早稲田特待

自分も塾を長くやっているが、早稲田に特待制度があるのをこのごろ知ったし、そういう人がいるのかすら興味がなかった。そんな人めったにいないだろうぐらいにしか思わないし、受験で受からせるだけでも大変なことで、関心ごとは受かりそうもない人をどう合格させるのかに毎日のエネルギーを使う。

高認つまり大検の子が、早稲田の特待で受かったのを母親から聞いたのだ。一年半塾に通った。伸びた子は、たくさんいるが、偏差値が40から80越えした子は初めてだった。40以上偏差値が上がった。一科目だけではない。最初は,仏教大が第一志望だった。目標は高く持ったほうがいいとこっちから薦めた。本人無茶すぎると言っていた。伸びそうな子は、話すと分かる。

なぜ不登校になったかは、学校の多くの生徒が宿題をお互いに見せ合うのに、疑問を感じたことと、学習の学校の進め方に疑問を持ったことが大きい。理屈っぽく理論派でこだわりがあった。

中学からやり直した。特に英語は、ほとんど0に近かった。基礎を固め、教材をパソコンで何度も繰り返して基礎から、応用そして実践に向かわせた。段階的に効率よく、忘れちゃ繰り返しの連続だった。最初塾にも足を運ぼうとしなかった。少しずつ、学習のやり方説明して、伸びだしたら素直に聞くようになった。

ある程度まで伸びると壁がくる。その壁一つ一つをどうすれば良いのか、こっちに聞いてくる。こっちもアドバイスをしながら,山の壁をよじ登っていったという気がする。

最後になると過去問をコピーして、何度も解いていった。スピードがついた。これなら受かるだろうと思っていた、母親が、ホテルで解くスピード見て驚いたと言う。解いた問題量、スピードともに、ふつうの人間では勝てないレベルになっていると思った。本人のがんばりはたいしたものだった。やり方がわからないとやる気も出ない。伸びるからがんばれる。不登校のような子が、化けると伸びがすごいことがある。

受験合格にはコツがある。塾生指導から、いや塾生から伸びる方法を教えてもらったと言える。経験でつかんだものは大きい。内容だけ教えて、伸びるのはほんの初期段階だと思う。効率よく最後は、子供が自分で学習しなければ大きく伸びないと思う。

どこで学習したから伸びるという保証はない。学習のレベルや理解度は一人一人違う。よく大手に行って伸びず、何年かしてこっちに戻ってくる子がいる。基礎のいれこみが一番大切で、一番きつくてむつかしい。これをはっきり分かった指導者に指導してもらわないとなかなか伸びないのではないかと思う。基礎が一番。あと過去問。反復。シンプルにやったほうが結果は出やすい。

やり方とやる気で子供は、激変することがある。方向性を示すのが、指導者の役目だと思う。

200回以上できました

スタップ細胞の女子の会見で、本当にあるのですか、という記者の質問に対して大きな声で200回以上ありますと答えた。それまで目もうつろで何を答えてもはっきりと答えなかった人が大きな声ではっきりと200回以上できましたと答えたとき、これはうそだなと思った。

塾を長く経営していろんな人を使っていると、とんでもないことをやる人がいる。自分は、高校大学とそれなりにまじめで誠実な人間が多かったし、犯罪になるようなことを大人になってもやる人間と言うのを見たことはなかった。それが塾を30年人を使っているととんでもないことをやる人間がいるということを知った。それも一人ではない。

今の塾に携わっている人たちは、誠実で信用の置ける人たちだけだ。詳しくはかけないが、とんでもないことをしでかした人間と言うのは、問いただすとほとんどしどろもどろが、ある瞬間大きな声でうそを言う。

