鹿児島と宮崎の違い

これは昔からおもうことだが、いい悪いはべつとして、鹿児島と宮崎では、親の意識が違う。これは伝統なのか文化なのか。鹿児島というところは、スポーツでも芸能人でも多数の人材を輩出している。とにかく教育には熱心な人が多い。

高校時代鹿児島にいたので分かるが、いろんな面で出来る人が多かった。上昇志向が強い。

こっちはのんびりしている。のんびりしている割には、志望だけは高い人の割合が高い気がする。でも受験とか、知らぬが仏は通用しない世界だとおもう。

昨日もネットを見た鹿児島の親が、受験のことで問い合わせてきた。昔のことだが、鹿児島からわざわざ半年通ってきた人もいて、自分のほうが恐縮したこともある。

本物志向と言うのか、向上心のある人の割合が高い気がする。目的意識があり、田んぼ畑を売ってでも子供に学力をつけさせたいと言う伝統。こっちは、パチンコの数は、人口比で日本一。笑。

親がパチンコして子供に学習しろと言っても子供が、するものではない。中にはそうでない子もいるかもしれないが。それにしても、昔に比べても、2つの普通科のレベルは、格段に落ちている。自称進学校ともいえないレベルに一つの高校はなっている。専門学校に入るのさえむつかしい子が多い。昔の面影すら今はない。

宿題プリントは多い。山が直ぐ作れる。笑。

商業や工業高校に行ったほうがいいとおもうことがある。技術はない、学力つかないでは、まずいのではないか。

熱心な親は、地元の学校に通わせないのかもしれない。失礼だが、宮崎の私立とか通わせる親が多くなっているが、大して学力は伸びていない。推薦枠が多いぐらいだ。

学力は、何を使ってどうやるのか、組み立てが出来ないと何処に行っても同じだろう。

学校に行かなくても、早稲田に特待で入る子もいる。表面的な部分を見たり、人の情報に流されるより、根本を見ないといけないとおもう。

こっちで塾を長くやっていると、場所を変えたほうがいいのではないかとおもうことがある。笑。

 

大爆発

塾生が、国立2次で時間が余って見直したと言う。30分見直して、どう考えても9割近くは取れていると言う。現役のころなら半分も取れなかった言う。

前にも書いたが、演習はたくさん実戦形式でやるべきだ。大学受験、高校受験、中学受験の共通項だとおもう。科目数が多いとバランスも考慮に入れるべきだ。

初見の問題をどのくらい解く力がついているかが、最終段階なのだ。本番で未知なる問題を解く力をいかにつけるかが、もっとも大切な課題になる。

問われている基礎を瞬時に見抜き、解法が浮かぶくらい出ないと時間内に解けるものではない。

ここまでもってくるためには、基礎もやり、問題集もやらないといけない。何でも順序がある。

実践に強くなるためには、たくさんの問題を解いてなれることも必要だろう。いい加減にやるとまずいが、実践に強くなるための方策が、甘いと不発に終わるかもしれない。

基礎もない、問題集も反復しない、過去問の演習もたりない。これで結果を出そうとしても、空を飛ぶほどむつかしい。

基礎をやり、問題集を反復し、過去問を解いていく。この流れに乗れば、成功の可能性は高い。凡人は、確実に成功する道を選ぶべきだ。特殊な能力の持ち主のたどった道を選ぶとろくなことはない。また授業を受身で聞いて、合格する力はつきにくい。

誰でも成功しうる可能性の高い道を選ぶべきだとおもう。

大爆発を起こすには、やり方、順序と言うものがあるとおもう。

 

 

向き不向き

人間適性というのがある。仕事もそうだし、学習面でも,学校も、そうだろうと思う。

職業は、一番長く自分と向き合う。適性があっていて好きな職業に就けることが出来るのが一番だが、大学受験とかの段階でそれを見極めるのがむつかしい。人がうらやむような職業に就くことが幸せだとも限らない。

人生塞翁が馬。何がよくて何が悪いのかそれは分からない。いいことも悪いこともそのときの現象だろう。

大学受験で受かった人は、よかったと思えるだろうが、落ちたら不幸だとか思う必要はないと思う。

十分やりきってなくてまだまだ伸びると思う人は、それが出来るなら続けるべきだろう。やりきってこれ以上やれないとおもったら考えを変えること必要だろう。

やった分は、必ずお天道様が帳尻を合わせてくれる。努力した分は、必ず戻ってきてくれる。自分は今でもそうおもう。全て因果応報の原理で動いているような気がする。

因果応報は、悪い意味で使われることが多いが、自分はそう捉えない。報われると言うことも含んでいる。原因があって、結果がある。

結果は、何かの因果があってのことだ。これを見つけるのがむつかしい。自分も分からないことが多い。だから面白いのかもしれない。笑。

大切なのは、自分の適性というのを知ることだろう。失敗からも学ぶが、適性の合う事柄については、人間失敗しても、大きく飛躍するような気がする。

抽象的だが、自分の向き不向きを冷静に判断することも大切だとおもう。

大学受験は通過点に過ぎない。大きな視野で考えたほうがいいときもある。

 

