小学生に段階的にレベルの高い教材やらすと伸びる。

塾生の小学生、数は少ないが次世代の地区のトップを走りそうな子が何人かいる。

段階的に塾の教材を使って、レベルアップをはかってきた。

自分の塾生で素質のいい子は、中学、高校とどんどん伸びてトップレベルになっていく確率が高い。

学校で習っているレベルの何倍もむつかしいものでも、丁寧な解説があると小学生の学力レベルはどんどん上がる。

小学生は、大事な時期だ。この時期に思考力をつけることを目標にすべきだ。どこの学校に入るかも大事だが、学校レベルだけだと、子供の素質が開花しない確率が高い。

自分の経験でも、小学の頃にどういう学習をするかは、大学受験に影響を受ける。小学の頃の学習が、大学受験に大きな影響を受けると言うのは、一般的な認識にないかもしれない。

ざっくり言って、大学受験までは、二つの時期がある。小学までは、思考力養成の時期、中学からは、学習方法確率の時期。どっちも大事だと思う。

脳ミソ固まる前に素質のいい子は、よくよく塾を考えて選択した方がいいと思う。

選択が安易だともったいない。

素質のいい小学生が、もっと入塾してほしいと思う。伸びるのが手に取るように分かりやすいからだ。

もう一つある。変なくせが付いていないから、長期的におおきく伸ばせる。

大手が好きな人が、田舎は多いが、この塾に小学生からいる子は、大手より高い確率で難関大に受かっていると思う。

長期的な戦略が無いと子供は伸びない。それも一貫したものである必要があると思う。ぶれない戦略。迷いは禁物。

素質があっても、途中で迷走すると、伸びなくなる。

小学から大学受験まで一貫した全科目指導ができる塾は少ないと思う。

 

 

塾生がんばってる。

今日。高校2年生が、駿台摸試の結果を見せに来た。

学年で2位。医学部もA判定だった。

安心はできないが、先取りが効いていると思う。

部活もっやってこの成績、正直うれしい。中学からの子だ。

高3でフリータイムにすれば、受かる可能性大だと思う。

塾生が,成績いいと、指導に自信が付いてもっとがんばろうという気になる。

塾生に感謝。

高3で文系トップの子は、今日から2次の過去問演習に入った。

学力は、積み重ね。つくづく思う。

塾の力は、馬鹿にできないと思う。これは、自分の塾だけではない。

塾は、学校と違うそれなりの大事な役割がある。

応用力だけ求めると危険。

応用力というのは、基礎をつなげる力だと思う。昨日数学の高1の模擬試験の問題で分からないというので、解いて説明した。

これは応用力が無いと解けないだろうと思った。

でもこれを今の時点で解けないといけないのかと思うと学習法が崩れる。高3の後半までに解けるようにすればいいからだ。高3まで似習得しないといけないことは多い。

学校は、模擬試験の前に過去の問題のプリントを宿題で出す。ほとんどの生徒は半分もできないだろう。模擬試験は自分のj弱点を発見するためにある。

模擬試験の点数だけにこだわっているより、基礎を予習して、はやく1回まわすほうがいい。

応用力はそれから付けられる。

何を言いたいか。そんなの今は解けなくてもいい。復習して理解すればいい。それより基礎をはやく身につけたほうがいい。高2までには、一回は基礎を終了することが大切だと思う。

学校も目先、子供も目先、親も目先。たいていの塾も目先。目先しか見ない。全体の戦略がない。

だからなかなか難関は突破できないと思う。

高3の後半までに全科目仕上げるという発想が乏しい気がする。

全科目指導できるということが塾の場合大切だと思う。進度、バランス、応用力、鳥瞰的に

子ども自身が考えられるような環境が少ないと思う。

なかなか理解させるのはむつかしい。なぜかというと目先しか見ないのが習慣化しているからだ。

でも塾生で難関受かった子と言うのは、子も親も先を見ながら、目の前のことに集中していた。

学習は、戦術と戦略が必要だと思う。

時間の無駄が多い。高3の後半とか毎週模擬試験。基礎が出来ていないことか復活できない。

効率よくやるというのは口で言うのは簡単

よく学習法の説明見ていてこの本を使ってこの問題集やって、この過去問解けとというのがある。確かにいいことをいう。

でも実際できるか。

この現実をどうするかが問題なのであって、本を使って読んで書いて分かるなら苦労はしない。

毎日10時間机の上に座ってやるというのが、医学部受験生の平均だとか。本当にできるか。

人間の脳ミソと言うのは、集中力に摸限界があって、目だけで学習すると言うのはかなりきつい。

基礎の部分は、解説が無いと凡人は分からないことが多い。自分も苦手科目とか教科書読んでもさっぱり分からないことがあった。分からないので参考書に走って中途半端でまた別な本。

