母子家庭が多くなった

塾生教えていてよく思うのは、母子家庭の子どもが増えていることだ。理由はいろいろだが、どちらにしても子どもを育て上げるという責任と意識より、自分自身の生活や感情を大切にするというほうが優先している風潮が広がっているのは確かだろう。

母子家庭の子が多い中、よく素直に育っている子供も多い。自分で学費を稼ぎながら、塾費を払う子がいたりする。そういう子には、実情を聞いて、優遇してやったりもする。

よく早く結婚した家庭は離婚するケースが多い。 受験勉強で苦しんでいる間のころに、子供を作り結婚する。稼ぎが少ないの気が合わないので、離婚することが多いようだ。

子供は、いい迷惑だろう。

受験勉強とか何の試験でもそうだが、我慢ということがないと成果は出ない。我慢するということと継続をするということは、大事な生きていく上の鉄則だろうと思う。むつかしいが。 受験で我慢力がつく確率が高い

。いい会社が、高学歴を取りたがるのは、我慢力を見ると聞いたことがある。推薦かどうかも今は聞くらしい。

頭がいいの理解力が高いのと言ったところで、たいしたことはないと思う。それは、受験までの世界で、あとは人を思いやる心ととか、バランス感覚も大切で、ぶっちゃケ人に嫌われたらおしまいだろう。

自分の思うとおりに結婚相手が動くかというとまず無理だろう。他人のいいとこを見つけて我慢することも大切だろう。あきらめも肝心だ。笑

性格の不一致とか言うが、一致するはずがないし、自分のないところを見つけて尊重するしかない手はないと思う。自分が、不完全だということを自覚しないとおかしなことになる。

相手が手ごわかったら降参するしかないこともある。笑。

何でこんなことを書いたかというとやたらと母子家庭が多くなっているのに気づくことが多いからだ。大事なことを忘れるとうまくいかないことが多い。

人間の意志力には限界がある。生きているのは、自分の力だろうか。

おかげさまのお蔭は、先祖のことらしい。感謝の気持ちをわすれないのが一番だと思う。周りにも感謝できるようになる。運もつくような気がする。

学習の根本は、なぜかと反復だが、人生の根本は、我慢と感謝だと思うこのごろだ。 自分でも忘れることがあるが、我慢と感謝の根本がお互い分かれば、母子家庭も減るような気がする。

熊本校に遊びに来た子。

熊本校に浪人生で早稲田狙いの子が、3月から塾に入ったらしい。らしいというのは、自分は都城にいるからだ。

やたらと進んでいて、やりやすい、はやい、分かりやすいとドンドン進んで、英語の参考書でネクステージというのがあるが、2週間で一回まわしたらしい。他のもやっているからかなりのペースだと思う。でも不思議でもない。笑。

この塾はパソコン二本を取り込んでいる。本は、買ってもらうというより買わないと見直しが出来ないわけだが、500ページ近い本を自力で読んでやるのに、自分がもし受験生であっととしても最後まで一回読むのも怪しい気がする。笑。

自分がよく考えると試験に出る英単語というのを何回もまわした記憶はあるが、他のとか何をやっていたのかすら覚えていない。つまり本を何回も読む作業がかけていたわけだ。

塾生見ていても本を何回も読むような学習をしていない子が多い。学校は、プリント学習。プリントは、演習には有効だが、本を見るということがかける可能性が高い。

予備校に行っても簡単に伸びないのは、基礎の入れ込みは自分でやらないといけないからだ。

話は、戻すが、その浪人した子供の友人が、塾を見に来たらしい。そして体験学習をして、大手の予備校に金を支払ったのをかなり悔やんだらしい。

それは、受験生でないと分からないだろう。自分で本を読んで複数の科目を出来たら、大抵志望校は受かる。

市販の合格体験記とか見たら分かるが、この本とこの本を使ってこの科目は仕上げたとある。授業のことは少ししか書いてない。ペースメーカーだったり刺激にはなるだろう。

自分でいい本を選んで、読み込むことが一番大切だ。自分のとこのような個人塾とか学校も相手にもしていないが、見ている視点がずれ込んでいる場合が多い。

建物をよくするのと受付に美人を置くというのが、塾とか予備校の戦略の一つだ。自分のところはこれが出来ていない。笑。

塾生でおおばけする子が、時々いるが、本を高速で回す。反復をする。こういう当たり前のことが出来ているからだ。

世の中不思議にずれ込んで、当たり前のことが当たり前出来ていないことが多い。時々塾生が、小学校で習ったことを知らないことがある。教科書に書いてあることだ。びっくりする。高校分野なら、半分ぐらいの生徒は、教科書の中身を分かっていない。自分の苦手な教科とか今だからはっきり分かるが、教科書が分かっていなかった。

