模試の結果を見て

5月まで塾生で6年間塾に通った子が、センターマーク模試で県全体でも1番か2番だった。900で837点。とにかく理系科目はほとんど教科書レベル、受験レベルも塾で予習していた。

親に言った。大学に受かったら実績にしていいですかと。6年間通ったのだからもちろんですと言ってもらえた。正直やることがなくなっていた。だから自分も納得した。受かるからがんばれと最後に言った。

授業の前に予習をするのとしないのでは、雲泥の差。こんな極端な例は少ないだろうが、

私立の進学校で、予習を塾でして授業を復習にすればどうなるだろうか。想像すると学校にもプラスになるだろう。

自分の息子の後輩で、医学部4浪で鬱になっている子がいて、時々電話をかけてくると言う。

それを聞くと、人事とは思えなく、かわいそうで仕方がない。鬱になる前に、高校時代から予習をしていたらそんなことにはならなかっただろう。基礎からやり直すといいが、それがたろうではやれなくなる。頭が良くても、負のスパイラルに入ると大変だ。気持ちがよく分かる。自分が苦労しないと人の苦労は分からない。

生き地獄と言うやつだ。坊さんの説教では救われない.。最後は、自分の力で這い上がってほしい。

自分の息子も苦しんだ。親も大変だった。だから親の気持ちもよくわかる。

ある意味現役で受かるのが、一番らくだ。頭だけの問題ではない。メンタルがきつい。

受験は、やり方もだが、学校に行ってるときが勝負だと思う。浪人してから学習を本格的にやるときつい。

学校の授業は復習にすること。学校に行ってるときにまともで力のつく学習をしないと自分の志望校には、なかなか受からない。

学校の平均とか見ると、悲しくなるほどひどい自称進学校がある。年追うごとにひどくなっている。550以上が3人しかいない。内部にいると分からない。学習が、力のつく方法とかやり方ではないからだ。

無駄に宿題と課外が多い。構造不況にますます陥る。

時間に比例して学力つくのは、やり方がまともなときだけだ。

時間だけ長くても成果が出るわけではない。課外とかまったく機能していない。

基礎から考える。理解する。反復する。苦手をつぶす。

やらされ続けてものびない。受身ではなく、主体的に。

ほとんど予習していないとできないことだ。

学習が、人のを写す。答えを写す。何でも人のパクリでは成果が出ない。

自分で考える力をつけるために学習がある。社会にでてからも同じだろう。

未知なる問題を解く力は、基礎を使って自分で思考してとく力。これをどうつけるか。これにベクトルの照準を合わせないといけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

基礎と応用

基礎と言っても科目によっていろいろ違う。たとえば英語なら、単語、熟語、文法だろう。単語も熟語も文法も独立したものではない。単語と言っても同じ単語でも、名詞もあれば,動詞もある。そうすると熟語とか、文法とか理解していないと、効率が悪い。 同時並行でやらないと効率が悪い。こういうのを関連付けて分かるようになるには、何度か回さないと凡人は分からない。

最初から完璧に理解しようとするやり方より、早くまわすほうがいい。これができていない人が多い。有機的な関連が見えてくる。 昨日ある浪人も言ったが、日本史は2年から初めて高3の11月で終わったと言う。でもそれはいいほうだろう。学校によってはセンター前でも終わらないことがある。 そもそも凡人が一回で記憶と理解とかできるだろうか。だいたい最初から凡人は無理なシステムの上で学習していると言うことだ。日本史が好きで、漫画日本史などを読んで興味も知識のあるある人なら違うだろう。

前にも書いたが、データー分析と言うのは自分らはやっていない。教科書からやったらよくわかった。それから問題を何題か解いたらポイントが分かった。 基礎からしっかりやって問題を解くほうが効率がいいし、基礎を前もって学校の授業とかでないと分からなくなる可能性が高い。 応用問題をいきなりやったり、むつかしい問題やっていいのは基礎のできた段階からだ。 英語とか単語とか覚えていない段階から全訳とかやってもおもしろくもない。