こういうのは多いのではないか。

本を理解したら、そして本を何回も読んで覚える。これは非常にむつかしいことではないか。小説や興味のある分野の本なら読めるが。

基礎特に教科書それ自体を解説してくれる教材は少ない。基礎を固めるのが、一番むつかしい。この基礎ができているという虚構の世界で学習していると、

時間の割りに学力は付かない。

単語は自分で覚えろ、教科書は自分で読め、古文単語は自分で何度も書いて覚えろ。

教えるのは、問題演習。問題演習だけなら答えをみたほうが早い。

効率よくやるというのは、基礎をはやく固めることだと思うし、何年もかけていると忘れる。

何をやっているのだろう。そして自分も何をやっていたのだろう。そんなに時間かけなくてもいいのにと思う。

せめて教科書の音読ぐらいはやったほうがいい。

学習説明会

学習説明会は、満席だった。ちょうど英語検定があったのでこれない子がいたので助かった。きていたら座れない人がいただろう。

こういうのは、学校ではやらない。

そもそも学習と言うのは何なのか、どういうやり方考え方でやるのか、欠落していると伸びない。

目標設定と自己分析。親も知っていた方がいいと思うことを話した。

大学受験までは、やり方次第だと思う。効率よくやるのと、手を広げず確実な使える知識を増やすこと

それから学習の構造を立体的に自分の中に入れることだと思う。

自分も大学受験までは、ピント外れたことをやっていた。

無駄な効率の悪い学習はしないことだ。

基礎の重要性を構造的に説明した。

シンプルな学習をやったほうがいい。教材は、極力最小限。

問題はどれだけ確実に自分の脳みそに入れるか。

保護者の中には学校の先生がいて、熱心にメモを取っておられた。

30年以上も学習のやり方考えた結果、スーパーイーグルにたどり着いた。

凡人で怠け者でも確実に伸びるのは、この方法しかないと思う。

目標とスタート

勘違いしている人が多いと思うが、学校の成績と受験合格は、難関になればなるほど無関係だし、よほどの進学校で無いと、学校の授業についていってそれだけで合格しようと言うのはむつかしいと思う。

そもそも学校のカリキュラムと言うのは受験合格を目標にしていないし、できないからだ。

これがわかっていない人が多い。学校の授業は、復習にして、やったことの確認にするくらいで無いと難関といわれる大学や学部は、現役では受からないと思う。

そもそも受験合格と言うのは、大学受験なら山登りと同じで、どの山に登るかまず目標を決めないと話にならない。この目標設定というのは、高ければ高いほど、はやく決めるべきだ。

スタート時点でどのくらいのレベルなのか自己分析ができないといけない。

目標とスタート。これをはっきり分析し、リサーチできるか。そして計画を立てる。

この計画というのは、個人的な問題で,指導者に付いたほうが言いに決まっている。

目標が高くても、スタート時点で自己分析ができていたら、やり方次第で突破することはできる。

山に登るには、それなりの装備と体力と気力と計画が必要だ。

特に大学受験とか学校の定期気にするような学習では、難関はむつかしいと思う。

目標設定と自己分析これが出来ていない人が多すぎる。そして、学習方法の工夫が自己流過ぎると伸びない。効率よくやるべきだ。

山にはやく登ってしまえば、そんなに落ちることはない。のぼりきれないで終わる人が多いだけだ。

 

 

