、ほとんど田舎は高校入試に目が向いているが、難関国立とかなら現実的には、大学受験を視野に入れて、早めに塾なり何なり準備をしないと学校の進度に合わせては遅すぎる。高3の9月で教科書おわらない科目もある。先取りしないと都会の重曹歩兵には勝てない。

中学2年で、中学分野は終わっってもちょうどいい。高校分野は、4年かけてやってもちょうどいいというか、それでも学校行ってたんじゃ足りないのではないかと思うぐらいだ。

浪人生を指導していると思うが、やるべき量が多い。基礎だけでも相当な量だ。

中学3年間、高校3年間、なんか違う気がしてならない。義務教育の3年間と普通科の3年間同じやり方でやったらまずいのは確かだ。

先取りしないときつくなる。目先の学習も大事だが,先を見ないと田舎はきつい。

とにかく塾生でも難関受かった子でも、伸び悩む時期はあった。

それをどう克服するか。これが重要だと思う。

先取りして学校を復習にできれば、伸び悩むということは少ないのは確かだ。

現実は理想どうりになかなか行かないものだ。

 

社会3年分が12時間

中学3年の社会のまとまった参考書がある。これを覚えれば、ほとんど解けるくらいまとまっている。つくった人を尊敬する。

昔のやつだが、これでやると2倍速でやると演習はできないが、12時間で本当に回せる。塾生で社会の公民やらせたら、4時間で2周した。パソコン使わないとできない技だ。

しかも詳しくまとまっている。塾生を指導していてこれでやったらやる気があって,苦手な子なら短時間で中学社会は征服できると思う。覚えないと始まらない。

テストとかチェックが必要なのは覚えてからのほうがいい。覚えないのにチェックが多すぎる。 長くじっくりとか凡人の脳みそには、よっぽどしっかりした子でないとやらないやれないだろう。 社会は黒板に書いて写すだけの授業とか効率悪すぎだろう。

その子が言った。社会が得意科目になりそうで、これで全科目できるようになる気がすると言った。こういう気持ちで学習できるのが大切だ。 もっと違う視点で伸ばすにはどうするか。科目によっては変わるべきだろう。

指導する方も変わったほうが良いのではと思うことが多い。効率よくやると言うのは、絶対だ。 学者がのんびりやるのとは違う。社会とか自分は苦手だったので思うがこれなら自分でも絶対得意科目になったと思う。 指導者の指導方法で子供は変わる。

復習の仕方が甘いとのびない

予習は高校生、中学生に薦める。ただ、入試レベルの予習とかしても良いが、それができるレベルの子とか少ない。

復習をしてしっかり自分のものにすることは、入試レベルではとても大切だ。

模擬試験の復習、過去問の復習をして、解きなおして7割もとれないとかお話にならない。

塾生で成績がのびる子供は、復習の仕方がうまい。自分の弱点をつかんだりして、すぐに基礎に戻って自分の弱いところをつぶそうとする。

復習しても答えがあっていたのか間違っていたのかや、点数何点取れたとかそんなのだけ気にする。これが多い。

間違えたところはどこで、どうして間違えたのか、次に生かすような仕方で復習する子は少ない。

そういう自分も復習の仕方が甘かった。

復習して同じ問題間違うようではどうしようもないと自分に言い聞かせるべきだった。笑

塾生見ているとこの復習の仕方が甘い子はのびない。

手を広げるときけんだと言うのはよくわかる。いい加減にやるくせがつくし、力がつかない。

問題を解いて答えあわせをするときの姿勢が大切だと思う。

復習の仕方で伸びが違うのを強く感じる。

 

 

 

なぜ四角形の向かい合った角の和が180度なら円に内接するか

これを小学生に説明できるか。

まず、1三角形の内角の和が180度になることを説明しなければならない。一直線は180度の角であること。補助線引いて、平行な直線の錯角と同位角は等しいことを説明する。