散々基礎を入れ込んだら問題を解いたりしたくなる。文法も単語もやってからだと自分の力を試したくなる。 そういう学習をしている子は少ない。ただやらされているだけの子が多い。 楽しそうにやってる子は、成績も何もかもいい方向に行く。 基礎もないのに応用とかやめたほうがいい。応用は、基礎に分解できる力がないと学習がいやになる。 雑な学習をしても力はつかない。

基礎を大切にしたい。 ただ応用問題がすらすら解けるようになったら楽しい。そのために我慢して基礎をつけるということだろう。塾生でもむつかしい問題とけるようになった子は、楽しさと自信を付ける。 目的は、応用問題がとけるようになること。そのための基礎と理解したい。 早く基礎を固めることができたら、圧倒的に有意義な学習ができる。

やり方次第

自分の塾生で笑いたくなるほど進みのいい子がいる。

中3の子。まだ2ヶ月くらい2時間から3時間。中3の全範囲。。教科書やって問題集までやって、本当に数学、社会、理科が終わった。今は英語をやっているが、教科書解説聞いて、問題集までやって、もうすぐ半分だ。

とにかく学習が苦痛ではないと言う。また予習していると学校の授業が深く理解できると言う。

すばらしい言葉だ。深い理解。

昔授業をしていたから分かるが、とてもじゃないがとてもできる話ではない。教えるほうも教えられるほうもくたくたになるだろうし、体が持たない。

2ヶ月毎日朝からやっても終わらせる自信がない。普通のやり方で毎日2時間そこらでこなせる量ではない。

毎日ニコニコうれしそうに来る。楽しいらしい。本人には申し訳ないが、飛びぬけた能力を持っていたわけでもない。何かが変わったのだ。また変わろうとしている。

浪人の子が、熊本校にいて、2ヶ月足らずで数学学校の教科書2年分を終わらせて、本人が驚いていたらしい。物理基礎、化学基礎も一周終わって、英語も2周目に入っている。全科目やっていてすばらしいすすみ方だ。何度でもまわせる。まわす回数に比例して力がつく。

スピードとかテンポのよさとかとても大事だ。学者の研究とは違う。

子供たちの学習量は、授業でやるには凡人にとっては多すぎる。でも塾生見ていてやりかたしだいでは、余裕でこなせるのが分かる

何でもやり方次第なんだなと思う。

学習をもっと楽しく基本からできるようにしたほうがいいと思う。

効率が悪いと伸びない。

追伸。まったく関係ないが、梅雨にしても雨が多すぎる。

 

ミラクルの起こし方

何でテープ学習とかスーパーイーグルだのとかほかの塾や予備校とは違った学習指導をしているのかと言うと、効率よく短期間に伸ばしてミラクルを起こしたいというか、ほかの方法では無理だと思ってきたからだ。理解度もそれぞれまったく違うし、苦手も違うからだ。

田舎は、危なくなってから来る子が多い。これをどうにかしようと鍛えられた。笑

講義形式と個別指導の併用とかいろんなものをやってきた。でもどうしようもないレベルから爆発的に伸ばすのは、家庭教師ですらむつかしいのに塾の限られた時間で簡単にのびるだろうか。できる子は、問題与えるだけでものびる可能性が高い。

でもそれ以外はどうだろうか。

だいたい学校に行っていてほとんど授業に出ている状態で、塾に毎日来たとしても時間的には、相当少ない。勉強のやり方とかを教えるとかしない限り、また、宿題とか出すのは中学受験なら分かるが、高校生で、学校から宿題、塾から宿題とか、能力の高い私立とかなら分かるが、田舎で宿題出すとか消化不良になるだけだ。

