自分の塾の受験学習

塾でどんな学習をさせたらいいのか試行錯誤してきた。パソコンを使うのは、効率よくやるためだ。人がつくったものも使ったが、自分たちでソフトはつくってきた。内容は基礎、応用、入試レベルがある。、どうやって使わせたらいいのか、なかなかおくが深い。

直接指導したほうがいいこともある。併用が一番だろうと思っている。

ただ受験前に効率よく学習するとなるとパソコンは威力を発揮する。倍速とか使えば、見直す時間が短時間ですむ。読む力のある人で高速で読める人以外の凡人は、見直すのに相当かかる。バランスよく弱点をつぶすには、読むだけの作業ではかなりきつい。これは自分が一番苦しんだからわかる。時間効率は、受験の生命線だ。

自分の今考えているもっとも効率のいい受験勉強は、ある程度基礎をいれ、入試問題が解けなくても答えを見て分かるレベルの人ーこれがかなりの割合を占める。基礎ができたから過去問を解く。必ず時間を決める。そして、パソコンで解説を聞く。そして間違いがわかったら、その間違えた基礎教材に直ぐ戻って周辺部分をパソコンを使ってつぶす。これを繰り返すと短期間でも得点力がついていくことが段々わかってきた。

塾生に実際使わせる。浪人生がいるので、いろいろつくっては試させる。伸びが、早い人もいるしそうでない子もいる。伸びない子をどうするかをずっと考えてきた。そして何がその子にたりないのかを探る。読解力や思考力が大切なのに行き着くことがある。

小学校からの積み重ねで読解力や思考力の上に効率のよい学習がプラスすれば、短期間でも伸びる子がいる。高校の範囲は、広い。思考力があっても効率のよい学習をしないと、なかなか志望校には受からないこともある。

小学校のころからの積み重ねの大切さを感じる。思考力と効率性がプラスすれば、学力は短期間でも伸びる。

基本を固めたら、過去問を解き、間違えたら直ぐにその基礎の周辺に戻ってつぶすという学習が、今の自分の考えでは、いいのではないかと思っている。

これをやり始めた子が、急に伸びだしてきた。塾生とともに学ぶという姿勢でいろいろこれからも試そうと思っている。

学習のやり方で子供の学力は大きく変わる。だからもっといいやり方はないかと今からも研究したい。

 

 

 

 

根本的思考法

どういう考え方で問題を解き、復習をしたらいいのか数学を例に考えてみようと思う。自分は、これを根本的思考法と勝手につけた。これは、昔からこれを塾生に指導するとき忘れないようにしようと思ったことだ。

入試問題などは、必ず出題者はある基本を本当に理解しているのかとか、基本と基本の関係、また複数の基本を使いこなせるのか聞いてくることが多い。

教科書が大切なのは、使う基礎が書いてあるからだ。

問題を解いてどの基本を聞いているのかまずわからないと解けないことが多い。補助線を引いたり気づかないと解けない問題も多いが、まず何かの基本を聞いていると考えて問題にあたらないと解決の糸口が見えないことが多い。

似たような問題しか解けない人は、問題の聞いている基礎まで戻りその構成が見えない学習をするからだ。暗記で通用するのは、定期試験までで、入試問題は、常に聞いてる基礎を見抜いて解こうとしないと手も足も出ないことが多い。

応用が利くとは、基礎の構成を見抜く力がある人のことだと思う。

できなかった問題ををどうするか。これも基礎の構成にまでさかのぼってやらないとたくさん解いた割りに点数が伸びないといううことになる。これが分かっていないと伸びない。

問題を解くときも基礎の成り立ちに気を配り、問題を解いたあとも基礎に分解して解きなおす。

こういう根本的な思考法で学習していけば、いやでも伸びていくだろう。参考書問題集いくらやっても伸びない人は、思考法が間違っているからだ。

これは、理屈ではなく実践でしっかり身につけないといけない。いい加減にやっていると実力はつかない。

理にかなった考え方で、理にかなった方法で学習すれば、必ず成果は出ると思う。

 