映像教材は使い方次第

映像教材を10年以上作ってきたが、基礎、問題集、入試問題の3段階に分けて、小学から、大学受験まで、相当な量を作ってきた。

網羅性、体系性、科目のカバー量からして、自分で言うのもなんだが、個人の塾でこれほどの量の教材を開発している塾はないと思う。

有名どころの大手の映像教材とは、理念も手法も違う。確実に学力を上げる力は、上だという自信がある。問題演習と基礎の入れ込みが連動でき、短時間で学力が付く。

理解力の高い子が時々この塾に来るが、信じられないぐらいのスピードで進んでいく。この地区の子供たちでそういう結果が出るのだから、

有名進学校の子供たちが使ったら、恐ろしい結果が出ると思う。

この地区でそれなりの実績を出すと言うことは、都会の子供や熱心な地区だとしたらどうなるだろうかと想像することがある。

どうしてここまでこだわってきたかと言うと、その効率性と子供たちの学力を伸ばす力の大きさだ。そして学習スピード。1年が、1ヶ月かからないことなどざらなのだ。

スピードが違う。面白いほど伸びることがある。これは、個別や授業では味わえなかった。

偏差値が10とか20とか上がるのだ。

でも使い方を教えないといけない。

映像教材は、使い方次第なのだ。反復したり、倍速で聞いたりの工夫が無いと伸びないし、

問題演習したら、できなっかたところを基礎に戻ったり、自由自在に使いこなすようになったら、

学力の大爆発を起こす。

大切なのは使い方なのだ。

 

 

 

不登校学習障害の子がどうなったか

高1の子がいる。クラーク学園という定時制の高校に週1回行って、塾には4回4時間来る。

中学校3年から不登校で、親が悩んでいた。塾に入って、1年も経たないが、

どう見ても普通科の普通の子よりできるようになっていると思う。

学習障害というのは個性の一つで、学習ができないのではないと思う。授業形態に合わないだけだ。というより、半分くらいの子は、授業形態に合わないのではないか。

県立高校の普通科の下の方の子とか、宿題もらいに学校に行っていてなにも分からなくなっているのが現実だと思う。

卒業証書をもらうのはいいが、どう見ても半分くらいの生徒たちは、何をやっていてどうやればいいのかすら分からなくなっている。高3の中途のから来る子とか、本当によくここまでと思うことが多い。

学習障害と決め付けられた子ですら、理にかなった学習をすれば、

喜んで学習している。

茶色の薄汚れたようなプリントの束を見るたびに、これが教育といえるのか。

疑問を持ってもどうにもならないが、障害は人ではなく、システムに障害があると思うのは、

自分だけだろうか。

宿題出すにももっと工夫がいると思う。ほとんど毎年同じ宿題プリントだ。

できる子だけが生き残れる。

凡人は、予習しないと生き残れない。

 

難しくしている学習方法

覚える理解する。どんな人間でも外部情報を得られないと覚えられない。本を読む、人から聞く、どういう方法でも外部刺激が必要だ。

情報というのが、自分の脳に定着するには、いろんな方法があるが、耳、目、書くこういうものを使うわけだが、

高校分野までの学習量はある程度決まっているが、普通のやり方では分からなくなるのが普通だ。

はやく習得して何度も回せば、どんな人もある程度のレベルまでいく。一定量の学習量が、一回ではあまりにも多すぎる。だから、はやくざっくり進んでやれば、鳥瞰的視野で学習ができる。この一定量の見極めができれば、たいしたことはないのだと思う。

これが、やるほうも指導する方もあいまいだと学習が苦しくなる。

鳥瞰的視野が大切なのは、ある程度真面目に学習した人なら分かるだろう。

ノーベル賞のような、何も無いところから発見したり、未知なるものを発見する能力がなくても、

大学受験までの学習は、どうにかなる。

やり方、進み方、効率性、そういうのは、ものすごく大切だと思う。

もっと工夫して学習すべきだろう。

もっと楽に学習して学力を伸ばすシステムを目指したい。

 

最初できなくて当たり前

中学入試にいろ、大学入試にしろ、難関の問題とか、最初からすらすらなんて天才以外は無理。

これをわかっていないと問題見て、基礎をやっても手も足も出ないと諦める人が多い。

特に算数とか数学は特に多い。基礎を固めてもすぐには解けないことが多い。

最初はできなくてもいいと思うべきだし、訓練すればなれてできるようになる。

解きなおしの方が大切なのに、できないことに嘆く人が多い。

学校のテストとレベルの差が大きいのに驚くのは当然だと思う。

難関の壁。これを破るのは、基礎力もだが、慣れが大きい。

これが、わかっていないと、手を広げすぎて結局時間切れになる。

最初からできるような問題は、難関になればなるほど出ない。

差がつかないからだ。だけどその破り方を知らない人が多い気がする。

破るには、慣れしかない。

最初できなくて当たり前。でも基礎が出来ていないと永遠に壁は破れない。

さじ加減が大切だ。