短期間で伸ばすというやり方ででないと、塾の場合教育機能が果たせないのだ。これが至上命令。これをどうにかしないと塾では学力を伸ばせない。

言いたい事は、簡単に塾に行ってのびるものではないという事だ。塾に行っても伸びなかったとか、成績が下がったというのも聞く。都会と田舎では塾の信用度と需要が違う。

学校で長時間かけて伸ばせてないのを同じやり方で伸ばせると思えるだろうか。教え方が良くても全部の科目を教えるのは神レベルで、そんな人材が教育界にいるだろうか。

綜合点を上げないとどうしようもない。一科目を伸ばすのと受からせるのは、耳たこだろうが違う。この視点が欠落しているとまずい。成績でもバランスよく上げないと学校の成績ですら上がらない。

中学生対象の塾で、成績上げるためにそれまでの学校の出題された問題の過去問をやらせて成績上げるところがあるのを聞いたが、それでいいのだろうか。

自分の塾と似たような名前で間違い電話がよくかかってきた。笑

つまりまったく違ったやり方で、短時間にしかも理にかなったやり方で伸ばす方法を探ってきた。誰でも伸びるとかはいえないが、少なくとも高い確率で短期間で伸ばすことはできる。

ミラクルつまり、学校からこのままでは受からないと言われた特に高校受験ならほとんど受かれせてきた。

本人に危機意識がある。本人のヤル気がある。本人に継続力がある。あと素直さ。こういう条件だとかなりの確率で受かる。やっていなかったと言うだけの子もいる。

やり方は、短時間で基礎を入れ込む、短時間で過去問をやりこむ。

条件は短時間にどれだけ反復ができるか。

これしかミラクルを起こす方法はない。時間があればあるほど高くなる。また反復の回数と科目間のバランスが良くなれば、受かる可能性は高くなる。

ミラクルとか言うが、結果は当たり前を効率よくやるしかない。

大宰府のお守りでは、ミラクルは起きない。

自分の塾の合格門を拝んだほうがましだろう。笑。

駆け込み寺

この時期になると、高3の部活が終えて、サーと言う子が、体験に来る。来てもらうのはありがたいが、だいたい150から200点足りないことが多い。

国立狙いは、600とれる子は、ボーダー750の大学とか、350とか400ならボーダー550のところを狙う確率が高い。

50足りないならほっとする。笑。

都城病と我々は呼んでいる。

食い物はうまいし、のんびりしている。自分もここの生まれなので

住むには最高だが、受験に関しては、のんびりしすぎではないだろうか。

宮崎市内の高校から来た先生も、やる気がないとキレてたらしい。これは高2の塾生が言っていた。

耳たこだが、高校分野は量が多い。日本史、生物、化学の教科書とか、400ページを越える。理系数学だけでも1000ページを教科書合わせると軽く越えるものがある

センター600ぐらいは、教科書しっかり読んでれば取れるだろう。

できる人の話はいいが、どうして300台とか400とかなるかと言うと基礎もできていないのに問題を解いてるだけの子が多いからだ。

そして基礎を入れ込むことができていないし、どうやって学習すればいいのか根本のところが分かっていない。

駆け込み寺というのは、駆け込んだを人を隠すだけでいい。受験の駆け込み寺は、駆け込んだ人間の脳みそを変えて、別人にしないといけない。しかも短期間に。

大変な仕事だ。

ミラクル起こすしか手がない。

残念なことに起こしても反応も薄い。笑。

 

知らぬが仏

知らなくてもいいものとそうでないものがある。受験の場合は特にそうだ。どこの大学が偏差値がどうだとか、受験生の動向がどうだとか詳しいのに限って肝心な学力のほうの心配をしたほうがイイと思うことがある。

特に参考書に詳しいのは危ない。受験産業と言うぐらいで、本を出して詠んでくれれば金になる。たろう君に多いが、やたら参考書に詳しく、大学のランクに詳しいのがいる。偏差値とか当てにならない。

