フリータイムの子供たちと浪人生をみて思う事

塾生でフリータイムという制度を利用している子がいる。毎日何時間来てもいいし、祝日も日曜日も来れる。時間からして、月謝も安く設定している。浪人生は、何時間でも学習できる。朝8時から夜10時までやる子もいる。

フリータイムの子供は、小6から高3までいる。そういう子は、目標が、あって来ているわけだが、指導する方が驚くほど集中して長時間にわたって学習する子がいる。

浪人生は、1年足らずで大学合格を勝ち取るわけだから、行動原理が全て受験合格と言う一点に無いとまずい。でもスーパーイーグルがなかった時代と比べると、やる量が違う。

それにしても、塾生を見ていて、よく続くなと思うことがある。

子供たちに聞くと、わかるし、どんどん進むから楽しいという。小学生でも自分から親にフリータイムにしてくれと頼んだ子もいる。これやれあれやれではない。

子供が、自発的にやりたいという学習ができる確率が高い。そのために10年以上かけてスーパーイーグルを開発してきた。

自発的に学習に取り組んでいく。やった問題の解答とか、全て自分の理解ができるまで反復し、分からないところだけを先生に聞くのだから、ストレスがない。

どんどんテンポよく進むので、達成感に支えられて子供たちは主体的に、自分の脳で、

理解し進んでいく。

フリータイムや浪人生の子供たちで、真剣に学習した学習プリントの量はすさまじい。去年浪人して国立にセンター200点以上上げて受かった子がやった、プリントは、すさまじかった。夏から積み上げていたが、これだけの量をやるのはむつかしいと思った。

フリータイムにした親も子供たちのやったプリントの量の多さに驚いているらしい。もちろんそれに比例して学力も上がっていく。

量も質もどっちも大事だと思う。

やった人しか分からない世界だが、自主学習が、非常に容易にできるやり方があるというのを

知ってほしいと思う。

努力に勝る天才なし。子供たちが集中して学習する姿を見て思う。

努力が続くシステムなのだと思う。

 

受験で確実な合格法は一つしかないとおもう

受験で確実に成功する方法は、一つしかないと思う。 これは、医師国家試験の予備校の案内ビデオを見て思った。まったく同感だった。

つまり、インプットとアウトプットに分けると、いかに効率よく正確な使える知識を確実なものにするかということ。ここも反復が必要だ。まずインプット。

今度は、その知識をいかに使えるか訓練する。これで知識の運用が分かり、自分の弱点が分かる。復習が大事だ。これが、アウトプット。

そして、今度は、もう一度自分の弱点やら、含めてもう一度基礎に戻って、穴をなくす。基礎の点検。

この一連の流れをさらに何度も繰り返せば、恐ろしく伸びていく。全体が見え細部まで見えていく。

こういう流れで学習するべきだと思う。 こういう流れで学習することができれば、いやでも学力は伸びるが、この流れに沿って学習することができるためには、それなりの道具が必要だと思った。

つまり、基礎を固めて、問題を解いて、基礎に戻る。このシンプルな学習を徹底することこそが、受験の合格法であって、 基礎習得の方法や、過去問演習のやり方、反復のやり方、全方位的に準備し、 子供たちがそれに素直に効率よく学習を進めれば、 それなりの成果は出る。

残念ながら学校はこういう学習ができにくいシステム構造になっている。これは、経験者なら分かるだろう。木だけ見て森が見えにくいのだ。

医師国家試験で通用するやり方は、非常にシンプルかつ分かりやすいやり方で、 シンプルこそベスト。 合格法の流れは一つしかないと思う。基本は一緒だと思う。 分かってしまえば、たいしたことはない。後はそれを実行すればいいと思う。

シンプルだが、これを実行するのが容易なことではない。 道具が必要なのだ。 そして子供のやる気と素直さと集中力。 これがそろえば成功率は高い。子供の学力は、やる気とやり方これで変わる。

そして日々の積み重ね。これなくしては、絵に描いたもち。

行動原理を理解して、行動しよう。

朝課外、夕課外についてのひとつの考察

マツコのテレビで福岡で朝課外の賛否が問題になっている。高3になると、この地区の高校は、朝どころか、夕方も課外がある。

九州特有の教育文化だ。全国の多くの学校は、やっていない。

こういう課外と言うものが、学習効果があるかといえば非常に疑問だ。

というより合格実績は、課外の時間に反比例していることが多い。もちろん例外はあるだろうが。

睡眠が少なくなって集中力がなくなるのだと思う。

内容の疑問もある。高3になるとそれぞれのレベルも同じクラスでも違い、そして各人の弱点とかがそれぞれ違う。基礎の出来ていない子とかは、基礎からやらないとどうしようもない。

