中学受験の功罪

中学受験ほど指導する立場からすると、大変なものはありません。難関私立になれば、普通の高校生では合格点を取ることができません。時々やらせるとこんな問題小学生が解けるの?と言います。実は、小学生だから解けるのです。特に、算数と理科は、子供の思考力を育てます。自分の経験から、上位の成績で行けるなら、難関私立に行くのはいいですが、下から3分の1に入るようなら地元の県立の上位高に入学して、塾に通った方がましです。ただ、優れた友人は、一生の財産になるので、どちらがいいともいえません。わたしは、小学生のころの学習が、とても大切だと思います。学校の授業を大切にしつつ、将来大学まで行かせるなら、その子に合った塾を探し、考える力を身につけさせる。競争で鍛えるやり方は、勝ち組と負け組みを小学のうちからつくり、本当の学習の面白さを無くします。素質のある子は、中学入試の問題で思考力を身につければ、私立に行かなくても十分、適切な指導者を見つければ、ぐんぐん伸びます。思考力の養成の視点から、小学生は、指導するべきだと思っています。不思議なことに、基礎ばっかりやらせると子供は飽きます。基礎と応用のバランスが、大事だと思います。

問題を解くということ

問題を解くということがいったい何なのか。また、問題を解けるということは何なのか。結局この当たり前のことを、自分も意識しなかった。しかし、塾生を指導していて、学校の指導を見ていて、このことをはっきり自覚させることが大切だと思うようになった。出題者の意図を見抜く。それは、基礎の理解を、どの問題でも聞いている。難しい問題とは、基礎をたくさん聞いており、簡単な問題とは、基礎が少ないにすぎない。この根本を理解すれば、どのような学習をすべきなのかが分かる。意外とこれが抜けている。受験勉強も、この視点があれば、楽しさが生まれる。

受験の鉄則ー最後よければ全てよし。

きのう保護者が来ました。その子は、高1です。その子は、中3の終わりには、地区の中三模試で地区で1位になりました。ところが、高1の進研模試が悪かったので、親が心配してこのままでは医学部は無理じゃなかろうかとか、塾の指導内容に疑儀を唱えて来ました。いろいろ説明しましたが、心配しています。目先のテストばかり気にするとろくなことにはなりません。わたしは、その子に高校の教科書の予習をパソコンを使って予習させているので、高2までにすべてを終わらせ、高3で演習を徹底させれば、素直に聞くので受からせる自信があります。後半に伸ばす戦略なのです。ほとんどの人は、ずっとよい番数をとり続けなければならないと思い込んでいます。基礎を入れ込めば、後半の追い込みで伸び合格します。学校の成績、模試の成績より早く基礎をつくる戦略は、難関になればなるほど必要で、最初から難しい問題ばかりするのは、非常に危険です。高速でまわすために私は、パソコンを使います。難関に受かりたいなら、早く基礎を完成させ、演習の量を多くする。これが理想です。問題を解く楽しみが味わえます。後半の仕上がりがすべてです。途中の結果を気にしすぎるとろくな目に会いません。

受験参考書の無駄

私は、たくさんの受験参考書を持っています。でも一番安心して読めるし、力がつくのは教科書だと思います。もちろん基礎力の段階のことです。浪人もいますので、自分の苦手な科目まで勉強しなおしました。教科書は、簡潔に書いてあるのでガイドを使います。参考書は、確かに詳しかったりしますが、教科書ほど安心して読めるものはありません。どこまで押さえればいいのかはっきりするのです。基礎がどれほど大切なのか今になってひしひし感じます。高校時代振り返ると苦手な科目ほど教科書を、しっかり読んでいません。教科書を、読んだからといってすぐには、入試問題が解けるわけがないので、参考書に走るのです。教科書を、しっかり3回ぐらい回してから、問題集、参考書にはいれば、得意科目になる可能性が大きい。これは、特に高校生に言いたい。参考書から入るとろくなことには、なりません。当塾は、教科書解説する教材をつくっています。基礎がしっかりしていないのに問題演習しても力は、つきません。センター試験など絶対教科書です。これを読まないで予備校の参考書読んでも穴が出ます.予備校に行くとしても教科書は、大切にすべきです。