単語や文法に詳しくてもいっこうに構わないが、どうでもいいことに詳しくてもしょうがない。

教科書とか読んでも分からないから参考書に走る。参考書問題集でやるのはいいが、力のつくやつとか、学校で与えられたのをやるだけでも大変だ。

やったものを確実にする。それと過去問ぐらいしかできない。手を広げるとろくなことはない。教科書やれるならそっちのほうがいい。

自分の行きたいところに受かればいいのだから、そのためにはなにをどうすればいいのか考えて、無駄なことは考えないことだ。

塾生には自分なりにいろいろ見てから、最善だと思う本を薦めるしやらせる。教科書と過去問が基本だ。

受験校の科目とか、最低点とかそういうのが、知るべき知識で、偏差値とかで決めるというのはおかしい。問題の相性と言うのがある。

問題の相性が良い、悪いと言うことは確かにある。過去問の知識は重要だ。

教科書の内容とか基礎、と過去問については、いくらでも詳しくてもいい。それ以外は、基本知らぬが仏。

脳みそにも容量がある。

 

朝課外夕課外

高3は、朝課外、とか夕課外とか始まる。聞くと、授業を延長しているだけだと言う。理科とか社会が進みが悪いのでそれを消化しているだけだという。

入試対策とか、弱点補強とか、復習とかそんなのではない。消化試合のようなものだ。学習時間と学力の伸びは、比例するとは限らない。睡眠は大事だ。それと集中力。あと効率。

できる子とか成績のいい子は、大事にするが、そうでない子はどうでもいいというかどうしようもないという扱い方だ。今年の高3トップはいいので、いつも先生たちが東大何名とか言ってるらしい。塾も貢献しているが。笑。

自分で考えてやる時間がない。基礎だけ丁寧にやるのが学校と言うものだと思う。そっちのほうが子供は伸びる。基礎が伸びる第一歩。高3だと時間がない.すんだ科目の教科書とか見ない子が多い。持ってるのは、終わっていない科目の教科書。

課外は何のためか。これは、書けない。笑

塾は金儲けでやってると思ってる人が多いだろう.成果が出ないとつぶれるし、つぶれて当然だろう。伸びなくてもやれてるところもあるのが良くない。やりがいとか使命感もってやってるところもあるだろう。塾はいつつぶれるか分からない。危機意識を持っていないと簡単につぶれる。これが本当はいいのだ。

高校は、成果が出ないと子供のせいにしたがる。これでは、進歩がない。

教科書のきほんができていないのに、よく模試の過去問をさせる。進度は遅い。普通の子には2次過去問はセンターが終わってから。できる子には、高1からむつかしいのをさせる。宿題が多い。

基礎を十分入れ込んで問題を解かせて、何度も反復してやっと物になる。これが原則だ。

今の時期からの駆け込み寺として思うが、なにやってるのだろうと思うことが多い。親も子ももっと早く準備をしたほうがいい。

自分の学習できる時間がない。予習をしていないと苦しい。

センター模試で500点ない子が非常に多い。これが現実だ。6月で500ないと10月以降は問題が難しくなる。

国立は、センター本番で550ないと苦しい。これが相場だ。

300点台、400点台とかもかなり多い。何しに学校に行っているのだろう。これで国立とか言ってる親と子多い。できないと言ってるのではない。そのままでは危ないと言ってるだけだ。

基礎ができていない。そういう子に問題させる意味があるだろうか。

駆け込み寺としては、過去問解かせて、教科書に、基礎に、と戻す戦略しか手がない。

ビリギャルじゃないが、基礎からやらないと救えないし、救われない。私立ならまだしも国立なら同じ戦略は取れない。

本人のやる気もだが。

無駄な課外はやめたほうがいい。やめないだろうが。できる子には無駄で、できない子には苦痛でしかない。

30年同じことを思う。飽きてきたが。笑。

継続しても力にならないものもある。

想像力

いつも思うことだが、人間には想像力というのがある。未来を予測する力だ。目の前のことをしっかりやることと将来も予測すること。どっちも大事だ。特に若者には必要だろう。