これで似たようなプリントやら自宅学習で宿題出したところで自分の弱点とか、やりたいことができない。そもそもただでさえ基礎力がない子が、半分ぐらいはいると思う。

基礎力のない子はもう一度教科書レベルからやり直さないと復活はできないが、課外で時間を食われて自分の自由な学習ができない。

下の方のクラスとか教科書やり直す内容なら意味があるが、実際は違う。

またできる子にとっては、邪魔でしかないと言うこともある。高いレベルになればなるほど、自分で戦略を立てて学習しないと壁は破れない。

自分で自主学習ができる子は、子供の任せたほうがいいと思う。

医学部とか難関大を目指す子なら、自己分析がある程度できているだろうから、自分のやりたい学習の時間を増やす方が、うまく行く。かわいい子には旅をさせろ。自分でやった方がこどものため。できる子は、教材与えて自由にやらせた方が伸びる。

塾に行ってやりたい学習をするか、自分で自宅で自主学習をするか、学校に残って学習するかは自由だが、

高3の最後まで自分の組み立てた学習ができないとうまくいかないことが多い。

翻って考えてみてほしい。学校に2年半ぐらい行って伸びないものを学校での時間増やして半年で

伸びるだろうか。根本的な学習のやり方考え方を変えない限り、そんなに伸びるとは思えない。

時間も大事だが、やる内容が大切だと思う。何十年も課外と言うのを続ける意図は、

子供たちのためにあるのか疑問に思う。課外手当てというものがある。

睡眠とって集中した学習したほうがいいと思う。

有名進学校ほど自主学習の時間は多い。小学生中学生なら強制がある程度必要だが、

大学受験で自主学習ができないというのは、お話にならないと思う。

 

学習には、二つの面がある

学習といってもただ与えられたものをやるというのでは、環境によるがレベルが高くなればなるほど、その目指す学力には到達しにくい。

どうしたらこの科目はできるようになるのかとか解き方とか自分なりに考えないといけないと思う。また計画を立てたり、やるべきことを決める。

そしてやるべきことをコツコツやる。

つまり、やり方ややるべきことを決める。そして実行していく。この二つを自分で主体的に

できる力を付けていくのが、本当のところ指導者の役目だと思う。

何をどうやってやればいいのか決めることと実際やる内容を理解していく過程の二つが

学習だと思う。

簡単にいうとやり方がいいのかと常に子ども自身考えることと、実際やった内容を理解していくこと。

何をどうやったらいいのか分からずやっている子どもが多いとおもう。

まず何をやるべきかが分かっていないことが多い。というより主体性は日本の教育の場合

迷惑の存在なのかもしれない。

でも、子ども自身が、自分はどうやったら伸びるのだろうかと主体的に考えない限り、

学力は大きくは伸びないし、社会に出ても自分でやるべきことを常に考えようとする人間には育たないと思う。

子供の学力が本当に伸びるためには、学習の二つの面を伸ばすことだと思う。

主体的に考えようとすること。この姿勢は大切だと思う。

でも教えないと主体性も育たないことが多い。

自然発生的なものではない。環境が重要だと思う。家庭もその重要なものだろう。

塾生には、まずやり方どうしたら伸びるかを伝えたい。

 