2円の説明に入って、円というのはどういうものか。半径が同じ長さになること。

3さらに二等辺三角形の底角は、等しいことの説明をする。

4、円周角がなんで、中心角の半分になることを1,2,3を使って説明する。

5、ここから、円周角の定理。つまり、同一の弧に立つ円周角は等しいことを説明する。

6、さらに、円周角の定理の逆を説明する。底辺が同じ三角形に立つ頂点の角が同じなら、頂点は同じ円周上にあることを、3つの場合に分けて説明しなければならない。

7、3点が決まれば、3つの点を通る円は一つあることを説明する。4つの点は必ずしも同じ円を通るとは限らないことを説明する。

8次に、4角形のうちの3つが決まれば、7を使って一つの円が決まるることを説明する。

9、さらに同じ円周上にある4角形の向かい合った角の和は、180度になることを4を使って説明する。

10、最後に、6、7,8、9を使って、もう一つの頂点が、四角形の向かい合った角が180度なら同一円周上にあることが説明できる。

図で説明すると分かりやすいが、とにかく一つ一つの定理が、有機的に関連している。

これらは、全部教科書に書いてある。10の段階が全部理解しないと証明はできない。

高校生で証明できる子がどのくらいいるだろうか。

問題演習だと、これを説明できなくても答えを出せることが多い。足し算と引き算だけの作業だ。これをやっているだけの子が多い。これで満足しているとまずい。

基礎を理解すると言うのは、簡単ではない。問題だけ解くと基礎を飛ばす危険性がある。

本当に基礎を理解しないと力はつかない。それをいいたいわけだ。

深く理解すれば忘れない。教科書は大事だ。

一流の先生たちが考えて作っている。教科書無視の参考書オタクにならないほうがいい。

 

 

 

 

 

 

高校受験の進路指導と大学受験の進路指導が違いすぎる。

高校入試の受験については、受かりそうな子供でもかなりきびしい。これに対して大学受験の指導は、センター前と後では違いすぎるが、高3の今でもそんなところ本当に狙うのか。そう思うことが多い。

しかしセンターが終わったとたん現実路線に変わる。

阪大、京大志望が、地方国立に簡単に変わる.笑。

それで受かればいい方だろう。

どうしてセンター前、現実逃避の指導が蔓延しているのだろうか。間に合わない。

高3でセンターで100点足りないならまだしも、200点も300点も足りないなら、早めに対処したり志望校を現実路線にかえるべきだ。

それでも受かる保証はない。

人間あきらめも肝心なときがある。浪人したくないなら確実に受かるところも狙うべきだ。

こういうことは学校の進路指導である程度はっきり言うべきではないだろうか。

高校受験は、受かりそうでないなら厳しく指導する。それは分かるが、

どうしてこっちの高校とか受かりそうにもない実力で平気でこっちがびっくりするような大学や学部を言うのだろうか。自分は、担任から志望校ははっきり無理と言われた。笑。

どう学習したらいいのかさっぱりわからくなっていた。どうやったら良いのか今は分かる。

国立、国立、それ以外は早慶。上だと旧帝か医学部。親も学校と歩調を合わせる。浪人覚悟なら良いが、そんなに現実は甘くない.受かるのは最上位だけだ。

そういう現実無視の教育じゃなくて、地に着いた現実を踏まえたしっかりした教育が必要だ。基礎力を充実させることが大事だ。問題ばっかり解いている高3が多い。基礎は大事だ。

プライドより現実の実力の方が、入試では問われる。就職試験でも企業が求めるのは、企業に貢献できる能力と人間性だと思う。

現実は変えられるが、変えるには現実をしっかり把握すべきだ。受かるためには、何をどう学習すべきで、どういう考えで取り組むべきかが欠落していると伸びないし、受からない。

夢を語るのは勝手だが、行きたい大学にいけるのは一部だ。

具体的にどうするか。これが問われる。

こっちは学校が夢を語り、塾が現実を語る。

でもセンターが終ったら、学校は、超現実路線に変容する。

これは、頭に入れておいたほうがいい。

センターが終って塾が夢を語る。というか語るしかないことが多い。

積み重ねも力のつく積み重ねでないと意味がない。基礎と過去問やってなんぼの世界。

基礎も過去問もやらないで受かる方がむつかしい。

もっと教科書の重要性に気づくべきだ。高校の教科書は、中学までと重要性が異なる。

大学の学習のむつかしさと違うむつかしさが高校分野はある。