 

 

漢字が読めない。

昨日中学1年生が、質問に来た。先生、音読みと訓読みの区別がわからないという。びっくりした。

訓読みは、その読みを聞いてだいたいその漢字が何をさしているのかわかるもので、音読みは、その読み聞いてもいろんな字が頭に浮かぶものと言う説明をしたら、なるほどと感心していた。笑。

それから、具体的に漢字一つ一つを説明したら、塾長すごいと言われた。久しぶりに人にほめられた。笑。

それから、もう一人が来て中大兄王子をこれってーちゅうだいあにおうじーって読むのですかと聞いてきた。最初何を言ってるのかと思った。笑。それから、三世一身の法、墾田永年私財法が読めない。

それから、ーさんせひとみのほうーって習っていないけど覚えないといけないのかと聞いてきた。笑。

漢字が読めなくて、文章の内容がわかるはずはない。漢字を覚えさせないとまずい。小学校の先生もこれでは大変だろうと思う。

英語を小学校で導入とか言う前に、漢字を覚えさせる必要があると思った。

塾で漢字を覚えさせる時間をつくることにした。

骨のある問題を自分でとけるようになると楽しくなる。

基礎も大事だ。基礎を徹底して身につけたら、問題を解くのも大事だ。基礎を使って問題を解く。使う基礎が多かったり、使う基礎が何か分かりにくいのを難問と言う。

中学入試にしろ、高校入試にしろ、大学入試でも、基礎ができた人は、難問に挑むことも必要だ。簡単な問題だけだと力はつかない。これはスポーツでも同じだろう。剣道でも素振りだけだと、試合に勝てるはずがない。弱い相手だけだと腕は上がらないのと似ている。

基礎ができて、順序にそって標準的な問題がとけるようになったら、問題に当たることも必要だと思う。問題を解いて基礎に分解したりして、問題の成り立ちとかいろんなものを発見できるからだ。難関とかねらう人は、特に必要だ。

むつかしい問題は、自分で悩むときと復習するときに力がつく。いい加減にやったらまずいが、ある程度問題をこなしていくと、標準的な問題は直ぐ解けるようになる。

つまり大は小を兼ねるだ。でも基礎も十分でない人がこれをやると時間かけた割りに力はつかない。指導者にアドバイスをもらいながらやるべきだ。

言いたいことは、高みを目指して学習するなら、自分の頭を悩ますような問題に当たらないと力はつかない。悩んだ時間に比例して思考力がつく。ハードな訓練が脳みそを鍛える。できるようになるとうれしくなるのが人間だ。

教科書とか基礎をしっかりやってからにしないと空中分解を起こす。基礎力があるのが必要条件だ。

難問が少しづつ解けるようになると学習が楽しくなる。この楽しさを味わうと自分から進んで問題にあたるようになる子が多い。最初から、学習が楽しいかどうかは、人によるだろう。

分かってきて、解けるようになったら、学習も少しは楽しくなるだろう。分からない解けないから学習がおもしろくないのだ。宿題出さないと怒られる。点が悪かったら親から怒られる。こんな意識で学力がつくはずがない。基礎を作るまでは、おもしろみは分かるのがむつかしい。だから、基礎ができたらおもしろくなるよと子供に伝えるべきだろう。

塾生が時々学習がおもしろくなったと言う子がいる。そういう子は。必ず点数も伸びる。簡単な問題ではなくそれなりの問題が自分でとけるようになれば、学習に積極的になる。塾生にもニコニコしながら解説聞いたり、うなずいたり楽しそうにやる子がいるが、そういう学習ができたらいやでも伸びる。早く自分で学習を組み立てて、積極的に学習する姿勢をつくってやるのが大切だとおもう。

たろう君もこのごろ学習が楽しくなってきて、自分が何処まで点が取れるか楽しみになってきたという。学習のやり方は、大切だ。大抵間違ったやり方で学習している人が多い。やり方でこんなに違ってくるものかと本人は言う。