早く一冊をまわそう何度でも。

学習の根本的あり方として、一冊を早く何度でもまわすことができるかどうかが重要だと思う。

とくに高校生についてだが。

一科目たとえば英語なら、単語帳、熟語集、文法書それらを何冊もやれるかと言うと浪人生とか時間のある人なら別だが、何ヶ月もかかってやっていたのでは、

国立理系の人なら、数学、国語、理科、社会も含めるととんでもない分量の学習をしないといけない。

たいていどこかで挫折する科目が出てきて普通だと思う。

学習の本当の難しさは、

やるべき量に対して効率がよくないと征服するのが困難なことだ。

そのためには、一冊の本を早く回して、全体の科目のバランスをとって学習すると言う視点が

重要だが、これがわかっていてもできるかというとかなり凡人はきつい。指導するほうもきつい。

一科目だけ指導する人は、その科目だけ教えればいいが、

子供たちは複数の科目を学習しないといけない、

この点指導する方の視点が、

一科目だけにあると、やっている子どもたちは、科目間のバランスを取って学習するのが困難になる。

指導するほうも、理解力の高くてやる気のある子なら、指導ができても、分からない子供を

学校指導で復活させるというのは、神技に近い。

高3なら普通の形態の塾では無理だと思う。

いろいろな科目をバランスよく、にがてを克服しながら、合格に導くというのは、

鳥瞰的視野で、子供一人の性格、理解力を、見極めて、しかも

本気で伸ばそうとしたら、時間が無いので、効率よく、

本や過去問を回すことができないと大きくは伸びない。

今年、高3や浪人をセンター200点近く伸ばして国立に何人か合格させた。

同じレベルの子が、いろんな塾や

東進とか行ってもたいして伸びなかったらしい。伸びても国立にとどかない子が多かったと塾生が言っていた。

その子は、学校の先生から後輩たちに学習の仕方を説明するようにアドバイスを求められたらしい。ホームページに写真が出ていた。高3で伸びるのは、むつかしいからだろう。

基礎から積み上げて過去問まわせる指導が、全科目にわたってできない限り、

400点台の子供を200点伸ばすとか、偏差値20伸ばすとかできるだろうか。

600点近くないと国立はきびしい。

網羅性と体系性という二点から、本を特に教科書を高速で回さない限り、子供の学力を

バランスよく上げるというのは困難だと思う。

一冊の本を高速で回せれば、子供の学力は変わる。この視点が、恐ろしく欠けているように思う。

説明がうまい。分かった。分かっているつもりになった。でも問題は自分で解けるようにはならない。こういうのが多い。

分かる、できる。速くできる。これは次元が違う。それも視点にいれないと子供は大きく伸びない。

そして、網羅性と体系性という2点がかけていては、大きくは伸びない。穴がないことそして理解が秩序だっていること。本でしかこれは満足させられない。

特に教科書。

新高校1年で物理と化学がそこまで予習できたらすごいことになる。

中高一貫の子が中2から予習を物理化学と数学を続けていた。新高1の子だ。

見ると化学は、専門の方の3分の2が終わりかけている。高3の子供の進度より速い。

つまり、2年分はやく進んでいる計算だ。

物理は、基礎が終わりかけている。一年速い。

福地大先生の、わかりやすく丁寧な説明で、教科書と問題集の2本立てで

完全に授業の先取りをしている。

これは、普通ではできない。自分もこの学習をやりたかった。

本人曰く。授業だけでは分からないと。

授業だけでは分からなくなる可能性がもっとも高い科目だと思う。

理系は、理科が重要だ、

理科がにがてだったからよく分かるが、分からないから、つまらないになり、やらないそしてできないにつながる。

基本どの科目も同じだろう。

やった人なら分かるだろうが、予習して授業に出ると

学校の授業の分かりやすさが違うが、特に物理と化学と生物は、

黙読はきつい。説明がないと克服困難の頂点に来る可能性の高い科目だと思う。

理系は、理科の征服が一つのポイントになると思う。

塾生見ていてすごいことになるなと予感した。

いい予感だ。

九大薬学部。東大理科一類。九大医学部。鹿児島大学獣医学部。北大医学部。九大工学部。

難関大理系の合格者たち。

全員福地大先生の教科書解説と問題集の解説で

得意科目にした。

スーパーイーグル特に理科の教材は、天下一品だと思う。

汎用性

できる人は、知識を自分でいろんな場面で使えるように加工することがうまい。

習ったことを丸暗記したところで、その場限り。できる人は必ず、これをどうほかにつなげるか考えようとする。

たとえば英単語を覚えるのに語源を知っているといろんな未知な単語でも予想がつく。

REがくれば、再度何かやることだとわかるし、INとか先頭にDISがくると否定的なイメージの単語がくることが多い。

こういうのを意識して類推すれば、意味が分かるようになる。

また英作の例文をどう本番で使えばいいのか考えるだろう。

丸暗記してもそのまま使える確率は少ない。どの部分をおさえようとしないかぎり、ただの暗記に終わる。

長文をどう読むか。これも確立しないと応用が利かない。

 