パターンとか型というものがある。決め付けるのは良くないが、あの会見見る限りでは、うそを平気で言う人だと思った。

学習とか学問と言う前に、うそをそれも他人が迷惑になるようなことを平気で言う人間になってほしくない。

小さいころによく昔の人は、天網恢恢疎にして漏らさずとか、お天道様が何時も見ているよとか言っていた。そういう教育の上に学問とか教育があるべきだと思う。

何をやるか

何をやるか。これが分からないと話にならない。これについてはいろんな考えがあるだろうが、大学受験について考えると、教科書、問題集、過去問の三つだろう。

昨日自分の息子が電話で、現役で北大医学部受かった子は、学校の授業無視して、教科書と問題集と過去問やりまくっていたらしいと言っていた。そのほかの子も似たようなやり方だと言っていた。それは、自分が昔から言っていたじゃないかと言いたかったが、またけんかになるので黙っていた。

何をやればいいのか。これを分かるだけでも相当現役とかだったら賢い。ベネッセの問題集やどこから切り取ったか分からないプリントで無駄な時間を浪費しているのが現実だが、時間の無駄と言うものだろう。

何をやるのか間違えると、予備校や塾に行ったところで、時間と金を浪費するだけだと思う。自分がかけているのは何か、なにをやるべきなのか良く考えて学習したほうが良いと思う。基礎力なのか、応用力なのか、実践力なのか。それぞれについてやるものが違うはずだと思う。たいてい基礎ができていないことが多い。

現役で難関に受かる子は、しっかりと自分の考えを持っている。それをサポートするだけでいい。自分で学習する時間を邪魔していることで、伸びるはずの子が伸びないことのほうが多い。

自立学習ができる子が、力もつくし伸びる。教えてできるようになるのは、初期の段階だろう。分からないところだけを教えれば十分なことが多いし、そうでないと伸びない。

何をやれば良いのか指導者が言っても、ピントはずれだと大変なことになる。まず何をやるのか正しい選択が合格の第一歩だと思う。

教科書、問題集、過去問、これで塾生を今からも指導したいと思う。

 

なぜか

学習するするとき常になぜかと考えて学習する必要がある。ただ暗記しようと意識して学習すると、覚えられないだけではなく、学習が苦痛になる。

数学など高校生になって公式を覚えるだけでは、どこで使うのかすら分からなくなる。そういう根本を欠いていて学校の授業に出て、宿題に追いまくられ、定期テスト前は丸暗記。そういう学習をしている子は、多い。これで難関とか受かるはずがない。

英語でも、どうしてこういうなるのか訳になるのかとか文法の基本からなぜかと考えないとどうしようもないことが多い。他の科目もなぜこうなるのか、常に意識する必要がある。

問題は、全部なぜかと考えながら学習するときりがないことだ。暗記しなければどうしようもところは覚えなければならないし、覚えるところとなぜかと考えるところのバランスがむつかしい。できる人はこの区分けがうまい。

これは、大学に入ってからも同様な局面が出てくる。、なぜかなぜかと意識しないと学習それ自体が面白くはならないだろう。

知識それ自体は、社会に出てから役に立たないことがあるだろうが、なぜかと考える習慣だけはつけておいたほうが良いと思う。いろんな局面で役に立つ。

読んだ本の多さより自分の頭で考えることのほうが大切だ。知識を習得するだけでは意味がない。指導するほうは、なぜかを意識させることが大切だと思う。

宿題出して、はんこを押すだけなら、小学生でもできる。なぜかを意識させる指導が求められている。これは、学校だろうと塾でも同じだろう。

継続

継続は力と言う。確かにそうだろう。でも成果の出ない学習をいくら続けても、受験にしろ学力向上にしてもいい結果は出ない。学習はやればいいというものでもない。

正しい考え方で、成果の出るやり方で、継続しないと力はつかない。だから、学習のやり方にこだわってきたつもりだ。ある意味学習のやり方を教えるのが指導者の務めだろう。

塾生に聞く。学校でどういう勉強のやり方をやれと先生は言うかと。ほとんど宿題をやれの、学校のいうとおりやればいいと言うらしい。内容がないことのほうが多い。もちろん正しい学習のやり方の指導はしておられることもあろう。残念なことに高校生の塾生に時々学習のやり方を説明しても興味を示さないこともある。何をどうやればいいのか悩まないほうが不思議だ。学習が作業や義務になっていることが多い気がする。