反復しないと身につかないことが多い。

塾生だけではない。自分でも時々自分の解説した教材とか、他の人が作ったものとか、やり直すのだが、忘れていることがある。でも3回ぐらい連続で聞いたりすると、脳みそにこびりつく。

理解力も大事だが、復習とか反復しないと身につかないのが実感できる。若いならもっと覚えられるだろうが、忘れるのが早くなった。でも繰り返せば大丈夫だと分かる。笑。

20前後までならやり方しだいで相当できるようになるだろう。人間の脳みそは、大抵なれでどうにかなるものだと思う。最初は、覚えられないのが何度も繰り返して聞くと定着することが分かる・。

耳と言うのは、暗記と理解には欠かせないものだ。書いたり見たりだけでは、あまりに効率が悪い。自分らのような凡人は、耳、目、手を使って反復することが、大切だと思う。

今国立2次に、受験生は向かっている。早め早めの準備をするほど有利になる。どうしてか。

反復できる時間と自分の弱点をつぶすことが出来るからだ。忘れるということを前提にしないと学習はうまくいかない。これを前提にした学習のあり方が、自然だ。

分かったつもり、覚えたつもりの学習をしても本物の実力はつきにくい。

凡人は、繰り返せば繰り返すほど身につく。繰り返さないと雲散霧消の可能性が高い。

忘れる以上にまわせばいい。これが、どうやって出来るのかが一番のポイントだと思う。

赤本の解答の間違いに気付くか。

塾生浪人が、化学の過去問やっていた。解答がおかしいのではないかとF大先生が塾にいたので、質問をしていた。大先生もおかしいと言う。

つまり赤本の解答がおかしいと言うことだ。昔々のことだが、京大の物理か化学に出題ミスがあり、回答が出ない問題があった。試験中に受験生がそれを指摘し、出題ミスに大学が気付いたと新聞に出ていたことがある。

間違いを指摘した受験生は、すごい実力者で間違いなく合格しただろうと思う。試験中に間違いを指摘できるほど理解が深いと言うことだ。

たまには自分も参考書の説明や問題集の解答の間違いに気付くことがある。本に書いてあるから、全部正しいわけではない。暗記しよう覚えようばっかりでは、脳みそが腐る。覚えないとどうしようもないものもあるが、出来るだけ本当かな、これよりもっといい解法はないのかとか主体的に考えるようにしたい。なぜかが学習の根底にないとまずい。

間違いに気付くと言うことは、本当に理解していないと出来ないことだし、解答よりもっといいと解き方とか気付けばうれしいだろう。、

受験の先にも、学習がある。主体的に考えるということが、大事だろう。

F大先生の知識の広さはすごいが、分からないと直ぐに調べる。一次資料に当たるということだ。分からないと人に聞くのも大事だが、自分で調べることは、もっと大事だ。

解答の間違いに気付くような学習が出来るようになったら最高だと思う。

いよいよ明日から二次。自分の力を発揮してもらいたい。

国立高専3名受験3名合格

国立高専の発表があった。倍率は約2倍だ。ここ最近ではほとんど全員合格させてきた。 やり方は、単元別問題集で穴をなくしてから、国立高専の問題を解かせて、塾のパソコンで解説を聞かせて繰り返すことだ。

解説が音声とパソコンの画面に出てくるので分かりやすいだけではなく、自分のペースで何度でも反復できる。

受験とは、基礎を作り、穴をなくして、過去問を繰り返し、基礎に戻って、弱点つぶしてなれる。そして速く解けるようにするというシンプルなものだ。

難関だろうがなんだろうが、方法は一つの流れに沿ってやることだ。流れのない学習は、先が見えず力もつかない。

流れに沿って学習したい。流れに乗らないで、逆流をくりかえしている人も多い。

合格する流れというか、波に乗ったら成功の確率は高い。

よくがんばった

昨日浪人の塾生が、滑り止めとはいえない私立の工学部に受かった。現役のころからすると相当伸びたと思う。

国立前期のことしか自分は、頭になかったので、その子が受かりましたと言ってきたのには最初ピンと来なかったと言うより、合格発表のことを忘れていた。 携帯と受験番号を見せながら、その子の手は震えていた。よっぽどうれしかったのだろう。