大学受験で模擬試験で、DやEになることが予測できないならまだしも、すでにそうなっている状態で、そのまま入試を迎えてどうなるのか想像できないのだろうか。

危機意識がない親とか子が、田舎は多い気がする。

何か変化を起こさない限り、結果は見えている。。考えが甘いひとの割合が高い。学校でどうにかなるなら塾とか要らない。

部活が終わってサー今から、国立に行こう。金は安いし、助かる。私立は金がかかるからだめだ。親も子も同じ発想だ。

誰でも国立に行きたいし、医学部とかならうんぜん万も違う。いいたいことは、誰でも行きたい所は競争が激しい。

高校入試、中学入試などで激烈な競争をくぐっていないと、受験の結果に対する想像力が乏しくなるのだろう。

ネットで名前があるとないとでは大違いだ。塾生の名前がないときはこっちも相当落ち込む。いつも思うがもっと早く準備をしていたらどうにかなったのに。

そう思うことが多い。

自分もどうにかなるだろうが、ならなかったほうだからよくわかるが、危機意識は持っていたほうがいい。

大学受験は特にそうだ。田舎の高校受験とはわけが違う。

楽観的に考えるのもいいが、未来の現実に対する想像力は大事だ。

受験日という未来は、あの世に行かない限り、確実に来る。

基礎と過去問が突破口だ。

 

 

 

 

計算力

昨日高3が、数学の過去問の式の変形が分からないというので、説明した。本人が言うには、式を立ててもその後の変形が苦手だと言う。

君は、Kモンに行っていなかったかと聞いたら、そうですと言う。

計算と言うのは、因数分解とかの複雑なものや、式の変形は、思考力が必要だ。計算は、四則計算ですむものではない。機械的な計算は速くなっても、式の変形とか、考えないとうまくいかない。

計算ですら、思考力が必要に段々なる。機械的な四則計算をやりすぎると、脳みそが硬くなる。

世の中は、いいものが広まっているとは限らない。やりすぎると弊害のほうが大きい。

ほどほどならいいが、やりすぎると脳みそに悪影響を及ぼす。

計算力と言うのも最終的には、思考力が物を言う。式の変形は、機械的な思考の癖をつけるとできなくなる。

 

3倍速

中三の子が、社会公民10日、理科も10日ぐらいで終わりそうだ。あんまり早いので良く見たら、2倍速ではなく、3倍速でやっている。

それは速過ぎだろうと思ってそれでわかるのかと言うと慣れたらこっちのほうがイイと言う。だいたい2,2倍が、目で本を読むスピードらしい。これは、ある本に書いてあった。

速聴と言うのは、集中力と脳の活性化にいいということは、常識だ。3倍速でやると言うことは、脳それ自体の活性化につながる。

成績の伸びる子は、2倍速以上を使う。

時々遅く聞いてる子がいるが、伸びないので注意する。自分のペースでやるにしても、ゆっくりやる癖をつけるのは子供の能力は伸ばせない。

できる子伸びる子は、やることが早い。ゆっくりじっくりやるのも大事だが、いつも自分のペースでやればいいかというとそうでもない。

子供の脳みそは柔らかい。

その子が言うには2倍速が遅く感じるらしい。普通速だと遅すぎらしい。授業もよく聞くが、遅すぎるらしい。

人間の耳と言うのは、恐ろしい力を持っている。学習能力を高めるのは、意志力や生れたときの能力だけでは決まらない。

耳と言うものは、大きなポイントになる。

耳を鍛えると脳みそも変わる。そして、自然に理解力もつく。そして学力もつく。

目だけで学習できるひとは、能力がもともと高いひとだ。凡人は、耳を鍛えるのが近道だ。

これは、20年前から考えてきたことだ。テープやCDは使ったほうがいい。T進とか高速学習とかあるが、効率はいいだろうと思う。予習が高速でできるのは大きい。

速度調節ができるシステムは、広まりつつあるが、これは凡人を伸ばす必要条件だと思う。99パーセントのひとに当てはまる。見るだけで覚える人もいるが、まねはしないほうがいい。

音読がいいし、速聴もいい。楽しいと言うのは、らくだということも大事だ。

根性だけでは、継続できない。

みんな学者になるわけではない。脳みそのできに関係なく伸ばすことを目指したい。