伸びようとしたら悩むはずだ。悩んで人の話しなり本とか読んで自分なりのやり方を確立しないと本物の学力がつかないだろう。

宿題するのが学習では、伸びるほうがむつかしい。基礎がないうちの演習ほど効率が悪いものはない。基礎ができたら意味があるが、ほとんどできてないうちの演習が多い。学校だけの問題ではないが、基礎ができていない子が多い。悪循環が続く。模擬試験の平均見ればどんなに分かっていないか.よく分かる。現実は厳しい。国公立の推薦がなくなったら、大変なことになるだろう。

浪人生になって今までまずいやり方をやっていたことに気づくようだ。そして、学習は基礎を十分入れ込んでから、演習をし、基礎に戻ることだ。当たり前の学習の原理に立ち返ると大きく伸びることに気づくようだ。

正しいやり方で学習しないと本当の学力はつかない。継続は力だが、継続するだけでは成果は出ない。間違った考えで続けると、成果が出ないだけではない。正しい考え方に戻すまでにも時間がかかる。学習とは何か。もっと根本に立ちかえらないと、この地区の子供は学力がつかないと思う。

今は、さすがにどうやったら学力がつくのかはっきりと分かるようになった。でも本当に分かったと自信があると言えるまでには相当な時間がかかった、分かってしまえばどうすれば良いのかむつかしいことではない。

基礎の入れ込みと問題演習を、しっかり分けて学習するのが大切だと思う。

バランス

受験勉強において特にバランスが大切だと思う。受験科目は複数科目ある。合否もほとんど綜合点で決まる。ひとつの科目が抜きん出ていても、苦手があると足を引っ張られる。特に難関では、苦手科目があるとかなり危険だ。

バランスよく学習するというのは、簡単そうで実はむつかしい。好きな科目は良くやるが、苦手科目はなかなかやらない。分からないだから、できない。そして点が悪い。ますます嫌いになる。因果応報なのだが、苦手を克服するのは容易ではない。なぜかと言うと基礎のいれこみが足りないのが、苦手の原因。その基礎の入れ込みには相当な時間と本人の自覚と根性が必要なのだ。学校の授業を聞いているだけだと、高校分野になると苦手はほとんど苦手で終わる可能性が高い。興味とか楽しさ味わう前に量が多いのがひとつの原因でもある。

また、ひとつの科目においても、内容のバランスが大切だ。つまりインプットとアウトプット。基礎の入れ込みと問題演習をよく考えて学習しないと伸びない。

学習は、やり方とか時間配分を考えないとまずい。計画立てるにしても、科目間のバランス。科目内の学習内容のバランス、そういう配慮が必要だ。そして受験では、やり方を考えないとモグラたたき状態になる可能性が高い。

ひとつの科目に力を入れました。伸びました。でも他の科目はだいぶ忘れました。総合的には伸びませんでした。こういうのが多い。実は、むかし自分も同じだったから良く分かる。

それではどうするのか。ひとつの科目にかけ、仕上げる時間を短くするか、または根性と努力で学習時間をふやすしか残されていない。塾生も自分のことを考えても苦手を根性だけで克服するのは現実は困難だろうと思う。

人間は、忘れる動物だ。 これを考慮に入れないとうまくいかない。

短い時間でも本を高速で読めれば、複数の科目を学習できるようになる。短時間で、特に基礎のいれこみができるようなやり方をとらないと、特に5教科7科目の国立大入試は、モグラたたき状態になる可能性が高い。基礎のいれこみは本人まかせと根性論が多く、無策なのが今の教育に多いような気がする。一回ぐらいの説明で理解し覚えられる人間のほうが少ない。教えました。覚えてるでしょう分かるでしょう。こういうのが多い。現実は、違う。