実質倍率2,9。高校倍率0,96.私立だからと言って簡単には受からない。塾生でないが、理系トップクラスの子が私立全部落ちたと聞いた。そんなモンだろう。推薦と一般入試は、レベルが違う それにしても、よくがんばった。

何度も言うが、受かるのと受けるのとは違う。志望は高くてもいいが、問題のレベルも高い。 その浪人生はよくがんばった。勢いで次のステップに上がったほしい。自分は、努力する子が好きだ。 受かると弾みがつく。

これはいけるぞ。

浪人生で2次科目一科目の子がいる。

一番力がつくのは、理系科目は特に、自分の受ける学校の過去問を直前はするのと,同レベルの大学の過去問を解きまくるのが一番だと思う。必ず反復して解きなおすのが条件だ。解説教材があったら最高だ。

自分の受ける大学の演習を十分してからでないと意味がない。ところが、現役とか学校で自分の受けるない大学の問題プリントをやっている。何やってんだろうと思った。笑。

自分の大学をしっかりやって、その他の大学に行くべきだ。これをやればほとんど失敗しない。と言うか失敗した塾生とか今までいない。どうしてか。慣れるからだ。

基礎を作り、一冊の問題集で、標準的な問題になれる。それからが本当の勝負だと思う。ここのつめが甘いと難関は特に厳しい。

ところで、塾生浪人が、化学の問題を解いていた。すごいスピードで解けるようになっていた。聞くと全国の問題を、九州から解きまくって秋田まで来たらしい。スピードが最初とまったく違う。

本人も似たような問題しかないと言う。自分の大学はもちろん,他に30大学は解いたらしい。

スピードがつくと、まず失敗しない。ほとんど慣れると似たような問題に見える。瞬間的に解けるようになる。

ここまで仕上げるようにするにはどうしたらいいか。経験しないと分からないだろう。自分も子供を指導しながら成功法則を学んできた。

教えて分かったとか、本番では、通用しないことが多い。

時間内に問題がとけるかがすべてだ。子供の解く力を強くするのが一番だと思う。教え方がうまいのも大事だが、やり方を具体的に指示することはもっと大事で、子どもが素直なのが条件だと思う。

聞かないのに伸びるはずがない。笑。

その子は、本番でも成功する確率が高いと思う。

伸びるのは、一本道

昨日、小林校の高校2年の医学部志望の子の模擬試験の結果を見せてもらった。塾に入って半年位だ。数学の偏差値が、63,9から74まで上がっていた。

やるのは、塾の教科書解説を使って予習をしただけだ。

現役は、教科書の予習をしよう。

宮崎のセンター平均502点。東京の平均650点。岩手についでドベから2位。

小学時代の学習の甘さ中学受験がない。、高校入試の全入で高校受験競争がない、高校の教科書無視の宿題プリント学習の、3要素が原因だと昔から思っている。

スポーツと学習との両立が理想だが、東京とセンターで毎年150点もついている。、都会の子は意外と志望が現実的だ。もっと君なら上を見ていいのにと思うこともあった。 小学校からいろんな子がいて自分より能力の高い子もたくさん見ていて、クールに生きている感じがする。一概に言えないが、自分の能力とか適性を冷静に見ているような気がする。それがいいのか悪いのかは人それぞれだろうが、現実を見ているような気がする。

こっちだと公立中学でトップだと勘違いを起こしやすい親と子が多い気がする。どのくらいのレベルなのか実態がつかめない親と子が多い。 学習も積み重ねだ。小学、中学、高校の学習は、教科書にそって学習sいないと基礎出来ないが、高校分野の基礎は急に増える。公立でトップでも今の学校のやり方にそって学習すると卒業するころにはとんでもない学力になる子もいる。

大学入試は、教科書でたりるものではないが、教科書すら分かっていない子が多い。 親が都会だとほとんど大学入試を経験している。学校だけで難関に受かるなんて思っている親がどのくらいいるだろうか。

田舎の子が都会の子に勝つためには、予習をするしか凡人には方法がない。これは浪人した子がよく言う。授業の前に予習をすべきだ。基本は、教科書の予習だ。 これをしないと宿題と定期試験に追いまくられて、何をやっているのかすら分からなくなる。

浪人しても教科書はやるべきだ。そもそも自分の主体的な学習が出来ない。

ある塾では、高校生に宿題を出すと言う。都会なら分かるが、こっちの高校で塾が宿題を出すと言うのには、驚いた。塾もピンきりだ。 教科書を使わないと後半伸びない。

基礎がないのに家を建てようとしても建つだろうか。 何で平均が低いのか。実態把握が出来ていない。表面的な議論が多い。いや議論すらない。

田舎の子が、学習の素質がないわけではない。図抜けた子もいる。親が熱心だ。