数学の問題解いても、この問題はどういう構成で問題ができているのか考えないといくら問題を解いても、パターン化できないのでちょっと問題がひねられるとできない。

基礎がどのように組み立てられているのかとか、この種の問題は、どうすれば解けるようになるのかとか考えないと応用力はつかない。

一つ一つの問題を基礎に分解して、自分で使えるようにパターン化できる人ほど応用力がつく。

国語でも文章の読み方を自分で確立すれば、

どんな問題でも同じように対処できる。これが国語における汎用性。

 

基礎が出来ていないと使える道具がないのでどうしようもないが、

最後は、この知識を自分で加工していろんな場面で使えるようにひろげようとする

つまり汎用性のある学習をすべきだと思う。

難関になるほど、知識を縦横無尽に使いこなす能力が問われる。

 

そこまで反復するのか

昨日ネットで、英検一級、その他英語検定の資格を満点に近い点数で合格した人の学習方法を見ていたが、

単語帳、英文法、とにかく何十冊もぼろぼろになるまで、反復していた。150回とかどんなに少なくても30回とか本当に繰り返していた。

これはすごいと思った。感動を覚えた。

これが、本当の合格法だ。

3回反復とか甘いなと思った。

すごい根性だが、ここまで反復できたら、本当にどんな資格だろうが、試験だろうが突破すると思った。

塾生には、過去問は10年分最低3回は反復した方がいいといっているが、それすらできない人が多い。学校の宿題におわれて一回もまわせないで受験する人もいるくらいだ。

難関狙ったり、自分の学力高めたいなら、この人のような根性に一歩でも近づくことだ。

脳ミソの出来を言っていたらどうしようもない。

その人もいっていた。最初から一回で覚えようとしてもどうせ前の方は忘れる。

何回も何十回も反復すると、短時間で記憶が一瞬で出てくると。

やっぱり反復をどこまでやれるかで決まるのだ。そして学習の工夫を考えている。

理解と反復が学習の根本で、

受験で合格しないのは、反復の回数が足りないか、理解が足りないか、考えが甘いか

最後は、根性で決まると思った。

脳ミソの出来だけで決まるものではない。どこまでやれるかで決まる。

努力に勝る天才なし。

反復が一番大事だ。

学力レベルの高くなる方法

受験界でレベルが高い人と言うのは、簡単に言うとどんな問題でも解ける人と言うことになる。

そのためには、どうしたら言いかと言うと基礎を徹底的に固めるというのと、

応用力の要る問題に多く当たって、自分なりの学習理論で切り口を確立するということだと思う。

大抵は、基礎の段階で躓いていることが多いが、自分なりの学習理論を確立しないと高みにはいけないと思う。

受身ではまずい。入塾する前は、ほとんど学習のやり方分かっていない人が多い。

学校の言われたことしかやらないしやれない子が多い。でも志望は高い子が多い。

教えても素直さで伸び方は違う。

子ども自身が、どうしたら自分はもっとレベルを上げたられるか、考えて主体的に自分のレベルを上げようと考え出す。

こういうのができ始めると子供は、主体的に学習に取り組む。分かるそしてできるとすこしづつ

楽しくなる。楽しいというのは、自分で解けなかった問題が解けたり、すれば結果として

点数も伸びるから、楽しくなるのだとおもう。

最初から楽しい。そんな子はいるかもしれないが、楽しいレベルと言うのは、たいした問題ではなく、簡単に解ける問題だけをやっていることもある。

レベルが高くなると、自分なりの学習理論と思考力を磨かないととても歯が立たないことが多い。

基礎をはやく固め、自分なりの学習理論を確立して、応用力の必要な問題で、

考える力をつける。

基礎は大事だが、それは応用問題を解いてはじめて分かる。

基礎もないのに問題だけ解いてもレベルは上がらないが、基礎だけで良い訳でもない。

基礎は大事。でも、骨のある問題で、基礎に分解できる能力を身につける。

これが、王道だと思う。

 

レベルが違う

今日灘中の子供たちの様子をネットで見ていたら、

中学生が、大学への数学の本をノートで自習していた。

高校教科書は、終わって、高3がやるしかも、最高レベルの参考書をやっている。

これを見て、指導するほうもレベルを上げないといけないと、

変な闘争心がわいてきた。笑

基礎から積み上げるが、受験界最高レベルの子供たちに負けない

高レベルの高みに行ける教材を作っていこうと

刺激を受けた。

世の中すごい子供たちがいる。

指導するほうも、されるほうも井の中の蛙ではまずいと思った。

もっと勉強しよう。