バランスよくやるのが大切だと言うのは、受験だけではない。これが崩れるとろくなことはない。人生バランスが根本だと思う。

 

 

 

問題演習の復習

受験勉強で大切なのは、時間を決めて過去問を解くことだ。できなくても良いからある程度基礎ができたら、時間を決めて問題を解く。これがポイントになる。何時まで経っても参考書つぶしたところで、実際に問題を解く力をつけないと難関になるほど合格できない。

復習をしてできなかったところはどうして間違ったのか、基礎ができていないのか、問題文の読み違いなのか、分析する必要がある。伸びる子、できる子は、間違いの原因追究が的確だ。いい加減にやると歩留まりが悪くなる。

そういうことをいう自分はどうだったかと言うと、復習がいい加減で、今から振り返るとなにやってたんだろうと思うことが多い。指導者は、自分を反面教師として指導することがある。自分の場合は、ほとんど自分のやったことの反対の方向をを塾生に指導する場合が多い。

失敗したというの意識の薄い人は、指導者に向かないと思う。なぜかと言うと、伸びなかった原因が本人にないか、あっても自分のやり方に疑問を持たないからだ。進歩がないことが多い。

現役なら予習をすることと、問題演習や模擬試験の復習に手を抜かない。この二つを肝に銘ずるべきだろう。 予習をする、そして復習をしっかりやる。これができれば、学力がつかないはずがない。

それから大事なことは、もう一度時間を短くして解きなおすことだ。満点取れないならいい加減な復習と言うことになる。これを着実にこなすと恐ろしいほど伸びる。

人の解説が大切なのは、特に導入部分だ。多くの場合、演習段階ではない。授業に受験直前に出るにしても、気分転換のつもりで出るべきだ。聞くだけでおわるような学習をするべきではないだろうと思う。

 

 

歩留まり

歩留まりというのは、生産品のの不良品の割合のことだが、学習においては、歩留まりがいいというのは教えた内容の理解度や記憶量の割合が高いことだ。これは個人差があるのは確かだ。

教えてもやらせても確かに個人差がある。また、科目によっても同じ人でも違うもの。一般に能力が高いとか頭が良いとか言うのは、歩留まりがいいということだと自分は理解している。

歩留まりのいい子が集まっているのが、いい学校で、歩留まりが悪いのが集まっているのがそうでない学校というわけだ。だから、学校というのは、優秀な歩留まりのいい子を特待でとったり、大手予備校も学費を成績で割り引いたりあの手この手で歩留まりのいい子を集めようとする。

予備校によっては、学校と提携していて校長が退職したあとに、予備校の校長に天下りをしている例を実際知っている。こういう学校は、成績上位者を優先的に予備校に送り込む。

こういうのは現実でそんなもんだよと言われればそうだが、育てて伸ばすのが教育ではないだろうか。きれいごとではなく、歩留まりの悪い子でもやる気があれば伸ばすのが教育だと思う。そういう部分がないとロマンがない。

成績の悪い子で伸ばす方法はないものか。田舎の子でも都会の子を短期間で抜く方法はないか。歩留まりが悪くても、本人がやる気があれば、志望校に受かる方法はどういうものなのか考えてきたつもりだ。

個人の素質に依拠するのが、教育だとしてもそれを少しでも変える。常識的な方法から非常識な方法をとって、非常識な結果を出そうと努力してきたつもりだ。今からでもそういう方向で精進したい。でも、非常識が常識に変わることはいくらであると考えている。

 

学習は本を読むということが、大切だ。教科書を読んだり、参考書を読んだりは、小説や簡単な本とは違う。なぜか。書いてある内容が、初めて聞く言葉だったり、聞いてもイメージがわかないからだ。化学や物理の苦手な人は、言葉の意味がつかめなかったり、物質が固体なのか液体なのか分からなかったりする。本を読むとき、書いてある言葉の意味があらかじめ脳みそに入っていれば、つまりは、概念がつかめていれば、たいしたことはない。しかし普通それをよく分かっている人から説明を受けないとどうしてもイメージがつかめないのだ。そこを説明してもらうために学校はあるのだろう。つまり耳で理解するほうが楽に分かる。しかし、現実は、宿題と問題演習が中心の場になっているような気がする。教科書を丁寧に分かりやすく説明できる先生が最高の教師だと思う。