金を払って何を塾や予備校に求めるのか原点を見つめることも大切だろうと思う。お客さんにならないという保証はない。

本を何度も読み込めば、その科目はいやでも得意科目になる可能性が高い。また過去問をやりこめば受かる可能性が高い。この二つに視点を自分らは置いている。誰でも伸びる可能性がある、

解説のない教材で学習するのが、今は不思議でならない。世間の常識は、学習分野では非常識な気がしてならない。根性と理解力と継続力の高すぎるものが、要求される。

あきやすい凡人でも続く教材つくりが自分らの大切な仕事だ。塾生のこれは分かりやすいという言葉が励みになる。

 

意識とやり方

塾生見ていて思うが、やる気のない目標もない子と、目標とやる気に満ちた子では、同じ指導でも雲泥の差がある。

先日保護者会というのを開いて、この地区の実情と進学レベルについて詳しい資料をつけて、説明した。学校では、秘密にして置きたいものも含まれていた.。笑

塾生と親にどういう学習をすべきなのか、この塾は何をやろうとして何を目標にしているのか説明した。また塾生の保護者で学校の先生で、保護者としての経験と今の学校の実情などを説明していただいたりした。

塾の宣伝だけで、学校の先生が説明などしないだろう。笑。

塾も学校も同じ地区の子供たちを指導しているわけだ。学校しか出来ないこと、塾でしか出来ないことがあると思う。本来相互扶助が理想だと思う。

ただやる気とか目標とかない子供にいくら指導しても伸びないし、これは学校でも塾でも同じだろうと思う。

人間は、正しい情報を把握しておく必要がある。知るべき情報を知らない人は多い。

何でやる気がないかというと、目標がないか、学習がおもしろくないか、いろんな理由があるだろう。その中に情報も含まれると思う。自分の経験でも受験生のころは、たいせうなことを知らなかったと思う。

塾生の親と子どもが全員出席したわけではないが、出席した子供の多くはそれまでと学習の取り組み方が変わった。自分で意識が変わったという子がいた。

別に塾の宣伝で保護者会を開いたわけではない。

親の意識が変わり、子供の意識が変れば、学習に対する取り組みが変る。

いくら意識が変っても、やり方がよくないと学力はつかない。

意識を変え、やり方もよくする。

そしたら子供は、激変する可能性が高い。光陰矢の如し。子供の成長は早い。

時の経つのは早い。歳をとるのもあっという間だ。笑。

 

 

 

基礎の基礎

今有名どころの数学の問題集の解説を作っている。

神戸大の数学のベクトルの問題なのだが、簡単にいうと2直線が交わることを証明しろという問題なんだが、これは中学数学の基礎が出てこないと証明できない。

それは、同一平面上にある直線は、平行以外交わると言うことだ。だから、証明するのは、直線が同一の平面上にあることを説明しないといけない。

さらに3点が決まれば、平面が一つに決まる。その3点で決まった平面上にその直線があることを説明すればいい。別に言ってる意味が分からなくてもいい。笑。

こういう、中学で学習する基本的なことが浮かばないと、大学入試の問題も解けないという事だを言いたいわけだ。

だから、小学で習ったことまた中学で習ったことがしっかり出来ていないと高校分野の道具を使っても解けないように問題が作ってあることが多い。

言いたいことは、高校分野だけが大学入試にでるのではなく、小学から中学そして高校分野が対象だと言うことを言いたいわけだ。基礎の積み上げが大事なのを実感する。

全ての科目もそういう構造になっている。だから、もちろん演習は必要だが、基礎の基礎の部分を馬鹿にするとどうしようもない。伸びないのは、基礎ができていないか、問題演習がたりないか、そして復習が足りないか。