当たり前が、当たり前ではないことが多い。楽しくないと大きく伸びない。F大先生を見ていたらよく分かる。楽しくやろうと心がけるべきだ。

できないところ間違えたところを直ぐにつぶす。

人間怠け者だ。できないところわからないところを常日頃からつぶすことができるかが一つのポイントだ。模擬試験受けて答え見直すだけで終わるくらいでは、何も苦手を克服できないことが多い。

浪人塾生のおじさんが、医者で、その人は、仕事をやめてから大学入りなおしたらしい。どういう勉強をしているかとおじさんが塾生に聞いてきたらしい、塾で学習のやり方を説明して、できなかったところ、間違えたところをつぶしながら学習をしていると言ったら、それが一番いい学習だと言ったらしい。

その人も模擬試験とかで間違えたら、直ぐに単元に戻って苦手を克服したらしい。

はずかしいことだが、学生時代、自分はこの意識が薄かった。今はっきり分かるが、いくら基礎を一回ぐらいやって問題といたところで、分かっていないところは出てくる。これをどうつぶしていくのかが勝負だと言うことだ。前にも何度も述べたが、これが重要だ。

できなっかたことは悪いことではない。苦手を克服して受験日まで迎えるのがまずいのだ。点数にこだわるより、復習をしっかりやることが大切だ。

だから、それなりに学習面で結果を出す人の話を聞くと苦手を克服すると言う意識が強い。指導する側もされる側も常に何処が弱いのか、どうつぶすべきなのか探りを入れていかないといけないと言うことだ、

弱点つぶしが、受験勉強だ。直ぐにつぶす。そうしないと、苦手分野がそのままの可能性が高い。直ぐにつぶすことが大切だ。

 

ちょっとした差が大きな差を生む。

ネットを見ていたら、東大現役合格,旧司法試験一発合格の司法試験予備校の先生の話を聞いて、ためになった。その人は、学習のやり方とか考え方が、非常に合理的だ。柴田先生と言って、LECの講師をされている。

その人が書いていた本にどうしてテープ学習のような学習を高校生などがしないのか書いていたことがある。受験指導のトップクラスの人だと思う。自分も人から学ぶ。

その人は、受験勉強とは、弱点つぶしだと言っている。当たり前だが、これが強く意識されないと受験勉強はうまくいかない。その人も受勲勉強は、過去問をやることで、大学受験も資格試験も同じだと言う。これは自分でも分かっていた。

どうやって弱点をつぶしたらいいかと言うことが自分なりにはっきりしてきた。過去問をやって間違えたところをやり直すのは当たり前だが、それだけでは伸びない人がいる。似たような問題がきたら間違う可能性がある。

すぐにもっと基礎に戻らないといけないと言うことだ。たとえば、数学でベクトルの問題ができなかったら、教科書の戻って見直す。つまり基礎にすぐ戻るのだ。そうすると新鮮な状態でやれる。これが時間がかかるからやらないと言うかやれないかもしれない。

自分の塾は、教科書解説と言うのがある。塾生はそれを使うと聞くだけなら、ベクトル全部つぶすなら倍速使うと3時間で復習ができる。高速で復習は、授業ではできない。教えるほうが、持たないしできない。笑、

このようなやり方に変えたのだ。今までは、すぐには基礎に戻さなかった。システムは変わらないが使い方を変えたら、塾生がさらに短期間で急に伸びだした。ちょっとした差だが、自分にとっては大きな差に感じた。頭でぼんやりしていたことが、指導の方向性がしっかり見えてきた。

言いたいことは、問題といてできなっかたところをすぐに基礎に戻ってつぶしていけば、効率よく受験学習ができると言うことだ。

必要なところを満遍なくやると言うための工夫が、必要だと思う。自分の弱点をつぶすことが受験合格には、必要だ。画一的な宿題学習が成果が出ないのは、このブログを見ている賢者なら分かるだろう。