実際、元塾生で、旧帝大の大学院を出た人の物理や化学の音声のついた塾の教材を時々聞くのだが、目からうろこ、とてもよく分かる。耳で説明を聞きながら本を読むとどんなに分かりやすいものか体験したものでないと分からないだろう。集中力が続くのが一番大きい。タイムスリップできるなら、自分ももう一度やり直せるとおもう。でも本だけならやる気はしない。

苦手な科目というのは、言葉の意味が分からなかったり、基礎的な部分を理解していないことがほとんどだ。人の分かりやすい説明を聞きながら、本を読めるなら、苦手科目が、苦手ではなくなり、得意科目に変容することがある。

基礎もできていないうちから問題を解かせたり、宿題やらせたりしたところで、まったく力はつかない。基礎を身に着ける段階では、特に耳学問が大切だと思う。

本そのものを音声とペンで説明する教材の必要性は、今の子供には必要だ。特に教科書そのものを解説する教材の有用性は、塾生を指導していて、高いと思う。

 

 

 

教科書

どうやって学習すれば良いのか。学習は、原理原則というのがある。実は、自分は学生時代分かっていなかった。簡単に言うと教科書を軽視していたと思う。小学から中学受験して鹿児島ラサールに入ってからおかしくなった。学校が悪いのではないが、いろんな教材をこなさねばならない。しかも周りが理解力が半端ないくらい高い人が多いので、何をどうやって良いのか分からなくなっていた。特に理科と社会が酷かった。

学習というのは、基礎をしっかり身に着けてから、十分理解してから問題を解くべきだ。解けなかったら、もう一度基礎に立ち返る。これを守ることだと思う。基礎というのは、理科とか社会などは、教科書に書いてある。中学受験のころは、5千題という参考書を何度も読んだ。教科書だとほとんど対応できなかった。それがいけなかった.この時期に、教科書使ったところで学力はつかないととんでもない誤解をしていたような気がする。

高校の教科書は、それまでとは違って特に重要になる。

高校になると教科書を読んでも、特に理科はさっぱりだった。説明は自分で読んで調べてから授業に出ないといけないが、授業の進度が速いのとおつむの回転が足りないのとで大変だった。でも授業がすばらしかったかと問われると、お世辞にもそうですとは言えないような気がするが、実際はいい授業だったのかもしれない。同窓は自分で教科書や参考書を学習する力があったのだろう。たいてい東大や京大。国立の医学部に入学した。

教科書は、巻末を見れば分かるが、一流の先生が書いておられる。これは、大学の先生方だ、一行、一文に基礎が凝縮されている。よく教科書は無味乾燥と言われることがあるが、しょうがない。基礎が凝縮しているので無味乾燥になるだけだ。これを丁寧に解体し、膨らませて、分かりやすく伝えるのが学校の先生の仕事だろうと思う。残念なことにこれができていないことが多い。高校で教科書を使わず、自分でプリントを作ってやらせる人が多い。これで学力がつくことは少ない。見直しがしにくいし、目次がないことから体系的な学習がしにくいからだ。

自分たちの塾では、パソコンで教科書解説という教材を作っている。塾が教科書を解説しているというと、商売になりにくい。でも、高校生の大半は,教科書が分かっていない。教科書が分かったらどうにかなるというのが良く分かる。教科書は、何度でも読むべきだ。教科書は、どこまで押さえればいいのか基礎の枠組みが見えるのだ。参考書は不要なことが書いてあったりもする。教科書を基点とすべきだ。書いてあることが、頭の中に入ったら、少なくとも苦手科目にはならない。