むつかしい問題も何度もいうが、基礎の集合体だ。だから、基礎が何で、どういう組み合わせで問題が出来ているのか、丁寧に解きほぐす必要がある。

基礎を固めて問題を解く。解いたら基礎に戻る。これしかない。耳たこで悪いが。笑。

ちゃんと小学から分かっていないと大学受験は厳しいと言うことが分かる。苦手科目は、中学からやり直すほうが、早いということもある。

 

 

お別れの歌

自分の2番目の娘が、新任で小学校1年生を任された。

子供が好きで、学校の先生になったようだ。今は、福岡にいるが、時々家に帰っても子どもたちの写真をしょっちゅう撮って、自分たちに見せたりする。

子どもがたちが小学1年なので赤ちゃんみたいにかわいい。それにしてもよっぽど子どもがかわいいのだろう。

お別れに一人一人に写真と添え書きを書いて送ったらしい。

子供たちと最後にお別れの歌を歌ったらしい。そしたら、小学生クラスみんな泣いたらしい。特に一人の子は、何かの病気でいつもは無反応なのに、涙を浮かべていたらしい。

妻からその話を昨日聞いて、こっちも胸が熱くなった。

今度その学校は転勤が多く、新しい先生たくさん来るらしい。校長先生が娘にまた小学1年でもいいかと聞きにきたらしい。

自分も娘から何か大切なものを学んだ気がした。

 

いい教材は、子供の反応が違う。

いい教え方だと子供の反応が違うように、いい教材は子供の反応が違う。自分がこれはすばらしいと思うようなものは、子供もやりたがるようだ。

いい教材と言うのは、根本から説明されていたり、応用範囲の広い説明があったりする。そういういい本と言うのは、古くても新しいものをもっている。

他の本では、まねできない何かがある。そういう本を見つけて、教材にするのが自分らの仕事だが、教材の使わせ方とか工夫すれば、子供も集中してやるようになる。

子供の意識を変えるのも大切だが、いい教材や、その子に合った教材を提供するというのはいくらでも研究する余地がある。

教え方も大切だが、いい教材を見つけて与えるのも大切だと思う。

 

予備校選び。

予備校を何処にするか選択間違えるととんでもないことになる。大手だと安心だろうが、みんなで渡れば怖くないは、受験では通用しない。あくまで個人的な問題だ。

基礎が出来ていない子が、大手とか行って何年も受からないのを見ていると、基礎の入れ込みとか自分でやれるなら、自分でやったほうが金もかからないのにと思うことがある。

基礎と基本をまず自分のものにしないといけない。だから、学校に行っているときに基礎を入れ込み予習をしろというわけだ。基礎もだが、棒暗記の習慣は怖い。

それが出来ていないと受験はうまくいかないことが多い。こんな基礎も分かっていないのかなと驚くこともある。基礎とか基本を使って問題とくわけだが、暗記のくせが邪魔になる。

学校に行ってるとき覚えよう覚えようとする癖を抜くのにも時間がかかることがある。

英語でも理屈とか品詞とか無視してていると、どうしてこういう訳になるのかとか、英作とか出来ないだろう。棒暗記するのも必要なこともあるが、理窟をつけないでやるくせは、痛いことが多い。分かってしまえば、たいしたことがないのを、暗記しようとすると時間がかかる。

数学でもむつかしい問題も基礎の集合体で出来ている。基礎も出来ていない子が、問題の演習で伸びないということはあたり前なのだが、それ以上に暗記の癖を除去しないとまずい。