弱点をつぶすと言う意識を強く持って学習することが合格の近道だ。できなかったところだけではない、すぐに周辺部分もつぶしながら学習したほうが効率的だ。

受験前にやることは段々少なくなる。そっちがいいだろう。

 

これでいいのか日本の政治。

衆議院解散するらしい。選挙に600億かかるらしい。おかしくないか。まともな舵取りができる人がいるのか心配だ。成長戦略とか言うがそれが続くだろうか。企業だけの成長戦略だろう。それすらもむつかしい。

超高齢社会に突入する。高度成長期と同じように成長できるだろうか。

公務員の給与は上げて、選挙はするし、衆議院の定数はそのまま、社会保障費は上がる一方だ。出費を減らせば景気が悪くなるとか言うが、次世代はどうなるのだろうか。すべて、出費はしょうがないという理屈だ。

収入を増やすことを考えても、支出を減らすことを考えない。これでは、根本が解決できないのではないか。

給料が50万の人が、30万使ってもいいが、20万なら、10万にしないで、30万使ったらまずい。支出をへらすつまり倹約しないとまずいのに、おかしな方向で。その場しのぎ政策が多い。

選挙のためにご機嫌伺いの政治をしている。それも、輸出関連の企業を大切にし、農業とか切捨て政策ではないか。円高がまずいか円安がまずいかは、利益が立場によって異なる。

言いたいことは、収入を増やそうとする前に、支出を減らそうとしない限り、どうしようもないということだ。でもこんなことを言うと誰も政治家になれない。ジレンマだ。本当に日本の将来考えると思い切ったことをやらないとまずい。選挙で当選することを目的に政治をやる人が多い政治制度と風土だ。

当たり前のことを言ってるだけだが、収入増やすだけの議論で、支出を減らすことを考えず、600億使わせるのが平気な政治家ばかりじゃ、どうしようもない。

選べる政党がない。くじで選ぶほうが、まともな政治家が増えるような気がしてならない。

おかしいのに気づいてそれを変えればうまくいく。

斉藤一人という大金持ちがいる。その人は、日本で一番納税額の多い人らしい。中卒だ。言ってることが、鋭いし的を得ている。その人の本も持っている。ネットでも話をしている。下手な説教聴くよりためになる。根本が分かっている人だと思う。別に金持ちだからというわけでもない。レベルが違うのだ。

その人が、うまくいかなければどっか自分がおかしいと思えと言っている。そのとおりだと思う。すべてそうだろう。貧乏がおかしいとおもわないと貧乏なまま、仕事がうまくいかないとき何かがおかしいと思わないとうまくいかないまま、つまり自分がおかしいからうまくいかないということだ。それを変えていかないとどうしようもない。しかし、ポイントをはずすとまたうまくいかない。

成績が伸びない、受験で受からない、何かがおかしいからうまく行かないだけだ。つまり人のせいではなく、どっかやり方とか考え方がおかしいからと考えて、素直に原因を探って、改善し実行しないとうまくいかない。学習しないと始まらない。学習もしようとまじめに取り組まないで、学力がつくはずがない。

でもやったつもりでも伸びない人もいる。どっかおかしいから伸びないのだ。だから、どうやったら伸びるのか,そのひとなりに改善しないといけない。自分でできればそれがいい。でも、自分もそうだが、教えを請う必要がある場合が多い。人から学ぶことも必要だろう。

うまくいかない原因は何かとか、どうやったらうまくいくのか考えて学習しないと、社会に出てからもうまくいかないとき、どうすればいいのか考えられないで、社会のせいとか、会社が悪いのとか人のせいにするだけで何も進まない。

斉藤さんは、中卒だからよかったという。中卒だからがんばれたと言う。そういう考えがいい。進歩するために生きていて、問題があったら大変だと思わないで神様が与えた次のステージに上がるチャンスを与えたと考えるべきだという。