県立高校の宿題の多さ

わたしが、塾をしていて1番疑問に思っているのが、県立高校の宿題の多さです。高校の先生は、たぶん他の科目の先生と話をしていないのではないかと思うのですが、とにかく各科目出ます。高3のセンター前はもちろん,2次前にも出ます。休みの時には、見ただけでもうんざりするくらい出ます。とにかくプリントとして出ます。しかも、それを授業で復習するならともかく、答えをつけている場合が多いので、教科書の基礎もできていない生徒は、提出しないと怒られるので答えを写して提出するだけです.そして、それが試験範囲になっていますので、テスト前は暗記してそれでなんとかしのぎます。高3でも、定期の平均は80以上です。そういう学習をつづけたらどうなるでしょうか。この地区の塾の先生も高校生を指導している先生はまじめに取り組んでいれば、悩むのです。みな同じことを言います。そして、毎年センターの平均は、毎年ビリです。塾の力では、限界があります。自由な時間つまり自分で課題や弱点を見つけて学習する時間がなさ過ぎるのです。いったい何をどのように学習すればいいのかもっと話し合ったほうがいいように思います。子供が、伸びません。けっして学校の批判をしているのではなく、改善してもらいたいのです。中学までいた生徒も宿題の多さから塾に残る生徒はごく一部です。そのあとが伸びていません。学習は、やり方、考え方がしっかりしていないと伸びるどころか、面白くなくなり、いやになります。いつまで、こういう学習を続けるのでしょうか。

塾の面白さ

わたしは、経営に苦労はしますが、塾はやりがいのある仕事です。人を使うことの難しさも勉強になりました。やはり絶対無理と言われた子供を合格させたり、成績を急激に上げさせたときの子供が喜んだときの顔、親の嬉し涙、そのたびに勇気づけらました。もう一度生まれ変わったとして、何をしたいですかと聞かれたら、迷わず塾長をしたいと答えます。ある女子の塾生が、塾長は塾長として生まれてきたような気がする言いました。ほかの能力はまったくないのは自覚しています。ただ自分の目標に向かって努力するだけです。

子供を伸ばすコツ

こどもを伸ばすためには、その子供の性格をつかみ、適切な教材を与えること、自分で考える力をつけさせる。これらは、もちろん大切ですが、子供を本気でほめることです。自分の子は、なかなかほめられないのです。子供は、ほめられることを望んでいるのです。いつもほめていたらうそになりますが、子供も満足したときに、この難しい問題よく解けたなー、きみが本気になったらもっとすごくなるぞー、きみなら一番になれるなー、すごいぞこんな成績とるなんてー、とにかく厳しく指導しながら、本気でほめれば子供は伸びます。、やり方とやる気の二つを同時に向上させるのは、、学校と違い、短時間であげなければならないので、至難の業なのです。本気でほめれば子供は変わる可能性があることは、間違いありません。

学校は、なぜ塾が嫌いなのか

きのう、塾生の保護者が、県立高校の普通科担任が保護者に宛てたプリントを持ってきた。その中に、塾について書いてあり、簡単にまとめると、塾に行くのは、自由だが金の無駄だから行かないほうがいいという趣旨のことが、書いてあった。その県立高校は、実績が上がらないので名前を変えたクラスを作っている。たまたま高1に上位人が集まっている。そのクラスは、九大見学をしたあと、北九州にある予備校に生徒を、引率している。塾には行くな、予備校なら自分たちより上なのでいい。塾は、教員試験に受からない馬鹿が金儲けのためにやっているのでだまされるなと思っているのだろうか。昔、当塾の女生徒が、九大の法学部に3人受かった年がある。そのとき校長がえらく指導のよさを自慢したと、塾生の保護者が言っていた。学校も、塾の恩恵を受けているのではないか。お互い協力しようにも、上から目線では、塾も反発したくなるのは、自然のなりゆきである。

学習指導上の盲点

人間は、忘れる動物である。意外にこれを忘れがちです。学習法として、エスカレーターを上る感覚で学習しないと、急激には伸びません。高校範囲は、中学の数倍の量があります。小学、中学と同じようなやり方では、たいていの上位人でも、わからなくなる科目が出てきます。3年間でやるには、多すぎる量です。わたしも、苦手科目がありました。国立を狙うならセンターにしても科目が多いのです。現役は、宿題が多いので、苦手を作ると、復習する時間もないのです。浪人で、基礎力のない人は、予備校の授業だけでは、モグラたたきの状態になる危険があります。これを、解決するためには、短時間で能率よく学習できるシステムそれを求めてきたのです。とにかく、複数の科目を能率よく仕上げ、苦手科目をなくす努力これは、戦略、戦術、難関校になればなるほど求められます。この視点が、意外とないのが不思議です。

小学校時代の学習が大切なわけ

10年のスパンで子供の学習指導していると、1番伸びるのは、小学3から6までです。この時期に、思考力をつけると、そのあとも大切ですが、うまくいきます。もちろん、素質も影響しますが、たとえ素質があってもそれを引き出さなければ眠ったままです。私の経験では、小学校から塾に通い、考える問題で思考力を鍛えた子だけが、難関大に合格しました。学校教育は、もyちろん大切ですが、素質のある子はそれだけでは思考力がつきません。田舎の子が、東大などに合格しないのは、小学校時代に思考力をつけていないのが大きな原因です。県立高校が、いくら宿題を出して鍛えようとしても遅いのです。かえって、自由に考える時間を奪います。塾生を長い間見ていて思うのは、促成栽培では、いい花は咲きません。