どうしてかと言うと応用が利かなくなるからだ。知識は、増えるだけではまずいのだ。関連性とか体系性とかが必要になる。

こういうのは、意外と分からない世界だ。学問とか理屈で成り立っている。なぜそうなるのとかないと応用も何も出来ない。定期で暗記のくせがつくと受験に落ちやすい理窟だ。

逆にまったく学習をやっていない子のほうが伸びることもある。ただやればいいというわけではない。理屈とかなぜかとかにこだわらないと本当の学力はつかない。

それに出来る子は、自分なりの学習理論をもっている。それは、人に教えてもらうこともあるし、自分で考えたのか分からないが、学習理論をもっていることが多い。

大手予備校に行ってる上位層とか基礎も基本も学習習慣も出来ている子が多い。

そういう子が、1年やって実績をつくっていく。何処に行けばいいのか悪いのか、人によって見極めがないと大変なことになるのも見てきた。

5000人もいれば、300人難関に受かるのは当たり前だろう。上澄みしか見えない。どの世界もそうだが、負の部分は見せないし、見えないようになっている。

基礎の入れ込みと学習理論の体得。これが出来れば、何処まで伸びるか分からないが、時間は有限だ。

慎重に選ぶのを薦める。自分の学力に合ったところと伸ばす仕組みを見たほうがいい。

1年で何年分も仕上げないと受からないことも多い。中学とかでやることが分かっていないと大学入試も解けないことも多い。中学からやらないと受からない人もいる。どこからやるべきかは、人による。

効率性が悪いとうまくいかない。エスカレーターが下がるのを逆に駆け上がるような感覚でやらないと浪人はうまくいかないことが多い。集中力と効率性が必要だと思う。

なぜか今年は、遠方から来てこの塾で浪人する人がの割合が高い。

 

 

魚釣り

久しぶりに魚釣りに行った。カサゴ釣りだ。前日保護者説明会の打ち上げで飲みすぎて二日酔いだった。釣果のほうは、自分は、カサゴ3匹と振るわなかったが、海の太陽光線ヲ浴びると元気になるような気がする。

浪人生も連れて行って、今度大学に入る子が、でかいカサゴを釣っていてうれしそうにしていた。

大学受験は、田舎の高校受験とはレベルが違う。

浪人しても志望校に受かる保証はないが、我慢して机に向かい不安と戦う経験は、貴重だと思う。この不安と戦うことは、社会にでたとき生きると常々思う。

大学に受かる努力の過程をともに過ごした塾生が、合格して最後の魚釣りでたくさんつれたのが、うれしかった。

若いときの苦労は買ってでもしろという言葉は、うそではない。苦あれば、楽あり。楽あれば苦あり。

不思議と浪人生だけがでかい魚を釣り上げた。ご褒美のような気がしてならなかった。

なんだこれは。

昨日、塾生の今度高3になる子が、センター 模擬試験の結果を持ってきた。見ると、文系88070人中10位。偏差値88,6.日本史100点、数学195点。これが今塾で学習している科目だ。日本史は3周目に入っている。国語がもう少しよかったら1番になっていたかもしれない。

なんだこれは。これが最初に成績表を見た自分の感想だ。

中学2年から予習中心にやっている。挨拶も出来、集中力がすごい。しっかり度が自分らとは違う。

正直自分がこの点数生まれ変わっても取れる自信はない。笑。

学習とかやり方もだが、彼女を見ていると人間が違う。学習とか、日々の生活習慣とか、生活態度も影響する

親のしつけかよくわからないが、学習は、集中力、素直さ、継続力が必要だと思う。指導者の言うことを素直に聞くことも大事だろう。

学習は、日々の積み重ねと生活習慣が大切だと思う。

 

学習障害があっても県立普通科合格。

塾生で、親がうちの子は学習障害と言われたんですがと言う子が、県立を受けた。もちろん学校の成績は悪い。2年間塾に来た。直前の塾の模試では最下位だった。特に英語と国語はどうしたらいいのかこっちも悩んだ。

でも後半になってよくわからないがさすがにあせったのだろう。学習にまじめに取り組むようになって、学校の実力も過去最高だった。とにかく、理科と社会と数学で点数を稼ぐ。しかもむつかしい問題は捨てて、半分以上とる戦略。あとは、運に任せる。

でも後半の学校の実力テストとか後ろに学校で、30人くらいいた。不思議な気がした。

思うに耳と言うのは大切だ。理科と社会などは何度も解説を聞かせた。脳みそに直結するのは、耳もだ。

もちろん県立でも上位の学校ではないが、学習障害があると言われた子が、県立に受かった事実は間違いない。

本人も相当喜んでいたが、親が電話の外で大声を出して喜んでいた。

耳は大切、反復も大切。原理原則を忘れるなとということだろう。やり方間違わなければ、誰でも伸びる。

でもやる気がないと始まらない。