過去を全部プラスに考えたほうがいいと思う。

問題がないほうがおかしいわけだ。何かがおかしいからうまくいかない。それを見つけて解決するしか手がない。真剣に考えてやってうまくいかないときは、その原因を探るほうがいいと思う。

何かがおかしいからうまくいかない。理にかなったことをやっていけば、うまくいく。当たり前だが、解決は、本人の頭の中にしかない。

これは、自分でも忘れないようにしたいことだ。

 

問題解くだけでは少ししか伸びない。

塾生指導といっても、高校生と浪人生を見ていると、高校生は、問題を解きたがるくせが強すぎる。これは、宿題学習の弊害というか癖なのだろう。

プリントとか問題は解くが、基礎に戻ろうとしない。教科書とか参考書とか本で学習することが、できない。本をじっくり読むということができない人が多い。

宮崎県特有の学習だろうか。本というのは、目次というのがあって、自分の弱点をつぶしたり、本で学習しないと何をやってるのか分からなくなることが多い。

塾生見ていて分かるが、伸びる子は、問題といて必ず、できなかったところを基礎に戻る。弱点をつぶす作業が受験勉強だ。弱点が、段々なくなればどうなるか。

結果がよくなるに決まっているだろう。でも問題だけでは、その場限りだ。宿題出すにも本で出すべきで、そういう科目もあるが、プリント学習が多い。そうなると、プリントやったら、学習が完了することになる。そこから本当は学習が始まるべきだ。

基礎を身につけ、問題を解き、弱点をつぶす。そしたら、本に戻らないといけない。戻っても忘れるから、何度も読む。これが、まともな学習だと思う。

型が崩れている子が多い。問題だけでもある程度伸びるが、頭打ちになる。

本で当たり前にやるということができなくてどうして高い学力がつくだろうか。

できるやつは、本を使う。当たり前だろうと思う。

 

 

やり方変えればたろうでも伸びる。

たろうは伸びないとか、一浪は伸びるが、二浪以上になると伸びないというが、そのとおりだろうと思う。これは、学習のやり方を変えないとそうなる。

このブログを見ている賢者ならお分かりだろうが、基礎ができていないか、問題演習がたりないかが、受からない原因だ。

たろうは、医学部に多い。10万人の医学部志望者がいるらしい。ざっくり言うと私立と国立合わせると1万合格者はいないから、10倍の倍率と言うことになる。

これだけいれば、たろう君も多いわけで、国立センター8割5分以上、2次7割が最低の相場だ。私立も昔とは違う。浪人がわんさかいる。

自分の友人の知り合いの娘さんが、九大の歯学部には受かったが、私立の医学部は、6校受けたが、1次にも受からなかったと言う。昔なら考えられないことだろう。

簡単に言うと基礎が相当しっかりしていて、問題演習を十分やって、穴をなくさないといけない厳しさが違うだけだと思う。 たろう君が塾にもいるが、1年足らずでで相当伸びた。総合で、去年より偏差値10以上伸びた。

数学も教科書からやらせ定理公式も証明させ、苦手な英語も単語を徹底して覚えさせた。理科も教科書からだ。基礎ができていないと問題演習だけでは壁を破れない。高速で基礎をまわすには、パソコンしか凡人には手段がないと思う。

基礎を固めるのが一番むつかしい。これができないと医学部受験は特に苦しい。演習だけでは、厚い壁は破るのがむつかしい。大抵基礎に穴があいてることが多い。これに気づかないのか無視しているのか。参考書いくらやっても根本の部分は、見えない。

それから過去問を相当解かせた。問題も徹底して反復させた。本人も驚くほど点数が取れだした。

大手に何年も行って受からない子供は、最後はあきらめたほうがいいと勧告を受けたらしい.そういう子を受からせるという目標を持つとやる気になるものだ。 学校から無理だとか、予備校でも無理だという子を受からせるほどやりがいのあるものはない。 こっちもがんばるだけだ。やり方変えれば、子供は伸びる。 結果が楽しみになってきた。